GOLF II Cli 4door 製作記 パイピング考察2

ウォーターパイプの考察です。

ウォーターパイプ1

ウォーターポンプとクーラントフランジにつながる部分。
フニャフニャゴムパイプの御かげでスムーズなカーブで接続できました。

ウォーターパイプ2

ヒーターコアにつながる部分は途中分岐があるため、
接続ジョイントを使用、固定用に真鍮線が挿して有ります。

ウォーターパイプ3

接着していない為ずれていますが、パイピングはこんな感じに。

ウォーターパイプ4

オイルレベルゲージも干渉しないように作っておきました。
フロント側のエンジンマウントも作らなければ・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 リザーバータンク

ラジエターリザーバータンクの作製です。

ウォーターラインの再考途中での寄り道です。

初期型は箱型のリザーバータンク、中期以降はほぼ円形と言う工作泣かせの形で、
いつものようにつや消し白塗装は嫌なので、原型の工作ですが、良いパーツを見つけました。

リザーバータンク1

アウディークワトロラリー補助灯です。
白を混ぜたレジンで複製しました。
元パーツに付いている紐は、デンタルフロス、型採りから外す時にこじって変形を防ぐ為に付けてあります。

リザーバータンク2

修正、切り出し、内面はモーターツールで削ってあります。
キャップは、元々の窪みに4mm丸パーツがピッタリ。
レベルセンサーやパイプ接続部分のモールドは折角の乳白色パーツなので、

リザーバータンク3

タミヤ240Zのシルバーメッキランナーのメッキを落としたものを使用。
そんなパーツが残っているのもさておき、経年変化のせいか少し黄ばんでます。
しかし表面を少し削れば乳白色になりますので

リザーバータンク4

モールドの作製、

リザーバータンク5

違和感無しに接着です。

リザーバータンク6

クーラント液の再現に内面にクリアーグリーンの厚塗り・・・・。
ここまでは良かったのですが、この後
「シッピャー」
です。

リザーバータンク7

グリーンがうっすらとしか透けてくれません。
レジン液に白混ぜすぎました、作り直します。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 スロットルレバー

スロットルレバーの作製です。

まず先に、スロットルワイヤーのブラケットから。

スロットルレバー1

洋白板からこんなパーツを切り出しました。
これを折り曲げ工作し、

スロットルレバー2

真鍮パイプと線を接着し、こんな形にしました。

スロットルレバー3

ついでにブラケット下方マニホールド角に真鍮線を差込、

スロットルレバー4

潰した真鍮線に穴を開けチューブパイプと接着し、

スロットルレバー5

アース線に。
ブラケット右側にあるパイプは、ブレーキブースター用のバルブです。

スロットルレバー6

スロットルレバーはパーツを半分ぐらいに省略し作製。

スロットルレバー7

接着時までパーツを無くさないように保存しなければいけません。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 パイピング考察

パイピングの考察です。

パイピング可能か仮合せの段階で、資料とニラメッコしながら考えてみました。

パイピング1

フューエルディストリビューター。
サプライホースはメッシュホースだったので携帯ストラップの芯を抜いたものを使用。
リターンホースはブルーらしいのでまだ未製作です。

プレッシャーレギュレーターからのホースは途中三つ又で1本スロットルバルブにつながるのですが、
省略です。

パイピング2

テンプレーチャーレギュレーターはクリーナーBOXの中にあるので、
真鍮パイプだけ出しておきました。

パイピング3

エアークリーナー側へ伸びるパイプは、エアークリーナー製作時不明だった補器に
中間バルブを介してつながる様です。

パイピング4

オイルプレッシャーセンサーはL20、RBエンジンの時にも作りましたが
完成後配線不可能だったのですが今回は配線可能です。
WAVEの六角ボルトに真鍮線を挿しただけ、少し長めにしてあります。

テンプレーチャーセンサーへの配線は不可能そうです。

パイピング5

配線はHIROの0.28mm線が有るのですがどうしましょう。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 インテークパイプ

インテーク周りの作製です。

インテークパイプ1

クランクケースのプレッシャーバルブ。
エンジンルームの臍といった感じで結構存在感があります。
結構複雑な形で、代用パーツも無いのでプラ棒から作製。

インテークパイプ2

スロットルバルブからクランクケースに空気を送り込む部分で、
ホースクリップはワイヤーでなくバンドタイプなので、
つや消しにしたアルミテープを仮に巻いてみました。

インテークパイプ3

エアーホースの付け根の部分

インテークパイプ4

ここからアイドリングスピードバルブに接続されます。

インテークパイプ5

一塊のパーツの様に見えるのですが、パイピングを考えバラバラに作製、
取り付けブラケットも作りました。

インテークパイプ6

全て目測サイズで作ってあるのでギチギチ、実車では更に複雑なパイピングがあるのですが
スペース的に限界そうです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 ラジエターファン

ラジエターファンの作製です。

ラジエターファン1

丸パーツにプラ板を切って貼っただけの簡単工作。
実車写真では羽は黒、ZRの時は黒白のコントラストがいい感じだったので
白で行こうかな。

ラジエターファン2

次の工作に掛かる前にチョット仮合せ

ラジエターファン3

ファンモーター、この位置ではデスビに干渉しそう。
コンプレッサーのスペースも狭そうで、合せてみるのが怖いです。
インテークパイプは無理な角度をつけなくても接げそうですが、
エンジン仮止めの状態では不安定なのでエンジン接着後に作ることとします。
マニホールド、クリーナー両サイドに軸出しだけしておけばいいかな。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 ラジエター

ラジエターの作製です。

ラジエター1

こちらもジャンクパーツから。
資料を見ると車正面に平行に位置されていないため、角度が付けてごまかしてあります。

ラジエター2

シュラウド(と言うらしい)はプラ板の積層から、

ラジエター3

電動ファンの固定部は、部品取りのZ31の電動ファンを切取って修正。
少し形が違いますが、面倒そうなのでこのまま行きます。

ラジエター4

モーターはプラ棒削りだしから、ラベルを貼ってカプラーを付ければそれらしく見えるかな?
右の棒はパーツ全部を串刺しにして固定する予定です。

ラジエター5

次に0.3mm真鍮線をこの様に曲げ、潰して平らにし、

ラジエター6

潰した横棒を溶接し、この様なパーツも作りました。

ラジエター8

ここに付きます。
シュラウドには横に空気の抜け穴が開いており、ゴムパーツで蓋がされ
それを押さえるプラスチックパーツになります。
塗装後接着するため完全に切取っていません。

ラジエター7

組み合わせるとこうなります。
参考にした実車ブログの写真を真似して見ました。
資料に注釈があると模型作りに大変参考になりますね。

あれ?ファンを作り忘れていました・・・。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 エアコンコンデンサー

エアコンコンデンサーの作製です。

ベースはジャンクパーツから。

エアコンコンデンサー1

しかしこのパーツは完全なオーバースケールのはずなのですが、
良さそうに見えます。
オーバースケールと言う理由は、実はこのパーツ
タミヤ1/12 240Zのラジエターパーツ、倍のスケールのはずですが
十分使えそうです。

エアコンコンデンサー2

サイドのパイプは糸ハンダから、

エアコンコンデンサー3

モールドを付け本体の完成。

エアコンコンデンサー4

この様な補器も有るのですが、パーツをヤフーオークションの画像を見て作ることが多いので
形を真似するだけで一体何の機器かは不明です。

エアコンコンデンサー5

サイドのカバー部分は洋白板から、先に飛び出した部分は溶接でガッチリと。

エアコンコンデンサー6

合体させて完成です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 フロントグリル

フロントグリルの作製です。

資料を見ているうちに他の部分が作りたくなったので、また寄道をしました。

フロントグリル1

フロントグリル部分は塞がっていたのですが、キットのグリルルーバーも綺麗に抜けていて
ラジエター、コンデンサーも作る予定なので貫きました。

フロントグリル2

4灯グリルを付けていたのですがCliのためGTIエンブレムは無いので、
モールドをカット。
ライトの下にある目立つ穴も塞ぎました。
ここで気が付いたのがルーバーの数。
別キットのグリルと本数が違います、フジミが初期型と中期?型でグリルを変えていたのに感心。

フロントグリル3

コアサポートを付けるため上方部分も修正してあります。

フロントグリル4

コアサポートはプラ板の積層で工作。白く跳んで全然判らない写真です。

フロントグリル5

ボンネットキャッチとグリルブラケットは別パーツで作製、

フロントグリル6

コアサポートの完成。

フロントグリル7

大分らしくなってきました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 エアークリーナーカバー

エアークリーナーカバーの作製です。

スロットルレバー部分を作ろうと思ったのですが、エアークリーナーからの取り回しがあるので
寄り道しました。

エアークリーナーカバー1

まずは台座から。
シャーシーフレームの形状が違っている為、取って付けたようになってしまいました。

エアークリーナーカバー2

実車様に分割して作りました。
まずはクリーナーの入る部分。

エアークリーナーカバー9

蓋の部分のベース。
少し複雑な形態です。
これに箱組みで、

エアークリーナーカバー3

蓋の部分を作り、モールドを付け雰囲気を出すと、

エアークリーナーカバー4

こうなります。
これにはエアーフローセンサーが付くのですが、

エアークリーナーカバー5

蓋の部分だけ別パーツにしてみました。
小さなパーツなので、修正、塗装がしやすいようダボが付けてあります。

エアークリーナーカバー6

下の箱からなにやらパイプの出口も有りましたが、いったい何処につながるのだろう?

エアークリーナーカバー7

資料を確認すると、こんな所にも補器があります。
2本コードが出ていたのですが、用途、接続先はこれも不明。

エアークリーナーカバー8

全部合体です。
ラジエターホース用のメッシュパイプがあったので付けてみましたが、
実車は包帯グルグル巻きの様な白いパイプ。
これは、これで有りと言うことで、完成です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 スターターモーター

スターターモーターの作製です。

BOSCH製のモーター、国産車に比べ細身、
ジャンクパーツも無いので一から作製です。

スターターモーター1

取り付けスペースが制約される為サイズ的に困難かと思いましたが、
3mmプラ棒が使えそうなので、2mm、3mmのプラ棒でベースを作製。

スターターモーター2

モールドを付けいきなり完成です。
モーター後方の固定ボルトを90度付ける位置を間違えましたが、
このまま行きます。
それにしても、このエンジンは取り付けブラケットが多く複雑で面倒、

スターターモーター3

固定ボルトも付け間違えたので、らしくブラケットを工作しました。

スターターモーター4

一緒にドライブシャフトが通る部分のオイルパンらしき物も作製。
何のパーツか判りませんし資料もチラッとしか見えないので、
固定ボルトだけ付けて存在感だけです。

スターターモーター5

こんな感じにできました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 ギアBOX2

ギアBOXパーツの作製です。

思った以上にゴチャゴチャとパーツが付きます。
真鍮板が工作しやすいのですが、のり付きの物しか見つからず洋白板で工作、
やはり硬い、0.3mmドリル一本目を折りました。

ギアBOXパーツ1

0.5mmの真鍮線は潰せば0.3mmのダボも打て、柔らかく工作し易いです。

ギアBOXパーツ2

左側から伸びる線はアクセルペダルから、上に伸びる線はスロットルレバーにつながるみたいですが
ATセレクトレバーからの線の接続が不明です。

ギアBOXパーツ3

オイルゲージもこんな感じに付きます。
ゲージの取っ手?の部分も見たことの無い形で細切りの洋白板から。

ギアBOXパーツ4

オイルパンのアンダーカバーです。
オイルパンのサイズ、位置がチョット違い作り直すのも面倒なので
無理やり0.5mmのプラ板に0.3mmの穴を開け真鍮線固定しました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 ギアBOX

ギアBOXの作製です。

ギアBOX1

本体とオイルパンの作製、塗り訳し易いようにパーツごとにダボを打って仮組みしてあります。
取り立てた工作も無いのですが、結構モールドが複雑で手間か掛かりました。
シャーシーフレームが実車とは異なっている為干渉し、少し短くなっているのですが、

ギアBOX2

らしく出来たのでOKとします。
もう少しパーツを作ります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 トランスミッション

トランスミッションの作製です。

トランスミッション1

元の模型はMTなのでATに修正しました。
以前もう一台のキットから切り出し張り合わせましたが形が全然違います。

トランスミッション2

工作し易いようにギアBOXを切り取り、プラ板で肉盛形成。

トランスミッション3

実際にはこれはトルクコンバーターのカバーにあたる部分で、
放熱用?の穴が開いた状態。
ベースが出来た状態でモールドを追加しました。

トランスミッション4

詳しい資料が無かったのでパイピングの接続先がわからず、写真とニラメッコして形成、
わかって作った方がリアリティーも増すのでしょうが、良しとします。

トランスミッション5

まだ、荒いですがとりあえず完成。
ドライブシャフトブーツは後で切り離すことにしました。

トランスミッション6

せっかくなのでこんなパーツも作製。
何のパーツかと言うと。

トランスミッション7

窓から見えるトルクコンバーター。

次はギアBOXの作製です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 パワステポンプ

パワーステアリングポンプの作製です。

パワステ1

本体は特に複雑な工作はないのですが、このパート一番厄介な部分。
エンジン本体にダボで直付けは難しそうで、位置も下方向オイルパン寄り
実車整備書では、

パワステ2

こんな複雑なブラケットで取り付けられています。
実車写真とは異なった部分もありますが、取り付け方法は、ほぼ同じということで、

パワステ3

まずは本体を固定するブラケットから作りました。
サイズ的にマスキングテープでの仮止めは難しいのでボルト位置で真鍮線固定としました。

パワステ4

少し幅が太いですが後から修正とします。

パワステ5

エンジン作り始めの頃、何も考えずに実車写真に在るのだからと作っていた
矢印部分のモールド、実は

パワステ9

このブラケットの固定部分でした。

パワステ7

エンジン前方のブラケットはズレ無い様に2個ダボにし、

パワステ8

とりあえずここまで、一度バラしてパーツ修正をします。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 エアコンコンプレッサー

エアコンコンプレッサーの作製です。

ジャンクパーツからと思ったのですが、

エアコンコンプレッサー1

やはり形状が違います。
日本車ならデンソー製が付いているので形状も似通っているのでしょうが、
多分BOSCH製ですので作ることにしました。

エアコンコンプレッサー2

工作はオルタネーターと殆ど同じで、プーリーは二重溝、0.8mmの丸ヤスリで彫ってあります。
奥に伸びているのは固定ダボ。

エアコンコンプレッサー3

位置決めはこんな感じに。
縦置きエンジンなら補器は左右に分散されるのでしょうが、
片方に集中する為飛び出した感じになり、固定具での固定が難しいので
前写真のプラ棒で位置決めとなりました。
固定具は後接着としてダボを隠します。

実車のレストア記事を参考にし分解手順とは逆に作製しているので、
このパート最後はパワステポンプになります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 オルタネーター

オルタネーター作製です。

多くの車種ではエンジンルームの下方に脇役の様に存在するのですが、
ゴルフは上方、意外と目立つ位置にあります。
適当なジャンクパーツも無いので、

オルタネーター工作1

プラ棒から作製することにしました。
厄介なのが前方にあるフィン、実際はファンらしいのですが、

オルタネーター工作2

アルミ板から作ることにしました。
サークルカッターで裏側に後が付くぐらいまで彫り、

オルタネーター工作3

プラ板の上に置き、マスキングテープで外形を書き込み、

オルタネーター工作4

切り出すとこんな感じに。
少し歪んでいますが、割と簡単なので作り直すかも?
ペーパーで表面の艶を落とし、曲げ加工すると、

オルタネーター工作5

こんな感じになります。

オルタネーター工作6

本体も組立、プーリーは丸パーツとビスモールド、プラ棒から。
溝も彫りこんでおきました。

オルタネーター工作7

組立。

オルタネーター工作8

この位置に付きます。
後側も丸見えなので、接続コード、その他パーツも作りますが
1~2mmのパーツになるので塗装後に。

次はエアコンコンプレッサー・・・かな?

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 エンジン4

補器類の作製です。

エンジンマウント

エンジンマウント基部

エンジン本体にマウント基部のモールドを作製。
1mmプラ棒はサイズ的に大きいのですが、直付けよりは雰囲気が増すので
作ってみました。

エンジンマウント

3箇所あるマウントの内一つだけ。
フロント側に一箇所、リア側ミッション部分にも有るのですが、
ミッション修正後に作ります。

ウォーターポンプ

ウォーターポンプ。
写真だけ見てそれっぽく作るより、パイピングの接続先を考慮し
少しモディファイ。
ホースの接続は3箇所、上からシリンダーヘッド側、ヒーター側
下からラジエタータンクにつながります。

オイルフィルター

オイルフィルターと接続部分。

ディストリビューター

ディストリビューター。

クーラントパイプ上部

シリンダーヘッド、パイプ接続部分。
ウォーターポンプ、ラジエターにつながり、上2箇所にセンサーのカプラーが付きます。

オルタネーター、パワステポンプ、コンプレッサーetc.とまだ続きます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 インテークマニホールド

インテークマニホールドの作製です。

インテークマニホールド

中々複雑な形、Rが少し違いますが接続処理が困難なため、
ま、いっかです。
上手な人の製作記を見ているとCADで3Dから2次元図面を起こし、
それに合せてパーツ切り出し・・・。
いつものごとく現物合せの切り出し加工、少々の歪は手作りの証です。

インジェクター

インジェクター。
1mmプラ棒に0.6mmの金属パイプを1.5mmに切って接着。
段差を付けるために金属線を挿しました。

インジェクター2

シリンダーヘッド側もドリルでクボミを付けてから金属パイプで

インジェクター仮組

組み合わせるとこうなります。
パイプの長さをもう少しそろえないといけません。
後、前方にプレッシャーレギュレーター、後方にもパイプの接続部分
固定金具も作ります。

インテークマニホールド仮組

インテークマニホールドを合せるとこんな感じに。
中央の金属パイプは日本仕様では接続はされませんが、
後方はブレーキサーボにつながり、前方部にクランクケース冷却ホースと
スロットル調節バルブが付きます。
スロットルレバーは洋白板で作るので塗装後にします。

マニホールド仮組

マニホールド部分はこんな感じに、斜めから撮ると歪はごまかせます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF II Cli 4door 製作記 エキゾーストマニホールド

エキゾーストマニホールドの作製です。

エキゾーストマニホールド

タミヤの曲がるプラ棒を使ってみました。
モデラーズにも有ったのですが瞬着しか使えないのでタミヤを使用、
近くの模型屋ではバラ売りをしてくれるので重宝です。
それにしても資料を調べると、実車はシャーシーのところどころに不明の穴が在ったり、
接続の判らない部分があったりしますが不明な箇所が多いのですが、
再現してやるとそれっぽくなったりします。
これでも足りないのですがサイズ的に限界なので

エキゾーストマニホールド仮組

とりあえず仮組。
ピッタリあったので接続部分はシリンダーヘッドの方に作ることにします。
インテークマニホールドはもっと複雑です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR