フェアレディS130Z リア周り 2

給油口とタンクに繋がる部分の製作です。

パイプの一部とカバーの作製だけですが
意外と目に付く部分です。

まずカバーから

カバー原型

バキュームで作るので原型を作りました。
使用したのはグンゼ産業の低発砲スチロール板です。
今は販売されていない
何年前のものか判らないぐらい前の切れ端
カッターで切っても角が丸まり難く、造形もしやすい物で
現在市販のスチレンボードより使いやすいと思います。

燃料ホース

パイプの見える部分とバキューム修正したものです。

ホースクリップ

真鍮色、ゴールド色の物があるとどうしても作りたくなり
ワイヤーが0.3mmですので1mm弱のパーツですが

ホース仮組み

チラッと見える存在感があります。
チェックバルブの配管も修正しました。
リア周りもほぼ終了で接着後のパイピングぐらいですが
最後にエキゾーストパイプの固定部分を
真鍮版で作りまたエンジンルームに戻ります。

マフラークリップ
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z ホイールハウス修正

ホイールハウスの修正です。

ボディーシャーシー隙間

ボディーとシャーシーの間はこんなに開いています。
最初はホイールハウス内は黒で塗るのでそのままとも思ったのですが
フジミのプリウスはそのあたりもキッチリ塞がっているらしいので
修正することにしました。
シャーシー側を伸ばすとボディーが嵌らなくなるので
ボディー側に接着します。段差が出来そうですが
塞がればよし。

プラ板曲げ

まず隙間の一番大きい幅にプラ板を切り出し
机の角に押し当て
端を垂直に引き抜きました。
すると・・・

曲げたプラ板

こんな感じに。
たまたまですがハウスのRとほぼ同じになりました。

隙間修正

形を修正し瞬着と流し込み接着剤で固定し
こんな感じになりました。

4箇所修正

左上右上の部分はパテで段差を修正しようと思ったのですが
内装を取り付けると浮き上がることもあり
凹Rの修正は手間がかかるのでここだけにしました。

まだ、ボディー塗装しなくて良かった・・・
と言うよりサフのまま放置状態です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z チェックバルブ

チェックバルブの製作です。

燃料ポンプの近くにあるものですが
どの辺にあるか不明確。
疑問に思うと気になってしょうがないので

カーグラフィック

1981年発行のCAR GRAFHIC別冊を引っ張りだしてきました。
その中に側面、上面の透視図?があったので早速コピー

配線見取り図

判別しやすいように色塗りです。
どうやら、燃料ポンプとギアーの間にあるらしいのですが
本を読みいってしまい結局製作は

リリーフバルブ

これだけです。
どこに来るかというと

リリーフバルブ仮組

今頃、余分なスタビのモールドを削り落としました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

WELLY 1/57 ゴルフ IV

WELLY社製 1/57
ゴルフ Ⅳ
シルバー
内装 黒
ヘッドライト シルバー

ゴルフⅣ

同じものが家にあったか不明だったのですが買って見ると

ゴルフⅣ後ろ

違いました。
内装の色とテールランプが赤く塗られています。
海外のメーカーはホイールやカラーが少しづつ変わることが多いので
常にチェックしたいのですが年と共に記憶があやふやになります。

同じシルバーでも

ゴルフⅣ3台

なんとヘッドライトが赤く塗られているものさえあります。
探すのが楽しくなりますね。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

WELLY 1/57 ゴルフV

WELLY社製 1/57
ゴルフⅤ
4dr
メタリックブルー
内装 黒

ゴルフⅤ

スーパーで買った食玩です。

食玩

いつもならケースはその場で捨てることが多いのですが
写真用に持って帰りました。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z リアブレーキパイプ

0.3mmのピンバイスが折れたため寄り道しましたが
リアサスペンション周りの続きです。

リアブレーキパイプの製作です。

リアサスブレーキ取り付け金具

リアサスペンションにブレーキパイプの固定部を接着しました。

リアサスブレーキ取り付け右

むき出しのブレーキパイプを0.3mmの真鍮線で加工
右側です。

リアサスブレーキ取り付け左

左側も同様ですが少し形状が複雑になります。
後はプラグコードを芯抜きしパイプにしたものを
接着後取り付けます。

サイドブレーキワイヤー

サイドブレーキワイヤーも試しましたが
ワイヤーの材質選択を誤り
少しRが角ばっているので作り直す予定です。
左上のパーツは位置合わせ用で関係有りません。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z アクセルリンケージ 2

アクセルリンケージの続き
エンジンスロットルレバー側です。

スロットルリンケージ

また地味な製作です。
こちら側も形が不明確で実車写真も異なったタイプもあるため
リペアーマニュアルのタイプにしました。
マニホールド上のロッドも適当に長さを切ったため
この部分で修正です。
1mmのプラ棒に0.4mmの穴を開け
外形を細くしました。

スロットルリンケージ組み付け

微調整が効くのでシャーシーとピッタリです。
しかし、スペースが無いので固定部分は省略してあります。
上の部分の穴はスプリングでボンネットオープナーの部分に固定されます。

久しぶりのエンジンの登場
シャーシーに載せた写真が無かったので
パチリ

エンジン仮着

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z アクセルリンケージ

アクセルリンケージの製作です。
形が不明確です。

クランクパーツ

使用した材料です。
クランクの回転部分のボルトを実車に合わせようと
0.7mmの真鍮線にくびれを彫ったため
ボディー取り付け部分は1mmプラ棒に0.7mmの穴を開けることになりました。
さすがに割れるので2mmのプラ棒からの削りだしにしています。

シャフトブーツ

ボディーからシャフトが出る部分にゴムブーツをつけようと思い
1mm棒から削りだそうとしたのですが限界です。

リンケージ完成

組みあがったものです。
ほとんど自己満足・・・
ボールジョイントが大きすぎです。
昔乗っていた車がATなのでクラッチは省略します。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z フューエルパイプ 2

フューエルパイプの続きです。

フューエルパイプ仮組み

ワイヤーを仮合わせしました。
今までの製作の中で一番手こずり
途中写真も撮ることなしに進めたのですが
満足できないものです。

フューエルパイプ・ブレーキ

あっちを曲げればこっちが合わずで
ブレーキオイルを分配する部分(写真中央)を作って気分転換したり
接着前に再修正でと、とりあえず終わり。

途中でガソリンタンクの固定部分も作りました。

ガソリンタンクバンドストップ

小さなパーツで気分転換?
ですがサクサク作業が進みます。

ガソリンタンク固定部

ここの部分です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z フューエルパイプ

洋白線といっしょに別の素材も買ってきました。
携帯ストラップのワイヤーですが
ラジエターパイプの様な布編
見方によってはジャバラパイプの様にも見えます。

布巻きホース

さっそく端を解いでみると、中には繊維の束が
抜けばパイプに早代わりです。
どこかに使えるかな?

フューエルパイプの修正です。
地味な製作が続きます。

フューエルパイプモールド

実際の模型にはこの様なフューエルパイプのモールドが施されています。
洋白線で置き換えてみます。
最初はモールドの凸の部分に乗せるようにしようと思い
右側の様にスリットを彫ったのですがワイヤーが安定しないので
左のように固定部分を削り取り凹に沿わせることにしました。

現物合わせで4本同じ様に曲げるのは面倒なので

フューエルパイプ4本

1本曲げ、コピーに撮り後3本をそれに合わせて曲げました。
屈曲が3箇所以上になるとかなり手間がかかるので固定部で分割しています。

フューエルパイプ平面修正

ガラスの板に乗せると歪みが簡単に判ります。

フューエルパイプ仮組み

1本ズレてます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z フューエルダンパー

模型屋を3軒回ったのですが洋白線は有りませんでした。
結局、東急ハンズで購入
ステンレスに比べると柔らかく曲げやすそうです。

細々としたパーツがまた続きます。

フューエルダンパーの製作です。

フューエルダンパー削りだし

2mmプラ棒、やすり一刀彫気分で作製していたのですが
最後の最後で切れてしまいました。
つながったまま、穴あけ塗装までするつもりでした。

フューエルダンパー

パイプを付け塗装し完成です。
100均でシルバーの目玉クリップを買ってきたのですが
古い塗装のはげたようなカラークリップの方が
滑らず、パーツもズレず愛用しています。

ダンパー取り付け部

取り付け部分も真鍮板で作り
フューエルダンパーは一体何処のパーツかと言うと

フューエルダンパー仮組

フューエルパイプとポンプの間に付きます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z リア周り

進展はあまりありません。

早くシャーシーを仕上げて塗装、エンジンを載せたいのですが
まだ作る部品、修正もあり停滞しています。

ガソリンタンクプロテクター

代わり映えの無い画像ですが
デフのガソリンタンクプロテクターです。

フューエルポンプ

ここに付きます。
フューエルポンプも出来上がっています。
タンクにつながるパイプは実車では
布巻きパイプにスプリング状のワイヤーが巻いてあったので
伸ばしたコイルスプリングに白のカラーワイヤーでそれなりに。

写真左下に少し見えるモールド
シャーシー裏側に見える4本のパイプに苦戦停滞しています。
ステンレスのワイヤーは硬く弾性がありすぎ
洋白線は使ったことが無いのですが0.3mmは有るのでしょうか?

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z マフラー2

パイプエンジン側の修正です。

エンド側と異なり立体的になっているので

エンジン側バキューム

同じ模型から3種類の厚みでバキュームしました。

エンジン側組み付け

接着した状態です。
バンドも同じように取り付けましたが
ボルトの取り付けは実車も互い違いになっているみたいです。

マフリャー全体像

後はマフラーカッターをアルミパイプでエンドの部分を
薄く削りこみ仮着、ガソリンタンクとの間の断熱板を
ステンレス板から切り出して付けただけです。

ボディーとの固定部がエンド側の中央に付くのですが形状が今一判りません。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z マフラー

マフラーの修正です。

元模型です。

マフラー元模型

ノーマル車ですのでパイプにカバーが付きます。
元の模型は触媒よりエンジン側は少しモールドが有りますが
エンド側には何もモールドされていません。
カバーにも前期、後期、ターボで違いが有る様なので
修正します。

さて、三次元のパイプにどうやってカバーを取り付けるか・・・
ということでバキュームになりました。
作例も見当たらず、試行錯誤したのですが
その結果が前回の複製模型。

マフラーカバー取り付け

組み付けた全体像です。
エンジン側は0.3mmのプラ板がなくなってしまったため保留です。

カバーベルト

留めのバンドはプラ棒に穴を開け切り出し巻きました。

取り付けボルト

三次元の所もこれぐらいの精度ではまります。
本当はもう少し隙間があるのでしょうが
隙間を開ける方のが難しいのでこのままです。

ボルトの留めの部分は1mm以下で作ることになりました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

バキュームフォーマー

家にあるバキュームフォーマーです。

バキュームアダプター

対角線で15cm弱までですがヒーターもバキュームもいっしょになった
ものでかなりの重量もありますが手軽にバキュームができます。

バキューム

前回アップし忘れた画像ですが
こんな程度にまで出来ます。
他を使ったことがないのでどれぐらいか判りませんが
違うものにも試しました。

パイプ石膏模型

エキゾーストパイプをフォームしやすいように複製し

パイプカバーバキューム

バキュームして切り出した物を

カバー試適

はめてみるとピッタリ。
実はこれ上下を間違えて作り失敗したもので
やり直しです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z 触媒断熱板?

シャーシの修正です。

排ガス規制でS130から触媒が付けられました
かなり熱を持つようで枯れ草の上で吹かすと
初期は発火する危険があるとも言われていた記憶があります。

Z31の模型には断熱板らしきものが再現されていたのですが
無いので作製します。

シャーシ石膏模型

シャーシーを型採りし石膏に置き換えます。
色の違う石膏はプロペラシャフトのトンネルの穴埋めと
フューエルパイプが通るスペースを作ったものです。

石膏は意外と工作しやすく、硬貨まで約20分
固まり初めからすぐ造形が出来ます。

これに0.3mmのプラ板でバキュームします。

断熱板

出来上がったものを切り抜き周りに黒の伸ばしランナーで
めくれの部分を貼り付けました。
少し荒いですが実車写真もアールの部分に皺がよったり
切断面も処理されていませんでした。

ブログは良いですね、完成模型だけ見ると下手や雑と思われるものの
言い訳ができます。

断熱板完成

色を塗って出来上がりです。
取り付けボルトは接着後穴を開ける予定
色塗りしてから平面の凸凹に気づきましたが
ぺらぺら、ふにゃふにゃプラ板の
三次元伸ばしプラ棒貼り付けは面倒なのでこのまま行きます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

L20ET エンジン完成

エンジン完成です。

上げ底式エンジンからここまでになりました。
最近の車では見られなくなった
むき出しの補器類やパイピングが緻密感を増し満足しています。

エンジン完成左

エンジン完成右

エンジン完成正面

エンジン完成上

ターボといえばポルシェターボが代名詞となるような時代の憧れのエンジン
L20のチューンアップの様に付け加えられた補器類の多さに創作意欲が沸きました。
最後の最後で後に戻れない失敗をしています
プラグコードの一本が瞬着で接着後長さが足りない為
コード受けに乗っていません。

エンジンだけで2ヶ月近く掛かり息切れしそうですがまだ続きます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z パイピング2

パイピングの続きです。

シリンダーヘッドコントロールセンサーにつながる配線

シリンダーセンサーコード

黒い極細のワイヤーが無いため
手芸用のメタリックグリーンのワイヤーを使用しました。
枝の様になっているのは
フューエルパイプの隙間からマニホールドに開けた穴に通す為
少しづつ長さが変えてあります。
最初は黒く塗って使用しようと思ったのですが

ロッカーカバー接着

これも有りかな?
で塗るのをやめました。

残りのパーツを組み立て
最後にプラグコードで仕上げます。
その前にコードを整列させる受けの部分を作ります。

プラグコード受け

0.5mmのプラ板に溝を彫っただけですが
クリップをガイドに棒ヤスリをクリップに当てるようにして彫り
プラ板を少しづつずらして挟んで均等に溝を彫りました。
後は切り出し0.3mm真鍮線を立て色塗りです。

ディストリビューターとの接続は刺すだけにし
次にはエンジン完成の予定です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z パイピング

パイピングです。

ようやくエンジンの見せ場に取り掛かります。

インテークパイピング

組み付け時はほとんど無呼吸症候群です。
0.3mmの真鍮線の瞬着での接着は一発勝負
本体に幾つかの穴も開いていますが
ボディーに載せた後のパイピング予定のものです。

最初はホースクリップに真鍮線を使用しましたが
弾性が強く巻きにくかったので銅線にしました。

フューエルパイプ組立

フューエルパイプの接着。
前の画像は粗だらけですが
肉眼ではごまかせそうです。

次はプラグコード
ディストリビューターの接続部分がどうしても形になりません・・・。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エグゾーストマニホールド

エンジン左側の組み立てです。

エグゾーストマニポールド

結局ターボと同じ色に塗りました。
インテークマニホールドと同じ色では
ぼやけてしまうのがいやでこの色にしました。
確かタミヤの240Zではメタリックグレーにフラットレッドを
混ぜる指定だった記憶がありますが
あまりにも旧車全としすぎです。

ヒーターハウジング完成

パイピングの見直しで
サーモスタットハウジングの不備と

PCVバルブ

PCVバルブの作り忘れが判り

オイルパン

オイルパンにドレーンのボルトと
ターボにつながるパイプを付け

エンジン左側

組み立て終了です。
プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR