FC2ブログ

GOLF Mk4 R32 製作記 フロアー修整

フロアーの修整です。

フロアー修整

バスタブ式のキット内装は使えないのでフロアから修正します。
バスタブを使ったとするとシャシ最凸部から床面が4mm近く高くなるわけで、ドア開口部から床面の窪みがほぼなくなってしまいます。

今回はバスタブ内装を使わないので

フロアー修整

フロアにプラ板を貼りました。
これでもフロアのゴツゴツ凸モールドの上に貼っているため床が浅くなっています。
シャシを削れば良いのですが今回はそのまま。

フロアー修整

シートの下にはシートアンカーの凸モールドが有ります。
一般的なシートポジションでは袴とこのモールドとの間に空間があるのですが、現状密着しています。

フロアー修整

不正確なシートサイズと模型のプラの厚みが有るため致し方ないのと、シートリフターを一番下に下げれば密着するのかな?とも考えつつ少しだけ隙間を開けました。

フロアー修整

レーシングカーの時はシートレールも作ったのですが今回は袴で隠れるので位置決めダボと固定下駄。
ドア開閉では丸見えなのでシャシ側のレール受けは作らないと。

次は運転席側。

先ずキットの位置でハンドルを仮合わせしてみました。

フロアー修整

付け方が間違ったのかなと思うような角度。
う~んと思いつつ

フロアー修整

角度を変えてねじ止めにしました。

フロアー修整

ハンドルとシートの位置関係はなるべく実車に合わせたつもりです。
メーターユニットとステアリングコラムカバーの間はこれくらい空いていた方がらしく見えます。

フロアー修整

ABCペダルの位置は前過ぎです。

続く。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 フロントシート

シートの作製です。

ケーニッヒ製のシート

ケーニッヒ シート

ジャンクパーツは無いのでキットパーツの修整で作製。

ケーニッヒ シート

試行錯誤の作製なので途中写真がありません。

ケーニッヒ シート

考察はこちら ➡ 別館2で

取り敢えず運転席のみ。

慣れた人ならシリコン複製でチャチャっと複数個作るのでしょうがしょうが、私には無理。
もう一脚作ります。
製作過程は別館2での予定。
記事UPしました ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 GruppeM ラムエアシステム

運転席側補機の作製です。

ABS

GruppeM ラムエアシステム

コントローラー部分はスペースが取れないので

GruppeM ラムエアシステム

薄くなってしまいました。

GruppeM ラムエアシステム

電装ケーブルカバー。
曲げ工作だけのリアリティーのないパーツ。

GruppeM ラムエアシステム

ABSが殆ど見えなくなります。

GruppeM ラムエアシステム

フューズ?かリレーBOX
スペース足らずでギチギチ。
無しにしようかな。

次はエアーフィルター。

GruppeM ラムエアシステム

GruppeM ラムエアシステムに交換されています。
インテークカバーの正確な形状が解りません。
入り口がコの字型でフィルター部分が丸型、これが少しカーブを描きます。

GruppeM ラムエアシステム

外形サイズもフィルター径からの推測です。

GruppeM ラムエアシステム

マニホールドとの接続方法も考えて分割としました。

GruppeM ラムエアシステム

仮置き未接着のため多少ずれていますが、パイプクリップ等で雰囲気を付ければ誤魔化せそうです。
空気の取り入れ口の疑問もありますが気が付いていない振り。

次は助手席側。
レジン作製でのタンクですが何か作るのが億劫。
他の部分の工作にします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 バッテリー

バッテリーの作製です。

実際にはバッテリーBOXの作製。

バッテリー

インナーBOXとアウターBOXに分かれます。
今回はタイヤハウスを触らなかったので干渉し削り込みのお粗末です。
タイヤハウスの考察は機会があったら。
(多分興味がない話でしょうね)

アウターBOXの穴にはフューズBOXが嵌まります。

バッテリー

固定はダボ固定。

バッテリー

バッテリーの上に有るのがフューズボックスです。
どうせ別パーツで作るなら、バッテリーを仕上げてカバーを脱着にするかなと思い予定変更で手を進めています。

バッテリー

まずはターミナルの作製。
何時もの実車忠実はパスの金属でそれっぽく作戦。
なので製作自体は見た目より簡単です。

バッテリー

実車資料で赤ケーブルが目立ったので作りたくなりました。
ケーブルはもう少しだけ追加します。
BOXカバーの留め具を作り忘れています。
カプラーの追加工作は仕上げ時に。

バッテリー

アウターBOXを被せて完成。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ロックキャリア3

ロックキャリア上部の続きです。

ロックキャリア

シャシ側につながるようにグリル側の作製。
開いた空間を埋める工作をしただけなので正確ではありません。

運転席側のライト裏側にはカバーが付きます。

ロックキャリア

上部にはライトユニットの上下、左右の調節穴が有ります。
調整工具は六角レンチのようです。
動画で確認しました。

ロックキャリア

カバーパーツなのでロックキャリアーとはボルト止め。

ロックキャリア

資料写真ではバッテリーで隠れるため細かな形状確認が出来ませんでした。

ロックキャリア

助手席側のヘッドライトにはコントロールユニットが付きます。

ロックキャリア

カバーは有りません。
実際には周りに複雑な配線がありここまでハッキリ見えません。

ロックキャリア

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 アンダートレー2

アンダートレーの続きです。

タイヤハウスカバー

タイヤハウスカバー

樹脂製の内張なのでこんなに厚くは無いのですが強度優先。

タイヤハウスカバー

更に補強しています。

タイヤハウスカバー

ボディー側も追加。

タイヤハウスカバー

全体につながりが出た感じになったのですが、返ってロックキャリアーとバンパーカバーとの間が気になります。
埋めたいところですが、合体時に干渉する部分なので無理そう。

アンダーカバーに戻ります。

タイヤハウスカバー

実際にはロックキャリアやエンジンブロックカバーの形状に合わせ波打った複雑な形状ですが、エンジンブロックカバーが平坦になってしまったため

アンダートレー

簡易的に起伏を付けただけで仕上。
(間違いのおかげで工作が楽になりました)

アンダートレー

長さを間違えて作ってしまった部分が有りますが一部の人しか気が付かないので良しとします。

アンダートレー

マグネットで脱着式にしました。
バンパーにリップスポイラーも付くのですがもう少し後の工作で。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 アンダートレー

アンダートレーの作製です。

アンダートレー

トレーはエンジンガードパネルとタイヤハウスカバーに合わせて作らなければならないので手間が掛ります。

考察はこちら ➡ 別館2で

今回はすり合わせ工作が多いので工程を端折らず日記として残します。
つまり、ダラダラ長いだけ。

まずはアンダートレーのベースの作製。

アンダートレー

バンパーにストップを作製。

アンダートレー

プラ板を切り出し外形を合わせました。
平板なら問題は無いのですがリブモールドを付ける事でロックキャリアーに干渉しないかの確認のため先に手掛けました、。

アンダートレー

リブモールドを付け

アンダートレー

干渉の確認。
OKです。

一旦保留で次はエンジンガード。

アンダートレー

キットパーツの矢印部分を使いました。

アンダートレー

無造作に工作すると右のラインで切ってしまいそうですが実際は左のライン。

アンダートレー

切り出しです。

アンダートレー

サス側は矢印の部分で固定されます。
サスの上に載るため接着はサス組立後になります。
別パーツにしなければいけないためダボを付けました。
フロント側もダボを付けています。

アンダートレー

キットオリジナルの状態ではロックキャリアと高さが揃わないので

アンダートレー

嵩上げ。
隙間埋めは瞬着ベビーパウダーを使うので切れ端を適当に詰めた程度。
実車はキット程では有りませんが少しなだらかなカーブを描いていますがほぼ平行になってしまった。
正確なサイズで作ってい無いので何処が違っているのか判りません。

アンダートレー

とりあえず辺縁を薄くして仕上

アンダートレー

トレーの載らない部分はボルト穴を開けて雰囲気を付けます。
正面から見る限りでは良さそうですが横からは実車と異なります。
アンダートレーの形態に影響しそうですがこのまま行きます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ロックキャリア2

ロックキャリア上部の作製です。

考察はこちら ➡ 別館2で

まずはヘッドライトユニットの修整。

ヘッドライト

ヘッドライトレンズとの隙間を埋めました。
本当はこの上に上部パネルが載るのですがスペースが有りません。
なのでこの部分が上部パネルの一部となります。

ヘッドライト

隙間。
この辺りの詰めが甘いです。

ヘッドライト

ラインテープを貼れば誤魔化せますが耐久性が心配。

lock carrier

分割してグリル部分だけの作製となりました。

フードラッチロックの作製。

フードラッチロック

資料から形にするのに時間が掛っています。
スプリングは組み立て時に付けます。

フードラッチロック

実際にはパネル部分から飛び出しているようですが、ボンネットに干渉してしまうため低くしました。

フードラッチロック

やはり一体形成パーツを分割で作っているので無理が有ります。
この状態で接着して隙間をならせば良いのかもしれませんが塗り分けが大変です。
去年オー集でお聞きした話ではマスキングの上手下手よりエアブラシ細吹のテクニック見たい。
私には無理。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ファンシュラウド

ファンシュラウドの作製です。

レシーバータンク

ファンは実際には羽根の周りに外周があるタイプですが製作は技量不足で諦めます。

ファンの製作はこちら ➡ 別館2で

ファンシュラウド

ファンに合わせてシュラウドの作製。

ファンシュラウド

この時点ではメッシュが見えます。

ファンシュラウド

モーターと固定部の作製。

ファンシュラウド

表面にリブモールドもあるのですが高さの低いモールドだったのでパスしました。
なので少しノッペリしてリアルさに欠けますが良しとします。

ファンシュラウド

メッシュは殆ど見えなくなります。

レシーバータンク

モーターの後ろはメタルパーツで。
似てはいますがちょっと違う。
正解は別館2に有ります。
塗装後接着の予定。

レシーバータンク

固定部のボルトリベットと配線は仕上げ時に。
矢印部分に配線カプラーが付きます。

エアコンレシーバータンク

レシーバータンク

丸棒を切っただけ。
仕上げ時にデカールと固定金具で雰囲気を付けます。
現状の金属線は固定ダボ。

レシーバータンク

実際にはコンデンサーからのブラケットに付くタンクですがその辺りは誤魔化してます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ラジエター コンデンサー

ラジエター コンデンサーの作製です。

ラジエター

ラジエター コンデンサー

別館2でサイズ考察をしましたが結局ロックキャリアに合わせたサイズでの作製です。
過去工作と同じエバーグリーンの波板でつくりました。

ラジエター コンデンサー

サイド部分の作製。

ラジエター コンデンサー

今回は裏側にbarchettaのラジエターメッシュを使っています。
自分の下手糞な塗装でこのモールドを生かせるだろうか?

コンデンサー

ラジエター コンデンサー

パイピングは仮です。

ラジエター コンデンサー

コンデンサーーはラジエターに固定されます。

ラジエター コンデンサー

位置決めは出来ました。
水温センサーのジョイントもあるのですが作っていません。
作ると配線しないといけないし、迷うところです。
次はファンシュラウド。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ロックキャリア

ロックキャリア(ラジエターコアサポート)の作製です。

考察はこちら ➡ 別館2で

基本ベースの作製。

lock carrier
(ピントが合っていません)

実車は樹脂製でグリル部分とライトハウジングも一体となったパーツですが、ラジエターサポート部分だけシャシ側に作ります。

lock carrier

後工作も考えねじ止めの別パーツとしました。

lock carrier

らしくだけモールドの追加。

lock carrier

これでラジエターとコンデンサーの固定部が出来ました。

lock carrier

バンパーカバーとの隙間はどうなっているのだろうか。

lock carrier

改めてこの部分も見直す必要が有ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 シャシ修正その他

シャシ修正の番外。

バルクヘッド

ここに隙間が出来てしまっています。
実車はアンダーカバーで隠れる部分ですし、ここをクローズアップした資料も見つから無いので実際にはどうなっているかは不明。
今回はアンダーカバーを脱着式にする予定なので見えます。

バルクヘッド

実車検証は出来ていませんがバンパーカバーとの間なので実際には隙間があるのかもしれません。
しかし無造作な穴は間が抜けて見えるので埋めました。



バルクヘッド

バルクヘッドの上部をボディ側のカウルトップパネルに作っていましたがシャシ側に付け替える事に。

バルクヘッド

これによってケーブルカバーの工作がし易くなり

バルクヘッド

矢印部分に付くストラットハウスとバルクヘッド間の補強材も再現できるようになりました。
工作は補機を製作してから。
無くても誰も気が付きませんが。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 バンパー

シャシ修正の続きです。

シャシ修正

矢印部分にラジエターが有り邪魔になるので切り取ります。
写真は予備キットの物ですが、この状態でエンジン部分を切り取っただけでもボディーとの合体時にねじれを感じる時がありました。
なので矢印部分を切り取るのが不安なので先に補強。

シャシ修正

バンパーを想定して補強、プラ板の積層です。

シャシ修正

そして切り取り。

シャシ修正

これでラジエターが載りそうです。
ラジエターコアサポートも作らなければなりません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 シャシ裏の修正

シャシ裏の修正です。

後回しにしていた部分。

シャシ修正

右がブレーキライン、左がフューエルライン。
キットモールドはか細い線があるだけ。
フューエルラインは凸モールド部分の穴から出ます。
塗分けは至難の業。
塗分けるなら0.2か0.3mmのマスキングテープを貼るのもありかも。

今回は別パーツにします。

ブレーキラインは2本、フューエルラインは3~4。
調べた個体で異なるのですが実車は4本スペースの3本でした。

シャシ修正

削り取ってクリップの再製。

シャシ修正

パイピングは塗装後。
つなぎめはカバーして隠します。

シャシ修正

フューエル側は4本スペースがとれず3本用のクリップ。
こちらはケーブルコードのつなぎ無しにしてカバー無し。
実車もカバーは有りません。

フューエルフィルター

フューエルフィルター

洋白パイプが無くアルミパイプにしたので太目。

フューエルフィルター

デカール貼って固定具を付けたららしく見えるでしょう。

考察はこちら ➡ 別館2で

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 バルクヘッド2

バルクヘッドの続きです。

バルクヘッド

クラッチマスターシリンダー。
実車も大体こんな感じなのですが、おもちゃッポイ仕上がりですが良しとします。
ブースターは無く

バルクヘッド

ブレーキタンクとオイルは共有です。

バルクヘッド

この部分から出る穴はこれくらい。
S130を作った時はこれは何の穴?と言うくらいに穴が開いていたのですがアッサリしています。
エアコンバルブは形状が全然違いますがパイピング優先。
後、起伏モールドも少し有りますが遮熱カバーで隠れてしまうのでパス。
凸モールドなら再現しますが凹モールドの様。
資料写真からだけで判断しているのでよくある目の錯覚かもしれませんが凹モールドは凸の何倍も手間が掛るので止めました。

バルクヘッド

シャシに接着。
配線ケーブルは束になって矢印あたりから出ます。
BOX状のカバーも有るので作らなければ。

バルクヘッド

シフトレワイヤーは矢印部分、ドライブシャフトの上のヒートシールドとシャシとの空間に有ります。

シャシ修正

少しカーブしたパーツを切り出して

シャシ修正

接着。

シャシ修正

シフトワイヤーは組み立て工程の都合上突き刺すだけになります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作 ブレーキブースター

ブレーキブースターの作製です。

ブレーキブースター

厚いプラ板はポンチ貫やサークルカッターでの切り出しが困難なので薄い物の積層で作りました。

ブレーキブースター

マスターシリンダーとタンク。
タンクはレジン置き換えも考えましたが今回は止め。

ブレーキブースター

キャップの作製。

ブレーキブースター

塗分けてから接着します。

簡単な工作ですが考察に時間が掛りました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 バルクヘッド修整

バルクヘッドの修整です。

その前に

シャシ修正

ドライブシャフトは切断して

シャシ修正

遮熱板を接着、ならしました。

改めましてバルクヘッドの修整です。

バルクヘッド

現状ではキットの立ち上がり位置で塞いだだけです。

バルクヘッド

まずはプラ板で白地のキャンバスにしました。

バルクヘッド

実車はケガキ線から内側は別パーツでボディカラーとは異なりブラックとなりますが、今回はボディーカラーが黒なので別パーツとはせずケガキ線のみです。

バルクヘッド

ステアリングロッドはカバーで覆われステアリングギアとつながります。

ブレーキブースター

次はブレーキブースターですが考察に時間がかかっています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エキゾーストマニホールド2

エキゾーストパイプの続きです。

その前に

ドライブシャフト

ドライブシャフトの作製。
トランスBOXとの接続ボルトは仕上げ時に。

触媒

エキゾーストパイプ

パイプは現物合わせのかなり面倒な工作です。

エキゾーストパイプ

直線上に無いためつなげるだけで手一杯。
実車通りの屈曲は無理です。
仮の遮熱板を置いて触媒部分を浮かせて工作しています。
ドライブシャフトは挿してあるだけなので抜けたりズレたりとうっとおしいので

ドライブシャフト

ネジで固定してやりました。
まったく手間かかせやがって‼

エキゾーストパイプ

残りのパイプも作製。

エキゾーストパイプ

キャットバックとも接続。

エキゾーストパイプ

モールド追加で雰囲気を付けました。
裏にセンサーケーブル用の穴も開けました。

エキゾーストパイプ

フルミルテックの完成。
後、マフラーハンガーの工作が有ります。

ドライブシャフト

ドライブシャフトも接続。
ジョイント部分に固定具もあるのですが・・・。

遮熱板

ドライブシャフト

本当はシャシ側にあるモールドと一体でなければなりませんがマフラーとドライブシャフトの間に位置するためこのような形になっています。

ドライブシャフト

こうしてみる分には別に良さそうですが、塗装をすればつなぎ目が目立って気になりそうです。

ドライブシャフト

やはり接着してドライブシャフトは寸断で行きましょうかね。
最初から出ていたような答えですがどうしてもドライブシャフトがつながった状態も作りたくてやるだけやってみました。

別館2で考察を行いつつ工作を進めています。 別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 トランスファーBOX

トランスファーBOXの作製です。

トランスファーBOX

位置合わせがあるのでベースを別パーツで作りました。

トランスファーBOX

ドライブシャフトを合わせた状態で接着。

トランスファーBOX

モールドの追加。
工作自体は簡単ですが、資料から形に仕上げるのに手間が掛かっています。

ドライブシャフトブーツの作製。

トランスファーBOX

キットパーツを使いました。
塗り分けが面倒なのとエンジン単体完成時には装着されないので別パーツで作っています。

トランスファーBOX

若干の形状違いで長さが長いようです。
後日再考します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 フロントアクスル2

フロントアクスルの続きです。

サスメンバーの固定。

サスメンバー

ボルトで固定できるようにしますがこちらからではヘッドの部分が見えてしまうので

フロントアクスル

裏側から。

フロントアクスル

表には先だけが出ます。
ボルトが出ないようにしてボルトヘッドを別パーツにするか考えましたがこのままの予定。

ステアリングギアの作製。

フロントアクスル

キットパーツからサイズを推測して作ります。
パーツリストにはsteering gear for vehicles with sports suspensionと書いてありましたがノーマル車との判別は不明でした。
ブーツはキットの物を使いますが屈曲の有る形状なので取付向きに注意しなければいけません。

フロントアクスル

ダボでサスメンバーに固定します。

サスメンバー

サスメンバーの裏は起伏のあるモールドなので穴を埋めます。
スタビライザーは矢印部分で寸断されていますが
実車はアブソーバーにつながるようです。

フロントアクスル

埋めました。

フロントアクスル

細かなモールドの工作は省略。

フロントアクスル

パイピングも予定します。

フロントアクスル

実車はヒートシールドも有りますが作るとドライブシャフトに干渉しそう。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR