S130 200ZT 製作記 フロアーコンソール仕上

フロアーコンソールの続きです。

コンソール

リモコンミラーレバーの作製。
アルミパイプとカラーワイヤーから。
拡大すると粗だらけの精度ですが塗装無しの別パーツで雰囲気重視。

コンソール

シフトはアーティストマーカーのシルバーを塗ってみました。

ダッシュボード

カバーはプラペーパーです。

ダッシュボード

終了。

ダッシュボード

シャーシはまだ未塗装。

続く

工作の考察はこちら ➡ 別館2
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ダッシュボード仕上

ダッシュボードの仕上げです。

ダッシュボード

オーディオ部分とエアー吹き出し口だけ塗分けました。

ダッシュボード

足元の照明はクリアーパーツを埋めるのが面倒臭くなってしまいアルミシールだけ。

ダッシュボード

ここで再度カタログを確認したところ工作予定の間違いに気が付きました。
後期型の記憶で作ってしまっていたので作り直し。

ダッシュボード

左側はスピーカーコントロール。
アルミテープを貼ってディテールアップパーツのトグルスイッチを付けたのですがノブは実車形状とは違います。

シガーソケット

ダッシュボード

最近の車には無いですね。
チューブを挿しただけなのでこちらも形状違います。

ダッシュボード

ノブの部分に瞬着を盛って粗を修正。
別パーツにしてソレっぽく。

ステアリングコラムカバー

ステアリングコラムカバーを仕上げていた時にシグナルレバーの先を折ってしまいました。
作り直すのは非常に面倒なのでこのまま行きます。

元の形状は ➡ こちら

ダッシュボード

メーターの貼り付け。
全面のインストルメントカバーは省略。

ダッシュボード

ハンドルセンターのエンブレムは実車との違いに目を瞑って存在感重視で仕上ました。
このサイズのシール、デカールの印刷は家のプリンターでは潰れてしまうのでアルミ板とジャンクデカールで作製。
そしてちょっと失敗。
貼り付けで塗装に傷つけてしまいました。

ダッシュボード

完成

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ホイール仕上

ホイールの仕上です。

ホイールの修整です。

キットホイールの後輪にはセンターキャップのモールドが有りますが前輪には有りません。

ホイールの修整です。

なので後輪の物を複製しました。

ホイールの修整です。

何時もの様にプラ板治具で高さ揃えと底面処理。

ホイールの修整です。

塗装してから貼り付けます。

ホイールの修整です。

ホイールナットは先丸の凸。
実車はピカピカのメッキパーツですがディテールアップパーツにするには穴開けが困難なため突起を削ってエッチングパーツ(形状は異なりますが)を貼ります。

ホイールの修整です。

センターキャップにエナメルのクリヤースモーク+ブルーの色挿し。
実車のZ文字はホワイトですが知っている人はまず居ないでしょう。

ホイールの修整です。

タイヤはパーティングラインが目立つので。

ホイールの修整です。

爪きりで少しだけ修整。

ホイールの修整です。

グレーメタリックで色付けナットはエッチングリパーツ、エアバルブは収縮チューブで完成。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアスピーカー

リアスピーカーの作製です。

完成後殆ど見えない工作です。
実車に乗っていた時はオーディオに興味を持ち始めたころ。
カバーを外してどこのメーカーのどんなスピーカーかを見た記憶も有るぐらいなので拘ってしまいました。
資料も不明確なので雰囲気だけの作製となっています。

リアスピーカー

エバーグリーンの波板から。
厚みが有り過ぎるので薄く削りました。

リアスピーカー

プラペーパーの上で工作してます。

リアスピーカー

エッチングのボルトパーツで仕上。
瞬着で白くなってしまっていますね。
大した工作でもないのですが2回失敗で時間掛りました。

リアスピーカー

ボディが無ければ見えますが

リアスピーカー

完成後は殆ど見えません。
黒カーペットの上では知らなければ殆ど気付かれないと思います。

ちなみにフロントはZTの場合2スピーカーで左右のウインドウデフォッガーの間と助手席ピラー付近にスピーカー穴が開いていたと記憶に有りますがキットは再現されていません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フロアーカーペット作製

フロアーカーペットの作製です。

フロアーカーペット

Z ZLはルーフパイル、ZTはルーフカットパイルでした。
ダイソーの貼る布を使います。

考察は別館2で ➡ こちら

フロアーカーペット

マスキングテープで型取り

フロアーカーペット

切り出し。
マスキングテープを剥がすと余分な毛羽、埃も取れてビューティフル。

フロアーカーペット

キャビンは3枚。

フロアーカーペット

ラゲッジルームは1枚です。
ラゲッジベルトの穴も開けました。

フロアーカーペット

シート後方には小物入れがあり左右別体で蓋が有るのでカーペットのトリミング部分をラインテープで再現します。
現状のラインテープは仮で白線は貼り付け予定線です。
実際のラゲッジルームのカーペットはキャビン部分とは違いフローアーに載っているいる感じになるので全体にトリミングが有ります。

フロアーカーペット

ラゲージルーム滑り止め兼小物入れハンドル。

フロアーカーペット

金属線に置き換えて取り付けダボを付けました。
シャーシ側はカーペットを貼り付けてからドリルで穴開けします。

これで貼り付け準備完了ですが

フロアーカーペット

ダッシュボードの接着をどうするか?
一応コンソール裏のシャーシ側に接着用の突起が有るのですがカーペットを挟むようにして接着すると不安定になりそう。
なので

フロアーカーペット

裏からビス止めにしました。
ここで気付いたのですが、ダッシュボードでウインドウを挟んでいるのでカーペットの厚み分不都合になりやしないかと。
なのでカーペットは切り取る予定もしています。
フロアーコンソールもダボとビス止めにしています。

フロアーマットはどうしましょ?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアウインドウ

リアウインドウの作製です。

リアウインドウ

キットのウインドウは厚みが有り過ぎるので作り直ししました。
アクリル板の切出しです。
ヒートバキューム用なので保護シートが付いています。

今回は熱線を付ける事に。

リアウインドウ

養生してデザインナイフの背で線を引いただけです。

リアウインドウ

エナメル塗料を塗って

リアウインドウ

ふき取り。

リアウインドウ

オレンジでは目立ち過ぎそうなのでクリヤーイエローにしてみました。

リアウインドウ

裏から見える接着面はラインテープで隠す予定です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 Aピラー再度修整

Aピラーの再度修正です。

Aピラー

キットのAピラーは細く分割ラインが入っていました。

Aピラー

実車のピラーはもう少し太く分割ラインはウインドウの黒い部分の再現と思われます。

Aピラー

以前の工作でピラーの幅をを太くするまではして

Aピラー

黒い部分をウインドウ側の塗装と思っていたのですが、ピラーとの間に若干の隙間が有るため

Aピラー

プラ板で修整。

Aピラー

天井板とウインドウの段差も修正して終了。
Aピラーの裏側内装部分の修整はパスしてます。

工作方法は別館2で ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 シートの仕上

シートの仕上げです。

シート

黒で塗装。

シート

サイドレバー

シート

バックルのボタンはデカール。

シート

座面、背面はカーボンデカールを貼ってトップコート。

考察は別館2 ➡ こちら

シート

ランバーサポートレバーも付けました。

シート

シートベルトフックは未接着、付けるかどうか思案中。
実車には付いていますが今一出来が良くなく不格好です。

シート

取り敢えずの完成。
前後のスライドレバーはシャーシ側に付けます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ワイパー

ワイパーの作製です。

ワイパー

キットワイパーは少々無理が有るので作り直ししました。

ワイパー

エッチングパーツ、キットパーツ、ジャンクパーツから作製。
ブレードは純正仕様ではありませんがクリップ(接続部)は似せました。

ワイパー

リア内装パネルを位置決めも兼ねダボ付け。
リアワイパーの接着部分に挿します。
この穴はワイパーの接着にはかなりルーズだったのでダボにも穴を開けワイパー側のダボを挿します。

ワイパー

フロントはアルミパイプでシルバーが見えるように。

ワイパー

エッチングパーツのアームは薄くシャープで良いのですがブレードは薄過ぎます。

ワイパー

アームとブレードの関係はキットパーツと90°違います。

これだけの工作ですが手こずって3日掛りました。

続く

別館2に製作過程を載せました ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ボンネットフック

ボンネットフックの作製です。

未工作部分がまだあります。

ボンネットフック

ボンネットを開けた時にストッパーを掛ける部分です。
細かな形状無視でシートベルトエッチングパーツを選択。

ボンネットフック

ボルトパーツもそれっぽくで着けましたが実際は溶接だろうか?

ボンネットフック

ストッパーで開いた状態を保ちたいのですが矢印部分を可動にするのが困難。
回転軸なら出来るのですが今回は無理。
実際にはトーションバースプリングで開いた状態は保てるのでこのバーは閉まり防止のストッパー。
資料写真では使っていない状態も多々見られたので今回は可動はやめにしました(と技量の無さを誤魔化すために言い訳をしておきます)。

ボンネットフック

ストッパーは先丸にしたかったのでインセクトピン。

ボンネットフック

左の受け部分は洋白板ですが

ボンネットフック

こうなる前に真鍮線で作ろうと思いミス2回。

穴開けミスのリカバリーをしました。

ボンネットフック

参考にした作例では可動にしてボンネットを実車の様に固定されている方もみえましたが非可動に逃げました。

進展が牛歩です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フェンダーミラー

フェンダーミラーの修整です。

フェンダーミラー

パーティングラインを修整してダボ付け。
ミラー面はシルバーで塗り分ける様になっていたので

フェンダーミラー

別パーツとしました。
ラピーテープを貼りましたが、テープが古いせいか剥がす時にビビッと音がして表面に線が入ってしまいます。
綿棒で磨いたので傷が付きましたがまあ良いか。
プラ切断面はマジックで塗ります。

ドアミラーはミラー面に角度を付けますがフェンダーミラーなので今回はそのまま。

フェンダーミラー

ダボ線の受け部分にプラ棒を貼りつけ。

フェンダーミラー

金属線で角度の微調整も出来るようになりました。

ボディーの必要加工はこれ位でそろそろ塗装かな?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 アンテナ

アンテナの作製です。

実車はオートアンテナでした。

アンテナ

インセクトピン、収縮チューブ、エッチングパーツ。

アンテナ

基部はポンチ貫のプラ板と角を丸めた丸棒。
写真にすると雑な仕上がバレます。

アンテナ

エッチングパーツにもう少し厚みが有れば良かったのですが、プラパーツ塗り分けよりは良いかな。

工作に時間は掛かりませんが、考察に時間が掛かりました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 シートベルト仕上

何時もの後回工作、ようやく手を付けます。

反対側のシートベルト引き出し口の加工が放置されていました。

ベルト

モーターツールで穴開け。
開口部の処理は不明なので想像で工作。

ベルト

工作は穴を開けてからトリミングしています。

ベルト

ベルトの装着、未装着の状態を考えると開口部の形状は多分三角形ですかね。

さて本題のシートベルト作製。

ベルト

タングプレートは穴開きのエッチングパーツを使います。
この考察は ➡ こちら
実車はベルトを通す部分が2穴なので修正が必要。

ベルト

プラ板で作製。
細かな形状が違いますが良しとします。

ベルト

ベルトは2mmラインテープ貼り合わせにしました。

ベルト

ベルト素材は決定版が無いのでいつも悩むところ。

ベルト

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアハッチダンパー

ボディも未製作な部分、仕上がりが未完なところもあり中々塗装が出来ません。

リアハッチの修整です。

ダンパー

開けた状態に保つ事が出来ないので開閉は戸惑ったのですが手を加えたからには何とかせねばです。

ダンパー

作例を探すと大体がつっかえ棒で、棒無しでも開いた状態を保つ作例も有るのですがどうなっているかの公開は無し。
(そこが知りたい)
上手な人はダンパーで固定していますが

ダンパー

見よう見まねで作ったダンパーも伸びた状態で止める事が出来ません。
(抜け防止はしてあります)

ダンパー

ボディ側の固定部は実車もこんな感じ。
作ったダンパーもピンで止めればOKですが問題はハッチ側。
プラ材で普通に作るとかなりオーバースケールになるので

ダンパー

(こちらは試作で実車はボールジョイントです)
こんな感じで作っては見たもののダンパーを伸ばした状態で固定できないので開いた状態を保つ事はできません。
結局行き詰まり。
どうするか考えたところ、つっかえ棒をダンパーぽく見せればいいんだと言う事になり

ダンパー

作製。
金属線はSS線、黒い部分は収縮チューブです。

ダンパー

脱着式でボディ側に挿した状態。
伸び縮しないので飛び出します・

ダンパー

バネ力で上がった状態は保てます。

P4101046.jpg

よさそうに見えますがハッチ側の固定部は内装黒に収縮パイプの黒でカムフラージュしているだけのナンチャッテ(古!?)です。
御託を並べましたが結局出来上がった物は金属線に収縮パイプを挿しただけの簡単な物でした。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エアーフローメーター仕上

まだまだ仕上が続きます。

エアーフローメーター

エアーフローメーター

塗り分けのマスキングに手間が掛ったのですが、はみ出しまくりにタッチアップ。
何やかんや時間が掛ってこれだけ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機4

エンジンルーム補機仕上がまだ続きます。

ラジエター補助タンク

補機

タンクは乳白色レジンですがキャップは市販のプラ板のため不釣合いな色になっていたため作り替えです。
同じ色のレジンで複製すれば済むのですが今回は別な方法で作製。
タミヤの古い製品で使われていたメッキランナーパーツを使いました。

補機

メッキを剥がすと乳白色パーツになるのでランナータグ部分から作製。

補機

ダボプラ棒の先が見えてしまっていますがシールを貼る予定。

補機

バックの色で最初の写真と全然変わって見えます。
実際にはこちらが近いです。

補機

ラジエターにつながるパイプと思って付けていた金属線部分は液量センサーの接続部でした。
センサーなら穴開けでケーブルを挿すのですが、金属線を接着してしまったのでパイプ接続口と模型便宜上の変更。

ウォッシャータンク

補機

ポンプはフロントとリアの2機。

補機

ウォッシャー液の再現はパスしてしまいました。
実はタンク製作時2回チャレンジし失敗で止めました。

補機

パイピング、配線はインチキです。

ホーン

ホーン

当時はBOSHのスーパートーンを付けていましたが新車時の状態とします。

ブレーキプレッシャーリデューシングバルブ

ブレーキプレッシャーリデューシングバルブ

塗分けただけです。
左右の接続口が直線上に無いのが正解。

フューエルフィルター

フューエルフィルター

キットパーツに固定バンドを付けただけです。

リレーBOX

ハッチロック

電装ケーブルの配管の考察をしなくては。

ハッチロック。

ハッチロック

完成後もスプリングがチラッリと見える様に。

ハッチロック

塗装が下手なので鋳物の様に見えますが、実車はつるっとした金具パーツ。

エンジンルーム灯

エンジンルーム灯

スイッチは市販のトグルスイッチを使用。
飛出し過ぎですが金属線より良い感じです。
配線準備も出来ています。

エアコンバキュームタンク

レシーバー

写真にして気が付いた下手糞塗装。
パーツの仕上げ処理が悪かったのも有りますが肉眼では普通に塗れたつもり。
小休止して翌日

レシーバー

シールで誤魔化しました。

大分仕上がりましたがまだ作っていなかったパーツが3つほどあります。
現在仕上モードなので工作モード切り替え無ければいけません。
面倒い

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機3

補機仕上の続きです。

イグニッションコイル。

補機

配線も出来る様にしてありますが、シャーシ側の線の配置、処理が確認できていません。

A/Cタンク

補機

キャ二スター

補機

固定バンドはエアークリーナーと同じ色です。

補機

マスキングに塗装、面倒と思うだけで手が止まり1日開いています。
エアブラシの掃除が嫌い、ようやく掃除が済んでマスキングを剥がしたらはみ出しが有るは角に塗料が乗っていない。
適当工作のスナップ錠だけ付けて当日の工作終了。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機2

エンジンルーム補機の続きです。

エアークリーナー

写真では判りにくいですが塗装の失敗。
塗り分け後艶消しのトップコートを吹いたのですが表面がしわしわ。
(基本的にはエンジンルーム補機の塗装はアクセントになるパーツを除いて艶を落とすようにしています)
後日再塗装です。

バッテリー

バッテリー固定ブラケットのネジはインセクトピンにしたのですがリアルさに欠けるので

バッテリー

ナットパーツに変更。

バッテリー

コーションシールや本体のメーカーロゴデカールも作ったのですが貼り付け乾燥待ちしていたら何故か剥がれてしまいました。
何で?

バッテリー

止めにします。

ブレーキマスターバック

ブレーキマスターバック

タンクの色は乳白色かイエロー系か悩みました。
オイルが入ってる風に下半分の塗装も有りかなとも思うのですが苦手な塗装は何時も二の足を踏みます。

ブレーキマスターバック

タンクキャップはマグネットキーパーを紙やすりで艶を落とした物。

ブレーキマスターバック

タンククリップを付け忘れていました。
今更無理。

ワイパーモーター

ワイパーモーター

配線は別パーツに。
下手糞ギラギラシルバーに粗い仕上がり、1/43作る人はこの半分サイズでも塗装の粗が無い。
程遠い技量の差を感じます。

ワイパーモーター

十字ボルトのエッチングパーツは0.5mm(実車のボルトはもう一回り小さい物です)。
このパーツが模型屋に売っていると言う事はそれだけニーズが有るのでしょう。
老眼にはきついサイズです。

ワイパーモーター

カプラーは無塗装のランナーパーツ。
下手糞な筆塗り塗装を少しは誤魔化してくれます。

自作パーツの仕上げは何時も牛歩の進展です。
良いと思った工作も塗装で粗が丸見えになったり、塗装技量が低いためディテールを台無しにしたり。
うまく行けば暫し余韻に浸り、そうで無ければ暫し手が止まります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機

エンジンルームパーツの仕上げです。

コンデンサー
コンデンサー
固定ブラケットとパイプ。
コンデンサー
パイプのコンデンサーとの固定ブラケットはパスしてしまいました。
エバーグリーン凸凹プラ板です。

ラジエター
ラジエター
キャップコーション文字は市販デカール。
ただの--なので拡大無し。
ラジエター

補助タンクパイプ。

ラジエター

ボルトはエッチングパーツ。

ラジエター

下部パーツが無いのは

ラジエター

シャーシ側に作ってあるからでした。

エアークリーナー

エアークリーナー

苦手な塗装。
この一色だけで調合して塗装後のエアブラシの清掃。
面倒な清掃をしながらこの後塗分けるのか、と思うだけで億劫になり手が止まりました。

工作の途中経過を別館2にUPしました ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フロントパーツ仕上 2

ステアリングロッドが部分的に作り直しになっていました。

ステアリングロッド

一見問題なさそうですが矢印部分に無理が有り作り替え。

ステアリングロッド

バルクヘッドから出たジョイント部分。

ステアリングロッド

思い切って簡易な物に作り替え。

ステアリングロッド

金属線を挿し可動と言うより融通性を持たせました。
ジョイントが一つなのでj実車なら可動に無理が有りますが

ステアリングロッド

工作上ではOK。

ステアリングロッド

塗装

ステアリングロッド

組上げ。
未接着です。
エンジンルーム側からは殆ど見えませんが裏からは見えます。

次はアンダーパネル固定部の修正。
些細な工作ですが製作記として残します。

フロントサス

前回の写真
一見問題の無いように見えますが、実はアンダーパネルの位置決めをしてからスタビライザーを作ったのでパネルのサス側の固定が引っ掛かっている程度。
のりしろも殆どなく不安定な状態。

フロントサス

後から直そうと思っていたのですが5カ月前の工作なので忘れて塗装していました。

フロントサス

実車はシャーシ側に固定部が有りますが、このポッチをシャーシ側かブラケット側に付けるかは組立工程を考えて付けています。
しかしここでの接着部分は1mm四方程度なので

フロントサス

フロント側の接着強度を増して対応。

フロントサス

見た目的には何も変わりません。
穴から見えるシャーシ側の穴にラジエターのドレーンボルトが付きます。

フロントサス

スタビとステアリングロッドがまだ未塗装ですが取り敢えずここまで。

フロントサス

こちらも完成ケースにしまいます。

フロントサス

小物はピルケースに入れて。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR