510レーシングカー スタビライザー再製

ミスしていました。

スタビライザー

ジョイント部分ばかりに気を取られて見落としてました。
1本棒で作ったため

スタビライザー干渉

エンジンとの干渉。
作り直しです。

曲げ直し

ダボ打ちは必須。

修復

何とか回避ですがここで更にエンジンパーツのチェック。
この付近にはオイルポンプとオルタネーターが付きます。

ロッド左の穴がオイルポンプ。

再製

前の物と比べると変な表現ですがパーツになったという感じ。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー スタビライザー

スタビライザーの作製です。

サスアーム

サスアームが固定されているキットパーツで位置合わせしました。

スタビライザー

サスアームとの固定をしない方法にしてあります。

スタビライザー 固定部

ジョイントも一番簡単な物を選択。
考察は別館で ➡ ここ

スタビライザー固定部

シャーシとの固定も市販車とは違った形状。
白い部分は組み立て時塗装します。

スタビライザーバランス

テンションロッドとのバランスを確認して完成。

製作過程はまとめてから別館に記載します。

続く

製作過程UPしました ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー テンションロッド

テンションロッドの作製です。

テンションロッド固定部

以前修正したゴムブッシュ部分は取りました。

理由、考察は別館で ➡ ここ

テンションロッド 固定部

接着。

テンションロッド

テンション ロッド

テンションロッドもこんな感じに。
ピロボール部分は厚み有り過ぎのかなりアバウトです。

上の写真はメーカーHPから拾ったものなので実車の物とは異なります。

サスアーム側

サスアーム側の固定は組み立て手順を考慮しパイプに挿す方法に変更。

テンションロッド固定

固定部分が未接着の状態での仮組です。
接着すると干渉が出て来るので組み立て方法も考え無いといけません。

今回は試行錯誤をしながら黙々と工作をしてたので途中写真が有りません。

続く

製作過程UPしました別館で ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー マフラーパイプ

マフラーの続きです。

本来なら続けて工作する所ですが、ソフトプラ棒曲げがうまく行かず一休み。
歪になったり、曲げ部分が不自然な膨らみが出ます。

リアマフラーパイプ

なのでキットのパイプを使う事にしました。

リアマフラーパイプ延長

とは言えカットするとつなぎ目部分が寸足らずなので延長。

リアマフラーパイプ合わせ

カーブに違和感が有りませんね。

リアマフラーパイプ接続

中間パイプとの接続部分。

リアマフラーパイプ 接続

本来は二枚合わせですが、面倒臭くなって手抜き。

エンドパイプ

マフラーエンドはアルミパイプ。

エンドカッター

勢いで磨いてしまいましたが、実車確認しないといけません。

マフラーカッター

先端は斜めにカットしてあります。

フック穴

牽引フックの穴は透かして位置確認。

牽引フック

実車もこの形状の物が、

フック

シャーシに直に溶接されています。

まっふうふふら~はぁ~んが~

マフラーハンガーは、

マフラーハンガー

この位置。

過去作品はフックをシャーシとマフラーに付け吊りゴムで接続したことも有りましたが、今回は面倒臭いので手抜きにします。
それでも面倒くさいので製作は後から。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー マフラーサイレンサー

マフラーの製作です。

製作

サイレンサー部分は断片的な資料写真から作製しました。

資料写真は別館 ➡ ここ

マッフラー

パイプ径の考証は無し。
ソフトプラ棒の径としました。

リアパネル

マフラー周りのパネルの接着。
こちらのパネルの製作は以前別館で紹介しています。

別館ブログは ➡ こちら

マフラー部分と牽引フックの穴を開けます。

サイレンサー ダボ

サイレンサーに位置決めのダボ。

サイレンサー 下駄

本来ならマフラーハンガーだけで固定したいのですが流石に無理。
不本意ですが本来無い固定部の接着。

マフラー長さ

サイレンサー位置

サイレンサー後

位置確認。
少しずれてます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー リアフルアジャストキット

実車リアトレーリングアームにはフルアジャストキットが付いています。
資料写真にはスタビライザーが装着されていますが、模型製作開始時点では取り外されていたので今回は再現無しにします。

フルアジャストキット

他画像、考察は ➡ 別館で

オリジナルのアームを切断加工して取り付けられているのでカットラインの考察。

フルアジャストキットカタログ

実車の物と形状の異なりますが資料から取り付け位置を確認して、

カットライン

修正ラインを決めます。
実際にはこの後の工作手順を考えて水平ラインより上のみカットします。

アジャスター

写真は左右の物が混じってしまっています。
実車はピローボールなのでしょうが細かな形状は割愛、パイプの組合せだけの雰囲気手抜き工作です。

アジャスターセット

アーム確度は真鍮線の曲げだけで調整しています。
接着強度が不安なので裏側スプリング部分の目立たない所で固定を付けます。
固定ボルトは六角ボルトでは無いタイプ、アルミパイプで再現。

比較前

比較後

ノーマルからの車高ダウン、模型でもアライメント調整が必要になってしまいました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー マフラーパイプ

続いてマフラーの中間部分。

プラ棒

ソフトプラ棒で作製。

位置合わせ

ダボを付けて仮組出来る様に。
透明なので打ったダボの軸ズレがハッキリわかります。

実車

つなぎ目の接続金具は、

溶接

洋白板から。
ハンダが出来ないので今回も溶接。

つなぎ手合わせ

つなぎ目を隠すように、

隠す

取り付けです。
組み立て時にボルトを貼ります。

サス側

リアのサス側にも市販車には無い不明の金具。
こちらも、

洋白板

洋白板から、

作製

作製。
曲げて、削って、穴開け、挿して、接着です。

合わせてみた

スプリング部分も手を加えないと。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ドライブシャフト

テンションロッドもスタビライザーもキットの取り付け位置から変更になるので穴を塞ぎました。

穴埋め

プラ棒を挿したお見苦しい写真。

テンションロッドは大変そうなので後回し。
ドライブシャフトの作製です。

ドライブシャフト

オリジナルキットの削り取った部分を再製してやるだけです。
ミッション側のジョイントは予備キットから。

取り付け

プラ棒を合わせただけですが、組み立て工程を考えた穴開けダボ挿ししています。

ジョイント部

ジョイント部分のボルトはキットは凸ですが、

凹

実車は凹です。
ジョイントの形状自体若干違うのでそこまで拘っても仕方ないのですが、

凹

取り敢えず。

次はマフラー。

延長部分

まずはマニホールドの不足部分。
プラ棒で再製、

延長貼り付け

通常セメントを使用後レジンで補強。

硬化待ちです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー テンションロッド

テンションロッドの作製ですが途中で実車との相違が発覚。
計画変更になりますが折角なのでそこまでの経緯を残します。

キットパーツを無修正のサスと共に合わせてみました。

キット

オレンジ矢印部分はシャーシ前方部を修正したので飛び出してしまっています。
スタビライザーの固定金具も片方省略されているのだろうか?
スペース的にも余裕がありませんね。

考察

修正したサスマウントと合わせてみるとテンションロッドの角度の違いが判ります。
テンションロッドマウントの位置修正が必要。

テンションロッド

合体

テンションロッドは真鍮線で作製。

パーツ修正

マウント部分はキットパーツから彫刻しましたがブッシュ部分の塗り分けが大変そう。

出来た

次の工程はスタビライザーとの干渉を踏まえてと資料確認したところ・・・。

間違い

実車は市販車とは全然違います。
残念な事に写真は知りたい左側の部分が写っていません。
この写真も冷却ダクト考察時に見た写真なのですが、テンションロッドの違いに気付いていませんでした。

再考となりました。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ステアリングリンケージ

ステアリングリンケージの作製です。

3回目の作製で過去に紹介した方法とほぼ同じ、手数は多いので写真だけつらつらと。

今回も加工し易い真鍮パイプを使用しました。

リンケージメイン

パイプの穴開けはモーターツールで開始点を付けると簡単。

リンケージメイン

ステアリングギアアームも曲げて調整。

載せた

オイルパンを避ける様に調整。

ナックルアーム

ナックルアームは切出しで作製。

アーム

サイドアームの作製。
白いパーツは1mm1.5mmのポンチ貫したプラ板に穴を開けた物。

ボルト

今回アジャストボルトは薄いのですがメタルパーツを使用。
穴は開いていますが小さすぎるのでモーターツールとドリルで拡大。

パーツ

リンケージ全パーツ。

完成

サイドアームは長さが調節できるようにしてあります。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ステアリングギアボックス

ステアリングリンケージの作製準備、ギアボックスの位置決めです。

ステアリングギアボックス

ダボ打ち。

ステアリングギアボックス 位置決め

ステアリングシャフトを挿すとカッチリ止まります。

ステアリングギアボックス固定部

一度ピンを抜いてギアボックスの固定部も作製。

固定部接着

細部の修正はパーツが小さいので接着してから。

ステアリングギアボックス位置

オイルパンの位置やナックルアームの長さなどを考慮して位置決めしていますがかなり曖昧です。

ステアリングギアボックス反対

次は反対側のリンケージの受け部分(アイドラーアームと言うらしい)の位置決め。

  リンケージ

ここも資料を参考に作製。

アイドラーアーム基部

図は左ハンドル用。

アイドラーアーム 基部

位置合わせで問題発覚。

干渉

干渉まではしませんがエキゾーストパイプとの間はギチギチです。
何が悪いかと言うと、

実車

パイプ集合部の上下的位置。
作り直す気力は無いのでこのまま行きます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー フロントサスペンション2

フロントサスペンションの続きです。

サスアッパーマウント

製作過程が前後してしまいます。
当初はストラットタワー上部の穴からアッパーサスマウントが出る予定でしたが仮固定が定まらないので変更。

裏蓋

ポンチで貫いたプラ板で

蓋した

裏から蓋をしてしまいました。
この部分もストラットマウント、アジャスターボルト、タワーバーの取り付け部、ボディパネルとの移行部とまだまだ工作が有ります。

リング切きり

実車には無い物ですが、模型の便宜上リングを

付けました

裏から貼って、

サスあてがい

サスの固定部とします。

ステア



次はキャリパーのブレーキホース接続部。

パイプ接続部

キャリパーに穴を開けてパイプを突き刺すだけとは行けない存在感のあるパーツです。

ダべさ

正確に再現するのは無理なのでので、はしょった工作過程で誤魔化し。
白ポッチは0.5mmの六角プラ棒、肉眼では只の丸棒ですが写真にすると六角です。

ジョジョイント

微妙

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR