510レーシングカー ワイパーモーター

ワイパーモーターの作製です。

ワイパーモーター

エバーグリーンの丸棒から。
プラ板も貼りました。

ワイパーモーター 表

モールドの付加。

ワイパーモーターギア

ギア部分。

ケーブル

ケーブルも刺さるようにしてあります。

ワイパーモーター パーツ

塗装してから組み立てる予定。

ワイパーモーター 完成

固定プレート忘れています。

ワイパーモーター仮

続く


追記

固定プレートも作ったのですが少し残念な結果に。➡ こちら

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。 別館ブログは ➡ こちら
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー バルクヘッド上部

バルクヘッド上部の作製です。

バルクヘッド上部

ブル510でもまったく同じ事をしたので

バルクヘッド上部

いきなり完成。

手間は掛っています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー バルクヘッド

次はエンジンルーム補機の作製となりますが、器が未完成。
バルクヘッドの修正に戻ります。

バルクヘッド上部

エンジンの上下的位置が決定しないと作製出来ないので後回しになっていました。

バルクヘッド 寸法

カムカバーの高さに合わせて作るのですが、

サイド隙間

サイドに隙間が!!!
シャーシが過酷な手術に歪んでしまったのでしょう(意外と冷静)。
想像するに、2回目のミッショントンネルのレジン盛かと?
レジンの重合収縮は周知の事、肉貫改造したシャーシに固定無しの状態で使えば起こりえます。

歪を直すのは無理なので

サイド埋め

プラ板貼と言う安易な解決策。

何とか

よく見れば後方に隙間が有ります。

出来た

パーツ作って、

ですか

位置合わせ。

ボルト

裏から見ると、このままではエンジン固定用のボルトが絞められません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー キャブレター修正

実車資料を見直してみると、

スペーサー

遮熱板とキャブレターの間には黒い部分が有ります。
シルバーなら無視しますが追加工作しました。

長さ調整

最初に付けたダボでは短すぎるので長い物に付け替え。

ス ペーサー

黒い部分は一回り大きな薄切りパイプ。

スペーサー装着

ダボに挿して、

ココ

遮熱板で挟みました。
別パーツにしておいて組み立て時に塗装接着とします。

これ

締め付けボルトの再現は・・・。
流石に無理。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー キャブレター2

キャブレターの続きです。

少し異形で同型の物が4つつながった状態になります。
形状考察は別館で ➡ ここ

キャブ作製

ベースとなるプラ板を切り出して角を出すのも大変なので、エバーグリーンの角材を使うことで一手間省来ました。
側面を平行四辺形に揃えるため瞬着でベースに付け4つ同時に削り出します。

そして穴開け。

キャブ作製 穴あけ

しかし穴開けも曲者で斜めに穴開けしないといけません。

キャブ作製 パイプ

固定ダボまで付けた状態で4つを固定します。

今回は把持具を使用します。

遮熱板間違い

使うのはこれ。
把持具用に作った物ではなく、不都合があり作り直しになった遮熱板です。

キャブ作製 テープ

両面テープを貼り、

合わせ

4つのキャブを貼り付け、クリップで固定した状態で

キャブ作製 固定

連結させます。

キャブ作製 仮合わせ

前に作った基部と合わせると接合面に隙間がありますが良しとします。

そしてまたまた問題発覚!

エキゾーストとの確認

エキゾーストパイプを合わせてみると、

エキゾースト干渉

干渉しました。

このままでは遮熱板も付けられないし、バンテージも巻けません。
流石にエキゾーストパイプを作り直して・・・。
なんてことは出来ないのでキャブレター側を削ることとしました。

妥協 これ
妥協 これ これ
妥協 これ これ これ

ため息をつきながら中途写真も無く黙々と工作して終了。

妥協 

矢印以下は干渉のため再現不可となりました。

キャブレター 遮熱板

遮熱板の作り直し。
実車は更に断熱材を貼っているようですがこちらもスペース的に割愛。

キャブレター あと少し

ディテールの再現は大まかな物だけで、後はギブアップ。
INOUTのフューエルラインの再現はしました。
スロットル部分は不明に付き確認後にします。

キャブレター1
キャブレター2
キャブレター3

車では見慣れないキャブレターなので、出来の良し悪しが誤魔化せます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジンマウント

キャブレターから少し寄り道。


エンジンマウントの作製です。

上げ底エンジンでは省略できますがエンジン単体では無視するわけにはいけません。
特に旧車はエンジンルームを覗くと地面が見えるほど密度が少ないため目立ちます。

エンジンマウント サス

サスペンションメンバー部分。

エンジンマウント 穴

穴開け位置は240Zとは異なります。

マウント

マウンティングブラケット。

エンジンマウント 合わせ

多少のズレはインシュレーターで誤魔化しますが、この後、想定内のトラブルがあったためモチベーションダウン。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。

トラブルは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ウォーターパイプ接続口

ウォーターパイプ接続口の作製です。

ウォーターパイプ接続口

いきなり完成。
製作自体は大した事はないのですが、他のパーツとの干渉回避が必要でした。

ウォーターパイプ接続口 干渉

実車より前方よりに付いています。
最初はインテークパーツとの干渉回避でパーツの一部分の省略、その後エキゾーストパイプとの干渉が出てきたため前方に移動。
前方移動させるならパーツを削らなければよかったと後悔するもこのままいきます。
厳密なサイズ出しをしていないスクラッチなので何時もの事です。

しかし、フト心配になったのが、

ウォーターパイプ接続口 干渉その2

ディストリビューター。
干渉はしないもののプラグケーブルの取り回しに支障が出るかも?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー キャブレター

キャブレターの作製です。

キャブレターキャブレター あ
キャブレター へキャブレター ふ~ン
キャブレター ぎゃキャブレター うひょ

今回はFCRキャブレター。
資料を見れば見るほど簡易的に再現する方法が思い浮かびません。
遮熱板の有る無しもありますが今の実車は有です。

地道に工作するしかないようです。

まずはエキゾーストパイプのフランジ。

エキゾーストパイプフランジ

形状を思い込みで間違えてしまいました。
中2つのボルト穴が間違っています。

エキゾーストパイプ フランジ

完成後は見えませんが、エキゾーストパイプ単体ではあった方が映えますね。

キャブレター基部

インテーク側のシリンダーヘッドの基部。
拡大に耐えられないぐらいガタガタ。

キャブレター基部 貼り付け

L6のベースキットとは全然違います。

キャブレター基部ジョイント

資料写真の右上の部分。

キャブレター基部ジョイント合わせ

エキゾーストパイプとの干渉を避けながら作製。

キャブレター基部ジョイント 更に

2層め。

キャブレター基部ジョイントこうして

パイプの角度を間違ってしまいました、気が付いてもスルーしてね。

キャブレター基部ジョイント こうなった

地道に手間が掛っています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー カムカバー2

カムカバーの修正です。

カムカバー 隙間

現状はL6を切り詰めただけ。
角ばったL6に比べL4は丸みを帯びているので全体的に角を落とします。

キットパーツは,

カムカバー フロント

ボルト部分の切り込みがきつめのモールドです。

カムカバー パテ

それなりに修正。

カムカバー ダボ

ダボを付けて

カムカバー 位置決め

バランスの確認。

カムカバー ブラケット

オイル注入口も付け、サイドにケーブルブラケットの固定部とブリーザーパイプの接続口用の穴開け。
両サイドともカーブ面に穴を開けないといけないので、

カムカバー ブラケット 開け

モーターツールを使用。

カムカバー ブラケット部分

拡大すると粗だらけです。

カムカバー ボルト

ボルト部分も穴開けしましたが、実車は座金付きです。

ついでの修正部分。
シリンダーヘッド後方。

リヤ

当然ながらモールドは有りません。

モールド

正面からの資料写真も見つからないので雰囲気で。

フューエルポンプ部分

本来ならエンジンに付くフューエルポンプも無いので、

牽引

メクラ蓋になります。
矢印部分はエンジン吊り下げ用のフックが付く部分?
実車はフックは無くアース線がついていました。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー カムカバー

カムカバーの作製です。

キットの物を修正。

カムカバー

オイルキャップを切り取ってメッキ落とし。
上部の横線モールドはL6が凹、L4は凸と異なるのですがこのまま行きます。
しかし無視できなのはカムカバー上の文字。
キットはNISSAN OHCですが実車はDATSUN OHCでした。

カムカバー DATSUN

普通に思いつくのがBREキットからの複製。

カムカバー レジン

レジンを使用。

DATSN 複製

切出しまで。「S」潰れてます。

カムカバー 彫

カムカバー側も彫り込み

DATSUN 移植

移植しました。

カムカバー サイズ

そしてL4への長さの切り詰め。

カムカバー アングル

こんな感じで

カムカバー 隙間

接着。
しっかり隙間が空いています。

4気筒のカムカバーは6気筒を切り詰めただけでは無く形状も若干違うので修正します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー プーリー

プーリーの作製です。

プーリー 模型

キットも良い感じです。

プーリー実車

実車はファン部分は変更されていますが、ドライブシャフト部分はキットの物で十分ですね。
何気ない資料写真ですがこの写真は結構貴重。

考えれば、ラジエターを外してこのアングルから写真を撮ることは普通無いですね。

まずはドライブシャフトプーリー。

プーリー 模型横

サイドから見るとドライブシャフトプーリは2段でベルト再現が内側。
実車素人なので良く解っていませんが、エアコンコンプレッサーが有る場合は2段?

ボケ

実車は1段です。

以上を考慮しキットパーツの切り出し、

プーリー ドライブ

厚み修正。
プラ板をベースに平面合わせをしたのですが

プーリー 段差

パーツに段差が出来ました。

プーリー かさ上げ

プラ板を咬ませて再度修正。

プーリー 指持ち

1/24パーツは十分指で持てるサイズなのでこの状態で溝彫。

針ヤスリ

針ヤスリの先は折れてしまっています。

薄々にしたのでダボ用の穴を裏に窪ませるのは無理ですが

ダボ穴

ドライバー用の穴が開いているので、

ドライブプーリー

太目の2mmプラ棒がそのまま貼れます。

そして実車写真上のメタリックブルーのプーリー。
ファンを回すプーリー?程度にしか思っていなかったんですが実はこれ

ポンプ

ウォーターポンプを回すためのプーリーだったんです。

何?プーリー

四苦八苦しながら完成。

プーリー終了

プーリー終了。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ウォーターパイプ

ウォーターパイプの作製です。

ウォーターパイプ

作製ポイントは丸部分とパイプ。
ラジエターにつながるパイプはゴム製のカバーにも見えます。
ゴムパイプなら結紮バンドが有るのはおかしいですね?

パイプは後日考察するとして丸部分と中間パイプの作製から。

ウォーターパイプ接続部

まずはラジエターにつながるフロント部分、方向が違います。
真っ直ぐ出るとオルタネーターの固定部と干渉してしまいますね。
なのでで切り取り、

接続部修正

修正。
固定ボルト部分の下側を忘れていますが、まあイイか。

ウォーターパイプ フロント

フロント部分のつなぎ手。

ウォーターパイプ リア

リア側。

パイプ

中間パイプはこんな感じなので、

ウォーター パイプ

雰囲気が似ている手芸用品のストラップに

ウォーターパイプ ダボ

ダボ挿しにしましたが

ウォーターパイプ ?

太過ぎでした。
艶も気に入らなかったのでので収縮チューブに変更。

ウォーターパイプ 変更

ホースクリップも付けて

ウォーターパイプ シャープ

シャープになりました。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー オイルフィルター

オイルフィルターの作製です。

オイルフィルター

オイルクーラーへの接続部が有ります。
左上はオイルプレッシャースイッチでしょうか?

まずはフィルターから。

オイルフィルター サイズ3.2mm

毎回、使用するプラ棒のサイズで悩みます。
今回はフジミキットからの寸法で3.2mmとしました。
しかしプラ棒は3mmしか持っていないので3.2mmパイプを使用。
穴埋めとなりました。

たかが0.2mmですがイメージは並べるとかなり違って見えます。

オイルフィルター モールド

レンチの架かる凹部分を削る下準備。

オイル フィルター

均等な凹では無いのですが有るか無いか雰囲気は全然違います。
資料では底面部分は袴の様に凸になっていなかったのでプラ板だけ貼り付け。

オイルクーラー接続部

オイルクーラーへの接続部も作製。

オイルクーラー接続部 仮

量販車に無い光景ですね。

オイルクーラー接続部 六角

ケーブルのつながる赤パーツ部分。
接着後塗り分けるのが難しいので六角パーツの穴開け薄々、

オイルクーラー接続部 合わせ

塗装後接着とします。

オイルクーラー接続部クーラー

オイルクーラーにつながる部分は六角パーツを本体側に接着しました。

オイルクーラー接続部 ダボ

パーツはダボ付にして完成後シリンダーブロックに接続します。

実車

見せるのをためらってしまう実車画像。

オイルクーラー接続部 模型

サイズ違いはご愛嬌。
写真にしてから気づきました、気が向いたら修正・・・。

続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ディストリビューター

ディストリビューターの作製です。

ディストリビューター キット

キットはディストリビューター本体とモールドが省略されています。

ディストリビューター基部

実車資料はこんな感じ。
ボルトも2ヶ所確認。

基部モールド

基部のモールドの作製。
ボルトパーツは切り飛ばしているので後から再生させます。


ディストリビューター本体はサイズ確認も兼ねて

ディストリビューター

S20の物を使用。

穴あけ

穴開けまで。
ここは過去作品と同じで穴の位置は中央寄りになってしまっています。
ケーブルカプラーの関係から妥協して先に進みます。

ディストリビューター パーツ追加

モールドの追加。
真鍮線は固定用のダボも兼ねていますが、気分はドライブシャフトの回転に合わせて動くディストリビューターの軸のイメージ。

ディストリビューター完成

色々な所が実車とは異なりますが、ここまで作ってから詳細な資料が出て来たのでスルーします。
金属線でボルトの再現はします。

そしてプラグケーブルの作製。

リアル

プラグケーブルのカプラーはL字型。

プラグケーブル

工作は以前と同様で真鍮パイプをつないだだけ。
ハンダ工作ならこの後の仕上げも可能でしょうが、瞬着なのでやめておきます。
デスビとの接続位置が実車とは違って内側に寄ってしまっているので

プラグケーブル カプラー

イグニッションコイルに伸びるコードのカプラーはスペースの関係上同様のL字に出来ませんでした。

プラグ

プラグ側はカバーも長めで、プラグの根元が見えています。

プラグケーブルカバー

直付けでは雰囲気が出ないので、

プラグケーブルカバーセット

アルミパイプを足してみました。

ど~~じゃあ~

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー オイルポンプ

オイルポンプの作製です。

オイルポンプ完成

完全にオーバースケールの丸棒ですが、実物を知らなければ

オイルポンプセット

らしくは見えます。

マウント基部

オルタネーターの干渉は基部に下駄を履かせて浮かせました。
形状は異なりますが、実車もここに基部が付きます。

干渉確認

これでオルタネーター下部の位置が決まりました。

次は上部のアジャストブラケット。

アジャストブラケット 資料

実車はこんな感じで量販車の物とは形状が違います。

アジャストブラケット 完成

らしく作製して終了。
実車様に上下のブラケットだけで固定されてます。

製作過程は別館で ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー オルタネーター2

オルタネーターの続きです。

オルタネーター固定部分

固定部の作製。

固定部分

接着。

オルタネーター 接着

大分おまけが付きました。

キットプーリー

位置決めはキットのプーリーを参考にするためダボ付け。

オルタネーター位置

この位置を参考に固定具の作成。

オルタネーター 裏

その前にケーブル接続部と雰囲気ボルトの接着。
実車のカプラーは四角です。

オルタネーター ズレ

そして固定位置。
シリンダーブロックと本体固定部には矢印のズレが出来ていますが、

オルタネーター L字マウント

実車も固定具でズレを解消しています。

オルタネーター よさそうな?

後は上部の固定具と思いきや、ここで問題が・・・。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー オルタネーター

オルタネーターの作製です。

オルタネーター

実車はスリットの入るタイプ・・・。
オリジナルのフィンの付いたHitachi製の訳がないのですが、この形状はかなり厄介。

オルタネーター 彫り込み

部分的にスリットだけ入れて雰囲気だけ再現。
実車形状との違いは深く追及はしません(手抜き)。

オルタネーターパーツ

残りも作製。

オルタネーター 汚い

彫り込んだパーツの削合面はは流石にガタガタです。
作り直しても良くなる自身が無いのでこのまま。
 
次はプーリー。

オルタネーター プーリー

フジミのパーツも中々良い感じです。
しかし、残念がらオルタネーターパーツは再現されていません。

最初の写真と大きさ形状が違うため作り直し。
実車のプーリーはディッシュ状。

オルタネーター プーリー

ベルトの溝堀まで。

プーリー合わせ

バランスが実車と違う。

実はこの状態までに3つのミス。
時間掛っています。

続く

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR