パーツを飛ばす

作業中にパーツを飛ばしてしまうと
へこみます。

作業始めは机をきれいにして行うのですが
終わりがけには道具も、削りカスも散乱した状態
悪いことに作業机は白、床は柄のあるグレーとかなりの悪条件です。

ピンセット

ピンセットはロックができるもの3本と先をさらに細くしたロックが出来ないものがあるのですが
今回は、出来ないものを使ってしまいました。

人に聞くと作業中は左右に鮎釣り用の網を張っているそうです。

2ミリ程度のパーツ、さて何処に行ったやら
明日の朝は掃除機ではなく、障子糊の刷毛で床を掃除します。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zフューエルパイプ

エンジン補器類の作製です

フューエルパイプ

フューエルパイプは真鍮線そのままで行けるので0.5mm線を使います。

フューエルパイプ配線図

配管はこのようになっています。
フューエルポンプ、フィルターとの接続もわかる為
パイピングも中々雰囲気でと言うわけには行けません。

下につながっているパイプはターボ車にはありません。

フューエルパイプ1

ベースの輪に蝋着と言う方法で2本線を付け足しました。

ヤングプライヤー

線を曲げるのにこういう道具を使います。
中々便利な道具で内面にはワイヤーを把持するためのスリットも入っています。

フューエルパイプ2

ロッカーカバーに合わせて曲げ

フューエルパイプ3


他のパーツも真鍮板とビニールパイプで作製し半完成
中央のプレッシャーレギュレータの部分は製作中に飛ばしてしまいました。
気を改めて作ることにします。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zエンジン仮組み

模型のミッション部分です。

S130Zミッション

見えるところだけの再現なのでボディー部分は当然モールドはありません。
オイルパンはタイロッドに干渉しているためこのまま切り出すことにしました。

S130Zミッション2

再現されていない部分は
モールドのある部分から複製し補っていますが、やはりシャーシーと干渉する為
シャーシーを削りました。
載せ換えだと内装のコンソールまで影響がでたかも知れません。

右側の白い部分はシリンダーブロックとの位置合わせ用のプラ棒で
塗装の時の把持部になります。

S130Zエンジン仮組み

出来上がった部分を仮組みしてみました。
サフ吹きをしたパーツは気分が盛り上がります。

フェアレディーS130Zロッカーカバー2

書き込みの途中で何度もフリーズしてしまったので分けて書きます。

組み付け

合わせてみました。
この状態では「NISSAN」の文字は入る余裕がありません
ボディーリアのエンブレムが極小の「NISSAN」浮き出し文字
もう一台から削り取りとも考えたのですがそれでも少し長いようです。
文字を切り詰めるとしても1文字でも飛ばすと

GAME OVER

になってしまいそうなのであきらめました。

ロッカーカバー

こんな感じで OK とします。

フェアレディーS130Zロッカーカバー

ロッカーカバーの作製です

S130Zエンジンカタログ

実車の写真ですが、まず目に付くのが「TURBO」の浮き出し文字
パイピングも複雑です。

Z31
ターボロゴ

部品取りになったZ31の文字を移植することにしました。
実車は文字ももう少し縦長で、字間も狭いようですがこのまま行きます。

S130Zロッカーカバー

S130Zエンジンヘッド

フューエルパイプは作り直すので削り取り、インテークマニホールドを型抜きし
文字に合わせてロッカーカバーをくり抜きました。

つづく。

フェアレディーS130Zエンジン

今日は休みなので続きます。

S130Zシャーシ補修

シャーシーの補修をしました。
余分な部分を削り取り、不要な穴を埋めた状態です

S130Zエンジン隔壁

そして、エンジン部分の隔壁をつくりました。
他の製作記でもここで中断しているものが多々見受けられましたが
やはり、上げ底式のエンジン部分に難点があるのでしょうか?

S130Z元のエンジン

元の画像ですが、バリ取もほとんどしていないし、適当に塗り分けたものでも
今のデジカメはそれなりに見える画像になるのがすごいですね。
エンジンヘッドの部分も角々で、さらには

S130Zエンジン切り出し

エンジン本体もただの箱(切り出すときにミスして割ってしまいました)
フジミのエンジンでも載せ換えようかと思ったのですが、
今回のテーマは「リメイク」、手を加えて作り直すことにしました。
上げ底式の分だけ高さが足りない、シリンダーヘッドの部分が省略された状態です。

S130Zエンジン写真

実写の写真(Webから撮った画像をプリントアウトしていますので画像が波打ってます)
を見るとかなり複雑、この部分だけでもフジミから拝借しようかと思ったのですが
プラ板で作ります。

S130Zエンジンブロック

いきなり完成ですが雰囲気は出たと思います。

シリンダーブロックも位置合わせがし易いようにベースにプラ板を張り合わせ

コトブキヤパーツ

KOTOBUKIYAの丸パーツを使って

S130Zエンジン本体

このように仕上げました。
オイルゲージのパイプは、真鍮パイプにスリットを入れて内径を細くしてあります。

S130Zエンジン本体写真

実車の写真と比べてみると高さがまだ足りないのですが、
模型のオイルパンとフロントサスペンションが干渉してしまうようで
断念。


フェアレディーS130Zプラモデル製作記

昔、直組で作ったプラモデル、タミヤ280Zを今の技量でリメークすることにしました。

S130Z ボディー

2000ターボノーマルルーフを所有し、当時2台作製した内の
1台をリメークします。

S130Zエンジン

上げ底式のエンジンルームで、隔壁も省略された状態です。

S130Zシャーシー

モーターライズのため、リアのサスペンションも省略された状態でした。

まずは資料集め、カタログ、Haynesのリペアーマニュアル、Webからの写真を参考にしていきます。

S130Z資料

既に、手を付けているので写真が前後する場合もあります。

ごあいさつ

このたびFC2ブログに参加させていただきました。
宜しくお願いします。

趣味の模型と日常を書いていきたいと思います。

昨年、模型雑誌のコンテストに投稿し掲載されました
モデルカーズ
テーマは「エンジン」
手を加え、ディテールアップしたエンジンも車体に載せると見えなくなってしまう部分も多く
完成間近で何か形として残したいと思い製作が中断していたものでの投稿でした。

元の原型や思い入れ苦労した点など完成品からは中々伝わりづらい、そんな思いで
最近作製し始めた模型の製作記を書いて行きたいと思います。
プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR