VOLVO V70 エンジン補機

考察の中で再現できそうな部分を工作します。

次はRPMセンサー。
ふと気が付いたのが前回の資料になかったスピードセンサー。
疑問を抱えつつも工作を続けます。

RPMセンサー

1mmプラ棒に穴開け。

RPMセンサー 穴あけ

少し太いプラ棒にも穴あけ。

RPMセンサー パーツ

こんなパーツ構成。

RPMセンサー切り出し

組み合わせてサイドを切り出し。

RPMセンサー取り付け部

取り付け部はここ。

RPMセンサー 埋め込み

真鍮パイプを挿します。

RPMセンサー完成

ケーブル用真鍮パイプとダボを付け完了。

RPMセンサー 仮合わせ

こんな感じ。
矢印に深い意味は有りません、見飛ばしてください。

ミッション周りをを続けて工作しようと思ったのですが、以前作ったパーツが見つかりません。
集中力低下でここまで。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 エンジンルーム考察

名古屋の集いの日程も決まったのですが完成は無理、せめてエンジンぐらいは完成させようとエンジンルームの再考察をしています。

ケーブル、パイピングはらしく見える存在感にこだわるのですが実車構造素人なので毎回同じような考察で全く進歩がありません。

電装ダイア

こちらはマニュアルの資料。

電装だけでもこれだけ。
あとフューエル、オイル、エアー、ウォーターとエンジンの神経、リンパ、血管は心臓なみです。

この図から解るパーツも有りますが、例えば「13」のOxygen sensorの二股ですがどこにつながっているのか?

更に資料を探します。
この謎解きが楽しいんです。

電装ダイア オキシゲン

答えはここに有りました。
エキゾーストマニホールド後方のパイプ側。

電装ダイア オキシゲン2

もう一方は、触媒部分でした。

エンジンルーム考察3

こちらはオイルプレッシャーセンサー。
挿すだけでは済ませたくないほど形状が出ています。
近くにある蛇腹ケーブルカバーもクリップも目を引きます。

確認できた部分から工作。

オキシゲンセンサー

まずはオキシゲンセンサーのマフラー部分。
穴を開けてケーブルを挿すだけでもいいのですが、

オキシゲンセンサー マフラー

手抜きですが真鍮パイプを付けるとカプラーぽくなります。

オキシゲンセンサー 触媒

触媒部分は少し長めのパーツ、パイプだけでは物足りないのでパーツの追加。

オキシゲンセンサー カプラー

実車写真とは比べないで下さい。

オイルプレッシャー

オイルプレッシャーセンサーのパーツ。

オイルプレッシャー組み立て

組み立てて、

オイルプレッシャー合わせ

仮合わせ。
これで十分ですが、参考図に合わせもう一手間。

オイルプレッシャー追加

余ったプラ板に穴を開けてから、

オイルプレッシャー切り出し

切り出し。

オイルプレッシャー再組み立て

無い方がすっきりして良いかとも思いますが、

オイルプレッシャー 完了

取り敢えず完了。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 エキゾーストカバー修正

内装工作の続きがまだあるのですが、今一手に付きません。

仕上げ時にと放置していた部分を工作。

まずはエキゾーストカバー。

エキゾーストカバー

カバーがエキゾーストにピッタリ嵌るようにダボ打ちしました。
カバー上部の穴とエアーフィルター間のパイピングをするためです。

この後エンジンに仮合わせしてシャーシにマウントした時点でミスが発覚。

その時は自分の先読みの甘さにショックで写真を撮り忘れました。

バルクヘッド

最初に作った後、バルクヘッドの厚みを増したり、断熱カバーを追加したためエキゾーストカバーが矢印部分に干渉です。

矢印部分を直すのは大変なので、エキゾーストパイプの角度を修正。

エキゾースト角度修正

やすりで穴を少し広げて下に傾けます。

傾ければ、

エキゾーストカバー隙間

隙間ができるので、

エキゾーストカバー隙間修正

プラ板付け足しで、

エキゾーストカバー隙間埋めた

埋めました。
ビスモールドは塗装後です。

華の無い途中失敗経過。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 レインシールド 2

レインシールドの続きです。

ワイパーモーターのカバーから。

ワイパーモーターカバー

小さなパーツの削りだしなので、プラ板の切れ端に瞬着で仮止めして持ち手を確保して修正します。

ワイパーモーターカバー 貼り付け

貼り付け。

次はフューズBOX。

フューズBOX

前の写真の左端に収まります。

フューズBOX カバー

カバーは別パーツで作って立体的に。

フューズBOX 完成

四隅にネジモールドを付ける予定です。

レインカバー 完成

これだけでおしまい。

レインカバー 試適

スクラッチパーツは製作途中のサフ色とのコントラストでモチベーションアップします。

レインカバー 試適 2

レインカバー 試適 3

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 レインシールド

フロントウインドウ手前のレインシールドを修正します。

レインカバー 元

ベースのカバーだけでモールドに困り放置していました。

レインカバー

実車はこの様な通気口が有りメッシュ部分の工作に戸惑っておりましたが、この状態を知っている人はほとんど居ないので雰囲気だけの手抜き工作。

レインカバー 作製

密度も違えば形も違います。
実車写真を出してしまったので、お粗末丸出しです。

レインカバー 配置

作るのが楽しかったので完成度は二の次。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ワイパー

ワイパーの作製です。

キットのワイパーはどうしても厚くモテッとしてしまいます。
近代の車はまだキットの物の修正でも行けると思いますが、旧車のワイパーは細く華奢で

ワイパー

エッチングパーツのお世話になりました。
ちょっとだけ古い今回の車はアームは細いのですが、ブレードはここまで薄くは有りません。

スクラッチで作る技量もないので今回はエッチングパーツとキットパーツの組み合わせにしました。

ワイパー キット

キットのパーツ。
左ハンドル用です。

ワイパー 切り出し

ブレード部分の切り出し。
ふたコブ部分、エッチングパーツなら抜けてシャープですが今回はふくらみだけで済ませてしまいました。
実車もパーツだけで見るとアームと隙間が確認できますが、装着してしまうとつぶれて殆ど隙間が見えません。

別パーツにしようかと思いましたが手抜き、ゴム部分の区切りラインはシャープにしておきました。

ワイパー ▽

ウインドウ面は三角仕上げ。

ワイパー 組み立て

ここはエッチングパーツ、スクラッチは不可能。

ワイパー 貼り付け

貼り付けました。

ワイパー 修正

アーム根元はキットのパーツを裏返して修正。
角度も変えています。

ワイパー 組み立て

塗れば粗も隠せるかな?

次は、固定部。

キットはウインドウに直付け。
今回はレインカバーが有るので一手間。

ワイパー マウントベース

位置決め。

ワイパー マウントベース 穴

1mm丸棒に穴を開け、

ワイパー マウントベース 貼り付け

接着。
軸ズレはご愛嬌。

ワイパー 完成

ワイパー側にダボも付け完了。
この前にボンネットとの干渉修正しています。

続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ホイール3

ホイールの軸を付けます。

ホイール軸

オリジナルパーツの軸を切り取って使用。
少々ラフでも薄ければOK。

ホイール軸テンプレート

テンプレートを使って接着。
テンプレートにしたものはミニ四駆用のホイール。
6本スポークで使えないかと思ったのですが、径も小さくスポークも細かったので却下。

ホイール軸貼り付け

キットホイールの内径にぴったり合ったので日の目を見ました。
接着はレジンなので強度も隙間埋めもバッチリ。

ホイール軸完成

ホイールの中心に直角で付いているはず?
リムの内側も細くしたのでスマートになりました、キットは2mm近くあるので厚すぎですよね。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ホイール2

ホイールの複製です。

ホイール複製

(ピンボケ)

初めて使ったお湯まる、中々良いです。

ホイール複製 ユニファスト

レジンで複製。
レジンとの相性も良く細い段差も複製出来、バリ取りだけで表面の仕上げが必要なさそうな感触。

ホイール複製 リム

リムはオリジナルの物をカットして使用。
内側のリムも薄くしておきます。

ホイール複製 接着

接着もレジン。
瞬着で仮止めしてレジンを流し込みました。

ホイール複製 完成

歪みもありますが、純正ホイールらしくなったと言う事で良しとします。

ホイール

元はこれです。


続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ホイール

ホイールの作製です。

キットのホイール、実はスタッドレス用に履いていた物と同じだったのでそのままとも思ったのですが、通常ホイールを作ることにします。

ホイール

流用できるホイールが無いので6本スポークのFF用ホイールからの改造。

ホイール削り

埋めて削っただけ。
らしくなったのでこれで妥協します。

ホイール切り出し

ホイール径が大きすぎるので小さいものに移植。

ホイール合体

微妙・・・。

仕上げて複製します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ボディとシャーシ リア

リアのホイールアーチも修正します。

ボディとシャーシの隙間 リア修正

2ドアのドア開閉はこの部分の省略が可能ですが4ドアでは内装部分が影響します。
後からすればと放って置いた隙間埋め。

ボディとシャーシの隙間 リアフロント側

実車はどうなっているか解らないので段差だけ埋めました。

ボディとシャーシの隙間 リア

次はこの部分。
矢印部分の黒いところは内装パーツ。

想像が付くと思いますが、ボディ側に出っ張りを付ければ干渉します。
なので隙間はシャーシ側で、この辺りは経験と仮組で想定の範囲。

ボディとシャーシの隙間 リア 修正中

シャーシ側で延長して、

ボディとシャーシの隙間 リア完了

完了。

ボディとシャーシの隙間 出来た

ボディとシャーシの一体感が出たのですがフロント、リアとも接続部分がお粗末。

どうしますか。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ボディとシャーシ

フェンダー部分のボディとシャーシの隙間を埋めます。

ボディとシャーシの隙間

多くのキットの場合タイやハウスが大きいのでボディとシャーシの隙間が小さくあまり目立ちません。

このキットもそうでしたがエンジンルームを作るとなると大きなアーチが結構エンジンルームを占領してしまい、アーチ自体の修正も必要となります。

今回もタイやハウスを小さくした分ボディとの隙間が開くので修正します。

ボディとシャーシの隙間 レジン

慣れた工作なので悩まず貼り付け。
レジン補強まで。

ボディとシャーシの隙間 終了

隙間を埋めるのが目的なので実車とは異なります。

矢印部分がキットのままの固定部剥き出し。
切り取って他の固定方法も試みようと思いましたがめんどくさくなって放置してます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 サンバイザー

サンバイザーの作製です。

サンバイザー

存在感だけの工作。

サンバイザー アーム

裏は張りぼて。

サンバイザー 裏

実車はサンバイザー部分の天井が窪んでいますが、サンバイザーを浮かせる手抜き。

サンバイザー 固定部

固定部分も見えにくいので立体的にしただけ。

サンバイザー らしくだけ

覗き込んで存在感が有ればOKです。
塗装後コーションシールをでっち上げでも貼ると雰囲気は出ますね。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

稲武 かめや かヾ庵

愛知県の稲武に行ってきました。

稲武

これは稲武の道の駅”どんぐりの里”の観光マップ。

本当の目的地はブログを拝見させていただいている らぐにゃんさん お勧めのお店”かめや かヾ庵”です。

かが庵

何故”どんぐりの里”が出たかと言うと屋号の”かめや かヾ庵”の「かヾ庵」ナビで「かがあん」で検索してもヒットしません。
”どんぐりの里”の隣と言う事でナビにセットして行ってまいりました。

予約して行ってないので らぐにゃんさん が食べたコース料理は無理なのでランチの「かごランチ」

籠ランチ

スマホのカメラ、料理がおいしそうに撮れなくて申し訳ないのですが、籠の蓋をあけるとこの写真の数倍鮮やかで笑みが浮かぶほどおいしそうなんです。

籠ランチ スープ

一口目でおいしいと口に出るスープ。

籠ランチ もち

五平餅、観光気分満載です。

籠ランチ デザート

デザートも3つの味が楽しめます。

大満足なランチでした。

料理の中にウサギを型抜いたものが、目も赤くしてセンス有るな~と思っていたのですが・・・。

ウサギ

家内が五平餅の皿にこんな遊びをしていました。

アート?ついでにらぐにゃんさんもアップしていた和室の襖絵。
知らなきゃただの絵ですが、

ふすま

ふすま絵

知ってみると、趣きが有り素晴らしい。

ブログ記事から何気に行った場所ですがオーナーの方ともお話をし、初めての店なのに慣れ親しんだお店の様な気分になりました。
紅葉の時期にもう一度行きます。

ワイン

お勧めワイン。

ラベル

オナーさんの描いた絵だそうです。
飲むのが楽しみです。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 Aピラー

B、Cピラーと厚みを増したのでAピラーも修正します。

その前に。

 サンルーフ天井

天井サンルーフ周りのモールの修正。
スジ彫ってが正解ですがベースが0.3mmプラ板なので細切りプラ板を貼ってごまかし。
やはり、きついRは割れてしまいました。

サンルーフ天井 パテ

パテ埋め修正、情けないです。

さて、本題。

Aピラー

タダ単にプラ板を貼るだけの工作ですが、

Aピラー 貼り付け

組み立て手順は結構考えています。

Aピラー 終了

ピラー、ウインドウ、天井内装が合わさります。

関西オー集の参加はこの時点までの作ったパーツ全部持参の作りかけ展示となりました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR