ブルーバード510 製作記 バルクヘッド

エンジンルームの修正です。

BREはやらなくてもいい工作だらけで集中力が続きません。
ブルーバード510に戻ります。

バルクヘッド

ストラット固定部の高さが足りないので増しています。

バルクヘッド2

修正後バルクヘッド上部の確認。

バルクヘッド3

外形を書いて考察、立体的でそこそこ複雑なのでシャーシに直接作っていくと少々不安。
別パーツにして接着する事にしました。

バルクヘッド4

バルクヘッド5

バルクヘッド6

バルクヘッド 7

それなりの雰囲気で。

バルクヘッド 8

プラバンつなぎめは移行的にするため瞬着流し込みとベビーパウダーパテ。

バルクヘッド 9

こちらは瞬着を垂らした上からベビーパウダーを振りかけ、余剰部分を息で飛ばしただけの状態。

バルクヘッド 10

ベビーパウダーを盛った状態に瞬着を流す方法も有ります。
色々な材料も有るのでしょうが早くて楽なのがいいですね。

バルクヘッド 11

続けて真鍮板からこんな部品の工作。

バルクヘッド 12

ボンネットを開けた時のステイの基部みたいです。

バルクヘッド 13

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

BRE DATSUN 5ten ボディ

久々のBREです。

ボディの確認から。

BREボディ

シャーシは殆どバリも無かったのですがボディはバリだらけ。
モールドとバリの区別のつかない部分も有り、更には

BREボディ2

ドアラインもなくなっています。
レインモールも膨らんでいるだけの部分も。

古い金型の再販キットはこんなもんでしょうか?
全体を見渡すとため息が出てしまいました。

BREボディ3

気を取り直してスジ彫開始、トランクキャッチピン右に何かふくらみがあるぞ?
ダルダルなモールドなので挽けなのかと思ったのですが、トランク後端のラインにつながっています。
反対側はこのモールドすらなくスジ彫も埋まっています。

ハセガワのボディで確認すると完全にプレスラインと言う事が判りました。

BREボディ4

反対側のスジ彫とボディとの段差もない部分を削って修正。

BREボディ5

プラ板を貼って復元します。
ランナーからもぎ取った様な部分もキットのままです。

BREボディ6

粗修正まで。
ここにもベビーパウダーパテを使用しました。
しかし、本来する修正の無い部分を工作するのは全然楽しくありませんね。

BREボディ7

次の問題点はココ。
一見バリの様に見えますが、反対側と比べるとウインドウの接着糊しろでした。
全部削って再製・・・、笑うしか有りません。
AUDIではあえてこの部分を工作したのですがね。

集中力が切れました・・・ZZZ。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン完成

エンジンの完成です。
<クリックで拡大します>

L16エンジン完成
L16エンジン完成2
L16エンジン完成3
L16エンジン完成6
L16エンジン完成7
L16エンジン完成4
L16エンジン完成5

ファン無しで撮影。
L型エンジンも3機目なのでスムーズに工作出来ました。

今回のエンジンは手前味噌ながら中々の出来。
鋳造地肌の雰囲気が一番うまく出ました。
オートモデラーの頃にはボディに搭載してるので単体でお披露目する機会がないのが残念です。

次はエンジンルームかBREかどっちにしましょう。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立19

エンジンもいよいよ最終工程です。

ウォーターパイプ接続部分から。

エンジン仕上29

黒いパーツに貼る六角リベットは映えるのですがシルバーパーツは存在感が薄くなってしまうので金属線にしました。

エンジン仕上30

艶消しした金色テープを細切りにすると、

エンジン仕上31

ディストリビューターカバーの止め具になります。

エンジン仕上32

次の工作前にエンジン固定台としてシャーシ側エンジンマウントも塗装しておきました。
これで写真撮影も楽になります。

エンジン仕上37

エキゾーストマニホールドの色は旧車錆色にするかレストア車色にするか悩みましたが結局資料写真の色に塗装です。

シリンダーヘッド接着前に、

エンジン仕上38

パイピングをして置いて、

エンジン仕上33

接着、パイピング。
ピントずれてます・・・。

手芸店で良い物を見つけました。

エンジン仕上34

ヒーターパイプのメッシュ様ホースの為の物です。
ワックスコートしたコットンコードですが旧車っポイ雰囲気が在ります。

エンジン仕上35

物がコットンなので切り口がほつけますから瞬着で固めホースバンドを付け穴開けしてみました。
0.3㎜ピンバイスを折ってしまったため特殊な工具を使っています。

エンジン仕上36

何んとか行けそう。

エンジン仕上39

フューエルポンプも付けパイピング。

エンジン仕上40

ウォーターパイプもパイピング、資料では金属パイプで無い物も有りました。
フューエルパイプも2本有る物も有ったのですが、多分リターンパイプなのでしょうが不明です。

エンジン仕上41

ヒーターパイプも良さげです。
ラジエターパイプ用にもうワンサイズ太い物を買って来ます。

次はプラグコード。

エンジン仕上46

無理やりL字カプラーを詰め込んでいます。
こうするとただ挿すよりは無理なく取り回しができますね。

パイプ穴開け

L字カプラーは0.8㎜パイプにモーターツールで傷を付け0.7㎜の穴開け。
0.6㎜x1.5㎜のパイプがスムーズに挿せるように大き目に穴けします。
約0.5㎜の台形ビットを使用。

パイプ穴開け2

傷を付ける事で肉厚0.05㎜でも平気で穴が開けられます。

パイプ穴開け

後は0.6㎜パイプを挿して0.8㎜パイプの上端穴から瞬着を流しコードが刺さるよう穴の補修。
そして0.6㎜パイプギリギリまでペーパーで修正。
この後0.8㎜パイプを切りたくなるのですがその前にプラグコードを接着、そして切り出します。
細かいので粗くなってしまう工作ですが、

エンジン仕上47

色塗りすればそれらしく見えます。

エンジン仕上48

ロッカーカバー上に固定具も付けて有るので整然とパイピングも出来ます。

エンジン仕上49

こんなパーツも作製。

エンジン仕上50

エンジンの吊り下げフックに。
反対側の対角線上にも有ります。

エンジン仕上51

スロットルレバーもらしく作ったのですが、エンジン搭載時に付けられなくなってしまうかもしれません。
パイピングは何時もの伸ばし収縮パイプ、色つやバッチリです。


エンジン仕上42

オイルパンのドレーンは良いボルトパーツが無かったので手持ちのパーツからの修正で。

エンジン仕上43

ワッシャー部分も適当パーツ、○では無いのですが穴のあいたこんな小さなパーツが他に無かったので使用。
めちゃくちゃ古いエッチングパーツですが磨いて使います。

エンジン仕上44

らしく見えます。

エアフィルターと共に接着したらエンジン完成。

終りがけはペースアップで少々疲れました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立18

エンジン仕上の続きです。

ミッションの仕上。

エンジン仕上14

塗装と細部の仕上だけです。
色はガンメタと艶消しホワイトを混ぜた物をドライブラシで塗装。

エンジン仕上15

四角のナットパーツも有ったので1㎜角棒を更に小さくしました。

エンジン仕上16

スピードメーターケーブルもこれで接続可能です。
固定ボルト部分をエッチングパーツにしたため厚みが無く殆ど目立ちません。

エンジン仕上17

クラッチも付いています。

エンジン仕上18

シリンダーブロックの色はL型エンジンの特徴的な色。
資料写真は殆どレストア車のため色々な色で塗り分けられています。
今回はグッと色を控えタミヤカラーのライトブルーにしました。

エンジン仕上19

スターターモーターも塗り分け、

エンジン仕上20

接着です。

エンジン仕上21

プレッシャーバルブスイッチは雰囲気で。

エンジン仕上24

その他のパーツと共に接着。

エンジン仕上22

オルタネーターの仕上はこのサイズの線の接着なのでピンセットで挟むと飛ばす飛ばす。

エンジン仕上23

オルタネーターブラシ部分は迷ったあげくブラウンで塗装。
(HITACH製オルタネーターにしました)

エンジン仕上25

フロントカバーも色塗りビスモールドまで。

エンジン仕上26

プーリーにもビスモールドを付けるので塗装前に一手間、接着材溜りの穴を開けました。
シルバーのパーツに付ける時は接着材のはみ出しやズレをさほど気にしないのですが黒パーツは目立ちます。

エンジン仕上27

今回のパーツは凸型になっているもの、裏返せば少し浮くのでピンセットで挟みやすくなります。
0.1㎜厚の0.5、0.6㎜平パーツを接着する良い方法は無いですかね。

エンジン仕上28

ベルトは何時もの様にラインテープ。
薄いのですが太いよりは良いです。
オルタネーターのフィンは丸パーツからの彫刻ですが雰囲気は出ました。

4月中完成を目指して次回には仕上ます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立17

エンジンを仕上げて行きます。

まずは作り直しのエアーフィルターから。

エアーフィルターその2

前回手を抜いた部分も修正します。

前回はポンチ抜きのプラ板でしたが今回は内径を大きくしたプラパイプから。

エアーフィルターその2の2

らしくモールドも付けました。

エアーフィルターその2の3

今回はベビーパウダーパテを使用。

エンジン仕上45

塗装はスカイブルーとライトブルーを混ぜたものです。
蝶ネジは中々上手く行きました。

エンジン仕上52

パイピングも準備しました。

次ははエアクリーナー関連でマニホールドから。

エンジン仕上

キャブレター追加パーツも作って、

エンジン仕上2

完成です。

エンジン仕上3

スロットル部分はアクセルレバーとつながる部分だけ作りました。
接着していない状態だと動きます。

エンジン仕上4

マニホールドと合わせるとこんな感じ。
L型エンジンのホースクリップはワイヤーなのでホースバンドは使えません。
リード線の芯線を巻きました。

エンジン仕上5

エンジン塗装は基本的に下地シルバーの筆塗りですがロッカーカバーはシルバーリーフそのままに。

エンジン仕上10

残りのパーツも付け完成。
資料ではオイルキャップも数種類有ったのですが今回はこんな形。
塗装はチタンゴールドを筆塗りしたのでザラついてしまっています。
上部のまつ毛みたいな物はケーブル押えです。

エンジン仕上6

シリンダーヘッドも基本色を塗った上で、

エンジン仕上6

筆塗りドライブラシです。
鋳造肌はこれぐらい荒れるのが普通かな?

エンジン仕上8

フロント部分は一部筆塗りをやめメリハリを付けました。
0.5㎜のビスモールドは難しい、ズレています。

エンジン仕上9

シルバー+シルバー(実際はシルバーリーフ+フラットアルミ)は区別が付きにくいためサインペンで着色した紙をガスケットに見立て挟んでみました。

エンジン仕上12

効果は密着していないという程度です。

エンジン仕上13


とりあえずここまで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立16 サフ吹き

エンジン工作もほぼ終わり、サフ修正まで済みました。

サフを吹いたパーツは気分が盛り上がるので記念にパチリ。
<クリックで拡大します>

エンジン下地完成

エンジン下地完成2

エンジン下地完成3

エンジン下地完成4

塗装は旧型エンジンらしくします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立15 エンジンマウント

さて次は厄介なエンジンマウント。

エンジンマウント

資料はバッチリなのですがシャーシに載せるとなるとかなりの手間と位置合わせが必要。

エンジンマウント2

ベース工作は「コ」の字型に切り貼りしたプラバンから。

エンジンマウント3

こんな感じに作製。

エンジンマウント5

助手席側は何んとか高さが取れたのですが、

エンジンマウント4

運転席側は、フィルターに干渉し低い位置になってしまいました。

エンジンマウント6

シャーシ側は少し幅広のプラバンから。

エンジンマウント7

エバーグリーンは柔らかいので加工したプラバンは加強して切り出して行きます。
切り出した後に「コ」の字が潰れ無いように、過去に経験済みです。

エンジンマウント8

仮合わせで位置の確認。
見えない部分と思いきや、

エンジンマウント9

裏から見ると、結構目立ちます。

エンジンマウント10

修正、面取り、肉抜き穴の加工。
この工作も同様で加強すると持ち手も出来て楽々です。

エンジンマウント10

シャーシ側も立体的になりました。

エンジンマウント11

インシュレーターは適当工作、隙間を埋めるといった程度です。

エンジンマウント12

粗、ズレだらけですがマスキングテープ固定無しにマウント出来るようになったので良しとします。

かなり手間が掛ったので、

エンジンマウント13

運転席側のインシュレーターはスペースが無く作って有りません。

ミッション側エンジンマウントも考察。

シャーシ修正26

矢印部分のシャーシを修正しないといけません。
上の矢印部分はエンジンマウント部、下はセンターマフラー部分です。

シャーシ修正27

削って穴が開かないよう何時もの様にレジン裏打ち。
硬化前に内装を嵌めて干渉しないようにしてあります。

シャーシ修正28

資料と比べながら修正、改めて見ると異なる点だらけです。

エンジンマウント14

エンジンマウント完成。
下に有るのはインシュレーター、最初作るつもりが無かったのですがミッション側との隙間が出来たしまった隙間埋めです。

エンジンマウント15

チョット雑なので後日修正。

やっと塗装前の全てのパーツができました。


続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立14

スターターモーターの作製です。

訳ありで少々ペースUPで工作します。

まずは資料から。

スターターモーター

中央の黒い物体は1/12の物ですがほぼ構造は同じ、本体中央のビスがプラスモールドではなくマイナスモールドでした。
立体資料が在ると製作はすこぶる楽になります。

スターターモーター2

3分割なのでエッチングノコで分割ラインを入れました。
中央のビスモールドはプラ棒に切れ込みを入れた物、最初十字にチャレンジしましたが欠けてしまうので諦めです。
エバーグリーンの0.64㎜の丸棒ですが少し柔らか過ぎます。

スターターモーター3

残りの部分も作製。
上の部分はタミヤプラ棒、下はエバーグリーン、同じように分割ラインを入れてもエバーグリーンは切り口が捲れているのが判ると思います。

スターターモーター4

固定部分のモールドはミッション側に。
その方が固定ボルト再現の金属線の断端処理が楽ですね。

続いてオイルポンプ。
ここも1/12パーツを参考に作製。

オイルポンプ

プラ板、プラ棒を切って貼り合わせるだけです。

オイルポンプ2

しかし小さいと中々加工しにくいので工作台を使います。
実はこの工作台は失敗したシリンダーブロックの箱組みに穴を開けて使用しています。

オイルポンプ3

固定するだけで工作が楽です。

オイルポンプ4

穴開けも慣れました。
これは0.64㎜のプラ棒に0.4㎜の穴を開けた物、0.3㎜のピンバイスは数日前に折ってしまいました。

オイルポンプ5

小さいパーツですがこれだけでも真鍮線も含めると16パーツ、接着すればゴテゴテになるのはしょうが在りませんね。

残りのパーツも作りました。

エンジン補機

オイルゲージ。
アルミパイプと洋白線を接着しただけです。

エンジン補機2

シリンダーブロックからの止め具も有るのですが、少し離れすぎたのでやめます。

エンジン補機3

オイルフィルターは丁度良いサイズのプラ棒が無かったのでランナーから。

エンジン補機4

色塗り、コーションシールを貼ればらしく見えるかな?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立13

スターターモーターの位置決めをしようと思いエンジン角度の再確認、シャーシとの干渉の確認をしていた所ふと、違和感が・・・。

エアクリーナー2の1

エアクリーナーがどうも小さいようです。

エアクリーナー2の2

工作自体は簡単ですがもう一度作るのが億劫。
折角なので少し修正を加え再製、パーツ構成が少し違います。

積層プラ板硬化待ちの間に、

ミッション修正

スターターモーターの基部の作製。

次はクラッチ。

ミッション修正2

ミッションのモールドが適当だったので交錯してしまっています。
モーターツールでザザッと穴開け、レジンで裏打ちしているので修正は面倒。

ミッション修正3

プラ板と伸ばし角棒でごまかしました。

クラッチ

マニュアル資料のクラッチはこんな感じ、フムフムです。

クラッチ2

実車資料はこんな感じです。

クラッチ3

工作は苦手な洋白板から、0.4mm以下のピンバイスは直ぐに折ってしまいます。
色は良いのだけど硬さが難点、メッキパーツならアルミ板を使うのですがね。
今回はモーターツールで穴開け開始点を付け、ピンバイスで穴開けガッチリ固定のためピンバイスで保持、

クラッチ4

こんなバー(ビット?)で修正します。

クラッチ5

こちらも限界サイズなのでピンバイスで保持して工作。
1/32や1/43で工作する人はどんな指先しているのでしょう?

クラッチ6

若干サイズが大きいですが良しとします。

クラッチ7

仕上げのスプリングは塗装後接着。
スプリングはクローズドタイプが付くのですが、オープンタイプにして存在感をアピールします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立11 キャブレター

キャブレターの作製です。

パイピングの位置確認とスロットルの位置ぐらいはと資料を確認したのですが、

キャブレター

大きく分けて上段4タイプ、更にそれぞれが年式によってドドッと見つかってしまいました。

キャブレター2

一番簡素な1.3Lでこの密度、あまりにも複雑すぎて何が何やらさっぱり解りません。
マニュアルの図はもっとすごい事になっています。

思わせぶりな前振りですがフューエルのIN OUT、スロットルを付ける程度の工作にしました。
大体の構造を頭に入れて、なるべく資料図を見ないようにして作ります。

キャブレター3

目測でザザッとプラバンの切り出し、

キャブレター4

サイズ、バランスは適当です。

キャブレター5

レバー類も作り出したのですが、物が小さいだけに接着して位置合わせしないとうまく行かないので塗装後続きをする事にしました。

キャブレター6

エアーフィルターを載せて見ると全く見えません。いつもの事です。
マニホールドの足が長すぎるかな?

他の工作を進めます。

補機

まず、先を丸めたプラ棒の先端に太さより少し細めの穴を開けます。

補機2

プラ板に貼り付け細めのプラ棒を接着穴開け。
この状態で固定ボルトの基部を付けて行きます。
小さなパーツも持ち手が在ると楽ですね。

補機3

そして切り出し。

補機4

ラジエターとの接続部分になりました。

続けてディストリビューターの作製です。

ディストリビューター

今回は3㎜プラ棒から。
まずは0.9㎜の穴が4つ開けれるかどうか試してみましたが少々のズレは目をつぶってOK。
プラグを挿すには少々大きい穴ですが、

ディストリビューター2

0.8、0.6㎜パイプを組み合わせてL字プラグを作ってみました。

ディストリビューター3

何とか行けます。
そうなれば後はホイホイと。

ディストリビューター4

形にしました。

ディストリビューター5

干渉もなさそうです。

ディストリビューター6

バキュームコントローラーとカバー固定具も工作。
コントローラーからはパイピングが伸びています。

ディストリビューター7 ディストリビューター8

キャブレターにつながるみたいですが、エアークリーナーの固定金具を通るみたいです。
しかしこの固定金具、工作は簡単でも、固定接着にかなり難儀しそう。
マニホールド側には固定基部を作って有るのですがどうしましょう・・・。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立10 マニホールド2

マニホールドの続きです。

マニホールド21

まずはシリンダーブロック助手席側の仕上。
左下の4つ凸はクーラー(当時はエアコンではありません)のコンプレッサーの取り付け部分。
クーラーはオプションでしたね。
当時乗せてもらった時は最初は付いていなかったのですが、しばらくしてから付いていました。
助手席側のダッシュボード下に吹き出し口がデ~ンと付いていたのを思い出します。
付けようか?付けまいか?後から考える事にしますが、この位置にエアーポンプの付くモデルが有るみたいです。
国外インジェクションモデル専用なのか不明。

マニホールド22

マニホールドも追加工作。
左凸モールドは何のために有るか不明、資料画像では単なる蓋でした。

次はインテーク側。

マニホールド23

ごみでは有りません、工作したパーツは中央の白ポッチ。

拡大してみると・・・、

マニホールド25

約0.5mmの角棒に0.3mmの穴を開けた物でした。

マニホールド24

パイピングジョイントも作製。

マニホールド26

完成です。

隠れてしまう部分なのですが、

マニホールド27

こんな資料が見つかると作りたくなってしまいます。

次はキャブレター、ここはかなり複雑なのでパイピング基部だけ作って手を抜くつもり。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立9 マニホールド

マニホールドの作製です。

マニホールド

シリンダーヘッドに大雑把な外形を書いてみると、今回は2㎜のフレックスロッドでは大き過ぎなので少し細いプラ棒から曲げ加工しなければなりません。

で秘密兵器登場。

マニホールド2

と言っても唯のハンディートーチです。
とは言え中々使い勝手が良く、

マニホールド3

炎はろうそくの様な赤い炎から、こんな細いのまで調節出来、火力も調節可能です。

マニホールド4

プラ棒は炙る感覚とは違い、曲げたい部分で炎を横切ると言った状態でフニャっと曲げます。

マニホールド5

まずはインテーク部分の作製。

マニホールド6

角度を付けて取り付けます。

エキゾーストはちょっと厄介で資料を見れば見るほど悩みました。

マニホールド 8

写真を良く見てください。
これは裏から見た物で、出口2本に左右①③がY字につながり②は奥まって見えます。

それを表から見ると・・・、

マニホールド 7

出口につながっているのは①と②、③は奥まっています。

だまし絵を見ている様。

結局出した答えがこちら。

マニホールド 9

①と③が一本につながっていると言う事でしょう。

マニホールド 10

中央2本がつながって②に、つなぎ目は久々にベビーパウダーパテ(1/24 S130Zでも使っています)を使いました。

マニホールド 11

資料を再確認すると、矢印部分は四角くなって少し細身です。

マニホールド 11

判りませんね。
ベビーパウダーパテはラッカーパテよりすこぶる早く楽です。

マニホールド 12

チョットインチキしたので、思った以上に楽に出来てしまいました。

シリンダーヘッドとの固定部分はエンジン側に作ることとして資料の再確認。

マニホールド14 マニホールド15

左写真の矢印部分のホースが実物資料には無い。

マニホールド16 マニホールド17

別のイラスト資料には無いのですが、実車写真にはある。

答えも出ないので補機を作る中でパイピングが必要なら作ることにします。

シリンダーヘッドの残りモールドも作製、

マニホールド18

切って貼っただけなので細かな仕上も必要です。

マニホールド19

マニホールド側に付く接続部分を付けてしまったのでゴテゴテしています。

マニホールド20

中々良い感じになりました。

まだまだ続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立8 エアーフィルター

マニホールドの前にエアーフィルターの作製です。

まずサイズ決めから。

エアーフィルター

市販の丸パーツを合わせましたが少し小さい。
最初はこのパーツが使えたら少しは楽かなとも思ったのですが、

エアーフィルター2

結局プラ板からの削り出しにしました。

エアーフィルター3

0.3、0.5㎜のプラ板から切り出し一部積層、一番小さい丸はポンチでくり抜いた物です。

エアーフィルター4

取りこみ口は入口が広く奥まるにつれ扁平で広くなっているため
積層プラ板からの削り出し、穴開け縁取りまでしました。

エアーフィルター5

接着、捨てサフまで。
上面のモールドが実際とは異なりますが、

エアーフィルター6

蝶ねじを作製して付けると、

エアーフィルター7

それっぽく見えます。

次はマニホールドです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立7 オルタネーター2

オルタネーターの続きです。

エンジンフロントカバーを修正しました。

オルタネーター8

ウォーターパイプの位置、オルタネーターの固定ボルト、カバー固定ボルトの基部を付けた状態です。

オルタネーター9

オルタネーター下部固定ブラケットのエンジン側に付く部分は実車とは異なりますが固定し易さ優先で付けています。

オルタネーター10

ブラケットも複雑な形態を簡素化して作製。

オルタネーター11

オルタネーター本体は最初ブラシ部分(写真中央)を塗り分けしてから接着しようと思ったのですがその後の工作手順から断念して接着しました。

オルタネーター12

少し大雑把で省略部分だらけですが完成。
ですが、写真を見てこ固定具はもう少しシャープにした方が良い事に気が付きました。
Audi Golfに比べ1㎜小さいだけなのですがこのサイズの1㎜はかなり厳しいですね。

オルタネーター13

こんな感じで付きます。
ヒンジで角度も調整出来るのですが、矢印部分のウォーターパイプの取り回しが困難そう。
固定ボルトの部分も付けて修正したのですが、もう一度削り取って上方に修正が必要です。

オルタネーター14

ザクッと切り取って上方に移動。

オルタネーター15

上部の固定バーは今まで金属板で作っていたのですが長穴を開け処理する作業が面倒なので今回はプラ板から。

オルタネーター16

もう少しエンジンに近づけた方が良いかな?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立6

フューエルポンプの作製です。

フューエルポンプ

まずは資料画像から。
フューエルポンプはシリンダーヘッド横に固定されているだけかと思ったのですが、どうもシリンダーヘッド内に器具が伸びている様。
雰囲気で再現するのですが構造ぐらいは知っておきます。

今回は他にも参考資料。

フューエルポンプ2

1/12 240Zの使わなかったパーツ。
これからサイズを半分にして作製ですがかなり小さく複雑。

フューエルポンプ3

0.6mmパイプに0.3mmの穴を開けないといけないぐらい小さい。

フューエルポンプ4

途中工作写真は有りませんがパイピングがし易いように少し変えて完成です。
後1㎜大きければもっと実車に近づけたのですが良しとします。

フューエルポンプ5

シリンダーヘッド前方部のモールドも追加してやると、

フューエルポンプ6

こんな雰囲気になります。

続いてオルタネーターの作製になるのですが、

オルタネーター

1/12から割り出したサイズではこんなに大きい。
Golf Audiはこのサイズで問題無かったようですが小さくします。

オルタネーター 2

しかし丁度良いサイズのプラ棒が無く、結局丸パーツの組み合わせで作製。

オルタネーター 3

ファン(フィン?)の部分はサイズがほんの少し小さくなっただけでアルミ板からの製作が困難なためギザギザの削り出しでごまかしました。
写真は製作途中、小さいのでプラ棒に挿して削っています。

オルタネーター 4

プーリーも良いサイズの丸パーツが無いので(サイズは有っても厚みが無い)プラ棒からの削り出し。

オルタネーター 5

今一不格好ですがまだ接着してないので考えます。
先に固定方法の考察。

プーリーの位置を合わせて置いてみたのですが問題が出てきました。
フロントカバーからの固定バーはウォーターパイプの上から伸びるのですが付けられそうに有りません。
シリンダーブロックからの固定は?

後者は別の資料を調べて見ると、

オルタネーター 7

図の下方に有る固定具が在るようです。

オルタネーター 6

240Zの組説も同じようなので少し考えてみます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立5

エンジン修正は上方ロッカーカバーから。

ブルエンジン45

カバーにモールドされる「OHC NISSAN」の文字のうち「OHC」は残念ながら無くなってしまいました。
捨てサフを吹いてモールドの確認。
エアーフィルターに伸びるエアーパイプは資料のⅠ型モデルには有りませんが付けました。

運転席側から作製。

ブルエンジン46

シリンダーヘッドから。
右端はまだ途中、フューエルポンプを作ってから吊り下げフックと共に仕上ます。

ブルエンジン47

シリンダーブロックも右端はオルタネーターを作ってからエンジンマウントと共に仕上ます。
まだ中途半端ですが、

ブルエンジン48

形になってきました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン組立4 固定

エンジンの位置決めです。

ブルエンジン41

ミッション部分はこんな風ですが、これはエンジン単体撮影用。

ブルエンジン42

実際の固定時はプラ棒での固定となります。

ブルエンジン43

調整したつもりだったのですがコアサポートの矢印部分がクラッチカバーと干渉する事も判明。
削れば済むのですがこの部分は0.5㎜板の貼り合わせなので直ぐに穴が開いてしまいます。

ブルエンジン44

閉鎖された空間だったのでレジン裏打ちが出来ず穴を開けてしました。
右下部分も以前同じ事をしています。

ブルエンジン45

エンジンマウント部分もオイルパンに当たるため削っています。


ラジエターサポートの考察もしました。

ブルエンジン46-2

まずは実車資料。
これはⅠ型です。
510にはⅠ型からⅤ型まで有るのを知っていました?
それぞれグリル部分バンパー等の若干の違いが有る様ですが考証するのも面倒なのでキットの型のまま進めます。
矢印部分の隙間、これも再現したい。

ブルエンジン46

ほぼ同じ角度で写真を撮るとラジエターサポート部分の形状が解るのですが、出来ればメッキパーツの修正は避けたい所。

ブルエンジンルーム

しかし、ランナー切跡のメッキは既に剥がれているので修正しました。

ブルエンジンルーム2

ラジエター部分は切り取りましたが、ライト後方はメッキを剥がしただけです。

ブルエンジンルーム4

ボンネット裏側も修正。
今までの作品同様裏側のモールドは省略。

ブルエンジンルーム3

ほぼ問題なさそうなのでエンジンを作り込んで行きます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン作製3

エンジン本体の作製はシリンダーブロックから。

ブルエンジン26

プラ板箱組みです。
モールドを付加するので決めたサイズより気持ち控えめに作ります。
ミッションとの固定はボルト止め。

ブルエンジン27

これをベースに作製。

ブルエンジン28

エンジンのバンク角度は矢印部分を合わせる事で仮組中の基準を作ります。

ブルエンジン29

オイルパンとの位置決めにもプラ板を接着。

ブルエンジン30

後方にプラ板を貼る余裕(矢印部分)を持たせて有ります。

次はエンジン全体の長さ高さを決定するため少しだけモールドの追加。

ブルエンジン31

シリンダーブロックのミッションとの固定部分を追加。
スターターモーターとの位置関係からまだ修正します。

ブルエンジン32

シリンダーヘッドはロッカーカバーの長さを決める事になるので前後のモールドだけ追加。
マニホールド接続部分とプラグ部分はまだです。

ブルエンジン33

フロントカバー部分はうまく形になりません。
ディストリビューターとオイルポンプのシャフトが通る部分の作製。
上の丸はファンのプーリーの固定部かと思っていたのですが、どうやらここにウォーターポンプが有るようです。
なので左に伸びるウォーターパイプも付けました。

細かな形態は不正確ですが構造を考えればこんな所かな。

ブルエンジン34

ロッカーカバーも切り詰めましたが実車写真と比較し修正は必要です。

ブルエンジン35

とりあえず外形の完成。

ブルエンジン36

プーリーも作製しました。
見えなくなってしまうのですが、丸パーツ組み合わせで手間はか掛っています。
溝彫は何時もの様に。

ブルエンジン37

フロントカバーは隠れてしまうのでこんなもんで良いかな?
でも固定ボルトの基部とボルトモールドは付けたいですね。

ブルエンジン38

さらに、切り出したプラ棒をピンバイスドリルに挿したまま修正、切り込みを入れプラ板を挿して、

ブルエンジン39

ラジエターファンも作りました。

ブルエンジン40

取って付けた様なおもちゃっぽさです。
乳白色レジンに置き換えればまだましでしょうが無理そうですね。
ラジエター側にファンを付けてしまうと言う手も有りますが・・・、考えます。

シャーシに載せてファンやラジエターとの位置関係を確認してから仕上げていきます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ブルーバード510 製作記 エンジン作製2

エンジンの続きです。

ブルエンジン20

クラッチBOXは実車写真を参考に修正したのですが、

ブルエンジン21

矢印部分を削ります。
ここが無いと3速ミッションになってしまうのですが誰も判らないのでごまかします。

ブルエンジン22

今一接続補機も判らないままモールドを追加。
ギアBOXの蓋はオリジナルキットの物を移植しました。

ブルエンジン23

スピードメーターギアやリバース、ニュートラルスイッチ他も付けましたがどれがどれやら?

ついでにチョットした遊び、エンジン単体撮影用のためだけに、

ブルエンジン24

こんなパーツも作製。

ブルエンジン25

シフトレバーです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR