リアサスペンション完成

リアサスペンションの完成です。

リアサス完成後

リアサス完成前

リアサス完成横

ブレーキパイプ・ワイヤー
スタビライザーを接着しました。
元の模型はサスペンションが再現されておらず
一からの創作です。
中途半端に再現されていなかったため自由度が大きく
マフラーが別パーツだった為立体感が出ました。
キャリパーはフロント用のものを間違って作っています、
スタビの固定部分は黒ですが完成前に絶対こすれて剥がれるので
完成時に塗ることにします。

元の模型と比較してみると・・・

リアサス完成全体
リアサス元模型

そろそろボディの塗装をしないと。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z シャーシー 製作記5

リアサスペンション完成前のパーツ接着です。

リアアブソーバー

アブソーバーも接着しました。
錆び色のディスクは完成後まったく見えなくなってしまいます。

サイドブレーキキャッチ

マフラーも接着し
サイドブレーキのイコライザーも接着しました。

マフラー取付

デフとマフラーの燃料タンクプロテクター
左サイド用ブレーキパイプ(取り付け部分を黒く塗り忘れています)
マフラーのシャーシー固定部分(形が分からないので黒く塗りつぶしました)
も接着し、後はサスの接着とパイピングで完成です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z シャーシー 製作記4

サスの修正です。
写真は前後しますが

サス修正前

サスとブレーキ部分の一体感が無くこんな状態でした

サス修正後

この状態に修正、実車はサスアーム内にドライブシャフトが
貫通する構造ですがこのままいきます。

サス仮組み

まだ、仮組み中ですが結局サスアームが薄すぎるため
全体が軽い感じになってしまいました。
ドライブシャフトは初期型のままで行くことにします
実際のレストアでも旧車はパーツ入手が困難でこんなこともあるみたいなので。

触媒塗装

色の周った触媒部分もチタンシルバーで筆塗りました。
マスキングする時間よりもあっという間に塗れてしまうので
どうしても筆塗りになってしまいます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z シャーシー 製作記3

サイドブレーキ部分の作製です。
全体像が不明確な為
構造から想像、捏造?して作ります。

ブレーキスプリング

リターンスプリング
(サイドブレーキを解除したとき、ガチャっと戻るバネ?)
とカム・ナットの部分を作製。

ブレーキ作製

カムレバーとブレーキワイヤーの固定部を接着
小さなパーツは完成まで切り取りません。

ブレーキ接着

ブレーキパイプ接続用の線を接着し完成です。
実際とは取り付け角度が90度異なりますが
こちらのほうが見栄えが良いのでこれで行きます。

同じものをもう一つ・・・。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z シャーシー 製作記2

リアブレーキ周りの作製です。
キャリパーやディスクをマスキングして吹くテクニックもないので
筆塗りで行きますが、ディスクに少しだけ手を加えました。

ディスク切り出し

アルミ板を切り出し
モーターツールに付けディスクのサイズに合わせました。
更に、表面をサンドペーパーで傷を付け、中心に穴を開け

ディスクブレーキ痕

元の模型に合わせて切り取ります。

ディスク修正

写真のディスクは裏になってしまっています。
後はキャリパーを塗り分けて

ディスク接着

完成です。
ディスクの周りは錆び色を付けてみましたが
最近のクルマは錆びたりしないのだろうか?
金属を使うと見栄えがするので
ブレーキパイプ・ワイヤーの接続部分も作ります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z シャーシー 製作記

シャーシーを組み立てていきます。
サスを接着する前にしなければいけない部分から

コンプレッサーパイピング

最初は無理だろうと思い込んでいた
エアコン・コンプレッサーにもパイピングを行い
写真は有りませんがスターターモーターにも配線しました。
どうやらバッテリーと直結されているようです。

フューエルポンプ周り

フューエルポンプ周りの接着
むき出しのパーツばかりです。

触媒断熱板

触媒断熱板を接着し0.3mmの真鍮線で固定
次はマフラーですが
シルバーをベースに固定部分をセミグロスブラックで塗装

マスキング失敗

マスキングの失敗で塗料がまわってしまいました。
触媒部分もマスキングして色を変えようと思っていたのですが
人のまねして慣れないことをするのは無理
初心者は筆塗りでいきます。
いきなりテンション ダウン。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z 内装

区切りがつき
ホット一息ついたところで忘れていた部分がありました。

内装

シャーシー一体の内装部分です。
当初の予定では筆塗りでチョイチョイとやる予定でしたが
中盤ではフエルトを貼ることに変更
いずれにしてもコンソールの部分は筆塗りだからと思ったのですが
フエルトの厚みを忘れていました。
このまま貼るとコンソールがフエルトの厚みに埋まってしまいます。

コンソールBOX

いまさら切り取る訳にもいかず、とりあえず複製しました。
フエルトを貼ってからつける予定で
元のモールドを削り取ります。
今ならシャーシーへの影響は少なさそう?

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

エンジンルーム完成

エンジンルームの完成です。
パイピングは可能な限り実車を再現してみました。

エンジンルーム

エンジンルーム右

エンジンルーム左

エンジンルーム斜め前

エンジンルームホットハッチ

現代のパッケージングされたエンジンルームや
自然吸気の頃に比べるとかなり複雑でこのメカニカルな感じが
車の模型で一番好きなところ
再現できる補記類はほぼ作成し
最後につけたのがスロットルレバーのスプリング
1/24ではスペース的には限界です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エンジンルーム 製作記10

次回エンジンルーム完成を目指して残りのパーツを作製します。

エアコンコンデンサー完成

エアコンコンデンサーです。
ジャンクパーツのラジエターをチョット修正しパイプをつけただけですが
ポイントの金属色とホースクリップが
エッチングパーツで再現されたラジエターに負けない雰囲気です。

ケーブル固定部

ロッカーカバー上を通るコードの止具です。
接写しすぎで手ブレがおこってますが
引いた写真では小さすぎて何か分からなくなってしまいます。

サスボルト

サスのボルトも金属パーツに置き換えました。

ヘッドライトワイヤー

残りのワイヤーもプラ板でカプラーを再現し
準備播但。

ラジエターホース

ラジエターホースも元のパーツを修正しホースクリップをつけました。

今晩、いよいよエンジンの接着です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エンジンルーム 製作記9

エアーフローメーターの製作です。
結局、予備模型から切り出しました。
裏側を見ると

エアーフローメーター原型

肉抜きがしてあるため中間に繋ぐのではなく
パイプを削りはめることにしたのですが
シャーシー側にスペースが足りない。
削った、切った、何度も仮あわせと手間がかかったので
過程を書きます。

エアーフローメーター製作

パイプも平面上で繋がるのではないため
エアーフローメーターを両面テープで仮留めし角度の確認をしたため
パイプの削り込んだ部分がどんどん細くなっていきました。

エアーフローメーター取付部

エアーフローメーターも小さく削り接続部のモールドが無くなってしまい
後から直接付けられないパーツも2分割して付けたり

エアーフローメーター接着

足りない部分もプラ板で補い

エアーフローメーター完成

フラットブラックに筆塗りシルバーでなんとか完成
ホースクリップを付け粗をごまかします。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エンジンルーム 製作記8

裏側タービンとエアーフィルターの間を作製します。

パイプ取り付け部

この状態でプラ棒1本で済ます訳に行かなく
屈曲を加えラジエターを避け作る為
エンジン自体の嵌め外しを何度も行った結果
ブレーキパイプが取れてしまいました。

パイプジャバラ

伸ばしランナーをプラ棒に巻きつけコイルを作り

パイプ

屈曲部分のジャバラにします。
このパイプを狭い奥まった部分に接続するのですが
曲がった丸棒、ピンセットで挟んでもコロコロころがって
位置決めするのも一苦労、そこで

ラジエターサポート取り付け部

ラジエターサポートの部分に取付部を作り
タービン側はパイプ状にし切れ込みを入れ被せるようにしました。
苦労した結果

パイプ完成

ピッタリ収まりました。
まだ、パイプの中間にエアーフローメーターを付けなければいけません。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z 製作記 番外2

切り出したはずのエアーフローメーターが
見つかりません。

エアーフローメーター原型

これはもう一台のものですが
かなり忠実に再現されており切り取って使おうか考え中。
更にアンダーカバーを付けても見える

バキュームコントロールモデュレーター

バキュームコントロールモデュレーター
複雑な形、作るのが億劫そうなので
今回は番外編です。

製図用インクの使いやすさ

ダッシュボード筆塗り

素人モデラー定番の筆塗りはみ出しも

ダッシュボード筆塗り修正

簡単に修正でき

チョロキュー墨入れ

チョロQもそのままこんな感じで墨入れが出来ます。
コレクションになると入れたものと、入れないもの2台欲しくなります。
自分だけかな?

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エンジンルーム 製作記7

エンジンは仮合わせしましたが
まだ、修正があります。
ラジエターの修正です。

ラジエター印象

つや消し白はもう無いと思っていたのですが
ラジエターファンがありました。
そこでラジエターの型採りをし

ラジエターファン複製

白を混ぜたレジンで複製、ファンの部分だけくり抜きました。

ラジエター完成

キャップとホースを接着しファンをつけました。
元々出来の良いラジエターだけに、たったこれだけで
見栄えがかなりアップします。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z 製作記 番外

エンジンを載せる前に一緒に写真を撮りたいものがあったので
撮影台を作りました。

エンジン台

後ろに写っている車の展示台を流用しています。
とりあえずエンジンを乗せて

エンジン撮影

一緒に撮ったものは機会があればUPします。
せっかくなので後ろの車もUPします。

オペルアストラワゴン
昔家族が乗っていた車ですが
10年以上前、ミニカーを塗り直し修正したものです。

オペルアストラ1
オペルアストラ2
オペルアストラ3

塗装を落としカラーを1回塗っただけで
クリアーも研ぎ出しもしていません。
サンルーフ、ルーフレール、アンテナを加え
ホイールは似たものから加工してつけました。
カーゴネットも網戸から作っています。

オペルアストラ4

後はハンドルインパネ周りを修正
実車は右ハンドルです。

追記)
窓枠は筆塗りです。
当時、製図用のインクをペン軸につけて
スミイレや縁取りをして塗り分けをしました
つや消し黒でちょっとしたところには便利です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エンジンルーム 製作記6

イグニッションコイルの配線です。

エンジンを載せるのが近づくと
他に作るものは無いかと、載せるのを遠ざけている気がします。

イグニッションコイル接続ケーブル

コイルに繋がる配線部分です。
伸ばしランナーの先を炙りつぶすと取り付け金具になります。
もう少し細いランナーで試すと燃えて形にならないので
ボルトが0.3mmの真鍮線なので0.6-7mm
少々大きい気がしますがこれで行きます。

イグニッションコイル完成

コイルにつけました。
線の色は実車も青だったのですが少々明るすぎ
ミニチュアはデフォルメしたりオーバースケールの方が
それらしいと勝手に思い込みます。

イグニッションコイルケーブル

残りのケーブルはビニールコードでは味気ないので
ランナーを炙り大き目の玉をつぶし形成し
カプラーのカバーにしてみました。
3本束ねてラインテープを巻いてあります。

イグニッションコイル接着

ブースとセンサーも付け
いよいよエンジン搭載の儀式?になります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エンジンルーム 製作記6

エンジンルームの続きです。
かなりゴチャゴチャしてきました。
最近の車では見られなくなったパイプの多さに気分が盛り上がります。

バッテリー接着

バッテリーを接着しました。
配線の固定は実車では黒なのですが
ホースクリップと同じように銅線を巻きエンジンベイに穴を開け固定。

ホットハッチ接着

ホットハッチを取り付けボンネットオープン用のワイヤーは
テンションが欲しいので伸ばしランナーにしました。
マスターバックとも真鍮線で配線し

ウォっシャータンク

ウォッシャータンクにポンプを付け
キャップはメッキランナーのメッキを剥すと透けた白パーツだったので
伸ばして形成しました。
配線は伸ばしランナーで作り

ウォっシャータンク接着

こうなります。
やはりつや消し白に塗らなくて正解です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エンジンルーム 製作記5

右側がようやく終わりそうです。
接着順序も考えないと後からの配線が出来なくなり
休み休みで進展が遅くなっています。

リレーBOXヘッドライトセンサー

フューズBOXとヘッドランプセンサー
箱組みなのでささっと。

リレーBOXヘッドライトセンサー接着

エンジンルームライトも接着しそれらしく配線しました。

チャコールキャニスター

リザーバータンク、キャニスターを接着し

A/Cバキュームタンク作製

A/Cバキュームタンクです。
A/Cガスタンクと同じ配線をしたのですが
今回は銅線そのまま、EGIに繋がる配線も事前に接着しました。

A/Cバキュームタンク

残りのパイピングも加え右側がほぼ終了。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エンジンルーム 製作記4

エンジンルームはまだ続きます。

フューエルフィルター接着

フューエルフィルターを接着し
パイプと接続しました。
A/Cタンクを接着しようとしたところ、また飛ばし

A/Cリザーバータンク破損

パーツの一部を紛失。
1mmの部品は作業机の上ではパーツですが
床に落ちればゴミと化します。
気を取り直し配線の確認をしていたところ
不幸中の幸いでそこの部分は形状が違いコードが配線されなければいけません。
で、早速作製。

A/Cリザーバータンク接続ケーブル

センサー?の配線の為かなり細い
0.38mmさかつうのプラグコードの芯を抜きパイプにし
銅線を刺しマジックで黒く塗ってあります(すぐ剥がれます)。

A/Cリザーバータンクケーブル取り付け

こんな感じです。

A/Cリザーバータンク接着

シャーシーに接着し

スロットルバルブ1

アクセルリンケージとパイプを配線し終了。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エンジンルーム 製作記3

エンジンルームの続きです。
資料とにらめっこの作業は進展があまりありません。

ヒューズBOX

以前目立ちすぎたヒューズBOX上の絵柄を直しました。
雑ですがクリアーグレーを塗ってトーンを落としましたが
実物では目立ちませんが拡大するとハア~・・・

ヒューズBOX接着

で、それなりにワイヤーを出して接着しました。

マスターバック接着

マスターバックのオイルレベルセンサーにも配線し接着
更にパイピングします。

マスターバックパイピング

複雑な屈曲なのでかなり手間がかかっています。
で、裏から見ると

パイピング裏側

こんな感じに。

パワステ修正

パワステの位置が気に入らなかったので切り出すことに、
ステアリングシャフトも修正がいる為後戻りしています。
スタビライザーが1本無くなっています。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フェアレディS130Z エンジンルーム 製作記2

エンジンルームの続きです。

ジャンクパーツにこの様なエッチングパーツがありました。

エッチングパーツ

エアコンパイプの接続部とシャーシーの配線カバーに使います。

アキュムレーター作製

クーリングユニットとコンデンサー間のパーツを
削り出し

エアコンパイピング

接続しました。

エアコンパイピング2

エッチングパーツは業と無塗装にしました。

接続ワイヤー

コントロールユニットからエンジンルームに繋がる配線です。
ワイヤーむき出しの部分もあり実車は8色ですが
手元にある5色で作製し

接続ワイヤー接着

つないだ状態です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR