510レーシングカー ワイパー

エンジンは未完成ですが試したかった工作が有るので先に。

ワイパーの作製です。

ワイパー

艶の無いシルバー。

ワイパー キット

こちらはラリー車に付いているディテールアップパーツ。

ワイ パーああああ 

市販の物。
いままで何もためらわず使っていましたが、あらためて比べるとブレード部分の薄さが気になります。

スクラッチするにしてもプラ工作では厚みが気になるし、金属工作はハンダ技量が無いので諦めていたのですが、この手が有ったか!で工作開始。

ワイパー 組立しております

材料は洋白板とステンレス角棒(洋白角棒が無かったため)、溶接で仕上げました。
(溶接に関しては割愛、機械が有る事が前提です)
溶接は技量要らず、スイッチを押すだけです。

ワイパー組立根元でオマ

アーム根元は洋白板を切り出して曲げ加工、修正を加えただけ。

まずまず

市販のディテールアップパーツと合わせれば工作の範囲はもっと広がりそうです。

次は回転軸。

ワイパー組立中

これはキットパーツの加工。
アームと軸は直角では無いので調整。

ワイパー でけた

実車と比べると突っ込み処満載ですが初めての金属ワイパースクラッチなのでご勘弁を。

ワイパー組立 比較でっせ

キットパーツとの比較。

回転軸はボディを突き抜けているのが正解。

ワイパー軸

実車はこう。
ボディーの穴から突出しているんですね。
ボディー穴の裏側にプラ板を貼ったりして加工、突き抜けた感をらしく再現したつもり。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジン5

エンジン完成までもう少し。

クラッチパーツ

クラッチパーツです。
大小のゴムチューブはラバーブーツのつもり。
手巻きスプリングもヨレヨレ。

クラッチ組立

組み上げ。
動きが伝わってきますかね。

クラッチベース

固定部分は本体でなく、ミッション側に塗り分けで再現。

クラッチ完成

エッチングのビスモールドを付け完成。
パイピングも出来る様にしてあります。

シフト固定部

シフト固定部

こちらは展示、写真用の補助パーツ。

シフト固定部完成

シフトの長さは未調整です。

そしてオイルキャップですが、

オイルキャップ

取り敢えずキットのメッキパーツで雰囲気見。
写真をシールプリントにした物を貼っただけ。
形状が違うので作り直しますが、紛失パーツの痛手が大きく手が付けられません。
デカールも無いし・・・。

主張し過ぎ

メッキパーツ主張し過ぎです。

エンジン完成ならず。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジン4

エンジン仕上げももう少し。

固定部

ロッカーカバー、ケーブル固定部も作製。

修理

エキゾーストパイプも修理しました。

接着

接着。

FCR

FCR。

プラグ

プラグコード。

もう一息

もう一息。
でも、作ったはずのオイルキャップが見つからない。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー FCRキャブレター

FCRキャブレターの仕上げです。

遮熱板

遮熱版はタバコの銀紙を貼りました。
タバコは吸わないので貰い物。

FCR

FCR本体はミッションと同色で塗っています。
少々の塗り分けとボルト、パッキン?、調節ネジの追加。

FCRキャブレター

シリンダーブロックとの接続部分。
殆ど見えないボルトと不明なパイプの接続。

FCRキャブレター完成

スリットはエアーファンネルから見えるシャッターのガイド。

エアーファンネル

エアーファンネルはフジミエンジンのS20用。
きれいなメッキですが塗装し直しました。
エンジンルームにキラキラ過ぎるメッキパーツが有るとかえってリアルさが減少する気がします。

FCR完成

サイズ違い、ディテールの甘さがありますが完成。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジン3

プーリーの接着。

プーリー

筆塗りムラムラ。
ベルトもかなり薄いです。

プーリー横

横から見るとまずまず。
完成後はこの位置からしか見えないのでOK。

オイルパン

オイルパンはボルトの追加。
地道に時間が掛っています。

ディストリ ビューター

ディストリビューターとエンジンマウントも接着。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジン2

エンジン組立です。

エンジンブルー 艶無し

シリンダーブロックを塗り分けました。

塗装考察は ➡ 別館で

スターターモーター

スターターモーターも塗り分け。

スターターモーター

簡易工作の様な仕上がり。

スターターモーターアース

実車もここにアース線がつながるのですが起始点は不明。


オイルゲージ。

オイルゲージ

レベルゲージ(真鍮線部分)は実車黒ですが、無塗装にしました。

接着

接着。

シリンダーブロックカバー

フロントカバーはヘッドとブロック部で色の違いが有るのですが後から気が付いたのでパス。

シリンダーブ ロックカバー

アルミパイプで再現した穴付ボルトの塗料をチマチマ剥がしたのですが視覚効果はあまりなし。

オイルフィルター

オイルフィルターの塗装。

オイルフィルター接着

実車も傾いて付いてます。

ウォターパイプ

ウォーターパイプもセット。
オルタネーター固定部も接着。

オルタプーリー

オルタネーターも塗り分け塗装、スミ入れで粗を誤魔化します。
左下にチラリと見えるのはボルトパーツでこの後接着。
プーリーは若干色が違いますが金色で塗装。

オルタネーター

完成。

オイルポンプ

オイルポンプとエンジンマウント。

オルタネーターセット

この面はここまで。

オルタネーターバー

オルタネーターのアジャスティングバーはアルミパイプです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エキゾーストパイプバンテージ

エキゾーストパイプの仕上げです。

あちゃー

折れてしまったエキゾーストパイプにバンテージ(風)を巻きました。

バンテージ

途中で左下部分も折ってしまっています。
ICテープを使用。
柔軟性もあるのですが、厚みも有り粘着テープなので結構大変。
浮き上がり巻き斑もあり雑な仕上がりです(パーツが折れる心配が無ければまだましに出来そうですが・・・)。

バンテージ自体珍しい物でもないので、参考になる作例は無いかと検索しても見つかりませんでした。
もっといいマテリアルは無い物か?と言ってもやり直す気力は有りません。

続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジン

エンジンの製作です。

ミッション

ミッションはメタリックグレー+フラットアルミ、実物は写真よりもう少し艶消し。
この後スミ入れを少々しました。

ミッションボルト

ボルトはエッチングパーツなので薄っぺら。
クラッチ部分はシリンダーブロックと接着後に付けます。

ロッカーカバー

ロッカーカバーは艶消し黒、六角穴付ボルトはアルミパイプでそれらしく。
DATSUN文字は複製パーツなので何とか読み取れる程度(下手糞の言い訳)。

このまま続けて仕上げて行きたい所ですが・・・、

あちゃー

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジンサフ吹き

エンジン組立準備です。

まずはサフチェック。
一回目のキズ等の確認用写真も兼ねていますので写真は拡大します。

エンジンサフ

切り貼りして手間を掛けたディテールが浮かび上がりモチベーションアップです。

エンジンサフ斜め

エンジンサフ後

エンジンサフ前

エンジンサフ上

さて、苦手な塗装。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー テールランプユニット2

テールランプユニットの続きです。

テールランプユニット左右

左右作りました。

プレート裏

ナンバープレート裏側、ストライカーの付く部分。

ケイブル

ケーブルも作製、チューブにワイヤー6本(3色)通したのですが判りませんね。

言葉で説明しにくい

配線の色まで忠実は無理。

その他

極細ケーブルを使うと、今まで手を付けなかった所も再現できるようになりました。

完成

今回は白サフ吹きっぱなしで完成とします。

まだ未製作の補機も有りますが、そろそろ組立に入ります。
全てのパーツが荒削り粗仕上げ、手間が掛りそうです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー テールランプユニット

基本工作もようやくこれが最後?
テールランプユニットの作製です。

テールランプ

現代の車ではまず見ない剥き出し。
色はグレーッポイ白ですが過去作品ではサフ色が良い感じだったので今回も。

ナンバープレート裏

ナンバープレート裏部分。

テールランプユニット考察

参考写真は3年前のブルーバードの物です。

テールランプユニット

配線接続部は別パーツにします。

テールランプユニット枠

取り付け枠部分。

テールランプ ユニット

配線の関係上もう少し下に配置しないといけません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ストラットタワーバー2

ストラットタワーバーの続きです

ストラットタワーバー エンジン

久々のエンジン登場。

ストラットタワーバー エンジン搭載

エンジンの位置関係は良さそう。
今回のエンジンはスクラッチではないため本体自体の大きさは問題ないのですが、傾斜角や取り付け位置の調整は気を使っています。

考察は ➡ 過去記事

ストラットタワーバー作製

ストレートのバーを置いた状態ではギリギリエンジンとの干渉は有りません。
バーは0.75X2.0mmのプラ棒。

ストラット タワーバー

実車の屈曲に合わせ修正、ロッカーカバーとのクリアランスもとる事が出来ました。

ストラットタワーバーボルト

バーの接続部も金属線を挿すだけでなくアルミパイプで雰囲気付け。

ボンネットも何とか閉まりそうです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ボンネット修正2

ボンネット修正の続きです。

ボンネット 裏

プラ板の切り貼りで接着跡が汚いですね。
モールドはタワーバーと干渉しないよう0.3mm板。

ボンネット横

サイドの薄々は色をのせないといけないので控えめ。

ボンネット止め

開口部後縁のモールドも追加。
何時もボンネットは脱着式なのでこれでおしまいなのですが、今回はオプションで開いた状態も選択式に。

パカパカでなく、

ボンネット アーム

アームだけ付けた差し替え式にしました。

ボンネット オープン

ボンネットを開いた状態にするのは初めて。
今まで脱着式にしていたのは、拘って作ったエンジンルームもボンネットに隠れて見えない部分が出来てしまうのが理由でした。

今回は実車のレース観戦に行った時、レース開始直前までボンネットを開いて整備していたのを見て、開いた状態を再現する事に。
開閉式も考えましたが差し替え式に、差し替え式だと開いた状態で固定できるメリットがありますね。
でも、実車と同じようにつっかえ棒は再現しておきます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ボンネット修正

ボンネットの修正です。
ボンネット裏側も作製します(実は過去作品全てボンネット裏側を作っていませんでした)。

まずは実車の確認。

ボンネット

FRP製ですかね、少し甘めのモールドなので助かります。
薄いプラ板で骨組みが少し浮いたようにだけにします。

ボンネット サイド

横から見ると先端はこんな感じ。

ボンネット モール

前にも触れましたが、グリル周りのモールドはボンネット側。
キットのモールドはグリル側に付いているので、ボンネットを開けた時おかしくなってしまいます。

対処の仕方は過去記事 ➡ こちら
1年以上前の記事でした。

ボンネットモール

キットのボンネット先端にも控えめですがモールドが付いています。
グリル側にもモールドが有るのでつまり2重でした。
今回は筋彫りを入れて強調。
しかしこのままボンネットを戻すと、

ボンネットモール足らず

グリル側とつながりが無くなり、ボンネットが短い状態です。
本来はボンネット側にモールドを追加するのですが、グリルの上下的位置を変えているので

ボンネット延長

ボンネットを後縁で延長。

ボンネットモール OK

辻褄を合わせました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR