510レーシングカー リアアブソーバーマウント

リアアブソーバーマウントの作製です。

アブソーバーマウント

特筆無しの工作。
両サイドのプラの厚みが有り過ぎです。
ボルトはマイクロねじを切った物。

マウント

オレンジ部分、実車はイエロー系のゴムブッシュ。
目立たなかったのでクリアーオレンジに。
トランクを覗き込めば見えます。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー バッテリーBOX仕上げ

バッテリーBOXも仕上げて行きます。

バッテリーBOX

デカールは貼り付け乾燥、クリアー、磨きだしと面倒なのでカーボンフィニッシュを使いました。
角の処理がうまく行かずタッチアップで誤魔化し。

バッテリーBOX完成

取り立てた工程も無く完成。
シルバー部分はメタルックマット、内側にも貼っていますが分りませんね。

バッテリーINバッテリーBOX

バッテリーを入れるとこんな感じ。
バッテリーとBOXとの比率が実車と違うのはここだけの秘密。

バッテリーBOX蓋閉め

流石にベルトは締められません。

バッテリーBOX横

金具のズレ、写真で気が付きました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー バッテリー仕上げ

バッテリーの仕上げです。

ターミナルカバー

液口栓(知らない名称でした)は手掘りだったので、

エッチング

エッチングパーツに置き換え。

バッテリー貼り付け

よく見ると両サイドの位置がギリギリ過ぎ。

バッテリー塗装

塗装貼り付け。
資料を頂いた時点の物を参考に作っています。
BOXの中に入っているのでメーカーも不明。
なのでサイドのロゴ無しの無印ブランドです。

先日実車のレースを見に行った時、レース直前の整備でバッテリー交換していました。
外したものが模型と同じか不明ですが今はブルー系の物が付いているはずです。

バッテリー止め金具

CAUTIONシールはシールプリントなので厚み有り過ぎ、実車の24倍相当です。
剥がせるのでまた考えます。

ダミー

ターミナルは雰囲気確認のため仮に挿しているだけです。

次はボディーアースケーブル。

バッテリーBOX蓋

矢印部分に見える物。

アースケーブル端子

ターミナルとの接続端子は、丸輪っかの適当。

アースケーブル

心線を抜いたケーブルに挿します。
上はボディーアース用端子。

ボディーアースターミナル

ボディーアース端子には0.4mm線も接着。

ボディーアース

こんな感じ。

そしてバッテリーの、

バッテリー完成

完成。
ターミナルカバーは今回無しにしました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー バッテリーBOXベルト

ベルト金具の作製です。

バッテリーBOX蓋

ベルトは金属金具の部分で外れると思いきや、

金具

赤いバックルの部分で外します。

バッテリーBOXバンドパーツ

金具部分は洋白板から。

バンド金具

3パーツだけの簡易工作ですが、らしく見えるかな。
ベルトはICテープ、手軽で良い感じ。

赤バックル

赤いバックルはプラ製なので、プラ板からの削り出し。

赤バックル 艶有り過ぎ

艶有り過ぎです。

ベルト完成

無垢の金属は光った方が緻密に見えますが、塗装プラは光るとおもちゃっぽいですね。
塗りなおします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー バッテリーBOX

ホイール作製は停滞気味なので中途になっていたトランク部分に移ります。

バッテリーBOXから。

バッテリーBOX

内張りの追加。

バッテリーBOX2重

実際の構造は不明ですが実車資料の色の違いだけから判断して追加。
このバッテリーBOXはバッテリーターミナルからのスパークを防ぐためなので、実際には

バッテリーBOX蓋

蓋が付きます。
固定ベルトも付いて、矢印部分はアース。
製作当初は蓋無しでバッテリが見える状態で進めて来ました。
どうするかまだ決めてませんが、パーツだけは作ります。

カーボン地の表面艶々。
厄介そうです。

バッテリーBOX蓋

取り敢えず蓋の作製。
これだけ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ディスクローター

ディスクローターにスリットを入れます。

ディスクロータースリット

今までの作品はアルミ板でディスク面を作りましたが今回はスリットを入れるのでプラのまま。
シンプルな6本線です。

ディスクロータースリット資料

資料をネットで探してたのですが、関連項目の検索を芋ズル式に進めてしまい工作までに時間掛ってしまいました。
カーボンメタル系のパッドにはプレーンローターの方が良いらしい。

ディスクローター スリット

完了。
実車資料ではスリット部分はパッドが当たらないので錆色になります。

工作はあっという間ですが、資料確認と寄り道検索で時間を費やしています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ホイール2

ホイールの修正です。

ホイールフロント

スポークの修正は気合が入らずまだ。
ディスクを合わせてみました。

フロントホイール

ナットはホイールから飛び出しており、フロント側はハブキャップも有ります。
ナット部分の修正から。

ボルト穴

ナット部分の削り取り。

ナット

六角棒に穴開け。
中心に穴開けは一つも出来ませんでした。
取り敢えず4つ、金属線は0.4mmです。

ナット合わせ

六角は何とか確認できます。

完了

ハブキャップは先端を平らにした方がよさそうですね。
メッキ塗装が出来ないので金属線に置き換えも考慮します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ホイール

タイヤホイールの作製です。

レーシングタイヤ

タイヤはレーシングタイヤ、あまり見かけないパターンですが、

タイヤ太さ

86トレノのキットに付いていた物(モデルカーズの景品で貰った物)が似たパターンだったので使います。
しかしワイドタイヤなのでそのまま使うことも出来ず切り詰めました。

タイヤサイズ

パターンは左右対称では無く少しズラすべきですね。
実車も185以上のタイヤが履けないのですが、元タイヤをトレノに履かせるのも太過ぎです。

次はホイール。

ホイール

4穴、5本スポーク。

ホイール作製

見つけた物がゴルフのホイール、FFですがサイズ的にこれしかありませんでした。
リムを深くしないとFRらしくないのですが、取り敢えず削り込みで作製。

積プラは殆どないのでタイヤもホイールも見つかったのは偶然です。

ホイール穴

まずはナット周りの穴あけ。
ガイドが有るのでフリーです。

ホイール

ザクザク削って、

ホイール仕上げ

仕上げ。

奇数スポークは中々形が整いません。
リムもこれ以上深く出来ません(スポークが部分的にかなり薄い状態)。
凹形状なのできれいに仕上げられませんが取りえずこれで行きます。

ダメダメばかりではモチベーションが下がるので、

ホイールドラム

ドラムブレーキとの仮合わせ。
ドラムパーツは240Zのキットの物。

ドラム実車

ドラム径が実車より小さいです。
並べてみるとスポークの形状も違います。
ナットも手を加えないと。

スポークが薄くなってしまったので複製も困難。
地道に4つ作ります。

めんど・・・。

続く




テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ストライカー

ドアストライカーの作製です。

ストライカー

大した工作では無いのですがこれは3つ目。
失敗したり、飛ばしたり ➡ こちら

接着

ラッチが嵌る様に作ったのですが、実際には1mmとどかず。

連休中は工作が進まずこれだけ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー Bピラー修正2

ヒンジパーツの作製です。

ヒンジパーツ

何これ?工作ですが考察は ➡ 別館で

ヒンジ

こんな感じです。

次はドアロック、

ドアロックラッチ

ラッチ部分、実車とは違う部分もありますが雰囲気だけ。

ドアロックストライカー位置

ストライカーも作り始めたのですが大きくなり過ぎました。
日を改めます。

前の工作から日にちが開き過ぎたので、どんな物を作っているか知りたい人は ➡ こちら  参照。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR