510レーシングカー バッテリー固定具

バッテリー固定具の作製です。

バッテリー 固定具

ベースは中空箱型ですが金属板での再現は面倒なので雰囲気だけ。

バッテリー固定具

プラ棒から削り出しとしました。

バッテリー固定具削り

モーターツールで修正

バッテリー固定具 完成

2本のバーだけでらしく完成。
端の穴はピンバイスで穴あけです。
くり抜いてプラ板を貼れば中空にできそうですがパスしちゃいました。

ステー部分は洋白板から。

固定金具

本当は凹型ですがL型でごまかし。
今回はデカールを貼る予定がないので接着しました。

完成

完成時はこの程度しか見えません。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ターミナル

バッテリーターミナルの作製です。

ターミナルには色々な形状が有りますが今回は比較的再現しやすい物でした。

バッテリー ターミナル

とは言え、ボルトの長さや圧着部分など実際とは異なりますが完成。
ボルト用の穴開けにははチャレンジはしましたが0.3mmピンバイスが折れたのでリベットで妥協。

バッテリー 完成

金属に細いピンバイスを使うときはモーターツールで起点の穴開けをするようにしているのですが今回は手抜きしてしまいました。
自業自得で折れたのは反省です。

ターミナルカバー

BOXも修正。
下のターミナルにはカバーが付くのですがどうしましょ?

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー バッテリー

バッテリーの作成です。

実車はバッテリーケースに入って蓋をされ隔離されます。
しかし模型的な見栄えでは見えたほうが好いので蓋を開けた状態にします。

コンテナ

バッテリーBOX

まずはBOXの作成。

バッテリー ベース

バッテリー本体は何時ものように透明プラ板から。

バッテリー 上部

上部の作成

バッテリー 組み上げ

今回は内側の隔壁は省略しました。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 安全タンク3

安全タンクを作り直します。

安全タンク

安全タンクと言っていましたが実はこの箱はタンクを入れるコンテナでした。
0.3mm板を使ったので箱にするのが少々面倒。

安全タンク ボルト

ボルトは伸ばしランナーにしました。

蓋

蓋の作製。
真ん中の穴から

給油口

タンクの給油口が出ます。

給油口 仕上げ

給油口の仕上げ。
キャップは面倒なので後日。

給油口裏

見苦しい裏側。
レジンで固定したのでプラと金属もガッチリとくっ付いています。

給油口 合わせ

別パーツにしたので塗り分けも楽。
コンテナとのパッキン部分も塗り分け出来そうです。

安全タンク完成

単体パーツで作ると、塗装後の組み立てが楽しくなります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 安全タンク2

安全タンクの修正です。

安全タンク自体作り直すことになったのですが(理由は➡こちら

安全タンク トランク側

先にトランク部分の固定バーを作成します。

安全タンク トランク側位置合わせ

サイズ的には変更がないので作ったタンクで位置決め。

安全タンク トランク側 固定バー

洋白板でL字金具の作製。

安全タンク トランク側前方

前方部の位置を合わせ。

安全タンク 固定バー受け部

後方は実車でこんなパーツが溶接されていました。

安全タンク 固定バーレジン補強

裏からレジンで補強しています。

さらに資料確認したところ

安全タンク 固定バー受け部修正

ここのステップも作る必要がある事が判明。
最初の写真にも有ったのでモーターツールで削合。

安全タンク 固定バー 終了

段の内側にはまります。

安全タンク 固定バー次はタンク

次はタンクの作り直しです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ハンドブレーキユニット

ハンドブレーキユニットの製作です。

サイドブレーキ

シャーシ下部にむき出しになっています。
整備書の説明は②はサイドブレーキリンケージ③がリターン スプリングとなっています。

ハンドブレーキユニット イコライザーパーツ

イコライザーのパーツ(パーツ名称はパーツリストからです)

ハンドブレーキユニット イコライザー

組立。

ハンドブレーキユニット レバー

レバー、拡大すると溶接跡が見苦しいです。(記事を書いていて間違いに気付きましたので後日作り変えます。)

ハンドブレーキユニット 固定部

シャーシの固定部。

ハンドブレーキユニット パーツ

写真横幅は実物1cmです。
仕上げ研磨が困難なサイズ。

ハンドブレーキユニット 完成

全景

ハンドブレーキユニット アジャスター

ワイヤーの伸びを調節するアジャスター(②サイドブレーキリンケージ)も作製しました。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー リアショックアブソーバー

リアショックアブソーバーの作製です。

ショック


ショックアブソーバー 組み立て

タミヤとエバーグリーンのサイズの違うプラ棒を使用しました。

ショックアブソーバー 比較

キットパーツとの接続部分の大きさがかなり違います。

ショックアブソーバー パーツ

ワッシャーの作製。
ブッシュは省略です。

ショックアブソーバー 角度

固定ピンの角度も変更。
本当は差込角度から変えるべきですが曲げで対応。

ショックアブソーバー 仮

な、感じです。
シャーシ側固定部はキットの穴を使用しているため角度等再考の上修正します。
(ボルトがトランクルームに飛び出ます)

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510 レーシングカー デフマウント

デフマウントの作製です。

デフ

実車画像はこんな風。
ブッシュの赤がポイントですね。
オリジナルキットはデフをシャーシから出た突起で固定する方法でしたが、切り取ってしまったので考察が必要です。

デフマウント

マウント部分は洋白板の切り出し、この後少し加工。

デフマウント ベース

こんなパーツ構成です。
穴の開いた丸棒にスリットを入れて差込にしています。

固定部

固定部分は別パーツ。

デフカバー穴

デフカバー側にも穴あけ。

シャーシ側

シャーシ側も。
実際にはシャーシ側から固定ボルトが出てマウントをナットで固定するみたいですが便宜上割愛。

デフマウント 折り曲げ

調整しながら曲げ加工。

デフマウント 仮合わせ

接着してないのでガタついてます。

ランナータグ

赤いブッシュはランナータグを使用。

ブッシュ

きれいに仕上げられません。

デフマウント パーツ

全パーツです。

仮組

固定方法は再考中。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー サスアーム

もう少しリア周りが続きます。

アームサイドブレーキクリップ

まずは1mm角棒から形成して

アーム修正

サスアーム上のサイドブレーキワイヤーの接続部としました。
矢印部分の凸も実車と若干異なります。
ブレーキパイプのパイピング時にも不都合なるので修正としました。

厚み半分

アーム自体の厚み増も兼ねて凸モールドを削り落として下にプラ板の貼り付け。

アーム裏

厚みは増したのですがこれでもまだ薄めです。
あそこがあ~だから厚み増しは反対面、表面になるのですが今回はパスします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー リアブレーキ

リアブレーキの作製です

ドラムブレーキ

量販車はドラムにフィンが無いようですが今回はフィン付。
以前の作品でも作製したのですが大雑把でフィン数も目一杯少ない仕上がりでした。

ドラムブレーキ ジャンク

今回はハセガワ240Zからの流用としましたがこれでも実車よりかなり少ないですね。

ドラムブレーキ カット

このまま続行でホイールが嵌るように穴あけ。

切り出し

裏側カバーはプラ板の切り出し。

貼り合わせ

段差を付けて平らより見栄えをアップ。

組立

ドラムと組み合わせるとこんな感じ。

ドラムブレーキ 試適

確認はノーマルサスを使用しています。

ドラムブレーキカバー

ブレーキユニットはもう少し凸凹が有るのですが省略。
確認できる部分だけ、真ん中のボルトはアジャスターらしい。

ドラムブレーキカバー パイピング用

左部分の凸はパーツリストではダストカバーとなっていました。
真ん中の穴はブレーキパイプの接続部分。
下のスロットル部分からサイドブレーキレバーがでます。
作るのが厄介そうなのでサイドブレーキワイヤーを作る時にします。

取り敢えずここまで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 安全タンク

安全タンクの作製です。

スペアタイヤハウス部分に収まります。

安全タンク 穴

正確なサイズでとも思ったのですが、このハウス自体正確である可能性を検証するのも面倒なので写真資料から採寸。

安全タンク 型

これで切り出し。

安全タンク 作製

タンクの作製。
ただの箱組、矢印部分は仮の固定爪です。

安全タンク 合わせ

こんな感じ。

安全タンク リベット

タンクにリベットも付けて置きました。
トランクルーム側はフューエルポンプの確認は出来ていますがタンク固定部がまだ不明確なため後日確認。

穴

忘れていけないのがこの穴。
フューエルパイプが通ります。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー サスメンバー修正

サスメンバーの修正です。

サスメンバー

実車ではデフキャリアとマフラーが貫通するようになっているため厚みが有ります。
収集した資料は殆ど裏面ばかり、サスだけの反対面の写真は殆ど見つかりません。

サスメンバー接着

分割されていたデフキャリアはくっ付けました。

サスメンバー ベース

デフキャリアの抜けた部分どうしましょ。

サスメンバー 完了

途中経過なしの完了。
厚みが少し足りないですがまあ良いか。

実車は径の太いマフラーを付けているためマフラーの貫通穴はもう少し大きくなります。
検証はマフラー作成時に。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー リアサスペンション

リアサスペンションの続きです。

コイルスプリング受け

シャーシ側コイルスプリングの受けの部分。
実車の状況は未確認なので取り敢えずノーマル状態で作製。

コイルスプリング

スプリングは真鍮線。

受けサス側

アーム側にもこんな穴が開いています。
この後はもう少し資料を確認してからに。

ダンパー固定部

アブソーバーの固定部も切り落として穴開け。

ドライブシャフトは角度が付くので

ドライブシャフト裏

ラリー用の物を裏表を逆にして使用します。

ドライブシャフト

角度バッチリと思ったのですが、

調整フランジ

フランジの部分が変。

ノーマルフランジ

ノーマルサスと比べると省略されています。

ノーマルサスの物を切り取ってとも思いましたが今回は

ドライブシャフトすげ替え

240Zの物(写真下)と付け替え

接着

移植しました。

完了

フランジもシャープになりました。

ダボ

ショックアブソーバーの固定部も金属線に。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー デフギア

デフギアキャリアの修正です。

ギア キャリア

実車はL6のデフギアに変えられています。
ハセガワ240Zのデフギアを使おうかとも考えましたが、長さが少し長いだけで形状も忠実ではないため今回はキットの修正としました。

デフ

しかし量販車のデフと一番違うのがオプションのフィン付デフカバーが装着されているの点、でこれだけでも再現すれば見栄えが良くなりそう。
流石にフィンを削り出しで製作するのは困難なのでプラ板の貼り合わせにしますが、halticaさんの様な緻密な切り出しは出来ないので簡易的に作りました。

デフパーツ キット

キットのギアキャリアは角張った感じですがこんなもん。
ドライブシャフト出口付近の形状と位置が違うかな?
ドライブシャフトが付いた状態だと気にならない部分です。

デフパーツ切り出し

そしてフィン工作。
エバーグリーンで長さを揃えてブチブチ切り。

デフパーツ 貼り合わせ

ヤスリの柄の部分にあてがいながら瞬着の点付けで積層。

デフパーツ 形成

厚みの違うプラ板で形状の違う物を切り出し。

デフパーツ バラシ

バラバラにして

デフパーツ 貼り合わせ

貼り合わせ、サイズは目分量です。

デフパーツ 仕上げ

サイドパーツは現物合わせで別形状のプラ板の切り出し。

デフパーツ 完成

仕上げ。
よれよれですがまあ良いか。
エバーグリーンは柔らかいので下手に仕上げるとかえって見苦しくなります。

デフパーツ 仮組

デフマウントも何とか付きそうです。

ギアキャリア修正

最後にギアキャリアをもう少しだけ修正。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 車高

車高を落とします。
一度も車高を落として模型を作った事が有りません。
シャー側の形状を犠牲にする訳に行かないので試行錯誤しています。

ノーマル状態がこれ。

ノーマルサス

現状のサスメンバーの位置でアームの角度だけ変えるので

バラバラ

こんな状態に分割して作製します。

車高落としダボ

まずは切り離したアームに角度を付けた金属線のダボを一方外側だけセットして

車高落

車高落としました。
当然キャンバー、トウ角が付いてアライメントの調整が必要となりますね。

ここで再度キットを考察。

車高が変わればアライメントも変わるはず。
なのにラリーキットはノーマルとまったく同じサイズのアームで車高を上げているのですがアライメントのズレが有りません。

車高落とし

よくよく見ると

サスライン前

ノーマルキットはアーム固定部分が左右ともに下の方。

ラリーキット

ラリーキットは内側の固定部が上の方。
これで調整してるんでしょうか?

今回はノーマル位置で車高を下げることにします。

トウ角調整

実車は固定部分ににアダプターを噛ませているので少し内側を少し浮かせてみると

トウ角 調整

トウ角が調整されました。
内側の固定位置を変えたのでキャンバー角も変わっています。
実車のアライメント調整法を知らないので適当ですがOKとして置きます。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR