510レーシングカー ドアオープナー

助手席リアドアオープナーの作製です。

助手席リアドア

ボディのリアドアオープナーは外されているため外側から開く事が出来ません。。

助手席リアドアオープナー

なので、内側にワイヤーのオープナーが付けられています。

ドアワイヤー

ビニールコートツイストワイヤーで作製。
矢印より左はコートを剥いています。

ドアワイヤー 穴

内張りに穴もあけました。

ドアワイヤー金具

プレート部分は拡大してみると穴あきですがこのサイズでこれだけの穴を金属板に開けるのは無理。
たとえ開いたとしても歪で仕上げも困難なので、

ドアワイヤー 金具

プラ板にして見ましたがそれでも穴の処理が困難でした。

なので穴の部分だけ、

穴印刷

シルバーシールに印刷して、

ドアワイヤーか~なぐ

プラ板に貼って作製。
分厚い(0.25mm+α)です、そして穴位置もよくよく見ると間違っていますが、

ドアワイヤー 完成

引っ張れば開きそうに見えるのでOKとしておきます。
(実車の内部機構は別館で紹介 ➡ ここ

気が向いたら作り直します。
写真に撮っていませんがワイヤーは0.5mmの真鍮パイプに0.4mmの穴を開けて挿し仮固定。

続く

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ドア内貼りボルト

志賀昆虫ピンを買いました。
ドア内張の止めボルトに使います。

志賀昆虫ピン

もっと早く購入すべきでしたね。

ドア内貼りボルト

当初予定のエッチングパーツはやはり大き過ぎです。

志賀昆虫ピン穴

リアドアの内張パーツも作って穴開け。
100入りなのでかなりあるなと思いきやドア4枚で40本は使います。

内装

内装グリップも外され、ドアロックノブも無い状態での再現です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 消火器完成

消火器の続きです。

見える

白い内装なので消火器も目立つ存在。
コーションシールもらしくで済まそうかと思ったのですがリアウインドウ越しにはしっかり見えます。

消火器コーションシール

イラストレーター等を使う技量も無く、デカールも作れないので資料写真を少し修正してシールの作製。
インクジェットなのでシルバー印刷が出来ません。
なのでクリアー台紙に反転印刷し、

消火器コーションシール メタルック

メタルックに貼りました。

消火器コーションシール貼った

肉眼ではあまり気にならないのですが写真にすると皴しわです。

容量の小さいタンクの画像を参考にしたためシールが大き過ぎですが、まっ良いか。
赤部分の色の違い、シール厚みの段差が気になるので、

こんなもん?

ラインテープを接するように巻いて誤魔化しました。

消火器 完成

固定金具も付け完成。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 消火器塗装

大きく作り過ぎたレバー部分、

取り敢えず塗装して出来の確認。

う

抜きピンも付けてみました。

かき

実物と比べなければこれで良いか。
作り直さずこのままにします。

実際には1mmプラ棒で出来たので0.8mmで同じ事をと手掛けたのですがうまく行きませんでした。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 消火器

消火器の作製です。

消火器

考察は別館で ➡ ここ

消火器

タンクの直径は1/24で4.5mmなのですが、そのサイズのプラ棒は無いので0.5mmぐらい良いだろうと5mmで代用。
やはり太めのイメージでした。

消火器 サイズ

プラ棒より手間が掛りますが一回り細いパイプに変更。

消火器留め具

固定部分も作製。
今回は練習がてらハンダをしています。
見えない部分なので分割の手抜き。

消火器 留め具

次はレバー部分。

レバー 部分

手持ちサイズの材料だけで作ったのですが、

レバー部 分

実は大きすぎ。
後1mm小さく作らなければいけなかった。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー Bピラー修正

Bピラーの修正です。

Bピラー

ドアストライカーを付けようにもBピラーに受けの部分が有りません。
後回しにしていた部分です。

Bピラー実車

実車のBピラー室内側はこんな風。
上の穴はアルミテープを貼りましょう。

Bピラー 穴開け

取り敢えず穴開け。
取り敢えずと言うのは下段の四角部分、写真での不明のまま加工をしたのが先週土曜日。
日曜日に確認したところ穴では無く四角い物が貼ってありました。

確認したのはこちら ➡ 別館で

Bピラー穴塞ぎ

表側から塞ぎます。
単純に塞ぐとなると、その部分の厚みや形状が異なってしまいそうですが、

Bピラー想定内

予定工作でした。
ドア内貼り時にBピラーの修正が必要かもと後回しにしていたんですね。

Bピラー修正

ストライカー取り付け部分は雰囲気再現(実物と比べるのはご法度)です。
下部三角スペースにリアドアのヒンジが見えるはず。

実車取材したので加工します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ドアハンドルレバー

ハンドルレバーの作製です。

ハンドルレバー

白飛びして判りにくい写真ですが今回のディテールはらしくだけ。
実車資料を参考に細かいディテールを加えましたが仕上げが今一、簡易再現に変更したのがこれ。

ハンドルレバー位置合わせ

これでいいのだ。

次はドアラッチ。

ドアラッチ

ドア側

ドアラッチ

受けの部分はストライカーと言うらしい。

ドア ラッチ

ラッチは虫ピンから。
窪ませてからエッチングパーツを貼りましたが微妙です。

次はストライクなのですが、またあーだこーだで、

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ドアミラー修正

ミラーの修正です。

ドアミラー前

大きすぎるイメージのミラーを実車で計測したサイズに変更します。
なぜ?実車計測が出来たのかは ➡ こちら

ミラー修正

実車に合わせ以前の物より小さく作製。

ミラー 修正

固定部も小さくしました。
ロッドも0.1mm細く。

ミーラー修正

良さそう・・・。

ミラー修正アレレ?

しかし別の角度から撮った写真を見ると厚みが間違っていました。
上面にロゴ、ミラーも曲面です。
どちらも再現は完全に不可ですね。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ドアミラー

ドアミラーの作製です。

ドアミラー実車前

形状的には単純な物ですがボディとの固定方法を考えなければいけません。
プレートとアームの接着はハンダしかなさそうです。

ドアミラーベース

まともに出来ないハンダ、やはりボテッとなったので削って誤魔化しました。

ドアミラーミラー部

ミラー面は一段窪むのが正解ですが再現の仕方が判りません。

ドアミラー裏

悩んだ固定はドア桟にスリットを入れて挿しこむ方法に。
先にこの工作をしないと内張りの下地パネルの接着が出来ませんでした。

ドアミラー前

ミラー部分が少し大きいイメージです。
ミラーは全体のバランスに影響しそうなので今回は一旦保留。
どうするかは後日。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ドア内張り

ドアの内張りです。

ドア内貼り

枠を作ってから内張りを貼ります。

ドア内貼り実車

上部は金属部分でボディ色。
内張り部分は色も違い周りにビス止めが有ります。

ドア内貼り桟

下地パネルに上部を貼り付けて厚みを持たせました。

ドア内貼り 穴

穴開け加工と角を落とします。

ドア内貼りノブ

伸ばしランナーでロックノブ(ここは再考します)。

次は内張り。
今回は別パーツに。

ドア内貼り準備

下地パネルに位置決めの穴開け。

ドア内貼り

微妙な段差を付けたかったので接着時のガイドです。
また別パーツにしたのは内張りサイドの厚み部分を接着後マスキングして塗り分ける技量が無いため工作に逃げます。

ドア内貼りボルト

止めボルトはエッチングパーツにするとオーバースケール。
金属線を挿すにしてもあーだこーだ。

ドア内貼り確認

取り敢えず次へと思ったところ、

ドア内貼り隙間

下地パネルとドアとの間に隙間があります。
下地パネルはドアと一体で隙間が有ってはいけないので接着ますがその前にして置かないといけない工作があります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー テンションロッドマウント

ブレーキパイプの続きも作製はしていたのですが補機を接着しないと困難な部分が出てきたので、組み立て手順だけ構想し後回しにする事にしました。

テンションロッドマウント部の修正を少しだけ。

テンションロッド 固定部

キットパーツからロッド、ブッシュ部分を削り取って接着しただけの状態。
別段おかしくない様に見えるのですが、

テンションロッドマウント部

横から見るとらしくない形。
なら実車はと言うと、

テンション ロッド マウント部

こんな感じ。

テンションロッド マウント部

寸足らずはご愛嬌で修正しましたとさ。

続きます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ブレーキパイプ

ブレーキパイプの作製です。

市販車はシャーシ下に有るのですが室内を通ってリアに伸びます。

ブレーキパイプ隔壁

シャーシ室内サイドに壁を作るため一部カット。

どうしてこの工作をするかは別館で ➡ ここ

ブレーキパイプ 隔壁

ラインを載せる棚も接着。
実車には当然ありません。

ブレーキパイプ

パイプは金属メッシュなのですが細い物の持ち合わせが無いのでナイロンコートツイストワイヤーで代用。
写真は全然メッシュには見えませんが肉眼ではもう少しらしく見えます。

ブレーキパイプジョイント

ジョイント部分は雰囲気の再現と手抜き。

ブレーキパイプセット

パイプを固定するワイヤーは実車ではプラの結紮バンド、他に良い再現方法が見つかりません。

ブレーキパイプ誤魔化し

運転席足元はロールバーの基部(実車にはこんなものは有りません)の後を通します。

マスターシリンダーからのパイプはこの裏側でつながっているかの様にします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR