S130 200ZT 製作記 排気管遮熱板

排気管遮熱板の作製です。

完成後は殆ど見えず、断片的な資料しかなかったためパスと決め込んでいたのですが、S30Zのエンジンで再現している方が見えたのでならばと再度資料を探しました。

排気管の遮熱板
資料図、パーツ写真は見つかったのですが

排気管の遮熱板

現物合わせで作るとスペース的にこんな程度にしかできません。
1枚板で終わりとならないように屈曲を加えたりモールドの追加をしました。

排気管の遮熱板

スペースが無くエキゾーストマニホールドの端まで覆いきれていませんが良しとします。

排気管の遮熱板

完成後も裏から覗けば見えないこともないのですが
(ナットパーツはオーバースケールですが余っている物を使いました)

排気管の遮熱板

手を加えたマニホールドの裏のモールドはは隠れてしまいます。

排気管の遮熱板

修正前はこんな状態でした。

続けてエアーレギュレーターとスロットルポジションスイッチの作製。

リアディテール

上がスロットルポジションスイッチ、下がエアーレギュレーター。
ちなみにエアーレギュレーターは2タイプありました。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジン仕上げ

ボディは一段落。
エンジンパーツの仕上げ。

エンジン

今回はフジミエンジンをベースにディテールアップしただけなので工作量は少な目です。
(パーツはもう少し有ります)

エンジン
エンジン
エンジン
エンジン
エンジン

サフ吹いただけで気分が盛り上がり写真にしましたが、まだ修正部分は粗だらけです。

インジェクションはタミヤ、ミッションはATに修整しました。
今回1番の改修点はエンジンブロックとミッションの切り離し。
L型エンジンはエンジン本体に傾斜角が付いています(3枚目の写真参照で12度だそうです)。
当然ミッションとの間にも傾斜角が付くのですが残念ながらキットのエンジンは再現されていませんでした。
この後L型インジェクションの一番大変な処、パイピングが待っています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ボディ追加修整2

ボディ仕上げがまだ続いています。

牽引フックの位置形状の資料を探すうちに➝下部のスリットも前期後期で位置が違うんだ➝ナンバープレート部分は固定モールドだけでなく凹モールド・・・。
と何時もの考察スパイラルで完成後まったく見えない部分にたどり着き手を加えています。

リアディテール

プレートを浮かせて付けるため凸モールドを再現するだけだったのですが実車様に凹モールドも付けました。]

リアディテール

牽引フックはアブソーバーと一体なのですが穴開けでボディに直接付ける様にしています。
矢印部分は模型の便宜上削ったのではなく実車もこうなっています。

リアディテール

左右で長さが微妙に違う下手くそ。

リアディテール

少々斜め下から見ても違和感ないのですが、裏から見るとフック取り付け部の雑多が丸見えなので

リアディテール

アブソーバっぽいパーツで固定部隠し。

リアディテール

ナンバープレートの下部にあるフックも作る予定ですが資料確認が出来ていないためボディ側の穴開けも保留です。
エンブレムも削り取ってならしましています。

リアディテール

エンブレムも綺麗に切り取れたのですがこれをメッキ塗装して塗り分け貼り直すような技量は持ち合わせておりません。

そしてバンパーパーツをあーだこーだ触っているうちにメッキパーツに曇りが。
そして傷も付きはじめたのでメタルプライマーを吹いてクリアー塗装しました。
しばらく寝かせておきます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ボディ追加修整

ボディ追加修整です。
触りだすと切りが無いのでこれぐらいで、とも思うのですがついつい手を付けてしまいます。

ウインドウ部分のルーバーは抜いています。

サフ仕上

底は作ってあるので筒抜けではありません。
実車はどうなっているか確認は出来ていませんがワイパーの駆動ロッドは見えるはず。

と言う事で

サフ仕上

パーツ写真から推測して作りました。
黒ボディにシルバーのロッドなのでチラリと見えます。

助手席側の後にも収納スペースが有るので

サフ仕上

テンプレートを作って彫り込み。

サフ仕上

完成後はスペアタイヤが邪魔で目立ちません。

サフ仕上

最後はシートベルトの引き出し口。

サフ仕上

若干開口部の形態が違うのですがベルトが付くと解らないのでまあ良いかで作製。
そしてタングプレートの資料を探していたところまたもや「あれ?」で手が止まりました。

続く

「あれ?」は別館2で ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 サフ仕上

サフ仕上しました。

サフ仕上

サフを吹くと手間を掛けた部分が見えるので気分が盛り上がります。

サフ仕上
サフ仕上
サフ仕上
サフ仕上

内装の見えるところは貼り込みました。

サフ仕上
サフ仕上

エンジンルームは前作以上にディテールを追求しました。

ようやくベース工作の終了。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ボディ仕上2

ボディ修正の続きです。

次はドア開口時に見えるヒンジ針金。

ボディー修正

人の物まねパクリの方法で言うのもおこがましいのですが、針金固定部のボディパネル側の形状修整が必要になります。
光物の針金だから目立つので色を塗ったり目隠しでも事足りますが今回は少しだけ考察しました。

heki

実際の壁の位置はオレンジ部分です。
開閉工作時にしておくべき事なのですが、赤矢印部分の厚みの幅が解らず後回しになっていました。

ボディー修正

現物合わせで足しています。

ボディー修正

取り敢えず目立たなくしました。
矢印部分にステップが有りますが目立たなくする帳尻合わせで矢印部分が本来の立ちあがりです。

ドアハンドルとキーホール

ボディー修正

(写真がうまく撮れなかったので上下逆で撮影しています)

実車のハンドルは枠と同じ面、キーホールは窪んでいます。
ハンドルはメタルシールか磨いた洋白板の予定。

ボディー修正

キーホールは窪ませてエッチングパーツを貼る事にしました。
貫通出来ないのでドリルでの調節は難しいところ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ボディ仕上

ようやくボディ仕上げになりますが修整個所も有ります。

ボディー修正

ボディとボンネットの間に隙間が有るので埋めました。
(このキットで意外に知られている事です)

ボディー修正

後回しになっていた裏側エアダクト部分も

ボディー修正

工作しましたが少し目立ちすぎ。
ただモールドを付けただけなのですが考察に時間を費やしています。
ボンネットの余分な厚み分飛び出してしまっていますが直視する部分でもないので良しとします。

ボディー修正

そしてエンブレム。
こちらは少し考え中。

追記) エンブレムは別館2で考察しました ➡ こちら

ボディー修正

サイドマーカーは

ボディー修正

上手な人のまねは無理そうなのでレンズパーツの削り出し。

ボディー修正

ベース部分も細切りつや消しフィニッシュを巻いて本物のように仕上げる方も見えますが塗分けように筋彫りしただけです。
つや消しフィニッシュもチャレンジしたのですが、細いと全然張り付かず浮いてきてしまいコツが掴めません。

ボディー修正

まだ修整が必要。

ボディー修正

エンブレムも人まねでメタルック貼りも試しましたが作例のように上手く行かず文字が不明瞭になってしまい諦めました。
型取りして別パーツにする技量も無いので悩んでいたのですが、ジャンクをあさったら出てきたエッチングパーツに頼るので削り取ります。
初版キットには実車前期型の初期に付いていた「NAPS」エンブレムの再現が有りましたがこのキットには有りません。
(「NAPS」を知っている人は少ないでしょうね)

ボディー修正

こちらも複製して別パーツにされる方も見えますが、実車寸で縮小すると1文字0.6X0.8mmの厚み1.4mm。
これをバリ取りしメッキ塗装して貼り付けるのだからまさに神業ですね。

こちらもエッチングパーツが有ったので削り取ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 シート2

シートの続きです。

シート

片側だけ修正してそのままだったので助手席側も修正。
一体形成のシートだったので座面と背面のつなぎ部分に切れ込みを入れました。

シート

見えなくなるのですが裏側にも雰囲気を付けています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ダッシュボード2

ダッシュボードの続きです。

ダッシュボード

モールドだったメーターをデカールにします。
メーター周りのランプは技量不足でパス。

ダッシュボード

プラ板に貼ったデカールを裏から貼るようにしました。

ダッシュボード

マスキングテープで位置合わせ。

ダッシュボード

クリアーを吹いて軽くコンパウンドかけ。
しかし大間違いが2つ。
タコメーターとスピードメーターのレイアウト。
今乗っている車と同じにしてしまったのですが逆でした。
そして工作中は気付かなかったのですが写真にすると文字まで読み取れ気付いたのがFUELとOILの貼り間違い。

ダッシュボード

気が付かない振りでこのまま行きます。
実車はパネル全体がクリアカバーで覆われるのでトライしてみましたが断念。
メーターが目立たなくなってしまうので止め。

ダッシュボード

左は時計です。
Z-Lグレードはアナログなのでジャンクデカールも有りますが実車はクオーツ(水晶)時計。
Zグレードはオプションでした。
デカールも作ってみたものの他のメーター類のシャープさとあまりにも違うので廃棄。
空調吹き出し口のシルバーモールもどうしましょ。
旧作はドア非開閉だったのでヨレた金属線でもそれなりに見えました。

共に答えが出ず先に進みます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 バンパーステー 牽引フック

バンパーステー 牽引フックの作製です。

考察はこちら ➡ 別館2で

バンパーステー

バンパーステー

2000ccはアブソーバーなしのチャンネル型のステー。
エバーグリーン(写真上)を使おうかと思いましたが少し幅広。
プラ棒で作りました。
(写真では分かりにくいですが0.5mm狭いです)

バンパーステー

折れる可能性があるので組み立て時まで接着しません。

バンパーステー

バンパーはボディ側、ブラケットはシャーシ側なので固定部はどうするか?
それと気になったのがバンパー裏側の処理。
今までバンパー裏側など考えもしませんでしたがボンネットを外した状態では丸見えです。

バンパーステー

牽引フックは真鍮線でボディ側に付けました。
取り付けて終りでも良いのですが

バンパーステー

固定部は裏から見える位置に有ります。
しかしフックはボディ側、固定部はシャーシ側に作る事になるので模型上ではつなげる事が出来ません。

バンパーステー

取り敢えずボディ側の金属線の端はプラ板で目隠し。

バンパーステー

シャーシ側にブラケット部分の作製。

バンパーステー

実車と比べなければそれらしくつながっている様にも見えます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 バンパー

バンパーの作製です。

バンパー

実車は2000ccオーバーライダーは付いていませんでした。

バンパー

切り取ってみたところ

バンパー

本体が浮いてしまいます。
オーバーライダー部分で固定されていたんですね。
取ってしまうと前後の位置決めも不明確なので

バンパー

反対側を切り取る前に固定部を作って

バンパー

嵌め込み。
段差が出ない様にしました。

バンパー

穴埋めはパテではなくプラ板と瞬着ベビーパウダー。

バンパー

仕上。

続く


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ヘッドライト

ヘッドライトの作製です。

ヘッドライト

キットの固定部分は使う事が出来ません。

ヘッドライト

レンズ側にのりしろと、位置決めの凹が有るので切取りました。

ヘッドライト

バルブはバンクピン。

ヘッドライト

レンズの外周にはリングの凸モールドが有るので塗分けます。
上手な人はメッキ塗装で塗り分けるのでしょうが、シルバーのガタガタ筆塗り塗装のため拡大写真は無しです。

ヘッドライト

リフレクター後方にヘッドランプホルダー(パーツリストの名称)の追加。

ヘッドライト

固定方法は実車と異なりますがケーブルを付けて

ヘッドライト

終了

続く

ブラケット考察はこちら ➡ 別館2で

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ブレーキブラケット

ブレーキのパイピングです。

工作をリヤ側に戻します。

ブレーキパイピング

サスアームにブレーキパイピング用のブラケットの接着。

サイドブレーキ

ブレーキパイピング

ジョイントはアルミパイプを挿しただけの簡易再現

ブレーキパイピング

実車のジョイント部分のワイヤーにはブーツが付きます。

ブレーキパイピング

実車形状と異なりますがTジョイントの作製。

ブレーキパイピング

分岐できれば良しとします。

ブレーキパイピング

他のブラケットも作製。
この後パーキングブレーキレバーが触媒ヒートシールドとの干渉するミスが見つかり手が止まりました。

次は別パートを作ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 パイピング2

フロント側のパイピングです。

ブレーキプレッシャーリデューシングバルブ

ひねりが有るので上手く出来ません。
この後左端の固定部にもつなげないといけません。
その前に

ブレーキプレッシャーリデューシングバルブ

ブレーキプレッシャーリデューシングバルブの作製。
形状はかなり省略してあります。

ブレーキプレッシャーリデューシングバルブ

パイピングは一番外よりでした。
と言う事は前のパイピングは間違い。
一段ずらせば済む、と言う訳には行かずやり直すのもかなり面倒。
他のパイピング考察も必要となったので又後回し。
こう言う工作は一気にやらないとモチベーションが続かないのですが、つまずいてしまいました。

続く

パイピングの考察はこちら ➡ 別館2で

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 パイピング

明けましておめでとうございます。
製作開始から6カ月、年をまたぎまだ工作は続きそうです。

パイピングです。

パイピング

滑り止めの付いたピンセットを使えばまだ楽なのでしょうが先が太くて使えません。

パイピング

2屈曲以上は難易度が高くなるので途中分割しています。

パイピング

地味な工作が続きます。
肉眼(老眼の)だと光物が特に見えにくいので気付いていませんが写真にするとズレてます。

パイピング

ホースクリップはケーブルの心線を使ってみました。
残りはさほど難しくも無いので続きは組み立て時に。

フロント側はかなり厄介になります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リア修正続き

リア周りは続きます。

リア周り

キャリパーもバッフルプレートを装着した状態で合わせました。

リア周り

ディスクとバッフルプレートを挟む感じで固定をしていますが実際にはサスペンションアームに固定されるので

リア周り

厚さ無視の雰囲気モールドで再現。

リア周り

ボルトモールドの存在感で誤魔化しています。

次はブレーキパイプとケーブル。

リア周り

キットモールドは削り取ったので再製します。
パイプ固定部の作製。

リア周り

フューエルパイプも有るのでパイピングは4本、結構大変(イライラ物)です。

リア周り

パーキングブレーキ ブラケットセンターレバー(パーツリストの名称です)の作製。

リア周り

実は不明確な資料から作っていたのでブラケット形状が間違っていました。

リア周り

そして、作ってから正解資料が見つかったのですがこのまま行きます。

リア周り

後回しにしていたドア開閉工作時に出来たズレが有りました。
修整するにしてもホイールハウスの処理が実車とかなり違った形状となっているため正解が無く悩み中。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアキャリパー

リアキャリパーの作製です。

リアキャリパー

どうするか悩み後回しになっていました。
作った物は後期型、前期型は再現できませんでした。

リアキャリパー

かなり複雑で途中写真無しで黙々と作製しています。

裏側

リアキャリパー

スプリングが上下で違うのは御愛嬌。

リアキャリパー

予想外に時間が掛ったので2個目が面倒ですがもう後回しには出来ません。

続く

製作工程UPしました  ➡ 別館2で

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 燃料ポンプ

リア周りの補機を作ります。

燃料ポンプ

リア補機

ポンプなので電源が必要。

リア補機

塗装が苦手なので塗り分けのため3分割になっています。

リア補機

パイピングの考察は以前(7年前です)と同様ですが、

リア補機

今回は電源ケーブルを付けます。

リア補機

残りの補機も作るのですがこちらは作ってても何故か楽しくない。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアアブソーバー

工作も終盤の様に見えるのですが、以前の工作も実際には面倒だから後回しや、煮え詰って来たので気分を変えて別パートにとやり残している部分が多くあり元に戻って2順目の工作、まだまだ続きそうです。

リアサス

モーターライズシャーシを修正しているので痛々しくガタガタ。
一度ならしました。

リアサス

見えなくなる所の修整は省略しているのですが手間はかかります。
緑矢印部分は給油パイプカバーに隠れるので穴埋め省略。

そしてリアサスペンションの追加工作。
ストラットハウスとリアアブソーバーを作っていませんでした。

リアサス

そして修正。

リアサス

アブソーバーの固定部も作製。

リアサス

ブーツ部分はフロント同様スプリングで代用。

リアサス

純正仕様なので黒く塗っちゃうのでこんなもんで良いかな。

リアサス

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フットレスト

フットレストの作製です。

フットレスト

矢印部分にフットレストが有りますが困難なのが滑り止めの形状。

フットレスト
スクラッチは困難。
レンズパーツのを探しましたが

フットレスト

ちょっと違う。

フットレスト

そしてさらに探したのが1/12 240Zのテールランプ

フットレスト

これで代用します。

フットレスト

よく見ると全然違うのですが

フットレスト

黒く塗れば解りません?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR