S130 200ZT 製作記 ドライブシャフト

ドライブシャフトの作製です。

ドライブシャフト

ブル510と同じタイプなので長さを調整して使います。

ドライブシャフト

サスアーム側は穴に挿す様に。

ドライブシャフト

デフ側はシャフトに溝を彫り金属線に被せる様に。

ドライブシャフト

今回はこれだけ。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フィラーホース

フィラーホースの作製です。

フィラーチューブ

プロテクターカバーで隠れるのでタンク付近だけ。
全体の資料確認もできていますが、作るとなるとタイヤハウスの修正が必要になるのでパス。

フィラーチューブ

プロテクターカバーはヒートバキュームで作成。

フィラーチューブ

実車再現は困難なので雰囲気だけ付けました。

続く

7/22 工作過程を別館2にUPしました ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアシャーシ隙間埋

リアシャーシ修整の続きです。

リア

隙間を埋めました。

リア

隙間、段差は有りますが瞬着流し込みで終了。
工作手順は別館2にUP予定です。

続く

UPしました。 こちら ➡ 別館2

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアシャーシ修正2

リアシャーシの修整です。

リア

キットはモーターライズのため床面が低くなっています。
マフラーのタイコも1/4カットされ床面と密着した状態。
省略された凸モールドだけ再現する事にしました。

リア

燃料タンクを切取り平坦にしてから

リア

凸モールドの追加。
マフラー部分は省略となってしまいました。

リア

デフは資料を参考にディテールの追加。
マスキング塗装が苦手なので塗り分けは別パーツにしています。

リア

タンクは固定ベルトモールドを削り取って別パーツ化。
指矢印部分に給油口からつながります。
ベルト固定金具の資料が不明確なため後まわしに。

リア

別パーツで立体的に見せて妥協部分を誤魔化します。

リア

デフマウントのインシュレーターはキットの物を使おうかと思ったのですが矢印部分はシャーシ側のパーツなので

リア

ディテールも確認し作り直しました。

リア

ボルトは塗装組み立て時に雰囲気を付けます。

取り敢えず。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアアクスル

リアアクスルの作製です。

ディスクローター

キットのホイールはモーター駆動用なのでかなりゴツ目。

ディスクローター

ホイールの固定はディスク側を凹としました。

ディスクローター

サスとの固定はディスクカバーにダボを付ける事に。

ディスクローター

次はキャリパー作製ですが、何度も作ったのに今回は完成イメージが出来ません。
後回しにして、取り敢えず

ディスクローター

タイヤ、ホイールの確認。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアサスペンション

リアサスペンションの作製です。

リアサス

ジャンクパーツを基に作成。

考察はこちら ➡ 別館2

リアサス

キットの幅に合わせリアメンバーの修整。

リアサス

キットのデフは形状も違い凸モールド形成だったのでブル510の物を使います。
面取り修整中ですがエンドカバーも作り直すので一時中断。

リアサス

サスメンバーのマウントボルトとインシュレーター。

リアサス

サスアームも厚みを増して切った貼ったし

リアサス

合わせます。
この状態ではドライブシャフト代わりのロッドで固定されますが、ロッドは位置決めだけなので

リアサス

別に固定部の作製。

リアサス

目立たない所にビス止めします。

リアサス

ストラットハウスが困難になってしまった。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアシャーシ修正

リアシャーシの修正です

シャーシ修正

モーターライズで電池BOXが有るためかなりの修整が必要です。

ria

取り敢えずギア部分で非対称となったホイールハウスの修整.。

シャーシ修正

切り取りはダイモテープをガイドに

リアサス

修整。
ストラットハウスも作らないといけないのですがサスの位置決めが必要なので後回し。

リアサス

デフギアーも凸モールドだったので切り取りました。

リアサス

プラ板で塞ぐだけなので平面でカクカクした感じです。

リアサス

電池BOXで凸になっていた部分の修整。
矢印部分とフレームの凸モールドは

リアサス

裏側にレジンを盛って削り込んでいます。
後はサスの位置決めが出来てから。
地味な工作はまだまだ

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 タイヤハウス

タイヤハウスの修整です。
まだまだ続く地味な工作ですが嫌いじゃないです。

フロントフェンダー

余分な凸部分は気が付いていたのですが後回しにしていました。

フロントフェンダー
フロントフェンダー

ノコで切って埋めただけ。
ラジエターサポートを貼った時に気が付いたのですが、このまま作って後から切り取った方が楽と判断し進めていました。

次は

フロントフェンダー

シャーシとボディの隙間を埋めます。

フロントフェンダー

実際にはパネルの隙間が埋まっているのでは無くフェンダープロテクターカバー部分ですね。

フロントフェンダー

そう考えると一見良さげなこの状態も正解ではありません。

フロントフェンダー

型取り複製からバキュームでプロテクターカバー製作も出来ないことは無さそうですが、
カバーを作るだけじゃなく別工作の追加が必要になるので詳細な資料が見つかれば考えます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム修正3

エンジンルーム修正の続きです。
地味な工作がもう少し続きます。

シャーシ修正

矢印部分のモールド、実車は別パーツなので切り取ります。

ラジエターサポートの作製

シャーシ修正

この辺りは資料から推測して作っています。

シャーシ修正

実際にはサポート上部もシャーシ側のですがボディ側に分割して作製。

シャーシ修正

シャーシ側は下部になります。

シャーシ修正

つなぎめはラジエターとコンデンサーで目立たなくなります。

エアークリーナー部分

シャーシ修正

バンパーの接着部分は切り取り。

シャーシ修正

シャーシ固定部を真っ直ぐに修正してアンダーパネルが入るようにします。

シャーシ修正

前に切り取ったアンダーパネル、フロントエプロンサポートの再製。

シャーシ修正

パネルを一枚張る毎にボディーシャーシを嵌め外ししています。

シャーシ修正

粗々ですがエアークリーナーで隠れるので良しとしますが、

シャーシ修正

裏側は余分な凹凸が有ります。
取り敢えずエンジンルームベースの完成。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム修正2

エンジンルーム修正の続きです。
地味な工作がまだまだ続きます。

シャーシ修正

ストラットハウス上部を切り取りました。

考察はこちら ➡ 別館2で

シャーシ修正

約1mmずらし内面にレジンを盛って削合。

シャーシ修正

微妙な工作ですが雰囲気は変わります。

次はサイド隔壁ですが

シャーシ修正

(解りにくい写真ですが)
斜め外側に立ち上がるので修整しました。

シャーシ修正

サイドとバルクヘッドの貼り付け。

シャーシ修正

フード・ラッチ部分は別パーツで作ります。

シャーシ修正

接着。
細かなモールドも有りますが後程。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム修正

ホイールハウス修正の続きです。

レジン

裏側にレジンを盛って表側を削ります。
エンジンレスキットの場合ホイールハウスの修正はほぼ必須。
エンジン付きキットでも修正した方が良いと思うのですが最近のエンジン付きキットはどうなんだろう?
必要ないんだろうなと考えつつ工作は進みます。

シャーシ修正

形にはなりましたが仕上げが大変そう。
少々の凸凹も補機が付いたら目立たないのは分っているのですがね。

シャーシ修正

裏側はラウンドのバーで削りました。

シャーシ修正

補機スペースの確保が目的なので正確な形だしは割愛なのですが気になる部分も有ります。
そこそこ時間もかかったのでここまで。

気になる部分は後日別館2で

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 シャーシ修正

シャーシの修正です。

シャーシ修正

これから何度も嵌め外しするため固定用の爪を切り取りました。
完成時はボルト固定とするためボディ側にプラ板を貼っています。

【エンジンルーム】

(地味な工作が続きます)

シャーシ修正

まずはサイドのみボンネットサッシ(?)の接着。

シャーシ修正

エンジン部分をくり貫きました。

シャーシ修正

ホイールハウスも修正するため切り取り。
考察はこちら ➡ 別館2 で

シャーシ修正

高さ調節は水砥ぎの平面グラインダーで削合。

シャーシ修正

ストラットハウスの嵩上げ。
少し傾斜が付くようにしています。

シャーシ修正

微調整はプラ板を挟んで。
削って調整するより足す方が楽ですね。

シャーシ修正

次はアーチの修正をします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記

200ZT
S130 200ZTの作製です。
ブログを始めた時のテーマに戻り過去に乗っていた車を作ります。

130Zは2台乗り継ぎ、ターボ車の前に乗っていた物。
280Zは3ナンバーで高嶺の花、2000ccの初期型ノーマルルーフで作ります。

S130Z

ノーマルボディは手に入らないためT-Barルーフを埋めました。
接着後裏からレジンで補強、瞬着+ベビーパウダーでパテ埋めしました。

S130Z

サイドプロテクトモールの削り落とし。
地道に時間が掛って終了

過去作品の反省も踏まえて再考察をしながら作製します。
考察は別館2で ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 完成 2

【シャーシ】

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60

【室内】

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60

【エンジンルーム】

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60
Rallye GOLF G60Rallye GOLF G60

ラリーゴルフは1989年にラリー用のホロモゲーションとして5000台のみ限定生産されたモデルです。
フルタイム4WDの「シンクロ」システム(ビスコース・カップリング式)に、コラードから移植した1.8リッターシングル カムのG60スーパーチャージャーエンジンが搭載されています。
ラリー仕様は282ps/6800rpm、330Nm/4500rpmにチューンされたエンジンと6速ミッションで構成されていました。
ラリーには数回出場したのみなので当時の資料も少なく不明確、基本的な構成を基に断片的な資料での製作となっています。
発売後10年を経った頃からイギリスでの人気が高まり、イギリスへの中古並行の流通が増え、ドイツでも人気が復活したとの事なので収集した資料はその頃のレプリカかキットカーのものかもしれません。

これにてRallye GOLF G60 製作記終了です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 完成

Rallye GOLF G60 の完成です。

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60

1989年ゴルフMk2 Cli に乗りその頃から集めたミニカーと関連グッズ。
フォルクスワーゲンモータースポーツカレンダーにあったRallye GOLF G60 Group A の模型を作ったのが20数年前。
当時はネット環境も無くWRC雑誌とカレンダーの写真数枚から想像して作りました。
そして、一昨年の12月に購入したOtto Mobile製の1/18ミニカーがきっかけとなってレストアを開始。

20数年の時を経て今のネット環境から集められる資料を基にRallye GOLF G60完成です。

Rallye GOLF G60

Rallye GOLF G60

ネットから得られる資料と言えど1990年代の実車資料は少なく多くはキットカーの物ですが、
ノーマルFF車の模型キットをRallye GOLFに作りかえる工程はキットカーと同じで参考となりました。

詳細は後日UPします。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 最終仕上

ボディ仕上げの続きです。

ボディ仕上げ

VWエンブレムはグリルパーツからの切り出しです。

ボディ仕上げ

リアはブルーカラー、ホワイト、シルバーの3タイプ確認できました。
白が模型映えするのですが単色だけではなく塗り分けが面倒なのでシルバーに。

ドアミラーも修正しました。

ボディ仕上げ

ミラー面を彫り込んで別パーツに。

ボディ仕上げ

内面に下駄を履かせて

ボディ仕上げ

ミラー角度を変えています。

ボディ仕上げ

天井のアンテナ線も付けました。
これは適当

ボディ仕上げ

矢印の資料しか見つかりません。
天井からカールコードの垂れ下がる資料も有りますが答えが判らないのでパス。

完成

テールランプユニットも作り直し。
ボディに合わせて作ったので左右で大きさが違いますが

完成

左右同時に見る事は有りません。

完成

ワイパーとキルスイッチ

完成

フロントグリル

完成

給油口

完成

アンダーガード
磁石で取り外し可能です。

そしてアンテナを付けたら

完成

完成です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ボディー仕上

ボディを仕上げます。

リアハッチ

ボディ仕上げ

鍵穴部分の処理を忘れていました。
実車では鍵穴部分が無く窪んだ状態、鍵穴が有り周りが黒いタイプ、鍵穴部分もボディ同色の物が有ります。
窪んだ状態の物で作ろうと思ったのですがこのまま行きます。

ボディ仕上げ

リアにナンバープレートが有る物は矢印部分に照明用の配線が有るようです。

ボディ仕上げ

ダンパーは只のつっかえ棒

ボディ仕上げ

開いた状態を保ちます。

ドア

ボディ仕上げ

ドアミラーは完成時に付けます。

ボディ仕上げ

ウインドウは今回も開いた状態です。

ボディ仕上げ

ドアロックアッシー
磁石を付けました。

ボディ仕上げ

フロントウインドウ

ボディ仕上げ

Aピラーの凹部に嵌るように作ってます。
接着剤は使っていません。

ボディ仕上げ

ヘッドライトの塗装。

ボディ仕上げ

ケーブルも素着。

ボディ仕上げ

サイドウインドーの「RECARO」文字は転写シールです。

ボディ仕上げ

内装も接着。

ボディ仕上げ

リアテールランプ
レンズ周りの粗が丸見えの仕上がり。

ボディ仕上げ

ロックキャリアも塗装して接着。

ボディ仕上げ

ボンネットも仕上げます。

ボディ仕上げ

ウインドーウォッシャーホースの接着
しかしエンジンルームにはタンクが有りません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 シャーシ完成

シャーシ完成

シャーシの完成です。
《写真は拡大します》

シャーシ完成シャーシ完成

シャーシ完成シャーシ完成

シャーシ完成シャーシ完成

シャーシ完成シャーシ完成

シャーシ完成シャーシ完成

シャーシ完成シャーシ完成

続く





テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 シートベルト完成

室内組立の続きです。

シャーシ完成

ロールケージの接着。

シャーシ完成

ショルダーストラップは分割して付けました。

シャーシ完成

3インチのストラップを選択しています。

シャーシ完成

サイドのロールケージも付け、これにてシャーシの完成です。

シャーシ完成

シャーシ完成

シャーシ完成

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 室内組立2

室内組立の続きです。

室内組立

フットレストの接着。
写真にすると穴開け部のめくれ上がりの粗さが見苦しいです。

リアケーブル

室内組立

ホースクリップの詳細が不明のためケーブルやチューブで誤魔化し。

室内組立

固定

室内組立

リアまで1本線です。


トランク部分のスペアータイヤハウス。

室内組立

実車ではスペアータイヤハウスの穴がメタルプレート溶接で塞がれています。
シルバーシールで再現しましたが工作上シャーシ裏側とはこれだけズレが出ました。

室内組立

安全タンクカバーのボルトの再現。

シート

シートベルト

クロッチストラップ(と言うそうな)を先に接着。

シートベルト

シートレールも付けてセットしました。

残りのベルトも仕上たいのですが、エッチングパーツのシートが見当たりません。
紛失?薄い物なのでどこかに挟まっていそう。
意気消沈です。

シートベルト

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR