510レーシングカー クラッチレバー

クラッチレバーの作製です。

クラッチレバー

0.5mm真鍮線を潰したものに穴開け。

クラッチレバーベース
クラッチレバーバー

シリンダーの接着。
固定部分は真鍮パイプを切ったもの。

2パーツ

2パーツ構成としました。

クラッチレバー合せ

合せるとこんな感じ。

クラッチレバー完成

蛇腹ブーツとスプリングも装着。
シルバースプリングは以前失敗したスプリングを伸ばした物なのでガタガタ、作り替え予定です。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー セルモーター

セルモーターの作製です。

特筆無しなので流します。

セルモーター

丸棒から。

セルモーター固定ベース

ベース固定部の接着。

セルモーター ダボ

ダボ付け。
実際にはこの部分にギアーがついてカバーも付くんですね。

セルモーター ダボ穴

ミッション側も穴あけ。

セルモーターベースサイズ

当ててみて固定部分を修正していきます。

電磁スイッチ

マグネットスイッチの作成。

電磁スイッチ組み上げ

ケーブルの接続は2本?

モールド

モールドの追及は切りがないのですが、モーターの後ろ側が切りっぱなしでは寂しいのでモールドの追加。

完成

完成。

セル完成

何個も作っているのですクオリティーが上がるどころか手抜きになっています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー オイルゲージ

オイルゲージの作製です。

基部削り

基部の作製から。
モーターツールで窪みを付けます。

切出し

プラ棒に穴開けした物の切り出し。

接着

接着。

パイプ

ゲージパイプはステンレスパイプで。

挿し

実際には見えない部分でくの字に曲がっています。

オイルゲージ

ゲージ自体に予想外のパーツが付いて一手間ありました。

オイルゲージ

スプリングが付いていました。
細いスプリングが無かったのでステンレス線の手巻きです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー シリンダーブロック

マニホールド側シリンダーブロックの作製です。

シリンダーブロックマニホールド側

削り落としたモールドを再生していきます。

まる

丸パーツは左のプラパイプを修正したものです。

何これ

エミッションコントロール部分。

付けた

システムは不明ですがパイプがキャブレターにつながります。

ミッション固定部

ミッション固定部も修正。

穴空いた

裏打ちしていなかったので穴が開いてしまいました。
穴が開かなければボルト固定部分などもう少し再現しようかとも思いましたがパテ埋めしたのでやめ。

ボルト穴省略

フロント側のボルト固定部も数を減らして再現

シリンダーブロックマニホールド完成

ここまで。

ミッション固定部

続けて運転席側のミッション固定部も修正。
こちらは穴が開かなかったのですがセルに隠れるのでこれでおしまい。

スピードセンサー部分

後回しにしていたスピードセンサー部分。
レーシングカーなのでセンサー自体不必要ですが取り付け部は残っているだろうと作製

溝彫はモーターツール。

スピードセンサー パーツ

実車のスピードセンサー未使用時の処理は判りませんがパーツ作製。

スピードセンサー

接着。

71Bシフトレバー

エンジン搭載時は不要になるパーツですがシフトレバー部分のパーツも作製。

71Bシフトレバー風

71Aを71B風に見せるパーツでした。
エンジン単体完成時写真撮影用です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エキゾーストパイプ

プラ棒の炙り曲げでエキゾーストパイプを作製しました。

エキゾーストパイプ完成

今回はバンテージを巻くので粗が隠せます。

エキゾーストパイプ エンジン合わせ

形にするのが精いっぱいで実車との検証はしていません。

エキゾーストパイプ 載せ

造形的に美しくない・・・。

エキゾーストパイプ裏

まだシャーシのミッションハウス部分が未終了でした。
ミッションマウントの位置決めをしなければ修正出来ない、エキゾーストパイプの干渉を考えないといけないで後回しに。

シャーシの修正をしてからミッションマウント、そしてマフラーの後方部分の作製と行ったり来たりの修正となります。

続く

製作過程は別館で ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ミッション

ミッションの作製です。

以下の省略されたポイントのみを修正します。

ミ~ッシオ~ン

修正考察は ➡ こちら

④クラッチ部分

ミッション修正

穴開けして枠を追加。
点線モールドの除去。
クラッチレバー部分は後から。

②は筋彫りを入れただけ。

⑤セルモーターマウント

ミッション修正 セルマウント

フジミキット71Aミッションから切り出し。
サイズも定かではなく、丸形状は削り出しでは難しいので流用します。

ミッション修正 セルマウント接着

接着。
修正は後から。

ミッション修正 ダボ修理

あ~だこ~だ触っているうちにプラダボが折れたので金属線に変更。

①ミッション固定部

ミッション修正 上部固定部

ミッションとシリンダーブロックの固定部は凸になっているので

ミッション修正 上部固定部切出し

プラ棒を貼ります。

窪ませ

固定部外周の形状は凹型なので、一度L型に削り取ってモールドを張ることに。
モーターツールで削っています。

モールドの追加

モールドの貼り付け追加。

追加追加

追加~~~

一周巻きました。

張ってから切る

固定ボルト穴部分の追加も切ってから貼るより、貼ってから削り出す出すほうが簡単。

形状整え

穴開けまで。

固定部分

③の固定部分はこれだけ。

次はシフト部。

シフト部

この部分は71Aミッションを使ってしまっています。

シフト部 モールド

周りのモールドを削ってつなぎ目リブの追加。

⑥ミッションマウント

ミッションマウント

こちらから見ると判りにくいですね。
ボルト穴は後から。

カバー

シリンダーブロックとの接合面の周りにスジ彫りも入れました。

ず

図の「17」のパーツ再現のつもり。
実際には凸なのか凹なのか不明で、別パーツが有る雰囲気だけ。

ミッション修正前
出来た

ここまで。

ミッション修正裏

裏は資料不足です。
スピードセンサーの再現は後から。

ミッション修正 合体

クラッチが無いと不完全です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー オイルパン

エンジンの位置決めです。
ミッション部分で固定とします。

エンジンダボ

ミッションハウス後方のダボと

ミッションボルト止め

前方部をボルトで固定。

エンジン傾斜角ダボ

エンジン傾斜角もダボとボルトで決定します。

エンジン位置決め決定

フジミのオイルパンで確認、約12°にしました。

角度が決まったのでオイルパンの作製。

オイルパン

ベースの上下、後方は必然的に決まりますが前方は矢印より超えてはいけません。
超えるとオイルポンプに干渉してしまいます。

オイルパン長さ

ベースはなるべく薄い方が良いのですが今回は0.5mmで切断面を加工して使用。

オイルパン角度

積層したプラ板を傾斜角(奥はゲージ)に合わせて削合。


オイルパン 組立

単純な角ブロックではないので工作は面倒。
小さいブロックの断面は平行四辺形になっています。

オイルパン 面取り

形態修正。

オイルパン ドレン

ドレン部分も作ろうとしたのですが何か変?
資料確認すると丸棒のサイズ、角度が間違っていたのですがこのまま行きます。

オイルパン完成

完成。
ボルトをどうするか?

オイルパン 傾斜角

傾斜角に合わせました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジン位置決め

エンジン仮載せしてみました。

エンジン仮載せ

この時点ではこの後の問題点に気付かず良い感じと思っていたのですが

ベルト部分

フロントカバーを付けたところ((((;゚Д゚))))
ラジエターが付くスペースが有りません・・・。
(ラジエターは白いプラ板の内側に付きます)

実車

実車も余裕は有りませんね。
この状態ではファンが付きません。
固定ボルトの形状も違い、ウォーターポンプのプーリーはキットよりエンジン本体方向に寄っています。

フロント切

取り敢えずシリンダーブロックの矢印より右側を0.5mm程削ってみました。

ボルト

ボルトの凸を削り、プーリの凸部分も削ってエンジン方向に寄せてみましたがラジエターが載るには全然足りません。

後方に移動

仕方ないのでエンジンを後方に移動。
ミッションハウスに当たり、エンジン自体が1mm下がりました(写真では天地逆なので上がった状態)。

エンジンを後方に移動したとういう事は

エンジンマウント

エンジンマウントは前方に来てしまいます。
オレンジ矢印が実車の位置で、最初のエンジン位置決めの位置でもここです。

ここで上下位置を確認。

エンジン高さ

カムカバーを載せてみると・・・。
あれ?サスマウントより少し低めで良い感じです。
タワーバーも付くので物差しを載せてみると

こんなもんかな?

これでも気持ち高いぐらい?

では最初の位置決めだと、

だめだこりゃ

ボンネットが閉まりません。

パズルを解くように難解です。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続きます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジン作製 シリンダーブロック

シリンダーブロックの修正です。

図

資料を見ながら削り落としたモールドを再生します。
13はドレーンプラグ
14はオイルプレッシャースイッチ
22はリリーフバルブ
オイルフィルター横の3つの丸は直線上になく上下しています。
実際には蓋があるようです。

袴部分の穴は右からオルタネーターの固定部、エンジンマウント固定部そして不明、最後がミッション固定穴。

考察してから作るとモチベーションがUPします。

まずは丸部分から。

プラパイプ

プラパイプの穴を少し広げて切り出し。

薄々

いつもの方法で薄くしていきます。

接着

上下に段差をつけて貼り付け。

オイルフィルター部分

オイルフィルター部分はこのリングに重なるようになっているので2パーツで。

線モールド

線モールドも付けました。

残りモールド

エンジンマウント、オルタネーター部分はパーツを作ってからの微調整が必要なので後から。

エンジン作製  吸排気側

吸排気側はツルリンと。
この後はエンジンの位置決めができないと二度手間になるのでここも後回し。

次に切り離したミッションの固定をします。

エンジン作製  フロント

固定はボルト固定になるためフロントドライブシャフト部分にドライバーが通る穴明け。

エンジン作製  本体ボルト

固定穴を開けて

エンジン作製  本体 接続

合体。

エンジン作製  本体 傾き

L型エンジンは傾斜角が付きますが角度が定まらないと

エンジン作製  本体です

セルの位置決めができません。
この後のエンジンの位置決めが厄介です。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジン作製 シリンダーヘッド

エンジン本体を修正します。

エンジン作製  本体 元

元はL6 2400cc。

エンジン作製  本体

切り詰めて一部モールドだけ残して穴埋め。

シリンダーヘッドから。

エンジン作製  本体 へ

プラグの穴は差し込み角度だけ修正。
本来は斜面になった部分に穴が開きます(以前のエンジン製作記参照)

次は省略されているリブモールド。
L型エンジンの特徴的な部分

エンジン作製  本体 かまぼこ状

細切りプラ板をカマボコ状に・・・。
肉眼ではカマボコ状のつもりでも拡大すると角を落とした角棒ですね。

エンジン作製  本体 切り出し

切り詰めて

エンジン作製  本体 ひょ

貼り付け。

エンジン作製  本体 穴

資料を見ながらモールド3か所追加。
モールドの目的等は不明ですが、ノーマル状態を作ってレーシング使用にしていく算段です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジン作製

エンジンの作製です。

フジミエンジン

今回ベースとするのはフジミ240Z用のL6エンジン、ミッションは71A型が付いています。

71B

実車は71Bです。

エンジン作製 ミッション

使用するキットはZ432でエンジンは2機ついていました。
写真上がL6、下がS20。
クラッチ部分の形状は下のS20用の71Bなのですが、右側シフトレバー付近は長さ形状ともにL6用に近い感じ。

なので

エンジン作製 ミッション 切り取り

L6用71A型ミッション右半分を切り取ってS20用71B型に移植しました。
そしてエンジン本体とミッションの分離。

エンジン作製 ミッション 穴

穴を埋めて単体のPARTSとします。
エンジン本体もも2気筒分切り詰めて

エンジン作製 エンジンブロック穴

隙間埋めまで。
これでミッションと、シリンダーブロックの角度調整が可能となりました。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー グリル修正

グリルの修正です。

オイルクーラー 電動ファン

本来ならエアコンコンデンサーが付く部分に補機が有ります。

グリル

この状態ではグリルが干渉します。

グリルです

模型ではあまり見せたくない実車との比較

模型

実車です

違いは見えない振り。

グリル模型

グリルは外枠と内側の分割パーツなので外しても外側のモールドが残ります。

グリル 模型

模型は一体、このままでは補機に当たってしまいます。
実車も干渉部分を切り取っているので

グリル 削り

削り取りました。

グリル 雰囲気

完成後は見えない部分なので干渉除去だけ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー オイルクラー修正

オイルクーラーのサイズ間違いがありました。

オイルクーラー修正

実車は開口部とオイルクーラーとの間に隙間が有り取り付けステーが付きます。

オイルクーラー修正 サイズ

違いますね。
フィンの密度が・・・、さすがにそこは無視。
下部のパイプ接続口に段差が出来てしまっています。

取り付けステーは付けたいので

オイルクーラー修正 バラシ

バラしました。
長さ修正します。

オイルクーラー修正 挟み

前の工作時にやれば良かったと思ったプラ板の追加。

オイルクーラー修正 接着

再接着しました。

オイルクーラー修正 金具

新たに作った下部の固定具。
上部はどうなっているか?最初の写真を見ても判りません。
ボルトが2本出ているのは確認できます。

オイルクーラー修正 終了

空間がらしくなりました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 電動ファン

電動ファンの作製です。

オイルクーラー 電動ファン

ファンカバーの再現が困難なためらしくだけ。

電動ファン

金属線を均等に円にするのは難しい。
羽が平面、これでは風が起きません

電動ファン組上

オール黒塗りなので粗は隠れます。

電動ファンi位置

1mm径が小さかった・・・。

グリル補器ラジ

ここまでが関西AMMに持ち込んだ物ですが、修正することにしました。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR