フェアレディーS130Z番外

ネットで画像を探していたところ
インテークマニホールドの吸気パイプはどうやら
パイプ間が塞がっているみたいです。

と言うことは

マニホールド給排気

苦労して作った排気側は外側のパイプのみが見える状態
パーツを作るのが楽しくてやっているので、まあ良いか
と思いつつ塞ぐのはやめにしました。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zエンジン 6

エンジン右側補機類の製作です。
ちまちまとパーツを作っただけです。

ヒーターホース

ヒーターホース

オイルフィルター

オイルフィルター
先端周りにくぼみをつけたのですが、写真では潰れています。

オイルプレッシャー

オイルプレッシャースイッチとノッキングセンサー?

エンジンマウント

エンジンマウント
オルタネーター、スターターモーターは作り直しています。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zエンジン 5

スロットルバルブ周りの製作です。
スロットルバルブスイッチが中々形になりません。
とりあえず出来上がりましたが
メカニカルな雰囲気になったので良しとします。

スロットルバルブ製作

真鍮線、板、スプリングで作りました。

スロットルバルブ仮組み

マニホールドと仮組みしました。
スロットルバルブの上にあるのは
ヒーターハウジングで雑な形ですがパイピングでごまかします。
少しレバーが太いような気がしますが

インテークマニホールド全景

フューエルチューブと並べてみると
問題無さそうです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zエンジン 4

EGI、後期型はECCS補機類の製作です。

ECCS補機類

E.G.R.バルブ、A.A.Cバルブ、エネルギーリリーフバルブです。
プラ棒と丸パーツで作りました。
しかし、マニホールドと組み合わせてみると

ECCS仮組み

右端のE.G.R.バルブ以外は明らかにオバースケール
24倍して大体のサイズを考えたつもりなのですが
作り直しです。

後、スロットルバルブも手を付けたのですがどうしても形になりません
再考中です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zエンジン 3

インテークマニホールド周りの製作です。

EGI周り

エアーレギュレーターとタービンにつながるインレットパイプです。
1mmの真鍮線に0.5mmの線を通しましたが
モーターツールであたりをつけるとピンバイスでの貫通も
楽に開きます。
パイプはプラ棒の炙り曲げです。

EGIパイピング

仮組みをした状態ですが
少しオバースケールなため、他の補器類は少し省略になりそうです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Z ターボ

ターボの続きです。
ほとんど見えなくなってしまう部分ですが
初めて乗った憧れのターボ車もう少し手を加えます。

バルブ仮組み

吸気側のコントローラーです。
排気側は形状が複雑なので

Z31エアーインテーク部分

またZ31からパーツを切り出して

パーツ仮組み

合体しました。

ターボ完成

残りのパーツも作りとりあえず完成。
タービン間にあるパーツはオイルパンにつながる部分です。
昔ターボ車は停車後タービンの焼きつきを防ぐ為
しばらくアイドリングが必要でした。
ターボタイマーを自分でつけた記憶がよみがえります。

次はEGI ECCS部分を作ります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zエンジン 2

エグゾーストマニホールドの製作です。
F1のエンジンのような見せ場も無いのですが
ターボ、マフラーとの接続があり手間取りました。

ターボ見取り図

マニホールド

プラ棒を炙って曲げただけですが
中々思うような形にならず
ターボ、マフラーとの仮組みを何度もくり返すため
プラ棒のオスメスの固定軸があります。

マニホールド仮組み

まだ、修正途中ですが
ターボとの接続、ガスケットが付く部分の
隙間はパテではなく、前にどこかで見た記憶で
瞬間接着剤にベビーパウダーという方法を試してみました。
まだ修正もしていませんが中々自然なつながり具合です。

ターボ原型

タービンはタミヤRX7を流用し修正してあります。
左のパーツはバイパスバルブコントローラーを
プラ棒から削りだしている途中です。もう少し手を加えていきます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zリアバンパー

リアバンパーの製作です。
フロントと同様に作りました。

リアバンパー位置合わせ

フェンダー付近は実際にはモールになっているので
ボディーの修正が必要となります。

リアバンパーボディー修正

プラ板を足して修正します。
マフラーの出口も左右違うので修正し
ボンネットの開閉はバンパーと干渉するため
オリジナルの脱着式とし、ボディーはとりあえず完了。

次はエンジンに手を加えます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zフロントバンパー

フロントバンパーの製作です。
後期型はフェンダーアーチまでモールが延び
全体の形状も少し違うため作り直します。

フロントバンパー元模型

まずサイドの部分を延長し
0.5mmのプラ板を張るためサイド全体を削り

フロントバンパー修正

エバーグリーンの1mm、2mmの板を回りに張り
形を整えていきます。
白と黒のパーツでは全体のバランスがわかりにくい為
サフ吹きしました。

フロントバンパーサフ吹き

中々良い感じです(写真が)。
手持ち、フリーで床をバックに写真を撮ったのですが
この写真は気に入っています。
幅の広い部分は2mmのプラ板を
平行に張り合わせペーパーをかけただけなのですが
サフを吹いてもほとんど継目がわかりません。
さすが既製品はカッターで切り出したものとは大違いです。

次は、リヤバンパーを作ります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zボディー修正 2

エアークリーナー周りのボディーを修正します。

フロント周り模型

オリジナルの模型はシャーシーの下まで抜けているので塞ぎます。

シャーシー修正

シャーシー側にフレームの延長部分を作りました。
実車はモノコックボディーにラジエターサポートが付く状態ですが
模型はボディーが別パーツなので
残りの部分はボディー側に作ります。

ボディーフロント周り修正

画像が白く飛んで見にくいですが
左右のコーナーの三角パーツは
左の様にサイズだけ合わせて張り
モーターツールでRを出しました。

ボディーとシャーシー仮組み

ボディーとシャーシーを合わせてみました
フリーで張り合わせているので段差がありますが
少し修正すれば何とかなりそうなので良しとします。

次は、バンパーの製作です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zエアークリーナー

エアークリーナーの製作です。
後期型かターボ専用か不明ですが形状が少し違うので作り直します。

エアークリーナー実車


エアクリ模型

オリジナルの模型はねじが三つです。

エアクリ穴あけ

ねじは流用するので
周りに穴を開けて取り出します。

エアクリ修正

写真では切りつめて位置を変えただけに見えてしまいますが
もう少し複雑で、結構時間がかかりました。

エアクリ仮組み

ボディー側のラジエターサポートも作り
位置決めを行います。
左の黒い部分に伸ばしランナーでモールドを加えとりあえずは完成です。
あれ?作り忘れが二箇所あります。今気づきました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zラジエター

フロントのノーズ付近のボディ修正を行っていたのですが
ラジエターサポートとの位置合わせ(実車では一体)
が必要となるので、寄り道をします。

ラジエター元

元の状態です。
なんと、ファンをブルーに塗っている
素人モデラーです。

オリジナルはボンネットとの干渉のせいか
低い位置にあるので少し位置を変える必要があります。

ラジエター修正

エンジンを仮合わせし位置を決定しました。
ラジエターキャップがサポートより少し上に来る位置(下にあるとキャップが回せません)
キャップの下にリザーバータンクからのパイプが来るため
切り離して作り変えです。(形も修正です)
実車ではキャップに「危険」「CAUTION」の結構目に付く
シールが付きます。
後はファンカバーの周りにモールドを少し加えました。

エアコンコンデンサー

エアコンのコンデンサー部分も付け加えました。
位置合わせのための簡単に作ってあるため
もう少し修正します。

次はエアークリーナーの位置を決めないと
ボンネットがしまらなくなります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

モーターツール

こんな工具を使っています。
かなり古いもので場所をとるのですが
中々使い勝手はよろしいです。

ストレートハンドピース

なんとベルトドライブでモーターは
小さい扇風機並でトルクがあります。
ハンドピースにモーターが無い分軽く
鉛筆持ちで作業が出来る上無段回のフットスイッチで
使わないときはアームを立てて引っ掛けておきます。
更に

コントラアングル

コントラアングルと言う歯医者で使うような
小型のヘッドがあり狭いところでも使えます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zボディー修正

ボディーの修正です。

元の模型は電池が入るように実車より幅広だそうですが
スタイルはほとんど気にならないので
昔乗っていた車への修正のみです。

サイドモール

2000ccなのでサイドモールを削りました。

モールの削除

後期型なので

Bピラー


Bピラーを削り

Bピラー削除

Bピラー製作

修正です。
実車のバーの本数はもう少し多いのですが
良しとします。
電動ツールで削っていったのですが
かなり古い模型のせいか、気が付くと
フロントのピラーが変形(かなり細い)しだしていました。
ドアの開閉も考えたのですが閉じたままにします。

Tバールーフをノーマルルーフに戻し
次はフロント部分を修正します。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130ZNASAダクト 2

ダクト部分の製作です。

マスキングテープの接着面に外形を書き

ダクトの作製

切り取ったプラ板を張っていき
最後に流し込み用接着剤で固定しました。

この方法だとバーの間隔も簡単に修正でき
接着後ぬるま湯に付ければマスキングテープも
ぺロりとはがれてアット言う間に出来ました。

ダクトバーの作製

後は内面に黒の伸ばしランナーを均等に貼り付けて
完成です。

開穴したときは、穴が大きすぎた様な気がしたのですが
ボディーに載せて見ると問題なさそうです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130ZNASAダクト

NASAダクトの製作です。

S130はNASAダクトのイメージが強いのですが
後期型に採用されていたためオリジナルの模型の
ボンネットを開穴します。

ボンネット開口設計

軽くサフを吹いて外形線を描いてみました。

位置合わせ

実車の写真と照らし合わせて

ダクト開口

開穴です。
穴に合わせてダクトの部分を作ります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zパワステ 3

フロントサスペンション部分はこのようになりました。

フロントサス完成

また、パーツを飛ばし
気を取り直して作ったものが

ステアリングジョイント

ステアリングシャフトとのジョイントです。

ステアリング仮組み

仮組みしました。
2個目に作ったものは少し大きくなりすぎです。
ステアリングシャフトはもう少し手を加える予定で保留。

パワステパイピング

ギアの部分に少しだけパイピングしてみましたが
固定していないため少しずれています。
塗装後に修正します。

次はボディーに手をつけます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zパワステ 2

パワーステアリングの製作です。

ステアリングシャフト原型

ステアリングは固定にします。
パーツを切り取ってギアーの部分を作ろうかと思ったのですが

プラ棒

プラ棒をくりぬき
スリットを入れて元のパーツに被せて

組み合わせ

段差を付けました。
一つのプラ棒だけで作るおおちゃくです。

パワステ作製

残りのパーツをプラ棒、板から作製
羽の様な部分はギアーの取り付け部品なので
ギアとくっついてないといけないのでしょうが
サイドロッドの角度がおかしくなるし
サス本体の厚みや形状に手を加えなければならなさそうなので
やめました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zパワステ

切り取ったパーツに

インテグラル型パワーステアリング

こんな形のものがありました。
どうやらパワーステアリングと思われるのですが
フェアレディーと言えばラックアンドピニオン式のステアリング
しかし、前期型の280Zはインテグラル型が付いていたようです。

インテグラル型とラックアンドピニオン

後期型は全てラックアンドピニオン式になっています。

ラックアンドピニオン図

エンジンルーム、シャーシー側ともに目立つ部分なので
図を参考にして今から製作します。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディーS130Zフロントサスペンション 2

フロントサスペンションの続き
テンションロッドの製作です。

テンションロッド原型

まずワイヤーを写真のように曲げ

テンションロッド蝋着

銀蝋を蝋着し

テンションロッド形成

形を整え、後からボルト用の穴を開けます。

ステアリングロッド

ステアリングロッドも同様に作りました。
写真上はハンダで試作したものですが、こちらの方がシャープに仕上がります。

テンションロッドブーツ

KOTOBUKIYAの丸パーツに0.8ミリの穴を開けブッシュの部分にしました。
このパーツは便利ですね。

これを組み合わせて出来上がりです。

フロントサスペンション仮組み

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR