S130 200ZT 製作記

200ZT
S130 200ZTの作製です。
ブログを始めた時のテーマに戻り過去に乗っていた車を作ります。

130Zは2台乗り継ぎ、ターボ車の前に乗っていた物。
280Zは3ナンバーで高嶺の花、2000ccの初期型ノーマルルーフで作ります。

S130Z

ノーマルボディは手に入らないためT-Barルーフを埋めました。
接着後裏からレジンで補強、瞬着+ベビーパウダーでパテ埋めしました。

S130Z

サイドプロテクトモールの削り落とし。
地道に時間が掛って終了

過去作品の反省も踏まえて再考察をしながら作製します。
考察は別館2で ➡ こちら

続く

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 シャーシ修正

シャーシの修正です。

シャーシ修正

これから何度も嵌め外しするため固定用の爪を切り取りました。
完成時はボルト固定とするためボディ側にプラ板を貼っています。

【エンジンルーム】

(地味な工作が続きます)

シャーシ修正

まずはサイドのみボンネットサッシ(?)の接着。

シャーシ修正

エンジン部分をくり貫きました。

シャーシ修正

ホイールハウスも修正するため切り取り。
考察はこちら ➡ 別館2 で

シャーシ修正

高さ調節は水砥ぎの平面グラインダーで削合。

シャーシ修正

ストラットハウスの嵩上げ。
少し傾斜が付くようにしています。

シャーシ修正

微調整はプラ板を挟んで。
削って調整するより足す方が楽ですね。

シャーシ修正

次はアーチの修正をします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム修正

ホイールハウス修正の続きです。

レジン

裏側にレジンを盛って表側を削ります。
エンジンレスキットの場合ホイールハウスの修正はほぼ必須。
エンジン付きキットでも修正した方が良いと思うのですが最近のエンジン付きキットはどうなんだろう?
必要ないんだろうなと考えつつ工作は進みます。

シャーシ修正

形にはなりましたが仕上げが大変そう。
少々の凸凹も補機が付いたら目立たないのは分っているのですがね。

シャーシ修正

裏側はラウンドのバーで削りました。

シャーシ修正

補機スペースの確保が目的なので正確な形だしは割愛なのですが気になる部分も有ります。
そこそこ時間もかかったのでここまで。

気になる部分は後日別館2で

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム修正2

エンジンルーム修正の続きです。
地味な工作がまだまだ続きます。

シャーシ修正

ストラットハウス上部を切り取りました。

考察はこちら ➡ 別館2で

シャーシ修正

約1mmずらし内面にレジンを盛って削合。

シャーシ修正

微妙な工作ですが雰囲気は変わります。

次はサイド隔壁ですが

シャーシ修正

(解りにくい写真ですが)
斜め外側に立ち上がるので修整しました。

シャーシ修正

サイドとバルクヘッドの貼り付け。

シャーシ修正

フード・ラッチ部分は別パーツで作ります。

シャーシ修正

接着。
細かなモールドも有りますが後程。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム修正3

エンジンルーム修正の続きです。
地味な工作がもう少し続きます。

シャーシ修正

矢印部分のモールド、実車は別パーツなので切り取ります。

ラジエターサポートの作製

シャーシ修正

この辺りは資料から推測して作っています。

シャーシ修正

実際にはサポート上部もシャーシ側のですがボディ側に分割して作製。

シャーシ修正

シャーシ側は下部になります。

シャーシ修正

つなぎめはラジエターとコンデンサーで目立たなくなります。

エアークリーナー部分

シャーシ修正

バンパーの接着部分は切り取り。

シャーシ修正

シャーシ固定部を真っ直ぐに修正してアンダーパネルが入るようにします。

シャーシ修正

前に切り取ったアンダーパネル、フロントエプロンサポートの再製。

シャーシ修正

パネルを一枚張る毎にボディーシャーシを嵌め外ししています。

シャーシ修正

粗々ですがエアークリーナーで隠れるので良しとしますが、

シャーシ修正

裏側は余分な凹凸が有ります。
取り敢えずエンジンルームベースの完成。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 タイヤハウス

タイヤハウスの修整です。
まだまだ続く地味な工作ですが嫌いじゃないです。

フロントフェンダー

余分な凸部分は気が付いていたのですが後回しにしていました。

フロントフェンダー
フロントフェンダー

ノコで切って埋めただけ。
ラジエターサポートを貼った時に気が付いたのですが、このまま作って後から切り取った方が楽と判断し進めていました。

次は

フロントフェンダー

シャーシとボディの隙間を埋めます。

フロントフェンダー

実際にはパネルの隙間が埋まっているのでは無くフェンダープロテクターカバー部分ですね。

フロントフェンダー

そう考えると一見良さげなこの状態も正解ではありません。

フロントフェンダー

型取り複製からバキュームでプロテクターカバー製作も出来ないことは無さそうですが、
カバーを作るだけじゃなく別工作の追加が必要になるので詳細な資料が見つかれば考えます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアシャーシ修正

リアシャーシの修正です

シャーシ修正

モーターライズで電池BOXが有るためかなりの修整が必要です。

ria

取り敢えずギア部分で非対称となったホイールハウスの修整.。

シャーシ修正

切り取りはダイモテープをガイドに

リアサス

修整。
ストラットハウスも作らないといけないのですがサスの位置決めが必要なので後回し。

リアサス

デフギアーも凸モールドだったので切り取りました。

リアサス

プラ板で塞ぐだけなので平面でカクカクした感じです。

リアサス

電池BOXで凸になっていた部分の修整。
矢印部分とフレームの凸モールドは

リアサス

裏側にレジンを盛って削り込んでいます。
後はサスの位置決めが出来てから。
地味な工作はまだまだ

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアサスペンション

リアサスペンションの作製です。

リアサス

ジャンクパーツを基に作成。

考察はこちら ➡ 別館2

リアサス

キットの幅に合わせリアメンバーの修整。

リアサス

キットのデフは形状も違い凸モールド形成だったのでブル510の物を使います。
面取り修整中ですがエンドカバーも作り直すので一時中断。

リアサス

サスメンバーのマウントボルトとインシュレーター。

リアサス

サスアームも厚みを増して切った貼ったし

リアサス

合わせます。
この状態ではドライブシャフト代わりのロッドで固定されますが、ロッドは位置決めだけなので

リアサス

別に固定部の作製。

リアサス

目立たない所にビス止めします。

リアサス

ストラットハウスが困難になってしまった。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアアクスル

リアアクスルの作製です。

ディスクローター

キットのホイールはモーター駆動用なのでかなりゴツ目。

ディスクローター

ホイールの固定はディスク側を凹としました。

ディスクローター

サスとの固定はディスクカバーにダボを付ける事に。

ディスクローター

次はキャリパー作製ですが、何度も作ったのに今回は完成イメージが出来ません。
後回しにして、取り敢えず

ディスクローター

タイヤ、ホイールの確認。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアシャーシ修正2

リアシャーシの修整です。

リア

キットはモーターライズのため床面が低くなっています。
マフラーのタイコも1/4カットされ床面と密着した状態。
省略された凸モールドだけ再現する事にしました。

リア

燃料タンクを切取り平坦にしてから

リア

凸モールドの追加。
マフラー部分は省略となってしまいました。

リア

デフは資料を参考にディテールの追加。
マスキング塗装が苦手なので塗り分けは別パーツにしています。

リア

タンクは固定ベルトモールドを削り取って別パーツ化。
指矢印部分に給油口からつながります。
ベルト固定金具の資料が不明確なため後まわしに。

リア

別パーツで立体的に見せて妥協部分を誤魔化します。

リア

デフマウントのインシュレーターはキットの物を使おうかと思ったのですが矢印部分はシャーシ側のパーツなので

リア

ディテールも確認し作り直しました。

リア

ボルトは塗装組み立て時に雰囲気を付けます。

取り敢えず。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアシャーシ隙間埋

リアシャーシ修整の続きです。

リア

隙間を埋めました。

リア

隙間、段差は有りますが瞬着流し込みで終了。
工作手順は別館2にUP予定です。

続く

UPしました。 こちら ➡ 別館2

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フィラーホース

フィラーホースの作製です。

フィラーチューブ

プロテクターカバーで隠れるのでタンク付近だけ。
全体の資料確認もできていますが、作るとなるとタイヤハウスの修正が必要になるのでパス。

フィラーチューブ

プロテクターカバーはヒートバキュームで作成。

フィラーチューブ

実車再現は困難なので雰囲気だけ付けました。

続く

7/22 工作過程を別館2にUPしました ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ドライブシャフト

ドライブシャフトの作製です。

ドライブシャフト

ブル510と同じタイプなので長さを調整して使います。

ドライブシャフト

サスアーム側は穴に挿す様に。

ドライブシャフト

デフ側はシャフトに溝を彫り金属線に被せる様に。

ドライブシャフト

今回はこれだけ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エキゾーストパイプ

エキゾーストパイプの修整です

エキゾーストパイプ

キットの物はモーターライズ用、電池BOXを避けた取り回しなので、そのままではサスメンバーと干渉してしまいます。

エキゾーストパイプ

曲げ直しで修正。

エキゾーストパイプ

サスメンバーの下で分割し、横バーの根本で曲げました。

エキゾーストパイプ

完了です。

まっまっま、まふりゃ~

マフラーの固定方法もビス止めと凸モールドに変更。

まっまっま、まふりゃ~

遮熱板の作製。

まっまっま、まふりゃ~

横方向はシャーシに差し込むようにして、縦方向は凹モールドにはめ込み
(エッチングパーツの切れ端を使ったので良く見ると「Hasegawa」の文字が判ります)

まっまっま、まふりゃ~

マフラーで押さえ込みます。

まっまっま、まふりゃ~

ただの平板です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エキゾーストパイプ仕上

エキゾーストパイプ

エキゾーストパイプを仕上げます。

まっまっま、まふりゃ~

写真がないので資料図を参考に作製。
サイレンサー、パイプはヒートインシュレーターカバーで覆われます。

まっまっま、まふりゃ~

なので実際には中間パイプはエンドパイプより太くなるはずですが

液牌

それは無視してカバーモールのみ再現。

液牌

太めのプラ板を貼り削って細くしました。
角パーツはマフラーハンガー、雰囲気だけの作製です。

クロスメンバー

横バーはクロスメンバーなのでパイプには直接付いていないのですが、別パーツで作るとマフラーの固定が困難になります。
なので削合修正で薄くしました。

液牌

後方パイプも同様に。
曲面の貼り付けは手間が掛ります。

液牌

なんとなく一回りパイプが太くなったように見えます。

液牌

カバーの色は何色だろう?

液牌

マフラーエンドにもハンガー作りました。

液牌

雰囲気だけです。

液牌

サイレンサー部分にもマフラーハンガーが付くのですがスペース的に無理。
Uボルトクランプだけ付けました。

まっまっま、まふりゃ~

カバー留め具も付けて

液牌

取り敢えずここまで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 燃料タンク

燃料タンクの続きです。

ね~んねんねん、ねんりょうタンク

資料を基に外周モールドを修正しました。
タンク容量は80Lです。

ね~んねんねん、ねんりょうタンク

タンクの位置決め固定はボルトと〇凹モールドで。
実車にはフューエルユニットのメンテナンス用の穴が有り、通常は室内側から蓋がされています。

ね~んねんねん、ねんりょうタンク

矢印部分も窪ませ穴開け貫通させました。

タンクー(>_

⑥ Evaporation hose と⑭  Return hoseが通ると思われます。
⑪ Fuel feed hose はこの穴を通りません

ね~んねんねん、ねんりょうタンク

マウンティングベルトはカッティングシートにしようかと思ったのですが薄過ぎるので止め

ね~んねんねん、ねんりょうタンク

結局プラ板で再製。
オリジナルモールドを削らなくても良かったのではと考えてしまいますが、タンクに固定部分モールドの修正が必要だったので結果的には有・・・と言う事にしておきます。

ね~んねんねん、ねんりょうタンク

固定金具はエバーグリーンのチャンネルから作製。

ね~んねんねん、ねんりょうタンク

固定用ボルトナットは仕上げ時に。

ね~んねんねん、ねんりょうタンク

工作量は少ないのですが調べたり考察したりと時間が掛っています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ヒートインシュレーターカバー

触媒の遮熱板の作製です。

ショックばい

見えているのは触媒本体ではなくヒートインシュレーターカバーです。
シャーシ側にも遮熱板が有ります。
(名称不統一ですがイメージ的に判りやすいかな?と思って使っています)

ヒートバキュームで作製する為

ショックばい

シャーシ複製を作り原型の作製。
白い部分はパイピングのスペース確保です。

ショックばい

バキューム、そして切り出し。

バキュームついでに

ショックばい

サスメンバーのマウントも作製。

ショックばい

バキューム後切り出し修正。
(バキュームは遮熱板と同時に行っています)
底面のエッジが丸くなってしまいましたが、他の方法でこの形状を作る技量も無いので良しとします。

ショックばい

ボルトナットは仕上げ時に。

遮熱板に戻り

ショックばい

周りのモールドは伸ばしランナーの貼り付け。
モールドに合わせてベースプラ板を削って調整しています。

ショックばい

サフで確認。

ショックばい

モールド貼り付けで歪が出たので修正しています。
手間が掛りましたが、3Dプリントで簡単に作れるようになるのでしょうね?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 スタビライザー作製

スタビライザーの作製です。

工作は試行錯誤。
なので失敗も反省ために記録を残します。

酢足袋雷座

真鍮パイプを曲げ、ダボ打ち位置決めをしたのですが

酢足袋雷座

思い込みで位置を間違えていました。
位置移動をして曲げ直しを試みるとダボ挿し瞬着固定した部分に無理が掛り

酢足袋雷座

折れてしまいました。
作り直しで

酢足袋雷座

超苦手な半田付けに。

酢足袋雷座

再度位置決めのし直し。

酢足袋雷座

資料を再確認し

酢足袋雷座

曲げて行きます。

酢足袋雷座

サスアームも修正。

酢足袋雷座

周りのモールド再現はパスしました。

酢足袋雷座

ボルトは在庫切れのため仕上げ時に。

酢足袋雷座

サスメンバーとの固定金具は洋白帯で作製。

酢足袋雷座

エッジが怠くなりましたが良しとします。
取り敢えずここまで、後は仕上げ時に。

リアセクションも補器等作る物がまだあるのですが気分を変えてエンジン行きます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジン作製

エンジンの作製です。

エンジン

フジミのエンジンを使います。
定番のエンジンなのでディテールUP作例も多いと思いますが、今回はEGI、AT仕様への変更です。

基本的なは考察は別館ブログ2で ➡ こちら

エンジン

まずはミッションとエンジンブロックのバンク角が違うので切り取り。

エンジン

穴埋めまで。

エンジン

カムカバーの修整から。

エンジン

スプロケット部分の形状変更とオイルキャップ位置の移動をしました。
目立つ部分なのでボルトはエッチングパーツに置き換えます。

エンジン

オイルキャップはタミヤの物を使用。

エンジン

実車形状と違いますが取り敢えず。

この後ミッションの修正を行ってますがかなりの手間なので記事はここまで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 トランスミッション作製

トランスミッションの作製です。

オートマ

実車はオートマ。
模型のマニュアルトランスミッションもS130の物とは違います。

オートマ

キットをベースに修正。

オートマ

資料を見ながら手を加えます。

オートマ

底面から見た資料は見つかりませんでした。

オートマ

金属パイプではなく伸ばしプラパイプで作製。

オートマ

ミッションマウントはエンジンの位置決めが出来てから作ります。

オートマ

表面モールドはらしくだけ、実車とは大きく違います。

オートマ

エンジン本体とのバンク角度も調整しボルト止め。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めています。
ミッション資料は ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR