510レーシングカー オイルクーラー

オイルクーラーと電動ファンの製作です。

オイルクーラー 電動ファン

オイルクーラーは比較的簡単そうですが電動ファンは厄介。

オイルクラーから。

240Zラジエター

このパーツから(別館ブログで説明したものです)。

プラ棒貼って

角棒を貼って(薄いプラ板挟むべきでした)、

アルミパイプ挿し

アルミパイプを挿しました。

リベット

リベット貼ればそれなりに。

接続パイプ

接続部分もアルミパイプ。

ダボ挿して

ダボも付けて

でした

位置決めは完了。
しかしここでラジエターサポートの上部がボディ側、下部がシャーシ側に有るための問題が有ります。
(別館参照)

オイルクーラー パイプ

オイルパイプも作りました。
太さ、形状も違いますが存在感重視です。

問題になるのはクーラー固定部が上側、ボディー側に付くため組み立て時の接着はボディーシャーシ合体後。
そして、その後にパイピングになるのでエンジンから出たパイプを左下から出し、ボディーとシャーシの間を通って・・・・・。
面倒くさそうです。
なのでメッシュパイプは金属製を使いません。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ラジエター2

ラジエターの続きです。

ラジエターパイプの接続口

上部には2つの凸部が有るのですが黄色部分は穴も無い状態。
オレンジエンジン側のみに接続口が有ります。

ラジエターキャップ

凸部分は

ラジエター かまぼこ

プラ棒をかまぼこ状に削ったもの。

貼付け

上はここにだけパイプが接続されます。

下パイプ

下部の接続口。

固定部

固定部分も接着。

完了

ここまで作ったのですが、この後の工程の都合で固定部分は作り直す事になりました。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ラジエターサポート修正

実車のL6用ラジエターは一回り大きいため通常の位置には付きません。

ズレ

資料ではラジエター自体が運転席側にずれているのが確認できます。

ラジエターボルト

固定ボルトの位置を見ると助手席側は、ライトユニットの横。
穴が一杯開いているので本来の位置かは不明。

ラジエターボルト左

運転席側はライトユニットの位置に移動しています。

削り

まずはシャーシのラジエター部分を削合。
オリジナルからどんどん削っていますが

オリジナル

キットはこれでした。

ズレ

この状態でボディとシャーシ合わせて見ると、一平面のラジエターサポートがこんなにズレています。

ラジエター干渉

ラジエターを載せるとシャーシに重なります。

シャーシ修正

なので、長さを測って

シャーシ修正貼り付け

プラ板の張り付け

シャーシ修正切り取り

シャーシ側の切り取り

シャーシ修正面一

面を合わせました。

そして再度資料の確認。
ノーマル状態。

穴でごアス

オレンジ矢印には穴。
白矢印のラジェター開口部は持ち上がった状態。
矢印上にはグリルの固定部が有ります。
赤矢印部分に突起、牽引フック用でしょうか?

オイルクーラー側

実車は。
穴が楕円になっています。
開口部の持ち上がりもオイルクーラーに合わせて切り取られています。
ボディにブレーキ冷却ダクトも見ますね。

穴開け

シャーシ側の修正。
ライト付近の鉛筆ラインはボディー側です。

拡大

ボディ側も修正。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ラジエター

ラジエターの作製です。

ラジエターサポートの開口部分は電動ファンやオイルクラーなどの補器類があるため形状を変更しています。

サポート

製作当初は資料写真だけを見て大体で開口していたのですが途中で間違いが発覚。
矢印部分にプラ板を貼りノーマル状態に戻しました。
今一度レーシング用補器との位置関係を確認をしながら開け直す事に。

まずはラジエター。
実車はL6用のラジエターに置き換えられています。

ラジエター ハセガワ

なのでハセガワ240Zの物を流用。
240Zはエンジンレスキットなのですが出来の良いラジエターが付いていますネ。

ラジエター

しかし流石に裏はガランドウ。

裏

表側を複製して裏に嵌めてみました。

ラジエター キット

ラジエターキャップは簡易的になっているので

給水口

給水口部分の作製。

ラジエターキャップ

キャップも別パーツとしました。
パイプジョイント部分、固定具も作製が必要ですが一般的なものとは異なるので資料収集中です。

これで上下的位置を確認の上サポート部分の修正になります。

この作業はボンネットとシャーシとの干渉確認、結構地道な修正が必要なんです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ボディとシャーシとの隙間埋め2

フロントのボディとシャーシの隙間埋めです。

フロント隙間

エンジンルーム隔壁とボディーパネルの間はこんなに深い溝。

隙間

後方は室内まで抜けています。

別車
(制作中の実車とは別の個体です)

実車はこの状態にサイドパネルが付くだけでホイールハウスのインナーカバーがありません。
本来はシャーシ側での隙間埋めですが、同じように再現するには脱着の関係で困難なため部分的に塞ぐだけにしました。

後方隙間

後方だけ塞ぎました。

前方隙間

前方は手を付けていませんがこのままでも良さそうな気がします。

上方隙間

問題は上方、シャーシ側で埋める方法が選択できれば再現もできるでしょうが、ボディとシャーシの脱着に支障が出るので不可能。
ボディ側で埋めると前方部とのつながりが醜くなりそうなので泣く泣く無しとしました。

結論に至るまでには試行錯誤しています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ヘッドライトユニット

ヘッドライトユニット部分の作製です。

ヘッドライト

ラジエターサポートの穴に合わせて寸法出し。

ヘッドライトボディー

灯体の作製。
名称が解らなかったのですが、

灯体

整備書にはこう書いてありました。

ヘッドライトボディー合わせ

グリルと合わせるとこんな感じで雑ですが完成時は隠れます。

ヘッドライトボディー裏

隠れないのが裏側

ヘッドライトボディー吸入口

この穴の先にはキャブレターが見えるはずです。
穴をあけパイプを刺しただけの工作ですが実写を想像するとどうしても拘りたいポイントです。

ランプマウンティング

ランプのマウンティング部分はプラユニットに穴を開けた物。

ランプマウンティング接着

パーツ追加で雰囲気を付けます。

ランプマウンティング固定部

下の白いのもパーツ、中央に付けてグリルの固定ビスが付きます(多分)。

ランプマウンティング仮組

表側はスペース的に困難なので大分省略。

ヘッドライト裏側

ライト裏側はKOTOBUKIYAの丸パーツで簡易再現。

仮合わせ

合わせるとこの程度見えます。
しかしこの上に

カバー

コネクターの大きなカバーが付くので

完了

隠れてしまいます。
実車もこの程度、ライト裏側をメッキ調に塗って少しでも存在感を出すぐらいですね。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ヘッドランプ周りの修正2

シグナルランプ裏側から。

ライト回りウインカー

模型ではシャーシとボディの固定部分に相当するので

ウインカー周り

こんな感じになっています。

埋めた

塞ぎました。

ライト回り

シャーシのサイド隔壁、ライト回り修正は

BRE

BREのキットを参考に

ライト付近隔壁

修正していきます。

ダフンだ

隔壁がライト穴に被ってしまっているので

ライト付近隔壁切り取り

サイド部分を切り取り

ライト付近隔壁積層

積層

ライト付近隔壁レジン

レジンを盛ってモーターツールで削り出し

だす

上部パーツも付けました

シグナルランプ裏側

シグナルランプ付近は固定ボルトの穴開け。
目印に黒いプラ棒を挿して置いて

シグナルランプ裏側 穴開け

裏から貫通しないように穴開け。
裏からの穴開けは結構手間でしたが、後から考えると表から穴を貫通させるべきでした。

でした

ボディとシャーシのつながりも何とか。

ランプ裏

シグナルランプ裏側は配線用のパイプも挿して作製。

窪ませて

少し段差を付ける為別パーツにしました。

収まった

はみ出した隔壁も収まりました。
シグナルランプ部分が醜いですね。
やはり実車と同じように貫通させます。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ヘッドランプ周りの修正

中断していたエンジンルームに戻ります。

ライト回り模型

不明点や失敗、拘りで中断リアセクションに。

中断理由は別館ブログにも述べましたがサイド隔壁の形状不良とラジエターサポートのライト部分の穴の開け間違いでした。

新たな気分で工作スタート。
まずはグリルから。

ライト穴開け

グリル中央寄りのライト部分を開口しました。
右は空気の取り入れ口、左はメクラ蓋になります。

ライト穴開け確認

穴からのぞくと如何にラジエターサポートの穴開けがいい加減か判ってしまいます。
グリルの穴部分も実車はこんなにポッカリト穴が開いているわけではないのでらしく再現します。

プラパイプ

2種類のプラパイプを使い、細いパイプが太いパイプに刺さる様に拡大。

グリル側拡大


太いパイプがグリルを貫通するように拡大。

グリル 側

こんな感じに接着。

次は

挿し

細いパイプがラジエターサポートを貫通するように穴の開け直し。

やばい

矢印部分の穴がギリギリでやばくなっています。

固定部

周りを彫り込むと完全にかかってしまいました。

この穴はオイルクーラーのパイプが通れば良いので妥協します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ボディとシャーシとの隙間埋め

ボディとシャーシの穴埋めです。

燃料ポンプ 実車

トランクルームを再現するのでボディとシャーシの隙間を埋めなければいけいせん。
非開閉モデルなら裏方は少々ゴテゴテでも良いのですが

シャーシ隙間

今回は表も裏も見えるので粗を最小限に。

シャーシ隙間裏

オレンジ矢印部分を埋めます。
今回のドア開閉はフロントのみ(理由はドア切り取り時に)なので指矢印のリアドアの位置を気にしなくていいのでかなり楽。

隙間埋め 内側

埋まりました。

隙間埋め

ボディとシャーシが一体になる感じが好きです。

シャーシ隙間埋めリブ

矢印部分のリブも付けて置きます。

リブ

少し低くかったかな?

解らん

高さが無いと目立ちませんね。
考えます。

工作方法は別館にUPしました。
別館は ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 燃料ポンプの再製2

燃料ポンプの続きです。

燃料ポンプ上部

真鍮線とパイプを接着し次は上部。
ポンチはmm単位での選択しかできないので今回は2mm。

燃料ポンプバンド

小さいだけで前の工作とほとんど同じ

燃料ポンプバンド仕上げ

仕上げて

補器完了

縮小完了です。

次は固定板。

燃料ポンプ固定板

L字にしたプラ板で。
Pカッターで彫って折り曲げ。

燃料ポンプ固定板 支え

三角に削ったプラ棒を補強として。

燃料ポンプ固定板 折

接着しました。

補器の位置合わせ

補器の位置合わせをすると

サイズ確認

これだけ小さくなりました。

穴開け。

再び穴開け。

補機再製

再製完了

補機完成

余裕なし

周りに余裕が出来ました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 燃料ポンプの再製

燃料ポンプ周りは

サイズ間違い

ここまで仕上がっていましたが、サイズを間違えて作ってしまっていました。
言わないと判らなさそうですが1/24に1/20を載せたぐらいの違和感があります。
ボディーを載せてから気が付くお粗末さ。

なので作り直します。

小さいので作り直しは億劫ですが工作自体は特別な切削加工も無く、切る開ける挿す貼るだけなのでワンサイズ小さい材料で再チャレンジです。


まずはフューエルフィルターから。

フューエルフィルター再製

主な変更点はパイプ接続部。

フューエルフィルター 完成

前に作ったものですが、接続パイプのサイズ間違いもよく考えれば判りそうですがそこまで深く考えていませんでした。
中心パーツが1mm→実車なら24mmとでか過ぎ。

フューエルフィルターパイプ

今回は0.6mm、横に0.4mmの穴あけとしました。

フューエルフィルターパイプ ワイヤー

接続部のパイプは0.6mm以下では製作困難なのでビニールコートワイヤーの被覆を剥いたもの。

フューエルフィルターパイプ接続

今回はフィルター側から出た線にパイプを挿します。

フィルター本体も一回り小さく(実際のプラ棒サイズでは3サイズダウン)

フューエルフィルター再製 比較

固定金具は

固定

洋白板を貼っただけです。

次はコレクタータンク。

コレクタータンク再製

こちらもも少し小さく再製。

コレクタータンク再製比較

2Lタンクなので容積換算すると前の物でも良い気がしますが作ってみました。
バランスを見た上でどちらを使うか選択します。

小さくすると厄介なのが燃料ポンプ。

燃料ポンプベース

角ベースに貼り付けるので垂直の確認。
結構シビアで小さくなればなるほど大変です。

燃料ポンプ比較

かなり小さく、そして細くしました。

サイド穴開け

サイドの穴開けは段差部分なので細いピンバイスから順次拡大。

底カバー

今回は底面カバーもスジ彫で再現。

サイドボルト用

底面カバーの固定ボルト部分のために糸ヤスリで修正。

ペーパー

挿すプラ棒も角を丸めて

パイプジョイント

接着。

この後の切り出し、穴開けの為に接着硬化待ちです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー フューエルキャップ

燃料ポンプから少し離れて後回しにしていたフューエルキャップの作製です。

離れた理由は ➡ こちら

ベントパイプ タンク

実車通りに再現するのはさすがに無理なので雰囲気だけ。

フィラーキャップ

穴開けて切り出し。
真ん中にプラ棒を挿して修正。

フィラーキャップ 仕上げ

いびつで形態も違いますが比べなければそれなりに。
(実は3個目、妥協してます)

フィラーキャップ 穴

キャップに付くワイヤー穴も開けました。
家に有る一番小さな穴開け器具で先端0.08mmです。

フューエルキャップ仮

もう少し浮かせた方が良いかな?

留め具

タンク側のワイヤー留め具も試作。

留め具仮

試作は言い訳できれいに出来なかったので作り直すと言う事です。

次はホースジョイントですがその前に

パイプやり直し

アルミパイプの太さを変更してます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー フーエルフィルター

フューエルフィルターの作製です。

フューエルフィルター 固定金具

パイプ接続部はプラです。
底面の接続はどうなってるのかな?

フューエルフィルター

乳白色にしたいのでタミヤのプラ棒とペーパーで曇らせたプラ板から。
チョッとバランスが悪いのですが固定金具が付くと気にならないかも。

パイプ接続部分は

フューエルフィルター パイプ

0.6mmの丸棒をパイプ状にしたもの(0.4mmの穴開けなので慎重に)と

フューエルフィルター 接続部

1mm棒を窪ませて先端を丸くした物の組合せ。

フューエルフィルター 完成

オーバーサイズですが完成。

燃料ポンプ部分完成

ポンプ付近の補機が完成。
まだ固定板とホースジョイントが有ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 燃料ポンプ2

燃料ポンプの続きです。

燃料ポンプ 2機作製

2機作製。
次は固定部分。

燃料ポンプ固定具マーク

目立たないところでダボ固定します。
位置のマーキング。

燃料ポンプ固定具窪み

円筒形に固定部分を接着するのは不安定なのでくぼみの形成。

燃料ポンプ固定具エバーグリーン

適当サイズのエバーグリーン角棒に穴開けて使います。

燃料ポンプ固定具接着

サイドのパーツもエバーグリーン。

燃料ポンプ 固定部

ダボを付け2機をつなぎます。

燃料ポンプ仮合わせ

コレクタータンクと組み合わせるとこんな感じ。

燃料ポンプ固定具真鍮

固定具は真鍮板でと思ったのですが形状がΩ型のため困難な点も多いので

燃料ポンプ固定具テープ

メタルテープを使うことに。
色目はペーパーで艶落としすれば何とかなりますが薄過ぎなので、

燃料ポンプ固定具 厚み

プラ板で修正。

燃料ポンプ固定具厚み

厚みも増して締め付けボルトの追加。

燃料ポンプ 固定金具

こんな感じ。

燃料ポンプ固定具止め部拘り

Ω型に見えるように切れ込みも入れて

燃料ポンプ固定具止め部 段差

完成。

燃料ポンプ固定金具

本体塗装後艶を落としたゴールドのメタルテープを貼ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 燃料ポンプ

燃料ポンプの作製です。

燃料ポンプ 実車

市販車と違って2機付いています。
その分パイピングも少し複雑。

燃料ポンプ

丸棒と板から作製。

燃料ポンプ完成

いきなりここまで。
1機目なので試行錯誤で途中写真無しでした。
違和感のある金属線は電装ケーブルのつもり。
サイズを見るために刺したのですがこのサイズになると黒コードは有っても赤はないですね。

続く

追記 2機目作りました。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー コレクタータンク 

コレクタータンクの作製です。

燃料ポンプ 実車

下のブルーのタンク。
レーシングカーに付いているタンク、容量は2Lです。
詳しくはウィキペディアで。

コレクタータンク 材料

パーツスクラッチの一番厄介なのがパーツサイズ。
実車実測寸で作ってもバランスが悪かったり、カタログ寸法も最大外形だったりと悩みます。
写真は5.5mmパイプと5mmプラ棒。
5mmでは細すぎたので5.5mm(本当は6mmかな?と思ったのですが材料が有りません)を使用。

コレクタータンク サイズ

パイプなので上下を塞ぎました。
プラ材の色も有りますが0.5mmでこんなにイメージが違います。

コレクタータンクモールド

タンクのつなぎ目は伸ばし角棒、下にあるプラ棒はただの持ち手。

接続部

パイプ接続部は真鍮パイプ。
本当はもう少し長いのでしょうが、後のパイピングの関係でこのサイズ。

コレクタータンク固定部溝

タンク固定部はスリットを入れて

コレクタータンク固定部

洋白板で作製。

コレクタータンク 完成

サイズ的に良さそうに見えますが色塗り接着時に気に入らなくなることも有ります。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR