510レーシングカー 燃料レギュレーター

燃料レギュレーターの作製です。

FCRキャブレターはレギュレーターが2つ有ります。
理由は複雑そうですが2つ作らなければいけないことは確かです。

レギュレーター1

1つ目のレギュレーター、フューエルポンプから最初につながる運転席側ストラットハウスサイドの物。
メーターも有りメッキ塗装、下部の台座は四角。

レギュレーター2

2つ目のレギュレーターは助手席側バルクヘッド上方。
メーターが無いのではなくメーターは室内、台座が最初の物と違います。

レギュレーター パーツ

いつもの如く目測サイズでパーツを切り出しています。

レギュレーター組立1

ネジ部分はスプリングで代用。
ナットも

無理

六角パーツで再現しようとしたのですが、薄過ぎてフニャフニャ。
スプリングに挿そうとしても千切れる。
ようやく上手く刺さって流し込み接着剤を使うとパーツがと溶けてしまったのででやめました。

レギュレーター サイド

サイド部分は市販の六角パーツに穴を開けた物。

レギュレーター ダボ

取り付けダボも付けて

レギュレーター 仕上げ

取り敢えず1つ目完成。
拡大するとガタガタです。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー オイルキャッチタンク仕上

オイルキャッチタンクの仕上げです。

初めてミラーフィニッシュを使いました。
結構むずい。

オイルキャッチタンク

前面のパイプや穴の有る部分はうまく貼れずメタルックを使っています。

クリップ

クリップのボルト部分も肉眼だとらしく見えるだろうと簡易再現しておきました。
拡大すると左のパイプ部分がクシャクシャ。
塗装も剥げてます。

写真で拡大しないと気付きませんね。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー クラッチ修正

ブレーキマスターシリンダー セットアップ

前回気付いた間違いはブレーキに対してクラッチが全体的に大きすぎる事でした。

取り敢えず切り詰めて修正し、だめなら作り直しとしました。

出来上がり

ブレーキタンクも修正して、
タンク修正は別館で ➡ こちら

何とか

ブレーキタンクと同じぐらいの大きさに。
本当はマスターシリンダー本体の大きさも含めて一周り小さいのですが妥協できる範囲です。

ク~ラッチ

クラッチホースも取り敢えず付けましたが、ここも要再考です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ブレーキマスターシリンダー2

マスターシリンダー本体の作製です。

マスターシリンダー本体

タンクを固定するための1mm棒の接着。

ブレーキマスターシリンダー下部

下部ブレーキパイプが接続される部分。

ブレーキマスターシリンダー付属

サイドの突起。

ブレーキマスターシリンダー 固定部

シリンダー固定部。

ブレーキマスターシリンダー 完成

タンクと合わせて完了。

ブレーキマスターシリンダー セットアップ

何か違う?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ブレーキマスターシリンダー

ブレーキマスターシリンダーの作製です。

ブレーキマスターシリンダー

マスターバックは有りません。
タンクは角型です。

タンクから。

ブレーキマスターシリンダー タンク

乳白色なのでタミヤのプラ棒を使用。

ブレーキマスターシリンダー タンク作製

3X3mmからの削り出しです。

タンクキャップ切り出し

キャップはアルミパイプ。

キャップ厚み合わせ

厚み合わせをするのでパイプの切り出しは大雑把でした。

厚み

2mmパイプなのでこの状態での研磨は厳しいので

プラ挿し

プラ棒を挿し、

研磨

研磨

切出し

切出し

接着

接着。

 クリップ

タンククリップは輪にした金属線。

クリップ接着

ここまで作ったのですがタンクキャップの厚みが厚過ぎですね。
色も違うのでまあ良いか。


続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー オイルキャッチタンク

オイルキャッチタンクの作製です。

オイルキャッチタンク

オイルキャッチタンク自体知りませんでした。
しかし、知らないままで見た目だけの製作ではモヤモヤが残るため調べたりと工作以外にも時間をかけています。
基本的な事は判ったのですが今回のタンクは整備工場オリジナルの物で画像検索で出て来るものと少し違い、エアーフィルターらしきものも見れます。

まずはブローバイホース。

ブローバイホース

カムカバー側です。
ホースクリップは完全にオーバースケールですが、有るとリアルに見えます。

こんな感じ

このホースも存在は知っていても役目も知らず、過去工作では参考資料を頼りにエアークリーナー付近のインテーク側に接続してるだけでした。
今回はオイルキャッチタンクにつながります。

オイルキャッチタンク箱

タンクは箱組。
タイヤハウスの形状に合わせて修正します。

ガス抜き

フィルターらしき物。
資料写真の凸凹再現は無理割愛。

完成

完了です。

ホース接続部のクリップは組み立て時。
タンク固定具はタワーバーを作ってからになります。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
ブローバイホースの製作過程は 別館ブログ ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー スロットルリンケージ2

ワイヤーテンション調節部分を作り直しました。

セットアップ

まずはOKとエンジン本体と合わせたところミスが発覚。

またやった

だろう?こんなもんかな?作っちゃえ!の無計画スクラッチのしわ寄せです。
カムカバーに当たります。
キャブレターの左右幅が少し小さい?

もありますが、ワイヤー調節部分がこの位置に有るのもおかしく、もっとカムカバーから離れた位置に有るのが正解。
キャブレターの前後位置もおかしけりゃ調節部分のサイズも間違いなのでしょう。

キャブを直す訳には行かないのでリンケージだけ再製作して誤魔化します。

再製作ですが前に作った工程は別館で報告済み ➡ こちら
なので割愛。

ワイヤー固定金具だけ紹介します。

リンケージワイヤー固定部

パーツは2つ。

マイクロ溶接

溶接で作っています。

作り直し

小さく作り直しました。

ついで

追加工作。
前は作っていなかった実際に有るパーツ。

だわさ

回転盤をスロットルロッドに固定する部分。
これで少し外側に出します。

ここも

それに合わせここも再製。

こんなもん

取り敢えず問題部分は誤魔化しつつ何とか解消。

解消

良さげです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー スロットルリンケージ

スロットルワイヤーの修正です。
間違っていたケーブルの固定部分作り直しました。
蛇腹ケーブルと思っていた部分がテンション調節用のねじ部分。

円盤セット

完成後はこちらの面からは見えなくなります。
肉眼では良いと思ったのですが拡大するとガタガタ、気に入らないので作り直します。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログでの考察はは ➡ こちら

続きを読む

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー キャブレター追加工作

キャブレターの追加工作です。

実車

スロットル部分。

スロットル セットアップ

ワイヤーで円盤部分を回転させます。

ワイヤーセット

ワイヤー部分はこんな感じ・・・。
と、思ったのですが実は大間違いが発覚。
後で直します。

アイドリング調整ダイヤル

アイドリング調整ダイヤル。

アイドリング調整ダイヤルセット

実物と形状が異なりますが雰囲気で。

ファンネル

エアーファンネルは結局キットのS20エンジンの物を使用。

シャッター

開閉部分に縦溝を入れます。
実際は凸だと思うのですが、

ファンネルセット

奥まった部分なので塗装スミ入れしたら、らしく見えるかな?

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
工作過程は別館ブログは ➡ こちら

続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー バッテリー台2

バッテリー台の再製作です。

再バッテリー台

一回り大きく、そして勘違いしていた穴開けの修正。

再 バッテリー台

これならケーブルの取り回しも余裕が出来ます。

次はケーブル。

バッテリー側から。

カプラー

カプラーは1X1mmのプラ棒にケーブル穴を開けて一回り小さく。

カプラー+ケーブル

肉眼では実物との差異は見分けられないだろうと、簡易再現。

です

配線の処理方法は実車と異なります。

IGコイル側。

ケーブル

こちら側は4?5?本結線なのでカプラーは大き目。

ケーブル カプラー

しかし実際には3本しか挿せませんでした。
しかも艶有の金属線。

ケーブル らしく

こちらの配線処理方法も実車とは異なります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー スパークイグニッションシステム

スパーク イグニッションシステムの作製です。

スパーク イグニッションシステム

配線の厄介さは一先ず置いといて本体から。
サイズは

11

1/24にすると上下で4mm、厚みは1.5mm。
何時もは写真から判断する寸法なので、助かる資料です。

エバーグリーン

エバーグリーンのプラシートでは密度が足らないよう。

完成

エバーグリーンの積層にしましたが、0.25mm(これより薄い物は有りません)を使ったのでリブの数が違いますが、前の物よりまあ良いか。

セット

カプラー、配線は簡易になりそうですが矢印部分に配線を通すのだけは拘りたいですね。

固定プレート

固定プレートも作ったのですが、反対側の配線スペースが有りません。
本体のサイズは正しいので、間違いはバッテリー台のサイズ。
台の作り直しです。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
工作過程は別館ブログ ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー バッテリー台

次はブレーキの流れですが資料確認が出来ていないため他の工作。

バッテリー台の作製です。
バッテリー自体はトランクルームなのですがイグニッションシステムを設置する台となります。

バッテリー台 シャーシ

タイヤハウスの窪んだ位置に付きます。
モーターツールでガリガリと削ると

バッテリー台 シャーシ 穴

穴が開いてしまいました。

バッテリー台 シャーシ 埋め

取り敢えず反対側からレジンで埋めましたが、なら実車のタイヤ側はどうなってるの?
で、またネット徘徊してしまって当日は終わり。
出した答えはそこまで再現しない、です。

日が明けて、

バッテリー台

台の作製。

バッテリー台 周り

厚みのある一枚板で作製しても良かったのですが、枠型に周りを付けて厚みを増しました。

バッテリー台 ダボ

ダボ打ちして

バッテリー台 セットアップ

組立時にステイを作ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー クラッチシリンダー

クラッチシリンダーの作製です。

その前にバルクヘッドのレイアウトの確認。

バルクヘッド

バルクヘッド レイアウト

大体の下書き。

クラッチシリンダー

以前作った量販車の物とは形状が異なっていました。
タンクは乳白色に見えるようタミヤのプラ棒を使っています。

クラッチシリンダー タンク長いかも?

仮合わせしてみると、タンク長過ぎ?
資料写真からの雰囲気製作なので不正確です。

修正します。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR