200ZR 2by2 製作記 エンジンルーム13

ラジエターが続きます。

ラジエター取付前

元々写真右上のパーツはシャーシに接着部分があったのですが削り取ってしまい
ラジエターを作りファンまで付くと厚みが元模型の4倍程
斜めに付くしボディーとの干渉、そう簡単に接着終わりとは行きません。

暫し悩んだ末先にラジエターパイプから作製することにしました。

ラジエターパイプ

いきなりパーツの完成です。
右は収縮チューブ、左はプラ棒の色塗りです。
この形になるまで、何度も位置合わせをし、ピンセットで挟めば
エンジンルームにコロコロ転がって、最終的にダボを付けラジエター側のパイプに
プラ棒を突っ込み穴あけ固定、ラジエターサポート何度もはめ外しして調整

ラジエターパイプ仮組

手間がかかっています。

ラジエター仮組

ラジエターは嵌めて雰囲気を見てるだけで
位置が決まっていない状態です。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

200ZR 2by2 製作記 エンジンルーム12 ラジエター完成

ラジエターの続きです。

ラジエター下半分

下方部分の作製。
ファン固定部まで作りました。

ファンですが、調べてみると羽の枚数が3パターン見つかり

ラジエターファン

左右非対称の画像が比較的はっきりしているものを参考に
(非対称のほうが荒が隠せます)
一つのファンはリングが2重になっていました。

ラジエターファンサポート

ファン取付部、コンデンサーと同じなので比較的すんなりと工作

ラジエター完成

色塗り完成です。
コンデンサーと同じような形で何か物足りないので
電源コード、リザーバータンクのジョイント?
左下には接続することはないと思いますが、カプラー付きのコードも付けておきました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

200ZR 2by2 製作記 エンジンルーム11 ラジエター

ラジエターの作製です。

ラジエターベース

ベースとなるパーツ
何にも無い反面、何でも出来るキャンバスの様です。

まず、ファン周りのリングですがプラ板で円を作るのは難しそう
洋白板からの工作、上手な人は半田で作るみたいですが
コテも無いし自信もないので

スポットウエルダー

小型の溶接機を使いました。
これ自体珍しいものですが、仮止め出来る便利な道具

ファンリング

同じサイズのリングを2つ作製し

ラジエター2

上半分まで作りました。
上縁の部分は凸凹状のモールドがあるのですが
上手く再現できず、削り込むには見えない部分ですし
あまりにも手間が掛かりそうなので断念します。

次はファンを作ります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

200ZR 2by2 製作記 エンジンルーム10 コンデンサー完成

コンデンサーの続きです。

コンデンサー修正

パイプジョイントの接続部を削り
電動ファン固定部を作りました。
穴の開いた部分は重ねるラジエターの裏の部分でごまかしますが
線が90°違ってしまいました。

この時点でエッチングパーツを付けることを思い出したのですか
加工が必要なのでやめにします。

コンデンサー電動ファン

真鍮線とプラ板から保持具、ジョイント部分を作り
パーツ完成。

タミヤラジエター

元の模型がこれだったのですが

コンデンサー完成

エッチングパーツを使わなくても十分リアルになりました。

後、ボディーを嵌めるときに干渉しないか確認しなければなりません。
ラジエターの電動ファンはどうしよう・・・。
2個必要、また殆ど見えないし、コンデンサーの数倍手間が掛かりそうです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

200ZR 2by2 製作記 エンジンルーム9 エアコンコンデンサー

エアコンコンデンサーの作製です。

エンジン完成間際の寄り道
ラジエターとの接続部分を探していると
タミヤZ31ラジエターパーツ

タミヤラジエター

何かおかしい事が判明。
S130でもそうでしたが、ラジエターとエアコンコンデンサーは2重になっており
つまり、バンパー側からみえるのは実はエアコンコンデンサーではないのだろうか?
と自分なりに判断し修正することにしました。

しかしこの電動ファン、直に付いているし
モーター固定部も何かおかしいと、暫し思案し

アクステオンエッチング

S130の時に買ったエッチングパーツもあると考えた末

エアコンコンデンサーくり抜き

結局ファンをくり抜き、周りのカバーの部分を薄く削り込んで

エアコンコンデンサーファン

エバーグリーンの2mmからファンを作り変えました。
羽は無塗装で行く予定で、次に固定部を作ります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

RB20DET エンジン組立13 エーアフローメーター

エアーフローメーターの作製です。

ラジエターサポート

位置合わせの為ラジエターサポートを一旦戻しました。
少し手を加えようと、ボンネットキャッチの部分を削り込んだのですが
削りすぎてしまいました(誰にも気づかれないと思いますが)。
このパートは後日にします。

インテークパイプ

タービンとエアークリーナーに繋がるパイプを
3mm丸棒から作り、この中間にエアーフローメーターが付きます。

エアフロ完成

プラ板と伸ばしランナーで外形を作り
塗装

エアフロ塗装

コネクターを付けて完成です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

RB20DET エンジン組立12 スターターモーター

スターターモーターの作製です。

ケーブルの接続にはカプラーとボルトによる固定がありますが
信号と電源なのかよく分かりませんが、ケーブルの座金?を作ってみました。

スターターモーター接続コード

芯線を抜いたコードに真鍮線を挿す為
0.3mm線をモーターツールで少し細くし、先端を潰し
0.3mmの穴を開けて作製。
これなら他のアース線にも使えそうです。

以前作ったスターターモーターに色を塗り

スターターモーターフロント

接続します。

スターターモーターサイド

触っているうちに少し塗料が剥げてきてしまっています。
長いコードはバッテリー直結?で後キースイッチからのケーブルが
コネクターで接続されるようです。

スターターモーター接着

エンジンに接着しましたがヒーターホースに干渉し
少し傾いています。

ミッション部分は良く判らないので

A/T修正

セレクタースイッチの固定部を洋白板と六角リベットで作り
オイルゲージの接続部

A/Tオイルゲージパーツ

0.64mmのプラ棒をしごいて曲げ

A/Tオイルゲージパーツ接着

オイルゲージの完成
少し角度が違いますが、エンジンベイと干渉してしまったので良しとします。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

リンクしました

ミゾロギさんと、たかととさんにブログを紹介していただきました。

sportscar graphic 
http://mizorogi.blogzine.jp/modelers/
車のある風景のイラストや多くの車の模型が紹介されています。
風景に溶け込んだ車のイラストが柔らかな雰囲気でとても好きです。
明日から個展が開かれるそうです。


Dig it ちゃぶ台カーモデル製作記
http://blog.goo.ne.jp/takatoto2006
ちゃぶ台の上で模型を作ってみえる、ホンワカしたブログで
毎回きちんと片付けないと家族に怒られる?
私の好きな車、ゴルフⅡの製作記もあります。

ご紹介ありがとうございました。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

RB20DET エンジン組立11 プーリー

フロントサイドの作製です。

オルタネーターの固定アームを

オルタネーターアーム

洋白板から作り、塗装接着

アーム接着

目立ちません。ボルトに色を付けるのも忘れています。

プーリー接着

プーリーも塗装し接着したのですが、エアコンのコンプレッサーの取り付け位置が
下過ぎる事に気づきました。

コンプレッサー取り外し

コンプレッサーはコンデンサーとの接続部分を後から作ろうと思っていたので
取り外し可能、少しだけディテールアップして付け直します。

コンプレッサージョイント

0.5、0.3mm真鍮線を使いジョイント部分を作り

ジョイント接着

接着です。
何故後から作ろうかと思ったのかと言うと
この上にインテークパイプが通る為、まったく見えなくなってしまう部分で
作ろうか思案していた部分ですが、作ってみると正解です。

プーリー完成

ドライブベルトもラインテープを張って
フロントサイドの完成です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

敬老の日

前回ブログをアップしてから
敬老の日はどうしようと言うことで
急遽温泉に行くことにしました。
当日予約ですが何とかホテルもとれ
国道を1時間程の近場の海沿いの温泉

東海園庭

ここから日の入りを見たのですが写真を撮り忘れたので

東海園日の出

日の出
残念ながら山からの日の出でした。
敬われる人よりも子供の方が喜んでいる
何度も温泉に入ったせいか、けだるい疲れで

今日は模型をお休みです。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

RB20DET エンジン組立10 パワトラ

パワートランジスターの作製です。

資料に由ると表面は放熱板の様な
凸凹状

パワトラパーツ

切り取り忘れたモールドを測ると約3mm
プラ板の積層で作ることにしたのですが
(0.14+0.25)x7+0.25=2.98
のはずが4mm近くになっています。

パワトラ裏側

切り出し修正塗装
この時点でカプラーの形状確認を実車写真でしたところ
実はこの面はエンジンベイサイド
殆ど見ることのない部分で、パーツ写真を参考にしていた
勘違いで

パワトラ表側

フロント側はこちらでした。

手間が掛かったのに・・・、まあ良いかと

パワトラカプラー

カプラーを前回より一手間加え工作

パワトラカプラー接着

接着。
雰囲気はまずまずなので本体に接着してみると

パワトラ完成

チラリズムでした。
片方のワイヤーはイグニッションに繋がりますが
もう片方は、また不明です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

RB20DET エンジン組立9

エンジンの続きです。

ロッカーカバー上部


インタークーラーの固定部を塗装し接着しました。
パワートランジスターを削り取り忘れています。
このエンジンにはイグニッションコイルもプラグコードもなく
自分のエンジンのイメージが30年ほど前で止まっている・・・・
チョットショック。

パワトラは熱のトラブルも多いらしく、このクルマでは
インタークーラーの後方にあるみたいです。

エンジンカバー

ベルトカバーとインタークーラーとの接続パイプを塗装

インタークーラー接着

インタークーラーを接着
パイプはまずまずピッタリです。

ロッカーカバーパイプ

マニホールドとの接続パイプも
パイプそのままでは味気ないので、真鍮線が見えるよう長さを調節し
少し手を加え

ベルトカバー接着

ベルトカバーと共に接着しました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

RB20DET エンジン組立8

ロッカーカバー周りの作製です。

断熱板

排気系の断熱板を接着しました。
実際にはターボ側面も覆うようになっているのですが
見えなくなるのが寂しいので省略しました。

インテーク側の接続ケーブル、パイプも
接続先不明のまま作製しました。

エアーレギュレーターカプラー

エアーレギュレーターケーブル
ランナーのナンバータグの部分を小さく切って無塗装のまま
ケーブルを付けただけ

エアーレギュレーターカプラー接着

全体像では何処に付けたか分からなくなりそうなので
写真を小出ししています。

スロットルバルブスイッチカプラー

スロットルバルブケーブル
こちらは黒ランナーから

スロットルバルブスイッチカプラー接着

不明のエアーパイプと共に接着です。
後は省略します

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

RB20DET エンジン組立7 ロッカーカバー

ロッカーカバーの塗装です。

ロッカーカバー塗装

まだ仮組ですが、厚塗り感バリバリで
今一満足できません。
文字もスカイラインのデカールが使用できなかったので
シールを貼っただけ
実物だともう少し良い感じなのですが
写真にすると塗装素人がバレバレです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

200ZR 2by2 製作記 エンジンルーム8

エンジンルームが続きます。

リレーBOXを作りました。

リレーBOX

切り取ったパーツに色塗りシールを貼っただけ
薄すぎますが、ある程度面積があるので良しとします。
しかし、フューズ側は

フューズ周り

小さいのに厚みがまったく出なくなってしまうので
ホイールハウスを修正することにしました。

フューズ周り削り出し

裏打ちは面倒なので、今回は削れるだけ削ることにし
ディバイスで厚みを測ると

ディバイス

0.2mm限界

フューズ周り完成

台座を付けてこれでいきます。
モールドが増えてくると実車を整備している感覚になって
気分が盛り上がりますね。

フューズ周り仮組

フューズBOXも仮組しましたが
パーツを一つ飛ばしたのと、少し荒いので
修正予定です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

200ZR 2by2 製作記 エンジンルーム7

ロッカーカバーの塗装を踏み切れないため
補器類の作製が続きます。

未塗装の洋白板の質感が気に入り

インタークーラーエアー受け部

インタークーラー後方のエアガイドを
曲げ加工し

インタークーラーエアー受け部接着

接着です。パイピングの接続位置は間違っています。
もう少し複雑な曲げ加工で

エアーバキュームタンク原型固定具

空調用バキュームタンクの固定部を作ってみました。
くどいようですが六角リベットは簡単でお気に入りです。
エアコン用バキュームタンクと空調用バキュームタンク
の違いは良く分かりませんが(同じ?)

エアーバキュームタンク原型

プラ棒にプラペーパーを巻きつけただけで本体は終わり

エアーバキュームタンク原型完成

色塗り、アルミテープを貼って完成です。
白い線は気分でロット番号にしてみました。

エアーバキュームタンク原型仮組

ここに付きます。
詳しいパイピング図も見つけたのですが
図が小さいのと複雑過ぎで何が何だかさっぱり判りません。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

200ZR 2by2 製作記 エンジンルーム6

エンジンルームの続きです。

エアコンリザーバータンクの作製です。

エアコンタンクパーツ

余ったランナーから本体を切り出し
接続部分の十字のパーツはプラ棒から作り出すには小さすぎで
接着部分の強度を考え、ジャンクパーツから似た部分を切り出しました。

ダボ接着

0.3mm線で固定ダボと十字(実際はT字になります)パーツの位置決め
ナット部分を接着し

六角ジョイント

接続六角ナット部分をホースジョイントパーツの色を落とした物に
穴を開けて使用することにしました。

エアコンタンク完成

固定バンドを洋白板で作り完成です。

不明パーツ

パワステタンクの前方にも何か補器があるので作ってみましたが
接続先や何の補器か判らない物は、ついつい工作が雑になって手が止まってしまいます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

200ZR 2by2 製作記 エンジンルーム5

エンジンルームの続きです。

リザーバータンクを作りました。

リザーバータンク

前回同様、つや消し白塗りが嫌なので
乳白色のレジンから作ってあります。
見えにくいですが六角ナットのリベットが良い仕事をしてくれます。
キャップの部分はシルバーメッキのジャンクパーツからですが
タミヤ1/12 240Zのドアキーホールを使いました。

シャーシー左サイド

シャーシー左サイドも同様に修正しましたが
省略されているモールドの一部と、ワイヤー、パイプの通る
穴を開けてみました。

パワステタンク

パワステタンクも作製し付けて見るとこうなります。
固定部分は洋白板から作製してありますが
仮組のため少しズレています。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

200ZR 2by2 製作記 エンジンルーム4

エンジンルームの修正です。

ホイルハウス全体を修正するのは困難なので
部分的に削ることにしました。

バキュームタンク

余ったランナーからバキュームタンクの作製。
今回はパイプ接続部が地面方向に向くため
モールドはそれなりにチャチャッと工作。

これを取り付けるように

ホイールハウス削りだし

シャーシーを削りましたが当然穴が開き
裏打ちをレジンで行いました。

ホイールハウス裏ボクシング

埋まっては困る部分とレジンの厚みを調整するため
サス取付部にボクシングを行い

オーソレジン

今回は粉液のレジンを筆盛りで行います。
色はピンクで透明と比べると厚みの確認がし易く
薄くてもかなり強度が出ます。

レジン穴埋め

流れが良く、こんな感じに
パテと比べると綺麗に仕上がりますが
盛り上げには不向きです。

ホイールハウスバキュームタンク仮組

何とかスペースが出来ました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

塗装素人の悩み事

200ZRのロッカーカバー
メタリックレッドにも、くすんだ赤にも見える
エアブラシ初心者にとっては、経験も感も無い為上手く発色できるか
悩むところ

塗料

同じ赤でも、アクリル、エナメル?それともラッカー系?
シルバーや黒系ならまだしも赤の色のり、発色、下地、色の調合は?と
いきなり本番といかないので試しに、あまったパーツにスプレーの黒
アクリルの赤を塗ってみました。

色はまずまずと思ったのですが、案の定中々塗料は載ってくれません、厚塗りです。
塗料の濃さが悪いのか、絞り、エアーの量・・・?
本番はまだ先になりそうです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR