510レーシングカー サイドブレーキ

サイドブレーキの作製です。

市販車なら目立たない存在ですが、助手席の無いドア開閉のレーシングカーでは存在感がかなりあります。

サイドブレーキ

資料写真には細部まで写っていなかった部分も有ったので少し想像も含めて作製。

サイドブレーキ 溝

材料はプラ棒、洋白板、収縮パイプ、伸ばしランナーから。
洋白板は折り曲げた物をプラ棒に挿しただけ。

サイドブレーキ 基部

サイズ的に基部がきれいに仕上げられません。

サイドブレーキ 合わせ

一見完成ですが、矢印部分にもギヤが。

サイドブレーキ ディテール

ディテールを追加して

サイドブレーキ出来た

こんな感じに目立ちます。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー シートレール

シートレールの作製です。

実車参考資料は別館 ➡ こちら 
見比べないでね。

シートレール

プラの厚みでシャープさが無いです。

シートレール溝

レールなので溝工作も雰囲気で付けました。

シートレール 仮位置

シャーシとシートの固定ボルトは仕上げ時にエッチングパーツで再現。

シート載せ

シートとの固定調節穴はチャレンジしましたが、きれいに仕上がらなかったので省略。

固定部ロック

華奢で不安定なので接着時には、見えない部分にブロックを噛ませ補強予定です。

スライドバー

スライドバーも付けました。
もう少し雰囲気を付けます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ダッシュボード3

ダッシュボードセンター部の作製です。

ダッシュボードセンター部

芯になる枠組を作って貼り付ける方法にしました。

ダッシュボードセンター部 完成

メーター部分とスイッチ部分はもう少し考察が必要なので後回し。

ダッシュボードセンター部 合わせ

フロアとの固定金具は塗装仕上げ時に再現します。

ダッシュボードセンター部 上から

穴から裏側も見えます。
この後内部のフレームも資料から確認できた部分を少しだけ再現しました。

ダッシュボードセンター部 楽屋裏

舞台裏、バルクヘッドの固定部のガタガタが丸見えです。
段差の角だけ削ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ダッシュボード2

ダッシュボード上面の修正です。

ダッシュボード上面

実車は上面パネルが外されて下地が見える状態。

ダッシュボード 上面

平坦面にモールドを再現します。

ダッシュボード上面下図

手慣れた人ならCADで作るところですが手書き。
左右対称になっていませんね。

ダッシュボード上面 切抜

抜きました。

ダッシュボード上面 モールド追加

資料を参考にモールドの追加。

ダッシュボード上面 実車

ウインドウ下部も実車で確認できるので

ダッシュボード上面合わせ

らしく再現。
ウインドウとの隙間も微調整してピッタリと。
隙間が見えると興ざめです。

ダッシュボード上面 穴

キットパーツの流用では却って手間だったかもしれません。
穴が開けば、ここから見える部分もある訳ですが

見える

見えるのは、ゴチャゴチャの配線です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ダッシュボード

ダッシュボードの作製です。

ダッシュボード 位置合わせ

キットの物を合わせてみましたが固定する部分が無いので仮止めだけで一苦労。
本体もこのまま使える訳でないため、

ダッシュボード プラ製作

プラ板で作り変える事にしました。
キットパーツは上面のウインドウに合わせたRが固定をしにくくしているため四角で製作。
こうすると

ダッシュボード 固定部

シャーシ側の固定も平面で考えれば良くなるので、

ダッシュボード位置合わせ

角度付けも自由になります。

ダッシュボードメーター面

上面を少し反らせて前面を貼ってベース完成。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ロールケージ

ロールケージの作製です。

ボディとシャーシを何度も嵌め外しして内面に合わせて作る手間は想像しただけでも困難そう。
ふと目に留まったのがBREのキット。
同じ510なのでスケールが若干違っても行けるんでないかと合わせると、

ロールケージ

若干の修正で行けそうです。
しかし、BREのパーツはバリ、ズレ、ピン跡の処理が手間です。

ロールケージ つなぎ

高さを少し増すぐらいで、

ロールケージ 立てる

ベースの完成。

ロールケージ 後方

後方部分は長さを合わせて貼り付けるだけなのでササッと。

ロールケージ 完成

フロント部分も長さ修正と若干の曲げ調整で何とか行けました。
これをプラ棒の炙り曲げでするとなると、ボディとの隙間がかなり出来そうですが

ロールケージ 天井

合いもこれなら十分レベル。

ロールケージ 前から

ロールケージ 内側

かなり楽が出来ました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー フロアパネル

トランクヒンジは固定ベースが出来たらなんとなくうまく行けそうな気がして(身の程知らずです)しまったので面倒なロールケージを先に作る事に。

まずはフロアパネルの修正。

フロアパネル

真っ平らなのでモールドを付けます。

フロアパネル 1層

厚みが増してしまいますが薄いプラ板の積層で。

フロアパネル 積層

大きくは違わないかと思いますが、資料写真から雰囲気で。

シートマウント

シートマウント部分は他の車の資料写真とは形状が違っていました。

足元部分は後回しで、ロールケージを作ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー リア隔壁2

リア隔壁のモールドを追加します。

トランク

ホイールハウス部分の形状が全然違うので雰囲気ディテールアップです。

シャーシ追加工作

隔壁部分の凸モールドは奥まるのでモールドの強調。

シャーシ追加工作 トランク

サイズは適当、

シャーシ追加工作トランク

雰囲気重視。

室内側

内装側も板金跡と固定ハトメ。

シャーシ追加工作 室内

こちらもホイールハウスの形状、大きさが違うので、板金モールドは存在感だけ。

透かし

透かすとモールドが浮かび上がるのでハトメが付けたいのですが考え中。

天井

天井モールドも

補強

追加しました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー リア隔壁

ウインドウ下部の棚を作るために、先にリアの隔壁を作ります。

リア隔壁

ホイールハウス付近で斜めの隔壁を作るのは位置合わせに苦労するので、先にストッパーの接着。
後から取り除くのと、現物合わせでの位置替えの為瞬着の点付けです。

リア隔壁

リア隔壁の接着。
パテ埋め跡が難儀を物語っています。

リア隔壁棚

棚の接着。

リア隔壁合わせ

これでトランクのヒンジ工作が出来ます。

リア隔壁 何とか

棚はボディ、隔壁はシャーシ。
ピッタリ合わせるのには限界があります。

棚実車

Cピラーは穴の再現はしてもパネルの凹再現は流石にしません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー トランク開閉準備

トランクの開閉機構の準備です。

トランク蝶番 位置

ドア開閉はまねで何とか形にはなりましたが、トランクの開閉機構は前にやったにも拘らず初心者レベルで悩みます。
巻き込むように開くドアと違い外開き、なので回転中心はハッチの最後縁より外側。
オレンジ矢印の先部分に位置します。

まずはヒンジの取り付け位置を決めなければ行けませんが、

トランク蝶番 リアウインドウ加工

付けれるような場所がありません。
慣れた人には何でもない工作なのだろうか?

トランク蝶番位置

実車は矢印部分に棚が有るので、この棚にアームを取り付ける事にします。

しかし棚を作るとなると、その前にリアウインドウの処理が必要になりますので枠の作製から。

リアウインドウ切り出し

ウインドウはキットの物を使用し熱線モールドを削り落としました。

リアウインドウ内面修正 枠

内嵌め方式とします。



リアウインドウ内面修正 ピッタリ

パチンと嵌ります。

しかし、Cピラーの内面を作ってからだととウインドウが嵌らなくなるので、内面パーツを後嵌め式にします。

リアドア周り

その前にリアドア周りの作製。

リアドア周り パネル

ドア内貼りもウインドウ取り付けの関係で別パーツ、後嵌めとします。
R部分の隙間が醜い。

Cピラー

先にCピラー下部の作製。
矢印部分がリアウインドウンに引っかかるので、

Cピラー別パーツ

別パーツです。

まだヒンジは作れません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー トランクハッチ

トランクハッチのヒンジ工作の前に内面のモールドを作らなければいけません。

トランク開閉準備 実車

モールド周りの点々は何でしょう?
写真からでは凸なのか凹なのかもわかりません。

ハッチ内面

ハッチ周りの薄々から。

ハッチ内面 準備

内面モールドの型取り。

ハッチ内面 加工

苦手な型抜きです。
マスキングテープにボールペンで描いた図柄を切り抜いただけ。
段々のモールドは割愛。
修正すればするほど左右が非対称になってしまいますが、完成後この状態で目にすることは無いので妥協します。

次はヒンジと行きたいところですが、その前にする工作がまだ有ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー トランク開口部

トランク開閉準備です。

トランク開閉準備

ヒンジ作製前に開口部の修正から。
開口部にゴムパッキンが有るようですが、ハッチのプラの厚みを考えるとパッキン部分の無計画な再現ではハッチが閉まらなくなります。

トランク開閉準備 実車

ハッチ内面も量販車の物と少し違います。

トランク開閉準備 増

考えた結果、実車とは異なってしまいますがパッキンの厚み分だけプラ板を貼って開口部を下げて作る事にしました。

トランク開閉準備 枠

開口部の作製。
一枚板でなくプラ板のつぎはぎなので、この時点で一度パテ修正。

トランク開閉準備 凸

パッキン部分の貼り付け。
角棒をぐるっと貼り付け、面取り、スジ彫りしています。

トランク開閉準備 蓋

この後、トランクハッチの内面を作らなければヒンジ工作も出来ません。
慣れていない工作ばかりであたふたしています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー フロントウインドウ

明けましておめでとうございます。
今年もまだまだ510が続きます、宜しくお付き合いください。

左右ドア開閉しました。

ドア開閉終わり

ドア開閉に伴いAピラー部分の内側修正を行っているのでフロントウインドウの調整をします。

フロントウインドウ Aピラー

工作時にはキットウインドウパーツを使う予定でスペース的には考慮していました。
ウインドウ自体の厚みが有るため後嵌め不可能なら塩ビ板への置き換えも検討しましたが、

フロントウインドウ

取り敢えずキットパーツの切り出し。

フロントウインドウ ここカット

矢印部分を少し削るだけで、スッと嵌りました。

フロントウインドウ 内側

このまま上部の押さえも作製。

フロントウインドウ 溝

ウインドウの厚みに合わせてAピラーの修正。

フロントウインドウ 終了

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR