浜松ジオラマファクトリー

本日は浜松ジオラマファクトリーに行ってまいりました。

浜松ジオラマファクトリー

数多くの素晴らしい作品が展示してありましたが、入れ替え展示なのでしょうが実際に見れなかった作品も多くまた来ないといけません。

浜松ジオラマファクトリー2

アトリエでは山田卓司氏が実際に工作しておられました。

浜松ジオラマファクトリー3

写真は控えめに撮っておりますが、この後工作をじっくり拝見。

ホント、職人技です。
キットプラモパーツの仕上げに「へッ!?」と言うぐらい手間をかけておられ思わず質問してしまいました。

ご迷惑おかけしました。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 エキゾーストシステム

エキゾーストシステムの修正です。

エキゾーストシステム

キットは中々緻密なモールド。
遮熱板とマフラーを別パーツにしたいところですが遮熱版の再生はかなり手間がかかりそう。
あきらめて塗り分けることにしますが、苦手です。

エキゾーストシステム固定

ここに別パーツがあります。

エキゾーストシステム固定厚み

厚みがありオモチャっぽく見えるので、

エキゾーストシステム薄々攻撃

薄々攻撃と穴あけだけしておきました。

マフラーパイプは不本意ながらマスキング塗り分けにしますが、

 型なのでΩに修正。

チゼル

こんな工具で削ってやっただけですが、先端付近の折れ曲がりが味噌、

エキゾーストシステム彫り込み

でした。
ちなみに矢印左の固定具はマフラーパイプの接続具、そう考えるとあまりにもゴツク見えてきます。

マフラーの遮熱板も作ります。

マフラー遮熱板ボルト

平坦な板ではないのですがマフラーに隠れるので固定ボルトだけの再現です。

マフラー遮熱板仮組

チラリと見えるだけですが、存在感が大事。

次はマフラーハンガー。

マフラーハンガー位置合わせ

マフラー側と遮熱板側にフックが付きます。

マフラーハンガーゴム

ハンガーゴムはプラ板。
荒いですが黒く塗るのでごまかしは効くはず。

マフラー遮熱板

パイプ途中に遮熱板も付きます。

問題はエンド部分・・・。

マフラー基部

キットはこんなゴツイパーツで固定されています。
ここにハンガーを付けて隠せば良いかと思ったのですが、

マフラーどうする

実車の位置は矢印部分。
シャーシフレームからかなり離れてしまています。
フレーム形状が実車とは異なっているのでした・・・。

もっと右、どうする?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フューエルタンク

フューエルタンクの修正です

フューエルタンク

仮合わせしてみるとシャーシとの間がこんなに空いてしまっています。
プラで塞ぐか?パテで埋めるか?

フューエルタンク隙間埋め

パテは硬化に時間がかかるし、密着しなくて良いのでプラに。
ベルトも削り取っています。

フューエルタンク外周修正

不自然な段差も修正。

フューエルタンク外形完成

密着してるとフューエルパイプが通らなくなってしまします。

フューエルタンク給油口接続口

給油口とつながる部分も作製。

フューエルタンク給油パイプ

省略されている給油パイプも再現。
無理やり付けた感じですね。

フューエルタンクモールド

タンクに少しだけアクセントを付け、

フューエルタンク給油口カバー

給油パイプにもカバー。
実車とは異なりますが雰囲気は良くなりました。
仕上げ時にエア抜きパイプも付けます。

フューエルタンク遮熱板 作製

洋白板でマフラーの遮熱板も作製。

フューエルタンク遮熱板

殆どの車で有るはずですが、模型では省略されます。

フューエルタンク遮熱板+マフラー

雰囲気UPです。

次は固定バンド。

タンクベルト

量販車はベルトで固定なのでしょうか?

タンクベルト2

今回使用するのは色艶を考慮しカッティングシート。
位置決めが決まったら、

タンクベルト修正

ここや、

タンクベルト2修正

ここに取り付け部を追加しました。

続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアブレーキ

リアブレーキの修正です。

オリジナルの確認。

リアブレーキ

キャリパーも純正の物に近いので今回もこれを使います。
これを塗り分けるのは大変そう、何時もの如く切った貼ったします。

リアブレーキ側面

中央部分がふくらんだ感じですがこれで正解。
下の段の中にサイドブレーキがあり、それはドラムブレーキの様な構造で段の部分がシューとなります。
言葉での説明は難しいのですね。

リアブレーキ裏面

裏はキャリパーに何故か大きな穴が開いています。

と言う事で、

キャリパー切り出し

まずはキャリパーを切り取り修正から。

ディスクパーツ

ディスクパーツの再製、切り出し。

ディスク完了

こんな感じです。

リアブレーキパーツ

こんなパーツ構成になります。
キットの物で残ったのはグレーのパーツだけ。

リアブレーキパーツ完成表

仮組。

リアブレーキパーツ完成裏

裏側は正解が判明せず手が付きません。
固定部分にボルトリベットを貼るだけで誤魔化します。
この角度から見る資料は無いですね。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアサスペンションコイル

リアサスペンションコイルの修正です。

リアサスペンションコイル

実車の中心のシャフトは上下でつながってません。
しかし、リアサスペンションの高さを決めるパーツなのでコイルだけに修正する勇気もありません。

リアサスペンションコイル完了

シャフトは余分ですがこれでも良いかな?

リアサスペンションコイル う~む・・・

アブソーバーで位置決め出来れば中心シャフトを除きますがかなりの困難が待っていそう・・・。
楽しむか、逃げるか後で考えます。

ブレーキを修正する前にサスをもう少し触りました。

リアサスペンションジョイントチゼル

左右アームのジョイント部分をさらに彫り込んでいきます。

リアサスペンションジョイント

穴が抜けるまで彫り込み。

リアサスペンションジョイントボルト

固定ボルト部分をらしく付けました。
この後もう一手間有るのですが写真忘れました。

リアサスペンションジョイント見えない

殆ど見ない・・・。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアアブソーバー

アブソーバーの作製です。

リアスタビ製作オリジナル

オリジナルはこんな状態。
ブーツなのかスプリングか?

リアスタビ製作これはいかん

この固定方法は流石にいただけませんが、オーバースケールの丸輪っかよりはましかも?

どうせ修正するならと、

アブソーバー作製

金属でデッチアップしました。

アブソーバー完了

実車とは別物ですが金属部分は無塗装で行きましょう。

この固定のシャーシ側は、

リアサス固定

挿すだけですが意外と融通性が利かず、固定部も省略されているので修正。

リアサス固定修正

と言ってもこのパーツを付けただけです。


続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 シャーシモールド

シャーシモールドの修正です。

シャーシモールド パイピングできない

矢印部分は何げなく見飛ばしてしまいそうですが、これではフューエルパイプがパイピング出来ません。

シャーシモールド修正

で修正、反対側も同じ。

次はリア側。

シャーシライン

知りたい資料が全て見つかる訳がないのでないのである程度の想像を加えます。

写真の黒いラインはパピングを想定したもの。
ラインより左側の出っ張りがあるとこちらもパイピングが出来ません。

想像で削ります。

シャーシライン削り出し

穴空きました。

シャーシライン修正

埋めました。
こういう時にレジンは簡単で便利。

写真の状態でも埋めただけでまだ修正は加えていません。

サイドブレーキワイヤー穴

そしてこの部分に穴開け。

サイドブレーキワイヤー

サイドブレーキワイヤーが付きます。
シャーシから出る部分に少し無理がありますね。

サイドブレーキワイヤー

で、修正。
これでもまだ無理があります。

続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアサスペンション2

リアサスペンションの続きです。

リアサスペンション固定部元

固定部分は実車でもこのようですがキットではカバーが省略されています。

固定部分の〇は一周り小さくしました。

リアサスペンション固定部修正

カバーはプラ板バキュームで作製。

リアサスペンション固定部完了

こんな感じになります。
右側に出っ張った部分はフューエルフィルターの固定部です。

リアサス固定部

反対側も作りました。
塗装後ビスモールドを付けます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアサスペンション

リアサスペンションも修正します。

リアサスペンション

形状は実車再現されていますのでアウトラインを出す程度の修正とします。

リアサスペンション突っ込み

修正予定部分の考察。

左上:ここにアブソーバーが付きますがキットはタミヤらしからぬ再現です。
左下:シャーシとの固定部ですが・・・・。
右上:左右アームの接続部を修正し、ビスモールドに置き換えます。
右下:スタビライザーは別パーツに。

ぐらいです。

まずは左右アームの接続部分

リアサスペンション接続部修正前

彫り込みで済ませます。

リアサスペンション修正後

立体的になりましたが切削面が汚いですね。

リアサスペンション固定ボルト

もう一方も仕上げましたがこちらはまだましです。
矢印部分にビスモールドを貼りますがベース部分だけ少し残して削りました。

スタビライザーは切り取ってあります。

リアサスペンションスタビ

スタビライザー固定部分はキットは全く違います。
しかし、実車様にするにはアームの厚みから変えないといけないのでパス。
キットの物を修正だけ。
アームの入る穴だけ開けました。
左側は持ち手として残しているのでこの後切り取りました。

リアサスペンションスタビ

真鍮パイプでスタビライザー作成。

リアサスペンションスタビ取り付け

取り敢えずベースの完了。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロントスタビライザー2

フロントスタビライザーの続きです。

スタビライザーアーム

サスとの接続は矢印の部分にアームを伸ばします。

スタビライザーアーム修正

接続部はこんな感じ。

フロントスタビライザー誤魔化し

ゴムブッシュ?も付けます。

スタビライザーアーム長さ

メインのスタビライザーアームがしっかり位置固定出来ているのでこのパートはマークして穴開けだけの簡単工作。

スタビライザーアーム どや!!

サクッと終了。

そして固定部。

スタビ固定部

アルミパイプを潰して作成。
スペースが無いため異形になってしまいました。

スタビ固定部仮合わせ

仕上げ時にボルト再現だけします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロントスタビライザー

スタビライザーの製作です。

その前にサスアームを少しだけ修正。

サスアーム修正前1

アームはスジ彫等オリジナルのものをシャープにするだけで進めますが、気になるのはこの部分。
サスやキャリパーを緻密に再現したキットでもこの部分が大きいと興ざめしてしまいます。

サスアーム修正前2

ホイールに隠れてしまいますが少しだけ手を加えました。

サスアーム修正1

彫り込んだだけ、上の部分はゴムブッシュになります。

サスアーム修正2

輪も一周り小さくシャープに。
サスを組んで底面にビスモールドを付けてやると雰囲気が出るはず。

さて、本題のスタビライザー。

素人イメージではスタビライザーはサスアームに付くのですが、今回はアブソーバーに付くため厄介です。

スタビライザー

今回は真鍮パイプで作成。
ステアリングロッドとの干渉があるため形状は複雑です。

スタビライザー位置決め

ガッチリと位置を固定します。

スタビライザーダボ止め

固定はパイプに穴を開け線でダボ固定です。
この固定がしっかりとすると後の工作が楽になりますね。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロントサスペンション2

フロントサスペンションの続きです。

フロントサスペンション固定部


アブソーバーとの固定部も仕上げます。

フロントサスペンションブーツ

ドライブシャフトのブーツは後々の組み立て方法を考えこちらに付けました。
塗り分けが必要になります。

フロントサスペンションスタビ固定部

スタビライザーの固定部も付けて終了。

フロントサスペンション裏面

裏は結構触りました。

フロントサスペンション前面

表側は分割してディスクを金属板にしただけです。

もう一つ同じものを作らなければいけません・・・。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロントサスペンション

フロントサスペンションの作成です。

フロントサス元比較

エンジンルームのホイールハウス修正に伴いオリジナルからここまで修正はしていました。

フロントサスオリジナル正面

キャリパーは純正仕様でこのまま行けそう。

フロントサスオリジナル裏面

裏側は正面と同じ?ピストンがありません。
パイピングできるように修正します。

フロントサスまずはここから

まずはここから修正。
台形は完全に不正解です。

フロントサス大胆に

大胆にCUT。

フロントサス繊細に

時には繊細に修正。

フロントサス修正ディスクキャリパーCUT

キャリパーはCUTして別パーツに。

フロントキャリパー

裏側も仕上げましたが実車とは異なります。
ここをパテ埋めで実車様に仕上げるのがめんどくさくなってしまいました。
なので止め。

フロントサス修正ディスクフィン

ディスクも再生。

フロントサスディスク

表面は何時ものアルミ板です。

フロントサス固定部追加

キャリパー固定部も付け、

フロントサスパーツ

ベースパーツの完成です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ABS完成

着色して組み立てると気分が盛り上がるのでABSも組み立てます。

ABS着色

塗り分けただけです。

ABS完成

デジカメ写真では少々荒くてもパーツ分割すると肉眼では様になります。

苦しい言い訳・・・。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 イグニッションコイル

イグニッションコイルの作成です。

旧車、国産車の知っているイグニッションコイルとは形が異なり資料を確認しながらの工作。

イグニッションコイル

いつもの如くプラ板、棒からの作成。
右の真鍮線は固定ダボです。

イグニッションコイル固定部

シャーシへの固定板は洋白板で。

イグニッションコイル仮合わせ

この位置に固定されます。
今回は塗装しながら工作を進めました。

イグニッションコイルケーブル

電装ケーブルの固定部は真鍮パイプに穴を開けたもの。

イグニッションコイル完成1

レジスター(多分?)も作成で完成。
コードは手芸店で買った(20年前)金属線で艶有りですがイイ感じに見えます。
レジスター左下にも結線用の穴を開けています。
カプラーを介してあそこにつながります。
さて何処に?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ABS

ABSの作成です。

この車から愛車にもABSが付きました。
今まで作ったことがなかったのでABSの存在すら気が付かずブレーキパイプを追っていくと、ああそうかと思った次第。
初めて見る形に戸惑い気味で作成。

ABS

基本は上中下の3部構成、右のパーツはカプラーです。

ABS固定部

シャーシへの固定部も作成。
はっきりした形状は不明ですが、

ABS位置づけ

斜めに固定されていることは確認しました。

ABS全パーツ

各パーツ素材、色が異なるためパーツ毎に塗装し組み立てます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 バルクヘッド遮熱板

エンジンマウントアームの予定でしたがうまく行かないので後回し。

バルクヘッドをもう少し修正します。

この車のバルクヘッドには断熱板が付くので再現しておきます。

バルクヘッド遮熱板

マスキングテープで外形線の決定。

遮熱板

パンチングのアルミ板にマットのメタルックを貼ったもので作成。

バルクヘッド遮熱板完成

表面の模様も含め実車とは異なりますが、あることで雰囲気は出ました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR