fc2ブログ

Z32 300ZX TURBO製作記 パイピング

残りのパイピングは確認出来る処だけ作製します。

パイピング

側面には3つのモールドが有ります。
右からブレーキブースターバキュームパイプ、クラッチバキュームパイプが付き、左のポッチはIAAパイプブラケットが付く部分です。

パイピング

パイプジョイントの作製。

パイピング

仮合わせまで。

PCVパイプ

パイピング

上矢印部分にPCVバルブが有るのですがパス。
PCVパイプ接続の考察は ➡  別館2で

段差のあるパイピングですが

パイピング

シリコンチューブなら難なく。
パイプクリップを付けるとなるとスペース的に難有。

ここで資料を再確認したところ

パイピング

矢印部分の上下の穴の間にIAAパイプが通ります。
しかし穴部分にパイピングジョイントを付けるとスペースが狭小。
右の穴位置が下過ぎるのもありますが、そこしか開けられませんでした。

パイピング

なので左の穴をズラしました。
そして、スロットルボディーにターボクーリングパイプ接続部分の作製。

パイピング

L型ジョイントの作製。

パイピング

宙ぶらりん状態。
サージタンクにブラケットが付くのですが未接着では工作困難。

パイピング

反対側も作製。

パイピング

こちらはサージタンクの裏側を通ります。

パイピング

パイプで自由度を持たせて

パイピング

接続。
こちらもブラケットはどうしましょう。
当然INが有ればOUTもあります。
もう一本はエンジンブロック側の接続が不明。

反対側にもPCVパイプをつなげます。

パイピング

こちらも宙ぶらりんになるので本来無いブラケットを付けました。
正解ではありません。

パイピング

実車はもう少し複雑で分岐もありますがストレートパイプの分岐無しで作製。
ブラケットの厚みはもう少し薄くします。
写真はありませんが、左のカムカバーから出たパイプにシリコンチューブで接続します。

パイピング

ターボオイルリターンパイプの接続。
こちらにもINパイプが有りますが省略。

段々面倒くさくなって中断。

続く
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 イグニションコイル

イグニションコイルの作製です。

VG30DETTはダイレクトイグニッションなのでエンジン側にイグニションコイルが付きます。

Coil pack connectors

電話の受話器📞の様に見えるのがイグニションコイルの一部でサージタンクの一部ではありません。
矢印部分の固定部が省略されています。

Coil pack connectors

固定部を付けました。
イグニションコイルの形状写真の添付はしませんが、プラグは矢印側の下の方に有りこちら側にコイル本体が有ります。
反対側にコイルコネクターがあります。

Coil pack connectors

サージタンクの反対側にも固定部を追加しました。
コイル固定部のボルトはエッチングパーツにするので模型モールドは削りました。

Coil pack connectors

裏側にコイルコネクター固定部がサージタンクに密着しない様下駄を履かせて

Coil pack connectors

コネクター固定部を接着。
サージタンクとは別色なので少しでも塗り分けしやすくなるはず。

Coil pack connectors

実際はカプラーとコネクターですが、どうするか検討中のため取り敢えずケーブルを挿しただけです。

Coil pack connectors   

コイル本体はサージタンク側に付けると塗装が困難なので別パーツで作製。

Coil pack connectors

裏側にダボを付け塗装後接着です。

Coil pack connectors

仕上げ時にボルトリベットを付けます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 IAAユニット

IAAユニットの作製です。

考察はこちら ➡ 別館2で

まず先に

エアーユニット

サージタンクの仮止めをねじ止めにしました。

エアーレギュレーターの作製。

エアーユニット

スタートは3枚のプラ板。

エアーユニット

いきなり飛んで完成。
仕上げ時にボルトリベットを付けます。
カプラー部分に穴開けしてケーブル接続できるようにしてありますが、接続できるかは不明。

エアーユニット

サージタンク側に固定部も付けました。
ダボ穴位置が有るので実車形状は省略。

エアーユニット

バランスチューブとの位置確認。

エアーユニット

矢印部分でパイピングされます。

IAAユニット

IAAユニット

何も再現されていなかった部分に作成するため固定ベースを付けます。

ユニットの作製

IAAユニット

右上からACC FICD、左がIAAユニット本体。
別色なので別パーツで作りました。
本体はもっと複雑な形状ですがインチキしました。

IAAユニット

ACCカプラーは省略です。

IAAユニット

(ピンボケですが)
パイピングはこんな感じで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 フューエルライン

フューエルラインの作製です。

Z31では再現されていた補機も省略されているので追加工作します。

フューエルライン

指矢印はバランスチューブ、調べたのですがあまり理解できなかったので考察は無しです。
右半分は2重パイプになっているのですが再現されず左矢印のフューエルラインが中途半端に再現されています。
タンクから送られた燃料はフューエルフィルターを介してフューエルダンパーを通りインジェクターに送られるようです。
そしてインジェクターからフューエルプレッシャーレギュレータの補機を介し燃料タンクへ戻ります。
素人解釈なので間違っているかも知れません。

これを踏まえて作製。
まずはパイピング準備。

フューエルライン

上矢印はパイプ固定部。
実車形状とはかけ離れていますが工作都合で再現。
左矢印はバランスチューブの下に隠れる1本パイプをつないで誤魔化すインチキ工作です。

フューエルライン

アウトラインパイプ。
燃料タンクに戻るパイピングを金属線で再現。
インジェクター側から戻るラインはプレッシャーレギュレータを介してこちらにつながります。
ここにつながるあとのラインは金属線では困難なのでパイピングケーブルで再現します。

フューエルライン

インラインパイプ。
燃料タンクから送られるラインです。
キットはこれを再現していました。
金属線がつながっている中間パイプとバランスチューブはコレクターカバーに付くものでは無い別パーツなのですが分離してしまうと収拾がつかなくなるのでキットの付いたままの状態で進めます。

フューエルダンパー

フューエルライン

ベースプラ棒が1.2mm、このサイズで切断面を直角にする技量が無いので歪です。

フューエルライン

サージタンクにブラケットを介して付く補機ですが実車通りにするとパイピングが困難になるため中間パイプに挿しこんだだけ。
宙に浮いた状態。

フューエルライン

バランスチューブは部分的に2本になっているので作りました。

フューエルライン

メインチューブにはバキュームパイプも付きますが検討中。

フューエルライン

フューエルダンパーにブラケットを付けました。

フューエルライン

実車とは異なりますが雰囲気で。

フューエルプレッシャーレギュレータ

サージタンク

プラ棒に袴を付けただけの簡単工作。
サイドの羽根はブラケットではなく模型の都合上の固定部。

サージタンク

サージタンクの裏側に凹を作り、差し込みます。

サージタンク

固定部は見えません。

サージタンク

パイピングはケーブル線で。

サージタンク

組立時にアルミパイプ部分で寸断します。

サージタンク

ほとんど見えません。
パイプクリップを付ける予定。

フューエルライン

フューエルラインの完成です。
左側のフューエルダンパーにはバキュームパイプが付きますが考察中。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 スロットルリンケージ

スロットルリンケージの修整です。

工作前の考察はこちら ➡ 別館2で

サージタンク

スロットルボディとコレクターカバーのアクセルドラム開口部を修正します。

サージタンク

アクセルドラム開口部を開けましたが実車より小さい感じ。
これ以上開けるとNISSAN文字まで影響しそう。
アクセルドラムもプラ板工作の限界、技量不足で簡易作製。
実際には外側の2枚ともが凹形状になっていてスロットルワイヤーが掛かります。

サージタンク

スロットルボディの中心位置でロッドの仮作製。
キットより低い位置になりました。

サージタンク

(ズレてますが)コレクターカバーの開口部で確認。

サージタンク

アクセルドラム固定部も作りましたが、干渉してしまうので実車の1/3だけ作りました。
スロットルボディも修正してアクセルロッドの位置修正。

サージタンク

ディテールも簡易再現でアップしました。
もっと複雑な形状ですが角パーツとポンチ貫した丸パーツを貼っただけ。

サージタンク

アクセルロッドは黒焼きした洋白線。

サージタンク

アクセルドラムは実際には丸形状ではなく、ワイヤーの掛かる凹モールドも有りませんが

サージタンク

知らなきゃ雰囲気OK

サージタンク

スロットルプレートは有りませんが雰囲気で。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 EGR作製

EGRの作製です。

まずは固定部。

EGRの作製です

実車形状とは異なりますが見えなくなる部分は省略。

パイピング考察はこちら ➡ 別館2で

EGR

本体とバルブの作製。
本体にはエキゾーストマニホールドからの接続が1本、インテーク側へ2本で接続できるようにした雰囲気作製です。
バルブ(写真右)上部のパイピングはバキュームパイプと思われますが接続先が不明。

EGR

本体はパイピングが出来るように工作しただけなので細かな部分はインチキしています。

EGRの作製です

エキゾーストパイプ側のパイプ接続口は多分ここだろうで作製。

EGRの作製です

パイピング。

EGRの作製です

インテークマニホールド側へのパイプカバーはスプリングでインチキ作製。
インチキばかりです。

EGRの作製です

シリンダーヘッドに固定ブラケットが有るのでしょうが取り付けが不明。

EGRの作製です

反対側も作製して

EGRの作製です

(未接着でズレてますが)完成。
バルブ付け忘れてました。
インチキ、いやそれっぽくの作製でした。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 ファン修整

ファンの修整です。

ファン

実車と羽根の取り付け角度が違いますがこのまま修正します。

考察はこちら ➡ 別館2で

ファン

羽根を薄く。

ファンクラッチはジャンクパーツを移植します。

ファン

細かくは違いますが他に無いので使います。

ファン

羽を薄くして穴開け、

ファン

ジャンクパーツはクラッチだけに。

ファン

合わせました。

ファン

ファンが固定できるようにプラ板の貼り付け。
ジャンクパーツの裏側も厚みを調整して貼り付け。

ファン

実車のパーツ写真でファン単体の裏側写真は有ってもクラッチがついたこの状態の写真は見当たりません。
だから正解かどうかもかりません。
完成後は真上から覗き込めば少しは見える部分。

ファン

クラッチが付くとおもちゃっぽさが無くなりました。
下手に白く塗るとまたおもちゃっぽくなるので、クラッチはシルバー、ファンは艶消しクリアーにしましょうか。
ファンプーリーは二重ダボにしてあるのでエンジン単体完成時は嵌め外しで写真にします。

ファン

ファンなので息を吹きかけると回ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 ターボチャージャー修整

ターボチャージャーの修整です。

PB047035_20221105012008aae.jpg

キットパーツを使いますが修整までに考察が有りました。

考察はこちら ➡ 別館2で

考察に合わせて修正します。
まずは写真と反対側から。

ターボチャージャー

インテーク側の吸入口の向きが違います。

ターボチャージャー

切り離してダボを付け

ターボチャージャー

付け直すだけの工作。

ターボチャージャー

インテークパイプ接続部分の修正まで。

次は反対側

ターボチャージャー

スクロールの方向が違っていました。

考察は別館2で ➡ こちら

ターボチャージャー

エキゾーストのスクロール方向を変えたいのですがマフラーとのつながりが有るため、切り離さず瞬着ベビーパウダー盛で誤魔化し。
写真はまだ盛っただけで修正していません。
表面張力や流れてなじみ易いので修整はパテより楽ですね。

ターボチャージャー

インテーク側のスクロール修正は、なんだ裏表を逆にすればいいやで工作。

ターボチャージャー

思ったより簡単に修整です。

ターボチャージャー

ターボには無くはならないアクチュエーターの作製。
初期の頃のターボにも有ったのかな。

ターボチャージャー

固定部と排気バルブアッセンブリーレバーは洋白板で作製。
共に実車再現はチョー面倒なのでインチキ作製。

ターボチャージャー

作動方向もレバー部で90度違うインチキです。
これではロッドか左右に動いてもレバーは作用しません。

ターボチャージャー

アクチュエーターは反対側にも付くのですが左右タービンは非対称なのでこの位置。

ターボチャージャー

エンジンマウントとパイピングで見えなくなるので再現はまあ良いかと思ったのですが

ターボチャージャー

裏から見えます。

一度気が抜けると作るのが面倒臭くなってしまいます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 パワステポンプ A/Cコンプレッサー

エンジン修整は続きます。

エンジン修整

タイミングベルトカバーとウォーターパイプは一体になっているので

エンジン修整

削り取り穴開け。
作り直します。

ウォーターポンプ

エンジン修整

長さ傾斜が違いますが雰囲気作製。

エンジン修整

固定ボルト部分も有りますがプーリーで隠れるのでまっ良いか。

パワステポンプ

エンジン修整

塗分が必要なのでブラケット、ポンプ、プーリーは別パーツ。

エンジン修整

プーリーはキットパーツの溝彫。
スクラッチだと表面の凹工作が面倒なので。
本体の全体像がは今一つつかめず、丸棒を貼っただけの形状。
何か違うのですがどこが違うか分からず別補機を作る事に。

エアコンコンプレッサー

工作前の考察はこちら ➡ 別館2で

エアコンコンプレッサー

キットは簡易形状のため作り直します。

こちらはいつも通りの工作、製作過程をダラダラと残します。

エアコンコンプレッサー

プーリーはサイズ確認もあったので取り敢えずキットの物を使用。
溝彫、ダボ付けまで。
今後の展開、仕上げ段階で作り直すかも。

エアコンコンプレッサー

本体基部の作製。

エアコンコンプレッサー

ダボで固定。
前後位置の調整はプーリーでします。

エアコンコンプレッサー

シリンダーブロックにはブラケットで付くのでダボは隠れます。
現状キット位置で合わせていますがブラケット工作の都合で調整します。

ベースが出来たので細部工作。

エアコンコンプレッサー

パイピング接続部分。

エアコンコンプレッサー

パイプで金属線を挿せるようにしていますが、パイピングできるかは別。
実車形状は簡もう少し複雑ですが簡易再現。

エアコンコンプレッサー

ブラケットベースの作製。

エアコンコンプレッサー

本体を固定できるようにしました。

テンションプーリーのアームの作製。

エアコンコンプレッサー

エバーグリーンのチャンネルを使いました。
便利です。

エアコンコンプレッサー

のりしろを作って接着。
見えない部分で補強もしています。

エアコンコンプレッサー

プーリーはキットパーツに溝彫とダボ。

エアコンコンプレッサー

アーム中央の穴開け忘れています。
何の穴かと言うと

エアコンコンプレッサー

テンションプーリーなので裏の凹部分にネジボルトが有ってテンションを調整します。
プーリースライド用の穴でした。
構造を知ると再現したくなります。

エアコンコンプレッサー

コンプレッサーの上部固定部の作製。
下部は見えなくなる部分なので仕上げ時に裏側にボルトリベットで再現します。

エアコンコンプレッサー

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 シリンダーブロック

エンジンに戻ります。

オルタネーター

240ZGでは共に緻密に再現されておりスターターモーターも再現されていますね。

オイルフィルター

オイルフィルター

丸棒の切り出しは何回やっても底面が直角になりません。
上面に窪みを入れましたが240ZGはオイルフィルターのこの部分もも再現されているようです。

オイルフィルター

ブラケットの作製。
ターボ仕様はターボ用のパイプが付くのでこれはNA。
ターボ製作時に追加するか検討します。

オイルフィルター

エンジンブロック側の固定部は固定ボルト穴もありますが

オイルフィルター

省略してしまいました。
その他色々実車とは違いますが雰囲気再現でおしまい。

オルタネーターの作製。

オルタネーター

オルタネーターの一番面倒で困難な工作が放熱スリット。
今回はジャンクパーツを使います。
このジャンク自体もキット箱絵とはかなり違う形状でした。
Z32の物とも違いますが使います。
ここは3Dで欲しいところです。

オルタネーター

ステーターコイル(と言うらしい)は別色なので別パーツに。

オルタネーター

ジャンクパーツはリアカバーが再現されていなかったのでプラ板で簡易作製。
円形パーツにノコでスリットを入れる方法は不均等(技量が無いだけ)で断面処理が困難で止めました。
スリットは実車の半分も有りません。

オルタネーター

ステーターコイル以外は実車とかなり違います。

オルタネーター

前後カバーの固定部はアルミパイプで作製。

オルタネーター

固定パーツも付けましたが。
付け忘れ工作ミスがあります。

オルタネーター

リア側
丸パーツを適当に貼っていますがブラシカバーやカプラーの再現まではしていないインチキです。

オルタネーター

真っ直ぐ付けたつもりですが曲がってズレています。
パイプ自体が極小なので難しい(と言い訳をしておきます)。

取り付け位置は

エンジン修整

キットプーリーで確認。

エンジン修整

クランクシャフトプーリーは3重でベルトがかかります。
キットのオルターネーターはプーリーもブラケットも無く中に浮いた状態。
位置バランスだけの確認となります。

エンジン修整

まずはクランクシャフトプーリーの切り出し。
修整?とも思ったのですが作り直した方が早いので

エンジン修整

ポンチ貫したプラ板の積層で作製。

エンジン修整

プーリー前面の位置をキットに合わせ固定部の移設。

エンジン修整

中央部の肉貫(穴開けは)均等に作らないと不格好なので止めてボルトパーツだけ付けます。

元に戻って

エンジン修整

ブラケットの作製。
右パーツはテンションアーム固定部です。

エンジン修整

オルタネーターは付けていませんがこんな感じ。
付け忘れていたのはテンションアーム固定部。
固定用のアルミパイプを接着してしまっています。
ポカが有ると急に面倒臭くなって後回し。
そして本体も少し不満足。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 サンバイザー作製

サンバイザーの作製です。

作製前に考察とT-Bar開口部の修整も有りました

修整考察はこちら ➡ 別館2で

考察に時間が掛り工作は少なめです。

サンバイザー

ルーティーン工作です。

サンバイザー

外側は反った状態。
3次元的になっています。
黒焼き線を付けてしまいましたが実車はシルバーでした。

サンバイザー

完成
T-Barドア開閉では見える部分です。

サンバイザー

開口部からサンバイザーは少し出ます。
ウインドディフレクターを再現するスペースが有りません。
T-Barを外すと跳ね上がります。
Z31も同じでしたがS130はサンバイザーに付いていました。
知っている人も少ないでしょう。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 内装天井

エンジン補機とパイピングが複雑で考察に戸惑っています。
再現するものと省略するもの。
素人感覚ではZ31の倍の複雑さ。

気分転換に後回しになっていた反対側のドア開閉を進めていました。

開閉

開閉

その流れで天井内装を続けました。

内装天井

センター部分の作製。

内装天井

Bピラーの内装部分がガタガタ。
通常なら見えませんが、ドア開閉、T-barを外した状態では見えます。(覗き込めば)

内装天井

ルームライトはジャンクのヘッドライトパーツ。
フロント寄りにスイッチが有りますがどうしましょうか。

内装天井

フロント側
こちらのライトパーツはアクリル板にスジを入れた物。
スイッチ部分にも窪みも付けました。

内装天井

スイッチ再現もしたいのですが、塗り分けが小さすぎて手に負えません。

内装天井

ルームミラーのステーは実車と異なります。
ミラー面も拡大するとガタガタ。

内装天井

ランナーゲートを修正して防眩ミラーレバーとしました。
アームは簡易再現の角棒。
ミラー面どうしましょう。
平らで無いとラピーテープも凸凹です。
洋白板の切り出し磨きなのかな。

内装天井

固定部カバーからアームが突き出しています。

内装天井

天井側に固定ダボを作るスペースが無かったのでT-Bar側に穴を開け固定。

内装天井

そのため固定部カバーが長く大きくなってしまいましたが殆ど判りません。

次はサンバイザー
こちらもまた考察と修正工作が有ります。

続く


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 エンジンブロック修整

エンジンブロックの修整です。

エンジンブロックの修整です。

エンジンブロックとマウントブラケットの間に隙間が出来ます。

エンジンブロックの修整です。

マウントブラケットはオイルパンに付いてしまっています。
この時点でブラケットをこれ以上修正しても無理とするか、ブラケットを作り直すか。
悩みつつ、先にオイルパンの穴あき部分の修整。

エンジンブロックの修整です。

肉貫部分の穴埋め。

オイルパン

エッチングパーツで固定ボルト。
インチキ丸パーツですがこのサイズでのボルトパーツの在庫が有りませんでした。

エンジンブロックの修整です。

オイルドレーンボルトはレジンパーツで。

エンジンブロックの修整です。

まだ答えは出さずに隙間埋め。

エンジンブロックの修整です。

マウントアーム自体の形状が実車と違います。
エンジン単体完成のためには修正したいところ。

エンジンブロックの修整です。

そしてエンジンブロック。

エンジンブロックの修整です。

パーツズレが有ったのでタイミングベルトカバー側を犠牲にして

エンジンブロックの修整です。

エンジンブロック後方で合わせました。

バルブタイミングソレノイドバルブ

タイミングベルトカバーの隙間埋。
上矢印はバルブタイミングソレノイドバルブだそうです。
何?調べます。

バルブタイミングソレノイドバルブ

何もなかった部分にモールドの追加。
もう少し複雑ですがパイピングで隠れるのでメインモールドのみ。
何のモールドかは考察していません。

バルブタイミングソレノイドバルブ

隙間埋めと不安定だったキットダボの作り替え。

バルブタイミングソレノイドバルブ

ヘッドカバーの干渉確認まで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 クラッチ作製

クラッチの作製です。

キットでは省略されています。

エンジン修整

クラッチホールの穴開け。
穴は開け直しています。

失敗工作はこちら ➡ 別館2で

エンジン修整

ダストカバーのパッキン部分は細切プラ板。

エンジン修整

0.25X0.25の角棒です。
ゴムパッキンなので塗り分けが必要。
苦手です。

エンジン修整

クラッチオペレーティングシリンダー

エンジン修整

レリーズレバーはアルミパイプ、インセクトピン、洋白板から。

エンジン修整

ハンダが出来ないのでアルミパイプに線を挿して固定しています。

エンジン修整

シリンダーダストカバーは大小のゴムパイプでそれっぽく。
(実車は3段)

エンジン修整

完成と思いきや、ズレています。
写真にしてから気付く老眼あるあるです。
不細工な仕上がりにヘコミます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 エンジン・ミッションマウント

エンジンミッションマウントの修整です。

エンジンミッションマウントの修整

エンジンは本来サスメンバーにマウントされるのですが、キットではシャシー側で固定されます。
パイピングで隠れてしまう部分ですが有るとジヤマ、本来は無い部分なので固定部を移設します。

エンジンミッションマウントの修整

マウントブラケット部分にパイプを接着。
ここにキットの凸部分を嵌めて固定します。
サスアームの中心線からズレているのですがこれが正解。

エンジンミッションマウントの修整

実車のエンジン側のマウントブラケットの形状は角型。
実車とは異なりますが良しとします。
サスメンバー側の接着面が斜めなのでパイプの方が合わせ易いのも理由。

エンジンミッションマウントの修整

プラパイプを追加してインシュレーターっぽく。
ラバーブラックで塗るだけです。
この工作も有ったのでパイプを使いました。

エンジンミッションマウントの修整

ブラケットの切り取りはもう少しエンジンルームの工作を進めてから。

ミッションマウント

エンジンミッションマウントの修整

キットでは省略されていました。
完成後も見えます。

エンジンミッションマウントの修整

実車はインシュレーターが有って中央が膨らみシャシー側が反りかえった(写真無しの説明は難しい)形状。
インシュレーター無しでフラットにした手抜きインチキ工作です。

エンジンミッションマウントの修整

固定ボルトを付ければ雰囲気OK

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 ミッションモールド修整

ミッションモールドの修整です。

ミッションモールドの修整です。

完成後見えなくなる、イヤ目立たなくなる?部分ですがエンジン単体完成のためにディテールアップします。

ミッションモールドの修整です。

いきなり完成。
チマチマ工作したので過程はパス。
分かって工作すれば時間もかかりませんが何の接続部だろうと調べながらなので時間が掛っています。
全て把握は出来ませんでしたがニュートラルポジションスイッチ、リバースランプスイッチ、スピードセンサー、クーリングパイプとブラケット。
分かると工作に張りが出ます。

ミッションモールドの修整です。

こちらの面はシンプル。

ミッションモールドの修整です。

省略されていた裏筋も作製。
こちらは完成後も見えます。
キットではミッションマウントが省略されていますが固定ベースも作製。

ミッションモールドの修整です。

模型の固定ダボ部分にシフトレバーが付くのと思っていましたが違っていました。

ミッションモールドの修整です。

エンジン単体完成時は目隠しします。

シフトのコントロールロッドはパイプ部分から出ます。
プロペラシャフト軸からずれた位置で正解です。
左右の羽根部分はシフトロッドサポートブラケットの固定部。
エンジン単体完成時に有るとカッコイイのですが、付いた資料写真が有りません。
ミッションを降ろす時に外します。
パーツ資料はあります。
どうする?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 エンジン修整

エンジンの修整です。

エンジンの修整です。

仮組しました。
フルスクラッチで作るとなるとかなり大変そうです。

考察はこちら ➡ 別館2で 

まずはマウントから。

エンジンの修整です。

キットのマウントはミッションのダボと

エンジンの修整です。

エンジンブロック部分。
固定は模型の便宜上の固定方法なので矢印部分に固定部があり、下から固定します。
実車はサスメンバーに固定されるので矢印部分は無いものです。
補機で隠れるかは現状不明。

まずはミッション部分の固定を修整。

エンジンの修整です。

ねじ止めにしました。

エンジンの修整です。

キットのダボは切り飛ばしています。

セルモーターから修整。

エンジンの修整です。

エンジン付きキットに見られる簡略化されたモールドの様ですが、実車比較すると大きく間違いではありません。
答えは後程で

エンジンの修整です。

削り取り

エンジンの修整です。

穴埋めまで。

エンジンの修整です。

見慣れた形状でセルモーターの作製。
何時もならモーター、クラッチ、ギヤ部と別パーツで作りもう少し立体感を出すのですが、今回は後程の理由で全部一体の簡単製作。

エンジンの修整です。

ダボを付けて

エンジンの修整です。

所定の位置に。

これで良さそうですが、実車には

エンジンの修整です。

カバーが付きます。
カバーが付いているのは初めて見ました。
実車はプレス形成部品、洋白板での再現なので正確な形状は無理。
知る人はいないだろうと雰囲気再現。
右側の巻き込みはプライヤーで伸ばしながら形成。
平板より良い程度です。
キットのセルもカバーに隠れた再現なら大きく間違いではありませんでした。

エンジンの修整です。

セルの後方面は実車もカバーされません。見える部分なのでもう少しディテールを加えます。

クラッチレバーも作っていたのですが勘違い工作が有って2歩下がるで作り直し。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 フロントキャリパー修整

フロントキャリパーの修整です。

フロントキャリパーの修整

リアと同様の工作です。

フロントキャリパーの修整

分割で幅を広げパッドパーツを付けました。
今回も実車にはあるバネは省略です。
バネって?ですが、実車はパッド上面に板状のバネが有ってデスク面が隠れます。
デスクが見えないと寂しいので再現無しの雰囲気工作で。

フロントキャリパーの修整

今回はボルト再現にこちらのパーツを使いました。

フロントキャリパーの修整

ワッシャー付きのボルトモールドで0.5mmです。

フロントキャリパーの修整

頭だけ切り取って

フロントキャリパーの修整

接着しました。

フロントキャリパーの修整

キャリパー固定部はワンサイズ大きなもの。
パイピング接続部も付けましたが実車とは細かく違い細部再現も無しです。

フロントキャリパーの修整

次はディスクの追加工作。

フロントキャリパーの修整

キットに再現されていたので付けました。

フロントキャリパーの修整

純正キャリパーは表面全体的にリブモールドが有るのですが、今回は再現無し。
その他色々違いがありますが、殆どの人がキットパーツしか知らないのを良い事に、模型的にそれっぽく再現でおしまい。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 フロントサスペンション修整

フロントサスペンションの修整です。

フロントサスペンション

組み立てた事のないパーツ構成。

フロントサスペンション

仮組が不安定で車高確認もままならず悩み中。

取り敢えずアブソーバーから修整。

フロントサスペンション

固定方法は実車と同じだったのでキットパーツを使用。

フロントサスペンション

スプリングを交換しただけです。

フロントサスペンション

ダストカバー部分に塗分ラインを入れました。
固定部分のパーツを一部切り取り

フロントサスペンション

アッパーリンクに移設。

フロントサスペンション

ディスクはキャリパーを分割。

フロントサスペンション

リアと同じ工作です。

フロントサスペンション

ここでスタビライザーの工作に悩み手が止まりました。
一般的にはロアーサスアームに付きますが、マルチリンクサスペンションはアッパーリンクに付きます。
ナックルアームの角度も変えないと。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Z32 300ZX TURBO製作記 テンションロッドの作り替え

テンションロッドの作り替えです。

フロントアクスル

黒く塗ってしまえばキット状態とあまり変わらない部分。
作り直してカスタマイズ車ポクします。

テンションロッド

アルミパイプと洋白線で作りました。

テンションロッド

ジョイント部分は太さの違うパイプの組合わせ。

テンションロッド

洋白線を挿します。

テンションロッド

ロッドとナットパーツ

テンションロッド

ダボを付けて位置決めに。
ナットはまだ未塗装。
ロッドも未接着です。

テンションロッド

オリジナルのジョイントベアリングを削りとって

テンションロッド

完成。
固定ボルトはエッチングパーツで。

続きます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR