VOLVO V70 ボンネットロック

エンジンルームサイドの隔壁部分を触った後にボンネットロックに手を付けたのですが途中で中断していました。

ボンネットロック

両サイドの物です。

ボンネットロック 資料

実車資料。

ボンネットロック構造

固定金具の資料もしっかり。

ここ

まずは運転席側。

ボンネットロック切り出し

しっかりとした資料が有ってもサイズがサイズだけにらしくだけ。

ボンネットロック パイプ穴あけ

ケーブルも付けられるように準備、

ボンネットロック ケーブル

順調に工作が進んでいました。

ボンネットロック パーツ

固定方法も考えながら、助手席側にも・・・。
と言う時点で中断しました。

何故中断したかと言うと、問題は助手席側。

ボンネットロック 助手席側

補機を配置するとこんな感じ。

ボンネットロック 隙間無し

ボンネットロックを付ける隙間が無い!
完全な計算違いで、原因はどこにあるかと考えると、イグニッション、バッテリー共に実車縮尺なので問題なし。

エアーフィルター

目測で作ったエアーフィルターBOXが大きすぎます。
しかし複雑で手間の掛ったこのパーツを作り直す気力もなく固まりました。

ボンネットロックなど無しでもいいのですが、それ以上に嫌なのがバッテリーとヘッドライトがくっ付いてしまっている事。
この時点で手が止まって他の部分のパーツ仕上をしていました。

ボンネットロック 隙間無理やり

パーツをずらして密着させようやくここまで、ロックが付けられる目標のライン(資料で見えるサイドの電装部品は無視して)まであと0.5mm。
この時点でバッテリーターミナルにケーブルを通す余裕が有りません。

パーツを削ってスペースを捻出するかエアーフィルターBOXを作り直すか?

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 エンジンルーム仕上2

ウォーター、エアコンパイプの接続部です。

ウォーターパイプジョイント

真鍮パイプを挿しました。
パイピングはこの穴に挿して行うので楽になります。

ウォーターパイプパッキン

突き出ただけのパイプは不自然なので、実際とは異なりますが薄く切ったパイプを付けてました。

ウォッシャーポンプ

プラ棒の彫刻からウインドウウォッシャーポンプも作製。
見える部分だけの塗装です。

ウォッシャーポンプ設置

本体は殆どシャーシの下、見えるのは電源部のカプラーだけです。
これよりフロント部分に、液のレベルセンサーが有るのですがパスします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 エンジンルーム仕上

EGUボックスも塗装しました。
コーションデカールは目立ちにくいグレー文字にしてあります。

EGU完成

ウォッシャータンク給水口

ウォッシャータンクの給水口も仕上げ。
キャップは艶消しにしたつもりですが写真にすると光っています?
パイプは無塗装、ドレーンホースはケーブルの芯線を抜いたものですが接続先は不明のままです。



思い付きで工作場所がコロコロ変わります。

スロットルケーブル

スロットルケーブルは雰囲気でこの位置から出します。

スロットル

隠れてしまう部分なのでパッキンだけ付けました。

ミッションケーブル

ミッションケーブルはこの位置から。
流石に目立つ位置なので穴を開けて通すだけは行けません。

ケーブル資料

実車画像が無いのでらしくだけ。

ATケーブル

後ウォーターパイプのカプラーも考察しないと。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 遮熱板仕上げ

エアコンパイプを考察し資料を再度確認した所、以前作ったバルクヘッドの遮熱板の目が粗さが気になったので作り直しました。

遮熱板

以前はアルミ板、今回はメッシュパーツ。

遮熱板 メタルック

マットのメタルックを貼っています。

遮熱板 筆

こんな筆で押さえました。

遮熱版の位置合わせ

接着していないのでずれていますが、前のはオーバースケールでしたね。




バルクヘッドを見て思い出した部分。
今現在はヒーター、エアコン接続部とマスターバックの穴だけが開いています。
後シフトセレクト、アクセルワイヤーと電装系のケーブルぐらいは修正しないといけません。

まずは電装系。
EGU BOXから室内に伸びるケーブル。

EGUケーブル

エンジンや助手席側から出たケーブルをEGU BOXに接続。

EGUケーブル後方

そして後方室内まで。

EGUケーブル作製

目立たない部分ですがそれなりに手間を掛け作製。

EGUケーブル位置合わせ

スプリング部分に挿してやります。
エアコンパイプも有るのでシャーシフレームから少し離した状態で接続。

EGUケーブル後方合わせ

後方の屈曲はシャーシに沿わせます。
プラ棒を炙って曲げました。

EGUケーブル 後方作成

最後の直角は切って貼っています。

EGUケーブル 後方完

不自然ですが実車もこんな感じ。


続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ラジエター仕上げ2

ラジエターが続きます。

電動ファン

電動ファンにも電源が必要なので配線。
資料は白っぽかったのでシルバーのSUSワイヤー。
芯線を抜いて先に真鍮線を二本挿してあります。
この黒いパーツ部分はもっとカプラーが付いたり複雑なのですが、後1本コードが挿せる穴を開けただけの簡易再現。

サポート修正

サポート部分も干渉したので切って修正。

見えない

ラジエターサポートでまったく見えません。

ラジエター下部

ラジエター下部は資料を確認しながらもう少しパーツを加えます。

下部接着

何のために有るのかは不明。

ドレーン

ドレンのボルト。
カバーに隠れてしまうのでシルバーで目立たせました。

再度資料を確認すると前回物足りなく感じた部分にエアコンパイプが有りました。
組み立てて順を考えないとパイピングできなくなる恐れがあるのですがこれまた複雑。

コンデンサボルト

コンデンサーに付け忘れたボルトを付けて、一息入れてから考えます。

続く



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ラジエター仕上げ

タイロッドの答えがまだ出ませんが次に進みます。

ラジエターの仕上げです。

ファン

ファン部分から。
ファン部分の色を変えたかったのですが、立体的で複雑な形状のため断念。

ファンカバー

ファンカバーは金属で作った部分を無塗装としました。

ラジエター ファン

単色よりも目立つように。

ラジエター塗装

ラジエター本体はただの凸凹プラ板ですが肉眼ではさほど気になりません。
写真にするとやはりただの凸凹です。

コンデンサー

コンデンサーは正面から見える為、エッチングパーツを使用。
ジャンクで売っていたAFV用のパーツを切って貼ったのですが綺麗に貼れませんでした。
貼り方も知らず上からメタルプライマーを流し込んだだけ。
右側のパーツもパイピング。

コンデンサー仕上げ

パイプ状のパーツも接着。

ラジエターパーツ

パーツ完成接着します。

コンデンサー接着

ボルトリベットを付けないと。

ファン接着

シックリきませんが完成後は見えないのでまあ良いか。

ラジエター確認

ラジエターサポートとの位置確認。

ラジエター修正

ガタつくので0.25mmのげたを履かせるための印。

ラジエター裏

裏側。
何か物足りない・・・。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 サスペンション考察

リアスプリング、ダンパーの仕上げ。

リアサスバネ

シャーシに合わせてみました。

バネ固定

接着時にボルトの再現をします。

フロント側。

ブレーキパイプ再考

ブレーキパイプをどうつなげるか?

タイロッド再考

スタビライザーアームを避けながらタイロッドとABSケーブルの接続。
また、タイロッドが平と丸が組み合わさった異形・・・。

で、どうする?

続く


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロントサス仕上げ3

フロントストラットの仕上げです。

フロントサスストラット

固定ボルトの接着。
少々大きいのですがプラモールドを使用。

フロントサスストラット固定具

ケーブルの固定具も作ります。
0.6mm真鍮パイプを使いました。

フロントサスストラット接着

ここにABSのセンサーケーブルが通りますがセンサー自体の設置場所があいまい。
資料を探すも確認できずですが、センサー自体の画像は直ぐ見つかり仕組みなどを読むうちにかなり時間が経過していました。
これもまた楽し。

フロントサスストラットABS

で、肝心のABSセンサーは矢印部分にケーブルの差込口だけを付けました。
ABS車輪速センサーと言うのらしい。

フロントサスストラット 塗装

ディスクカバーも付けて塗装。

ディスク塗装

何時ものディスク塗装。

ディスク接着

錆色を塗った方がパーツとして映えますね。

キャリパー

キャリパーは塗装むらが出てしまいましたが、結果オーライ。

キャリパー接着

ここまで手を加えてもスプリングを別パーツにしていません。

バンド

シャフトブーツはバンドで固定されていたのでこれを使います。

ブーツ

ブーツの塗り忘れに気付きました。

フロントサスストラット完成

パッドも塗装して完成です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアサスペンション仕上げ2

前回の続きです。

リアブレーキ 仕上げ

ブレーキパイプはオイルパイプなので接続や分岐部分が有りますがケーブルは基本一本線かジョイントでつながります。

リアブレーキパイプ

分岐部からキャリパーまでの接続。

リアブレーキパイプ接続

資料に有った接続部分、もっと複雑だったのですが簡易に再現。
真鍮色のままで目立つように。

リアブレーキパイプ仕上げ

完成後は見えないアングル。




次はパーキングブレーキワイヤー。

リアブレーキワイヤー準備

多分ハンドブレーキから一本線でしょうが見えない部分でつなぎます。
考えてシャーシも修正したつもりだったのですが部分の削り取り修正が必要となりました。
こういう事が有るのでボディもシャーシも中々塗装に踏み切れません。

リアブレーキワイヤー準備穴埋め

まずは矢印部分に穴が開くのでレジンで裏打ち。

シャーシ修正

仕上げました。

次はワイヤー。

リアブレーキワイヤー クリップ

ワイヤーも無造作にサスに接着固定する訳には行けないので真鍮パイプでクリップぽく。
実車はポリだと思いますが真鍮パイプを使います。
パイプは0.6mm、内径0.43mm。
ワイヤーが0.38mmなので切って挿せば余裕・・・、と言う訳には行きません。

パイプは加工限界の1mm程に切断。
切り口の穴はめくれ潰れるので穴の拡張。
ワイヤーも余裕が有るサイズですが表面の摩擦抵抗が大きいため挿すのは難儀です。

リアブレーキワイヤー セット

接着まで。
クリップ一つでも説得力はあると思います。

墨入れ

手を加えた部分を墨入れで強調して、

リアサスここまで

このパートは終了です。

リアブレーキ完成

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアサスペンション仕上げ

リアサスペンションの仕上げです。

リアサスペンション

塗装、ビスモールドまで。

リアサススタビライザー

スタビライザーはプラで再現されていたので最初は真鍮パイプで作り変えました。
今回は更にピアノ線に置き換え。

スタビライザー装着

質感は本物です。




次はブレーキ。

リアブレーキ

ディスクカバー部分。
実際はこんな単調な平らではないのですが・・・。
パーキングブレーキ接続部分は目立つように塗装をはがしました。

リアブレーキ ディスク

ブレーキディスクは定番仕上げ。
錆色とアルミ板。
新車でも2~3ヵ月船積された輸入車はディスクが錆びているはず?

リアブレーキ ガード

これは資料に有ったので作製。
写真では解りにくいのですが皿形の形状で手間かけて作っています。

リアパーキングブレーキ

パーキングブレーキはこの部分の中にドラムブレーキの様に入っています。

リアブレーキ キャリパー

キャリパーは色不明ですが、他パーツとのバランスでチタンシルバー塗装。
パッドは墨入れだけ。

リアブレーキ 仕上げ

タイヤを付ければ見えなくなりますがパッドが有ると無いとでは雰囲気が違いますね。

リアブレーキ 仕上げ

パイピング、ワクワクなのですがここまで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロントサス仕上げ2

フロントサス仕上げの続きです。

フロントサス仕上げ

塗り分けました。

フロントサス塗り分け

マスキングはやはり苦手、結局墨入れで誤魔化し。

パイプ固定具

フレームの穴は凹ではなく中空を貫通させているので中々良い感じに仕上がったと自己満足の世界です。

パワステ

次はパワステの仕上げ。

パワステ塗装

チタンシルバーを単色で塗っただけ。
パイピングで雰囲気を付けました。

SUSワイヤー

使ったのはこのSUSワイヤー。
複雑そうなベンディングもワイヤーがピンセットで曲げられる柔らかさなので簡単です。
ビニールコートされたワイヤーですがパッと見はアルミの様な質感。

スタビライザー

スタビライザーはメタルブラックが無かったのでブラックで塗装。
以前作った矢印部分の固定具が見当たりません。
今回は無しで行きます。

パワステ接着

パワステも接着。

パワステ パイピングセット

ポンプからのパイピング。
アルミパイプを使いました。
流石に一本線での現物合わせは困難なので、

パワステ パイピング つなぎ

ここでつないでいます。

パワステ パイピング 固定具

固定具で目隠しすれば解りません。

パワステ ブーツ

ブーツ部分も塗装。
バンドで固定されているのでメタルック貼り。

パワステ 完成

サスフレームの切り取ったビスモールドはシャーシと接着後付けます。
取り敢えず、このパートは完成。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロントサス仕上げ

フロントサスも仕上げて行きます。

フロントサス

サスアームも気休め程度に修正。

フロントサス サフ

全体のサフ吹き。

フロントサス 前
         〈こちらはキットのオリジナルパーツです〉
不自然なモールドも修正。

フロントサス 後

窪んだ 部分も修正しています。

フロントサス ボルト

ボルトモールドも削ってビスモールドに。
シャーシ矢印部分に不自然な平らが 残ったままですがどうしようか?

フロントサス 裏

エンジン付きなので裏側の肉抜き部分の目隠しも必要です。
溶きパテでベタベタ。

パワステ

パワーステアリングのパイピングも確認。

パワステ パイピング

パワステポンプから出たパイプはラジエター付近からエンジン下部を通ってパワステにつながります。
この位置はミッションとエンジンブロックの間、矢印部分。

パワステ パイピング受け金具

まずはラジエター側の受けの金具。

パワステ 受け金具

真鍮板で作製しましたが実車も真鍮色、無塗装で行きます。

パワステ 受け金具2

この位置にも金具。
これでパイピングとなりますが実際の工作手順を考えると位置合わせにかなりの困難が予測されます。

パワステ パイピング受け金具補助

実際には無い金具の加工。
目立たないよう0.3mm線を潰して削って0.5mm程の幅に。

パワステ パイピング受け金具インチキ

これでパイピングが楽になります。

パワステ パイピング手抜き

もうひとインチキ。
エンジン搭載後では接続困難ななパイプの接続部分。
後の手順も考えて工作しておきます。

サスアーム困った

サスフレームはこんなもんかな?
組説の指示はこのパーツ全部フラットアルミ塗装なのですが、実車はサスアームは黒。

塗り分けなければいけません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 リアシート仕上げ

リアシートの仕上げです。

柔らかめの革シートなので表面はあまりきれいに均しません。
要するに手抜き。

リアシート

サフ修正中に間違いが発覚!
中央座席のシートベルトは矢印上から出ますが、バックルが矢印下。
ベルトが装着できません、修正です。

リアシートベルト

ベルト金具にも一手間。

リアシートベルト完成

ベルトは実車とは雰囲気が異なりますが存在感で2mmのリボンを使用。

背もたれ完成

塗装まで。

リアシート背もたれ

背面は布張りです。

ベルトバックル

バックルはボタン部分を別パーツで塗り分けて雰囲気を付けます。

座面完成

シート真ん中のつなぎ目が浮き出してしまいました。

リアシート完成

ダボで仮止め中。
ベルトを付けるだけで雰囲気が良くなりますね。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ドア内張

ドア内張の仕上げです。

ドア内張

芸の無い艶消しブラック塗装。

ドア内張 スピーカー

スピーカーグリルは拘ってみました。
実際スピーカーはこんなにハッキリは見えませんがジャーマングレーで塗って目立つ様に。

ドア内張 スイッチ

スイッチ類も色調を変えて塗装しようかとも思いましたが、面倒くさくなって艶消しブラック。

ドア内張 完成

それでも、別パーツにした分存在感が出たのでOKです。

残りの内貼りも塗装組み立てだけなのですが、実は面倒なドアレバーとロックノブが一つしか作っていませんでした・・・。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ダッシュボード

ダッシュボードの仕上げです。

ダッシュボード

850左ハンドルからV70右ハンドルへ、ようやくここまで来ました。

オーディオ部分もゴッソリ抜けて、パーツも付かない状態は実車を組み立てる気分にさせてくれます。

ダッシュボード ベース色

少し粗く吹いた艶消しブラック。
スピーカーグリルは流石に目が細かく埋まってしまいそうなので、軽く塗装し墨入れに。

ウッドパネル

ウッドはやはりデカール。

ダッシュボード モールド

スイッチ、ルーバーはセミグロス塗装。
別パーツが組み立てを楽しくさせてくれます。

ダッシュボード 完成

少々荒くても苦労した分らしく仕上がるとうれしくなりますね。
ウッド調の塗装が有るだけでガタガタなスジ彫りやよれたモールドをごまかしてくれます。
ハンドルはシートとの位置関係も有るので後ほど。

写真を撮り忘れましたが、コンソールボックスの鍵穴付けました。
簡単工作ですがそれなりに効果が有るかな?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロアコンソール仕上げ

フロアコンソールの仕上げです。

ボディ関連のパテ埋めやサフの盛り上がりのない工作と並行して各パートも仕上げます。

フロアコンソール

サフ吹き。
この後ウッド塗装をしなければいけないのですが、

フロアコンソール パネル

とんだ手抜き野郎!!
市販デカールです。

フロアコンソール クリア

クリア塗装。

ウッド調塗装の練習をしなければいけないのでしょうが・・・。

これからは、ウッドパネルの無い車を選んで作ろう。

フロアコンソール 塗装

塗装まで。
シフトインジケーター部分の彫り込みはモーターツールで削りました。

インジケーター

インジケーターはシールにプリント。

フロアコンソール 完成

完成。
インジケーター部分はミス、真上から見ないとほとんど見えなくなってしまいました。

肉眼ではOKですが拡大するとウッドパネルはかなり不自然。
1/12サイズ用ですかね?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ペダル

アクセル、ブレーキペダルの修正です。

ペダル

キットから切り取った状態。
ペダル部分はこのままでもいいかな?

アームはキットのままでは短く、実車は丸形状。
本当はアクセルとブレーキで太さが違うのですが、

ペダル バー

同じ太さの金属線にしてしまいました。
使ったのはピアノ線。
ペンチの根元でしか切れない硬さ。
色と質感が気に入ったのですが、流石に用途が少ないので在庫はワンサイズしかありませんでした。

ペダル 修正

ペダルに接着用の溝彫。
半丸ならモーターツールで一発ですね。

ペダル 完成

アームは良い感じの黒艶です。
見栄えが良くなりました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 エンジンルームサイドパネル

エンジンルームサイドパネルも修整しました。
助手席側は運転席側以上に合わせ目がずれていました。

華の無い工作なのでサラッと。

エンジンルーム修正4

奥に入り過ぎたのを直すだけです。

エンジンルーム修正5

これでボディパネル固定用のボルトを付けても違和感がなくなります。

不明

運転席側。

隙間合わせに手間が掛っています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 ウォッシャータンク

ウォッシャータンクの作製です。
実際のタンクやポンプはエンジンルームには無くタイヤハウス前方に有り、パイプだけが見えます

ウォッシャータンク

キャップは円形に取っ手部分が付くので造形が難しい。

ECUボックスとの位置関係を確認したのですが、

ウォッシャータンク ミス

ミスが有りました。
矢印部分にボンネットのロックが付くのですがスペースが有りません。

ボディとシャーシの合わせ目も汚いですね。

ウォッシャータンク やり直し

ダボ穴を開け直し全体に位置をずらします。

ウォッシャータンク クリップ

後は空気抜きパイプ?を止めるクリップを作製、

ウォッシャータンク クリップ セット

接着して終了。
資料にはここにパイプが2本付きますが本はどこから来てるか不明。

後回しにすると忘れそうなのでボディとシャーシの合わせ目の修正をします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VOLVO V70 フロント修正

フロント部分の修正です。

フロント

まずはフォグランプ。

フォグランプ

ボディとシャーシとの接合部が有るので張りぼて。

フォグランプ カバー

レンズではなくカバーなので透明プラ板から。

フォグランプ セット

情けないほどガタガタです。

ヘッドライトワイパー

ヘッドライトワイパーの取り付け部も穴掘り。

ルーバー 部品

フォグランプ横のルーバーも作製。

ルーバー 溝堀

ゴソゴソとプラ板の加工。

ルーバー 接着

接着。
左側が長いままがミソ、持ち手になります。

ルーバー 完成

切り出し修正。

ルーバー 仮合わせ

丙種合格。

アンダーカバー位置

続けてラジエターアンダーカバー部分も考察。
左右矢印部分にも補機が有りますが再現は無理。

アンダーカバー修正

ラジエターアンダーカバーの修正。
薄々攻撃と固定◎凹の目隠しはしました。

塗装までの道のりは長い・・・。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR