VOLVO V70 フロアカーペット

フロアカーペットの切り出しです。

行き詰る工作が有ったので気分転換です。

フロアカーペット

お気に入りのダイソーの貼る布。
実物はもう少し濃いグレー、特記する工作も無しに終了。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアバンパー固定部

ボディとシャシーの接合部分です。

リアバンパー固定部

空いていた隙間は埋めていますが固定部分は剥き出し。

リアバンパー固定部 資料

資料が見つかったので修正します。

リアバンパー固定部 部品

現物合わせで作製。

リアバンパー固定部 接着

下半分がボディカラーで上は黒?
中央に凸部分を作ったり、密着させずに隙間を開けて接着など色々試行錯誤もしていますが、

リアバンパー固定部 終了

何故か、作っていてあまり楽しくない。
この後作るのが面倒くさくなってしまいました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 アブソーバー

後回しにしていたもう片方のアブソーバーを作ります。

製作手順は別館の方でUPしているのですが5ヵ月ほど前なので新たな気持ちで作製。

アブソーバー

オリジナルパーツ。

このままでは物足りないので作り直します。

アブソーバー 材料

丸板はアルミ板をポンチでくり抜いたもの。

アブソーバー 削り出し

頭を平らに。

アブソーバー パーツ

雰囲気だけで材料の加工。

アブソーバー 組み立て

接着。

アブソーバー 穴あけ

この辺りも雰囲気で。
拡大するとかなり荒いですね。

アブソーバー スプリング

スプリングパーツ。

アブソーバー 基部

基部は元のパーツを使いました。
スプリングの切り口が隠れるように穴あけ。

アブソーバー 完成

デッチアップですが金属部分を無塗装にするとワンポイントとなりそうですね。

アブソバーセット

こんな感じです。

コイルスプリング

こちらも後回しにしていたコイルスプリング。

スプリングに置き換えます。

コイルスプリング プライヤー

伸ばしたスプリングの切断面は切りっ放しだと開いたままなので、こんなプライヤーで修正。

コイルスプリング 端

見える側だけ処理しました。

コイルスプリング 削り

元パーツの削り取り。

コイルスプリング ズレ防止

スプリングのズレ防止を付けます。
本当は中心に棒などないのですが、これが無いとサスが安定しません。
アブソーバーだけでは少し心許ないですね。

コイルスプリング セット

シャープになったので良しとします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ドアミラー

ドアミラーの修正です。

ドアミラー

キットのスジ彫りが甘いなので深くしました。

ドアミラー ミラー部分

キットのミラーパーツを付けた状態ですがミラー面がほぼ面一で違和感が有ります。

ドアミラー 削り

内面を削合。

ドアミラー 助手席

まずは助手席側。
ミラーを少し内側に向けています。

ドアミラー 運転席

運転席側はこの角度。
少し奥に入り過ぎ?

ドアミラー ダボ

固定ダボまで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ブレーキライン

ブレーキラインの資料です。

ブレーキライン

サスの内側で見えなくなる部分ですがパイピングをする上では全く無視するわけにもいきません。

ブレーキライン フロント

フロント側。
パイプの接続部分はシャーシ側から見える部分です。

サス部分の分岐部。

ブレーキライン 分岐

ABSからリアに伸びるブレーキラインは1本の物と2本の実車写真が有ったのですが、写真の資料が1本用なので今回は1本とします。

ブレーキライン 厚み

厚みが有り過ぎますが後の接続のし易さ優先です。

パイプ材質は、シャーシとサス裏側部分は可動が無いので金属パイプ。
シャーシとサスがつながる部分は可動するのでゴムパイプですかね。

接続部

接続部品の作製。
最初の写真で言うと「13」。

この穴開けも真鍮パイプだから出来ます。

接続部 完成

ダボ打ち。

接続部 設置

この先とサスのジョイント部分間が柔軟性のあるパイプとなります。
固定具も付きそうですがハッキリとした資料がないためパス。

ブレーキライン クリップ

複雑な形状のパイプクリップも雰囲気だけの量産とします。
色を塗ってブチブチ切るだけの手抜きです。

ブレーキライン

ブレーキラインはフレキシブルなこのワイヤーを使う予定ですがもうワンサイズ太い方がいいかも?

この後の工作はシャーシ塗装後。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フューエルライン

フューエルフィルターも忘れてました。

フューエルフィルター

プラ板、プラ棒、真鍮パイプで作製。

フューエルフィルターダボ

ダボも付けて。

フューエルフィルター 固定部

固定具まで。

塗装後、固定バンドは塗装後テープで再現します。
構造から考えるとフューエルラインはINとOUTの二本必要になります。
そして、もう一本のラインにロールオーバーバルブと言う物が付くそうですがパス。

フューエルラインシャーシ

こちらはフューエルラインがシャーシを通る部分。
キットはこのように凹になっており、実車と同じような丸モールドも再現されているのですが実はこれは間違い。

上下

写真を上下逆にしてみました。
これが正解。

そう、実車は凹ではなく凸。
凹部分にカーバーが付くのでした。

と言う事で、

ラインカバー

カバーの作製で、

カバー完成

こんな感じ。

カバー凹

ここにフューエルパイプを通します。

タンク部分とエンジンルーム部分の接続はまだ不明です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロアコンソール

フロアコンソール後面の作製です。

フロアコンソール

プラ板を貼って削り出し。

フロアコンソール リア

やはりスジ彫りがきれいに彫れませんね。




次はアームレスト、

アームレスト

削り取った850のパーツは使えないので作ります。
実車のアームレストにはドリンクホルダーも組み込まれていたため厚みが有るのでプラ板の積層から。

アームレスト 削り出し

削り出しました。

アームレスト ドリンクホルダー

特別な細工も無しにプラ板を貼っただけ。

アームレスト 縫製

縫製はスッテッチ無しのスジ彫り。

フロアコンソール後方

ドア開閉のため見える部分です。

フロアコンソール完成

ウッド塗装をしなければいけません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロントシート(助手席)

850シートのモールドを削ったまま放置しておいた助手席側のシートです。

フロントシート(助手席)

キットはシート背面のパーツも用意されているので貼り付け隙間埋めしています。
バックのポケットも再現されていましたがかなり削りました。

フロントシート(助手席) リブ溝

シート表皮の縫製部分は凸になっているため伸ばしランナーで再現。
前準備として溝彫まで。

フロントシート(助手席) ヘッドレスト

ヘッドレスト部分にも少しスジ彫り入れクッキリと。
実車は非可動でした。

フロントシート(助手席) リブ

伸ばしランナーの貼り付け。

フロントシート(助手席) バックポケット

バックのポケットは右下のプラ板を貼り付けただけです。

シートレバーカバー

シートレバーのカバーは運転席側の形状に合わせて削り出し。
2mmの角棒を貼り合わせたものです。

カバー彫り込み

外形を切出し、モーターツールで修正。
凹モールドはこんなバーを使っています。

次はランバーサポートのダイアル。

ランバーサポートダイアル

ポンチでマークしたプラ板に穴開け部分をマーク。

ランバーサポートダイアル 作製

ピンバイスで穴あけポンチでくり抜き。

ランバーサポートダイアル 完成

仕上げて完了。

リクライニングダイアル

リクライニングダイアルは市販パーツです。

スライドレバー

運転席は電動シートでしたが、助手席は手動。
スライドレバーも作ります。

コンソール

仮にカーペットを貼って状態の確認。
コンソールBOXの後面の作り忘れがありました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 内装床面

シート下面の修正です。
次から次へと修正個所が出てきます。

シート下面

キットの床面はシャーシに直接カーペット用シートを貼り付けるようになっていました。
レース仕様と共通パーツなので床面を修正します。
プラ貼りのベースになる枠組み。

シート下面 プラ貼り

実車は中央部分が少し窪んでいますが、面倒なので平らになっています。

シート下面 シート

今回はカーペット再現にフエルトではなくダイソーで購入した貼る布を使います。
フロアトンネル部分も貼りますがフロアコンソールとの段差も考慮。
ダッシュボードよりはカーペット分の厚みを取っていますが、

シート下面 カーペット厚み

後方は面一にならず不自然になります。
矢印より後方はシートに隠れる為前方部だけ修正。

シート下面 削り

厚み分だけ削っただけです。


次はシートレール。

シート下面 レール

実車は➪方向に幅広ですが割愛。
☝部分はつま先スペース確保のため削り取りました.

シート下面 レール凹

後はレールっぽく凹にしましたが説明しないと誰も気づかない程度の雰囲気UP。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ボディ仕上2

フロント部分です。

ボディ修正

今年中に完成できるか?

ボディ修正 バンパー

ボンネットを切り取ったため足りなくなったバンパー部分。

ボディ修正 バンパー延長

長さを合わせたエバーグリーンをしごいたもの。

ボディ修正 バンパー修正

プラ板細切に比べると本当にエバーグリーンは楽です。

ボディ修正 フォグ

フォグランプはボディとシャーシの結合部が裏に有るのでどうするか悩んで放置していた部分。
中央寄りに仕切りを付けました。

ボディ修正固定部

接合部分にフォグのハウジングが有ります。

ボディ修正 フォグハウジング

レンズ部分の作製はサフを吹いてバランスを見てからにします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ボディ仕上

基本パーツの作製が終わったのでボディを仕上げて行きます。

とは言え修正個所はまだまだあります。

ドア開口部

ドア開口部の修正も見栄えの変わらない写真ですが追加工作に時間を取られました。
ドアを開けたは良いが緻密な設計をしていないので3次元的に合わない所だらけ。

リアバンパー

そして、バンパー上面の凹モールド。

テールランプ

切り取ったテールランプも戻せば隙間が有りますが実車は内側に樹脂カバー。

樹脂カバー

プラ板を貼り付け。

リアウインドウ

リアウインドウとの干渉も確認しながらスリ合わせもしました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 マフラー修正

マフラーの修正です。

ボディーマフラー部分

ボディの仕上げをと手始めにマフラー部分をくり抜いたのですが、マフラー自体の修正が後回しにしていたのを思い出しました。

マフラー 修正

マフラーカッター。
V70は四角ではなく楕円形で、バンパーを修正した分長さも足りません。

マフラー 修正 余分

そして、マフラーの固定方法。
少し目立ち過ぎです。

まずはマフラーカッターの作り変え。

マフラー 修正 削り出し

プラ棒からの削り出し。

マフラーカッター

殆どモーターツールでの削り出しと仕上げ。
アルミで作り直すか悩みます。

マフラー 修正 開口

穴も通ってます。

マフラー 修正 位置決め

つなぎ手も付けました。
完成時ボディーとシャーシの接続後にマフラーカッターを接着する予定にしています。

マフラー 修正 固定部

キットのマフラー固定部も切り取り移動、金属線に。
ここにマフラーハンガーを付けて雰囲気を付けます。

マフラーハンガー

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ドア内貼り

残りの内貼りも作りました。

ドア4枚

同じことをするのはやはりつまらないのでダラダラとした時間ばかりかかります。
スピーカーグリルは気力が続かずまた後回し。

ボルト止め

ボディーとシャーシを嵌めたり外したりするうちにプラにビスをねじ込んだだけの固定が緩み始め、ナットで締め直し次の工作に進みます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアドア修正2

リアドア修正の続きです。

内貼り修正

内貼りのウインドウフレーム部分です。
フロントに比べ十分に厚みが取れます。

内貼り修正 上に板を貼ります

ガラス部分の隙間を少し開けてプラ板貼り。

内貼り修正 角を丸めて修正

修正まで。

ウインドウフレーム後方

次はウインドウフレーム後方の修正。

ウインドウフレーム プラ板

プラ板をカーブに合わせて切り出したのではなく、真っ直ぐ切り出したものをしごいてカーブに合わせました。

ウインドウフレーム 前方

前方も同様。

ウインドウフレーム 外から見える

ウインドウを付けても外から見えます。

ドアパネル内側の修正

ドアパネル内側ももう少し修正。

ドアパネル内側の修正 プア貼り

プラ板で厚みを付けます。

ドアパネル内側の修正 ドアキャッチ

ドアキャッチ部分の切り込み。
凹パーツはエバーグリーンのチャンネルを切ったもの、内側に貼ります。

ドアパネル内側の修正 完了

チャイルドロックの切り替えレバーは省略、cautionシールだけ貼っておきます。
赤い部分は試しに貼ったドアランプ。

ドアロックノブ

ドアロックノブは真鍮パイプ、仕上げ時に金属線を挿します。

追加

ウインドウフレームの上にもう一枚プラ板の貼り付け。
これでウインドウが嵌る凹の再現と思ったのですが、サイド部分は面倒なので上だけで止め。

反対側はまだ手つかず・・・。

同じことをするのは面倒です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアドア修正

リアドアの修正に戻ります。

リアドア

ウインドウフレームの厚み出しから。
こんな時エバーグリーンは本当に重宝します。

上方部のみ、サイドは後に。

リアドア 内装

内貼り部分のドア側のフレーム。

リアドア 内装 固定部

プラ板を貼り付けるためのベースの角棒。

リアドア 内装張り合わせ

貼り付けが楽になります。
ここまでして資料確認をした時にリアシートの修正が必要となり寄り道をしていました。

リアドア 内装 修正

ボディ側に合わせて右の三角部分を付け足し。

リアドア 内貼

内貼り。
一枚板ではなく考えてプラ板3枚積層しています。

上のパーツはアームレスト部分。
ここの工作はフロントと同じで削るだけなので省略。

リアドア 内貼 アームレスト

丸はスピーカーグリル。

リアドア 内貼 スピーカー

メッシュを使います。

リアドア 内貼 スピーカーグリル

明るい内装なら粗バレバレですが黒なので良しとします。
実車もハニカムグリルなので雰囲気はイイかな?

次はパワーウインドウスイッチ。

リアドア 内貼 パワーウインドウスイッチ

別パーツで作ります。

手を掛ける所の穴あけをしますが、4つ開けた内の中2つは小さめのピンバイスを使っています。
中二つの穴を開けるときに軸がすこしでもずれると修正時に予定した幅より大きくなってしますからです。

リアドア 内貼 ドアハンドル

予定通りのサイズの穴が開きました。

穴を開けてからサイドを削って幅詰めします。

リアドア 内貼 パワーウインドウスイッチ貼り付け

パワーウインドウスイッチは実車と全然形状が違いますが雰囲気だけ。

リアドア 内貼 切り取り

内貼り部分の削り取り。

リアドア 内貼 蓋

蓋をして、

リアドア 内貼 パワーウインドウスイッチ完了

少しだけ出るようにしました。

続く


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR