S130 200ZT 製作記 シート修整

シートの修整です。

シート

ドア開閉なのでリクライニング部分とシートレールが見えますがシートレールはスペースが足りないのでパス。

シート

リクライニング部分の作製のためシートの修整から。

シート

まずは定番の裏側を塞ぎます。

シート

彫り込みはキットプラの厚みを超えて削る必要が有ったので

シート

裏打ちしてさらに彫り込み。

Device-reclining

アームは背面の内側に入ります。

Device-reclining

インサイドシートディバイスフィニッシャー(パーツリストの名称です)

シート

シート後方から。
ハッチ越しに見えます。

Finisher-device

シートリフト、リクライニングレバーとアウトサイドシートディバイスフィニッシャー。

シート

リクライニングディバイス部分の座面サイドの窪みは詳細資料が無かったので1/12 240Zを参考にしました。

次はシートベルトバックル。

シート

プラペーパーを下敷きにして同じ幅のプラ板を6枚切って貼っただけです。
アームを挿す部分は穴を開けてから形状修整しました。
エッチングのタングプレートも挿せます。

シート

アームの金属線を挿して持ち手を確保で全体の修整。

シート

下手糞な穴ズレは完成後目立たないのでご愛嬌。

シート

アンカーはシートでなくシートレールに付くはず。
リクライニングアームには塗装後エッチングリベットを貼ります。

シート

こちらにはカバーが有りません。

シート

ランバーサポートレバー

シート

ドア側のシートベルトフックはかなり荒い状態での仕上がり。
無理にきれいに仕上げようとすると折れそう。

シート

なにか不自然。
無しにしようかな?

Finisher-device

シートとドア開口部との間の隙間が実車より広くなってしまいました。

助手席側も同じ作業が待ってます。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ラゲッジスペース5

ラゲッジルーム修整の続きです。

リアハッチ

天井部分のルーバー。

リアハッチ

平面ではなく凸凹形状です。
ルーバースリットの数が一つ少ないミスしています。
アーム部分のスリットは当然実車には有りません。

ラゲッジスペース

ようやくこの時点で開口部の桟も追加。
アームが一番下になった状態で

リアハッチ

室内側への出っ張りは無くしました。

リアハッチ

パッキンモールドも付けて終了。

リアハッチ

パッキンモールドは1/4丸プラ棒を曲げて貼ったのですが、角の屈曲部分は流し込み接着剤を使うと割れます。
過去にも経験しているので、この部分だけ瞬着で接着する方法も有るのですが横着して流し込みを使ってこの始末。

まあアレが有るからいいやで

リアハッチ

修正完了。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ラゲッジルーム床

地味なスルーしても良いような工作です。

ラゲッジスペース

気になっていたラゲッジスペース床面2mm嵩上げしました。

ラゲッジスペース

比較するとさほどの違いはありませんね。

ラゲッジスペース

スペアタイヤは実車に近い位置に。
自己満足の拘りでした。

シート後方部も修正。

ラゲッジスペース

ガタガタですが布貼りするのでオケ。

ラゲッジスペース

シートも後方に移動させました。
シートレール、シートマウントメンバー、両方作るにはスペースが足りません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 スペアタイヤ

スペアタイヤ収納カバーの作製です。

スペアタイヤの考察はこちら ⇨ 別館2

スペアタイヤ

写真は年数のたったカバーのため少しへたっていますが実車もタイヤ形状が解る状態だったと記憶しています。
忠実に再現するのは困難。
模型を作ると言うのだけなら無くてもかまわないのですが、乗っていた車を作るとなると再現したいところ。
この邪魔なスペアタイヤ、当時アーチェリーをしていたのですがタイヤが邪魔でケースを載せるのに苦労した記憶が有ります。
そして乗り換えるまで一度も使った事の無い(使わなくて済んだ)邪魔なタイヤは忘れられない思い出です。

資料写真には有りませんが実車にはタイヤの下に荷物固定ベルトが有りました。
それもタイヤが有っては全く使えない状態で。
過去の愛車+思い出で作る事にしてみました。

スペアタイヤ収納カバー

取り敢えずプラ板で円柱の作製。

スペアタイヤ収納カバー

製本テープを貼ってみましたがただの丸い化粧箱。
こんなもんだと割り切ればいいのですがこれなら無い方がましかな?

スペアタイヤ収納カバー

次はタイヤを複製して貼る事に。

スペアタイヤ収納カバー

テープ自体に柔軟性が無いのでしわになるのを想定して貼り付け。
角丸部分は切れ込みを入れ瞬着で。
もっとしわになるつもりが思いもよらず出ませんでした。
テープ切断面に色をさし艶消しトップコートを吹くと実車とは全然異なりますが そこそこ良い感じでこれでも良いかなと。
中央の凸再現を忘れてしまいましたがタイヤが入っていそうな雰囲気は見えますね。

スペアタイヤ収納カバー

白バックだと粗が目だちますが内装が黒なのでオケ。
右側に実車よりスペースが有りそうな気がするは良しとするのですが

スペアタイヤ収納カバー

固定金具が付くのでプラ板をかませてタイヤを置いたのですが位置が低すぎます。
全体的に深すぎるということですね。
誰も気づかないでしょうが、実車写真と比べると気になってしょうが有りません。
床が低いと

スペアタイヤ収納カバー

リアスピーカーのスペースにも影響が出ます。
赤矢印方向に伸ばす方法も有りますが指矢印部分まで変わってしまいます

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ラゲッジスペース4

リアハッチ

ラゲッジルームのの修整はまだまだ続きます。

リアハッチ

内装を取り敢えず貼りました。
実車と比較するとナンチャッテ再現ですがOKとします。
内装色は黒。
ボディーカラーも黒。
内装を貼ってしまったので明るいボディーカラーならば塗り分けがかなり大変ですが、同色なのでので簡易塗り分けで済ませます。
ネットで見つけた作例では内装を別パーツで作り塗り分けてから接着できるようにされている方も見えました。

リアハッチ

リアサイドウインドウは外嵌めに変更。

リアハッチ

これで内側もスッキリ。

リアハッチ

天井材は未接着の別パーツになっています。
矢印部分は面倒な工作が有るので後回し。

リアハッチ

次はストラットハウスカバー。

リアハッチ

気になる部分があるのですが続けます。

ストラットハウスカバー

結構手間が掛ります。

ストラットハウスカバー

タイヤハウスのRに合わせるのが面倒。

ストラットハウスカバー

隙間埋めは瞬着+ベビーパウダー。
パテの面倒さが嘘のよう。

ストラットハウスカバー

ストラットキャップはキットの物を使います。

ストラットハウスカバー

当然バッチリ。

ストラットハウスカバー

次はツール収納カバー。

ストラットハウスカバー

スペアタイヤ収納カバーではありません。
後期型はそう呼ぶかもしれませんが前期型はツール収納です。
理由を知っている方は少ないかも。

ストラットハウスカバー

気になっていたのはラゲッジルームが深過ぎること。
床を貼った時点で判ってはいたのですが、より気になったのは収納カバーを作ってから。

どうしましょう・・・。

ストラットハウスカバー

ルーバーの位置も間違っていました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ラゲッジスペース3

内装の修整です。

追加修整

反対側も工作しました。
同じ工作を続けてするのが嫌いなので手を付けるまでに時間がかっています。

追加修整

ドア開閉なら見えるアングルですがシートを載せるとかなり隠れます。

まだベース工作。

追加修整

Bピラーを見ると薄さが解ります。

追加修整

開閉は取り敢えず終了。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ラゲッジスペース2

ラゲッジスペースの続きです。

ラゲッジスペース

床を貼ってつなぎ目粗を隠します。
実車がどうなっているかは不明ですがつぎはぎ凸凹面に直接板を貼る事が出来ないのでプラ板貼り。
住宅建築の根太(ねだ)ですかね。

ラゲッジスペース

リア部分を貼ってシート後方部分に取り掛かった所矢印部分がドア開口部に掛る事が判っため

ラゲッジスペース

ドア開口。

ラゲッジスペース

暫し悩みドア開口部を着手。

ラゲッジスペース

サイドシルを作り枠を貼っていきました。
プラ板の切り出しが苦手なのでエバーグリーンの切り貼りで1層めの作製。
角棒なので接合面は角に。
破材を貼って移行的にしました。

ラゲッジスペース

2層め3層めも同様に作製。
開閉スペシャリストの方なら特筆も無い簡単工作ですが時間掛ってます。

ラゲッジスペース

page!さん方式でドア開閉も難なく完了。
結局悩んだ部分はドア枠に隠れたのですが、シャーシ下面が未処理のまま。

ラゲッジスペース

シート後方部分も終了。
接合面は雑多ですが布シートを貼る予定なのでOKとします。

ラゲッジルームに戻って

ラゲッジスペース

ボディ室内側の凹部分を埋めました。
下地の完成、ここに内装モールドを追加します。

まだまだ手間が掛りそうです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ラゲッジスペース

ハッチ開閉の続きでラゲッジスペースを仕上げます。

その前に

ラゲッジスペース

テールランプ周りの修整。

ラゲッジスペース

テールランプは外嵌めに修正。

ラゲッジスペース

下部のスリットも修正しました。

ラゲッジスペース

切り取ったライセンス灯も

ラゲッジスペース

修整。
クリアパーツでライトも作る予定です。

ラゲッジスペース

キー部分とナンバーブラケット部分も有りますが後から。

ラゲッジスペース

リフレクター部分にキットのメッキパーツをあてがいましたが、リフレクターを作るかどうか?
テール塗装後に再検討します。

ラゲッジスペース

室内側。

ラゲッジスペース

ハッチ越しでは殆ど見えません。

次はハッチ内側。

ラゲッジスペース

出っ張り部分はワイパーモーターカバー。
実際にはモーターが中にあるのでもう少し厚みが有りますが、目立ちすぎるので模型的には控えめで。

ラゲッジスペース

ダンパーはどうするか・・・。
ダンパー自体は出来そうですが固定方法が困難。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアゲート開閉

リアゲート切り取りました。

リアゲート

慣れない開閉ヒンジに四苦八苦しながら工作しましたが、

リアゲート

何とか出来ました。

リアゲート

開閉機構は今更珍しくも無いので特筆する事も有りませんが、ヒンジアームを小さく作り

リアゲート

なるべく室内に出ない様に。
回転軸をあと0.5mm開口部に近づければアームの高さも0.5mm低くし内装に隠せそうですがそうですが、曲げる工具も無く、線径も有るので自分の技量では無理と諦めます。

リアゲート

開口部のモールドも工作しますが

リアゲート

オレンジ部分とウエザーストリップスのモールドは分け合って後日に。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ステアリングシャフト

ステアリングシャフトの作製です。

ステアリングシャフト

左上の穴とステアリングリンケージをつなぎます。
1本棒とは行かないので2カ所ジョイントを作ります。

ジョイント

ステアリングシャフト

1/12 240Zのジョイントを参考にそれっぽくプラ板から切り出しました。
接着固定ダボの穴あけ。

ステアリングシャフト

丸い部分はラバーカップリング。

ステアリングシャフト

ロアージョイントの接着。

ステアリング

ステアリング2

ステアリングリンケージ側。

ステアリング2

ロアーシャフトの完成。

ステアリングシャフト

ダストカバーは別パーツで。

ステアリング2

ステアリングリンケージ側。

ステアリング2

アッパージョイント。

ステアリング2

エンジンルームもまだ細かい工作が一杯ありますが少し気分を変えて別の工作に行きます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ポリタンク

ポリタンクの作製です。

レジンで作製します。
7年前は珍しい工作だったみたいですが最近では材料がアクセサリーショップや100均でも手に入るので珍しくもない工作ですね。

ポリタンク

今回は原型を作って複製するのも面倒なのでレジンブロックを修正する事にしました。
左がウォッシャータンク、右がリザーバータンクのブロック原型で硬質スチレンボードを切り出した物。
表面処理もせずにレジンに置き換えます。

ポリタンク

リブモールドを省略すれば原型を作るのもブロックを削り出すのも手間は同じ、表面処理はブロックの方が硬いので楽です。
上の写真と左右逆ですが研磨まで。

【ウォッシャータンク】

ポリタンク

ポンプモーターはフロントとリアの2機。

ポリタンク

簡単に載せれた分けでなくタイヤハウスの修整もかなり行っています。
黒い部分だけがキットのパーツです。

ウォッシャータンク

パイピングはIN OUTで4本とケーブルですが、見える部分だけで省略しました。

ポリタンク

注水口にはケーブルが付きます。
キャップはタンクの色とかなり違いますが無塗装で仕上げます。

【リザーバータンク】

ポリタンク

シャーシ側に固定してボディを載せてみましたが矢印部分に隙間が有りません。
実車はボディ側の矢印部分に固定ブラケットが付くので隙間が有ります。

ポリタンク

タンク側にブラケットを付けて

ポリタンク

タンク位置も修正しました。
ボディ側につながっていませんがチラリと見える金属パーツでそれっぽく。

ポリタンク

こちらのタンクキャップは白過ぎかな?
ありがちなグリーンかブルーにしようか検討します。
キャップストラップも必要です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 キャニスター

キャニスターの作製です。
大気汚染防止機器だそうです。

キャニスター

実車のサイズが分らないのでキットパーツを修正します。
右のパーツはラジエターサブタンク。
小さすぎるので作り直す予定です。

キャニスター

短くして接続口を付けました。
丸板の部分はシルバーカラー。
接着後塗り分ける技量が無いので

キャニスター

別パーツにして塗装後接着します。

キャニスター

パイピングはターボ車は4本でした。

キャニスター

固定金具はなんちゃってスナップ錠にしました。

続いてキットでは省略されているリレーBOX

りれーBOX

サイズは不明。

リレーBOX

リレーBOXはもう一カ所エンジンベイ寄りにあるのですがこちらはタイヤハウスの形状が悪いためサイズが合わず工作の手が止まってしまいました。

りれーBOX

位置が決まったのでブラケットの作製。

アハハ

実車との違いはナイショ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 バキュームタンク

バキュームタンクの作製です。

バキュームタンク

キットパーツは小さすぎるので

バキュームタンク

プラ棒で作りました。
ここに3本のチューブがパイピング、配線は4本されます。

パイピングの考察はこちら ➡ 別館2で

バキュームタンク

配線はコネクターカバーっぽく透明チューブを挿してみました。
写真にしてしまうとチープな再現ですね。
チューブ内部に真鍮色のコネクターが見えるともう少しリアルなのでしょうが

バキュームタンク

肉眼ではただ挿すより雰囲気が出ます。

バキュームタンク

ダボを付けて完成。
作業灯と同じブラケットでシャーシに固定されます。
そしてブラケットはリレーBOXを作らないと位置決め出来ません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機2

エンジンルーム補機を作っていきます。

スクラッチ工作はサイズに悩みます。
サイズを確認して作ったつもりでも他の補器とのバランスで大きく感じる事がしばしば。
実際の補機サイズを確認する事は難しいので

エンジンルーム補器

今回は基本的にキットパーツの修整、参考で行きます。

【作業灯】

エンジンルーム補器

接着してしまうと塗り分けが困難なので今はここまで。
トルグスイッチは写真にしてから気付きましたが左右逆です。
ライトカバーは曇らせた透明ランナーから作りましたが実車はもっと白いようです。
プラ棒そのままの色で良いかも。

【イグニションコイル】

イグニションコイル

モールドを削りスジ彫りを入れて修正。
固定バンドは洋白板。
底板と密着していませんが、配線で隠します。

イグニションコイル

シャーシ側はモールドが無かったので追加。
穴はダボ穴、実際には上下に固定穴が有ります。

レジスター

写真が前後しますが、不安定なく取り付けが出来ました。

イグニションコイル

ターミナルは圧着端子型にしたかったのですが無理のナンチャッテです。
ターボ車は関連補機が有ったのですがこちらは不明。

【フューエルフィルター】

フューエルフィルター

キットパーツがそのまま使えそうです。

フューエルフィルター

固定ブラケットは洋白板で。
問題はステー。

フューエルフィルター

取り敢えずはダボでベタ付け。

ブラケット

フューエルフィルター

実際には板状のステーで少し浮くのですが、板での固定が難しいので止めます。
パイピングはパイプ、ケーブルのサイズを含め考察が必要なので後日。

【エアコンリキッドタンク】

リキッドタンク

長さも足りないので太さだけ参考にして作り替えます。

リキッドタンク

雰囲気だけの再現。
結線ケーブルは太過ぎの仮です。
実際には差込形の接続端子の様なので考えます。

リキッドタンク

タンク本体は金属線で位置決め固定します。

リキッドタンク

こちらはフューエルフィルターと違ってストラットハウスとの間に隙間が出来てしまうのでブラケットを作製。

リキッドタンク

フューエルフィルターのステーは板状でしたがこちらのブラケットはタンクに直接付いた箱状だったのでプラ棒で作製。

リキッドタンク

完成です。

次はバキュームタンクですがパイピング考察も有るので後日。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 コアサポート下 補強バー アンダーバー

コアサポート下 補強バー アンダーバー の作製です。

コアサポート下 補強バー アンダーバー

ヤフオクに表示されていた名称です。
簡単なパーツですがこの形になるまでに時間が掛っています。

何時もの事ですが答えが判らないと先に進めなくなってしまいます。

コアサポート下 補強バー アンダーバー

矢印部分のパーツ。
丸い一体バーなのですが、丸形状から固定部に移行する部分が不明。
中々資料が見つからなかったのですが検索ワードを変えたらすぐ見つかりました。

コアサポート下 補強バー アンダーバー

パイプ?が潰されただけの形状?
挟んで潰すのではなくプレスして潰した形状ポイのでパイプですがシャーシ側は平らですかね。
なら、パイプを曲げて潰そうと言う事になりますが単純な形状なのに形になりません。

コアサポート下 補強バー アンダーバー

結局プラ棒になりましたが曲げ部のRを大きくすると左右不揃いになったので直角気味で妥協します。

コアサポート下 補強バー アンダーバー

金属ダボで固定を兼ねて浮かせました。
工作はあっという間ですが試作考察で中1日経っています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 テンションロッドとスタビライザー

テンションロッドとスタビライザーの作製です。

テンションロッド

金属線の蝋盛で作りました。
洋白線は焼き鈍ってしまうため別の金属線を使っています。

テンションロッド

サスペンションアームにダボ。
抜けないようにU字型にして接着しました。

テンションロッド

角度と長さを調整し

テンションロッド

マウントブラケットの作製。

次はスタビライザーの作製。
作製前に修正が有ります。

スタビライザー

テンションロッドブラケット位置決めの為のダボ打ち。

スタビライザー

アンダーカバーを切り取りました。

スタビライザー

キットのスタビライザーは削り取ります。
プレート部分、実車の厚みは1/3ぐらいですが今回はパス。

スタビライザー

周りの凸モールドを低くした分切断面の厚みがでるため外周を削合。
内側で調整すると削合部分の修整が面倒でしたのですが実車のブラケットも少し異形なので良しとしました。

スタビライザー

スタビライザー固定ダボの穴あけとアンダーカバー固定部。

スタビライザー

スタビライザーは金属パイプにダボを付け位置がずれないようにしました。
指矢印部分は以前失敗したパイプを使っているのでその時に開けた穴。
今回には関係ありません。
パイプを使うとダボ打ちも簡単。

スタビライザー

ダボ固定した状態で曲げ加工。

スタビライザー

オイルパンを避ける曲げ加工(実車もそうなっています)。
当然長さが変わるので一旦切断し金属線を入れて延長。

スタビライザー

最初に曲げてからダボを打っても良いのですが今回はこちらで。
延長部分は瞬着+ベビーパウダー。

スタビライザー

固定ブラケットのベースも作製。

スタビライザー

固定ブラケットは焼鈍した洋白板。

スタビライザー

組み立て時にリベットで雰囲気アップします。

スタビライザー

インシュレーター?部分。

スタビライザー

ボルトはサスアーム側に付けて

スタビライザー

つながっている風です。

スタビライザー

アンダーカバーも修正。

スタビライザー

完成

続く

工作過程と考察はこちら ➡ 別館2で

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ラジエター修整

ラジエターの修整です。

ラジエター修整

キットのファンは切り取りました。
シュラウド ファン カバーが後々の組み立てで干渉有るかも知れないと想定されますが取り敢えず工作を進めます。

ラジエター修整

目立たない部分なのでエバーグリーンの凸凹プレートで簡易再現。

ラジエター修整

裏側はキットパーツを貼り付けますが、ロアータンクが再現されていないため矢印部分はラジエター本体よりはみ出しています。

ラジエター修整

ラジエターキャップも形状が違うので切り取りますがこのままではサブタンクホースがつなげません。

シュラウド ファン カバー

これでサブタンクとの接続が可能となりました。

ラジエター修整

ラジエターキャップも作製しましたが

ラジエター修整

小さすぎです。
キットパーツを参考にしてしまう根本的ミス。

ラジエター修整

一般的なキャップサイズに合わせて作り直していますが0.5mm単位の増減で作る大雑把な物です。

ラジエター修整
 
固定ブラケットの位置も確認します。

ラジエター修整

ロアータンクが再現されてませんがアンダーカバーに隠れます。
しかし、ロアータンクが無いとホースの接続が出来ません。

ラジエター修整

接続口、固定ブラケット、後雰囲気を付けて修正。

続く

この後修正が有りました記事は ➡ こちら別館2で

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ワイパーモーター

ワイパーモーターの作製です。

ワイパーモーター

毎回の作製なので特記事項無しです。
車種によって形状が違うため工作は何時も新鮮です。
写真にして荒れを確認、修正しようにも肉眼では全く見ていない。


ワイパーモーター

カプラーはランナータグの削り出しで無塗装で行きます。
黒パーツはラバー部分なのでもう少しエッジを落とさないと。

ワイパーモーター

カプラーが大きいので

ワイパーモーター

一回り小さくしましたがこちらもまた写真にすると粗が目立ってしまいました。

ワイパーモーター

切った貼っただけですが、地味に手間がかかる工作です。


続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フードロック

エンジンベイの修整とフードロックの作製です。

エンジンベイとフードロック

パイピング穴を闇雲に開ける訳には行かないので下書き考察です。
横断するパイプ、ケーブル位置も考えながら相変わらずのアナログ工作してます。

エバーグリーン チャンネル

後の工作過程からパイピングサイズ等も考慮して穴あけ。
ちなみに上のパイプはエアコン用。
下は電装集合ケーブル。
左の2つ穴は不明です。

エバーグリーン チャンネル

こちらはヒーターパイプの室内取り込み口。

次はフードロック。

エンジンベイとフードロック

右がMale assy-hood lock、左の穴がFemale assy-hood lock なのだそうな。
実際には右がボンネットを固定するロックで室内のリリースレバーを引くとカタンとボンネットが浮き上がるロックです。
その状態のままではボンネットは開か無いので左側ボンネット側のレバーロックを外すとボンネットが開きます。

工作の手抜き適当がバレる実車画像を載せましたが、そんなこんなの考察が有りました。

画像を見てどう作るか暫し悩むのですがどうしてもクリアーできないのがパーツの厚みです。
別角度の資料も考察しながら脳内工作を経て着手。

エンジンベイとフードロック

エンジンベイとフードロック

エンジンベイとフードロック

エンジンベイとフードロック

エンジンベイとフードロック

取り付け位置が低くなっているのはボンネット裏側と干渉してしまったためです。
比べなければまあ良いか程度の出来で完了ですがスプリングの間違いに気付いたので治しました。

エンジンベイとフードロック

スプリングがセンターに有ってはロックが出来ないので

エンジンベイとフードロック

移動させます。

ロック前側にはチャンネル型のバーとホース固定金具が付きます。
チャンネル型とはエバーグリーンの名称で凹型。
1.5mm幅の物が有るようですが手持ちに有りません。
必要なのは1cmほどで購入価格は税別700円、後日買いに行くかネット購入と待ちきれないし勿体無いとで今ある材料から作る事にしました。

そして手持ちで見つけたのが

エバーグリーン チャンネル

エバーグリーン のハーフロッド。
なんで半円?ですが、この材料は形成不良なのか裏がパイプを切ったように窪んでいました。

エバーグリーン チャンネル

凹面をチゼルで修正し丸面をギリギリまで平らに修正。

曲げ加工も必要なので

エバーグリーン チャンネル

裏に洋白板を貼って

エバーグリーン チャンネル

それらしく仕上げました。
曲げ加工で一部に亀裂。
お湯につけてから曲げた方が良かったのかな?
完成後はホースに隠れる部分なのです。

ここまで出来たので

エンジンベイとフードロック

エンジンベイのモールドの追加。

エンジンベイとフードロック

横断するリブがようやく付けられました。

エンジンベイとフードロック

細かなモールドは仕上げ時に。
まだ金属部分にアレとソレとこれとで3つの修整が必要。
後日

続く

この後修正が有りました。

修正はこちら ➡ 別館2で

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 マスターバック

マスターバックの作製です。

マスターバック

キットも良い形状ですが、下1/4がカットされています。
タンクもらしく塗り分ける自信も無いので作り直す事にしました。

マスターバック

ジャンクパーツから作製。
裏側の出っ張りはご都合パーツの様に見えますが実車にも有りエンジンベイから離れて位置します。
マスターバックの形状は一見良さそうなのですが実は表面モールドが全然違います。
一部の人しか知らないと思いますのでパス。

マスターバック

マスターシリンダー固定部も2重構造になっているよう。

マスターバック

途中写真無しです。

マスターバック

タンクはタミヤのプラ棒から。
複製してレジンに置き換えようかと思ったのですが、原型自体がビシッと仕上がっていない(技量不足です)のに複製がきれいになる事は無いので止め。
このままでもホワイトに塗るより良いですね。
下半分に薄くクリアーイエローでも吹きますかね。

マスターバック

キャップは只のプラ板ポンチ貫。
上面モールドは再現不可。

マスターバック

エンジンベイに穴あけ。

マスターバック

キャップはもうワンサイズ薄くした方がよさそうです。
上面の厄介なモールドはパスします。

マスターバック

完成と思いきやバキュームホースの接続部を作り忘れていました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR