510レーシングカー サスペンション仕上 2

リアサスの続きです。

塗装組み立てだけでサクサクと思いきや、中途作製も有り中々進みません。

リアブレーキディスク

バックプレート(パーツリストから引用)も一つしか仕上げていませんでした。

パーツ

以前の中断はこのパーツを飛ばしたため。
小さいパーツは飛ばすとモチベーションが一気にダウン。

完成

この後の金属線でのボルト再現も面倒だったので後回しにしていました。

ブレーキドラム

ドラムの色も資料を調べると3色確認。
新品ならシルバー?と思いつつもライトガンメタルに艶消しトップコートで無難な色に。

リアブレーキ組立

ボルト部分は塗装を剥がしただけです。

サイドブレーキレバー

ハンドブレーキレバーはケーブルの接続しやすさ優先で形状パスで作製。
パイプと板はハンダ付けしました。

リアサス仮組

ケーブルはビニールコートを剥いたツイストワイヤー。

レーシングギアダンパー

ダンパーはレーシングギア、ステッカーもかなりアバウト。

チラリ

タイヤが付くとステッカーも目立たなくなるのですが少し気に入らない。

リア スプリング

チラリと見えるスプリングはグリーン。
真鍮線で作った物を塗装するつもりでしたが予定変更。

リアスプリング

グリーンのリード線で作製しました。

チラリ

色は違いますが塗装が無い分楽ちんです。

ドライブシャフト

ドライブシャフトは押し出しピン跡が見える側が表です。
ラリー用の車高を上げた物を上下逆にしているためですが、フランジ部分の角度がらしくなります。
長さも修正しています。 過去記事参照 ➡ こちら

ドライブ シャフト

そして仮組。

デフマウント

デフマウントまで。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。 別館ブログは ➡ こちら

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー サスペンション仕上

サスペンションの仕上げです。

サスペンション

車高調整と エンジン搭載ためキットをばらして修正。

エンジンマウント

資料写真から推察すると、組み立て時は実車もこれぐらいボルトが目立っていたもよう。

ボルト

今回はオーバースケールですがプラ製のボルトパーツを使用。

サスアーム

赤いパーツは、年仕様によって赤く無かったりしますが、目立つ色に。

サス仕上げ

組合せ。

フロントサス 組

車高を落としてもストラット側で調整しているためサスアームの角度は極端に変わりません。
過去記事は ➡ こちら

次はリア。

サスペンション キット

サスペンションリア

アライメント調整を実車と同様(似せた)方法で行うためバラバラです。

サスメンバー

こちらは車高を落とした分サスアームの角度が変りますが、アジャスタブルキットで修正です。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。 別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ラジエターサポート修正

以前から修正しようか悩んでいた部分。
ボディもシャーシも修正が必要で仕上げ塗装後では手を付けられない部分です。

ラジエターサポートの修正です。

本来ラジエターサポートはシャーシ側に有るべき、しかし現状はボディー側。
ボディ側に有るとパイピング等に不都合となるため修正しました。
終盤になっての手術です。

ライトコアサポートを含めた大幅な修正はシャーシとボディの接続方法まで影響するので、

ラジエターサポート

一部のみ切り取り。
たったこれだけ?ですがこの部分をシャーシに移植。

ラジエターサポート修正

流石に切り取った物をそのまま使うには問題が起こりそうなのでプラ板で新規作製。
開口部が小さくなりましたが、これで市販車のオリジナル開口ぐらいですかね。
実車はL6用のラジエター取り付けの為に開口部を広げていました。

ラジエターサポート移植

実車と違うのですが強度を考えると致し方無しです。

ボディと合わせ、補機を付けると

ラジエターサポート1
ラジエターサポート2

狭い開口部もあまり目立ちません。

ファンやインタークーラーも頑張って作っているのですが、

ラジエターサポート3

グリルを付けると見えるのはこの程度。

上部の補強の為、

ラジエターサポート補強

金属線も接着しました。

ボディを仕上げて塗装したいのですがシャーシも含めまだ修正個所があります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー サイドピラーエアダクト

サイドピラーエアダクトの作製です。

サイドピラー

エアダクト部分から燃料タンクのエア抜きパイプが出ています。

サイドピラーエアダクトカバー

キットのダクトカバーは「SSS」のエンブレムモールドが付いているのでそのままでは使えません。
凸モールドを削って凹溝の入れ直しかと思ったのですが、きれいに出来そうも無し。

手掛けてすぐやめ。

サイドピラーエアダクトカバー作製

凹モールドが見えていませんが0.3mmプラ板に溝を彫る方法に変更しました。

サイドピラーエアダクトカバー

プラペーパーに貼った後周りに0.5X0.5プラ棒を貼りました。
サフを吹くと不均等な溝もバレバレですが黒塗装なら誤魔化せるはず。

次はエア抜きホース。

ベント

このVENTホースがボディー外側に伸びています。

実車

エアダクトカバーの下はどうなっているかと言うとこんな穴。

模型

キットはこう。

エアダクトパイプ試適

穴埋めと穴開けでパイプが通るようにしました。
この様な工作があるので中々ボディ仕上げに進めません。

エアダクトパイプ

パイプは携帯ストラップ用のメッシュコード。

邪魔

安全タンクからここを通りますが、模型ボディーの厚みが邪魔します。
モーターツールで削って調整。

内装

手を加えないと内装内張が付かなくなってしまいます。
このパネルにも空気抜きの穴が必要。

工作か所がまだまだ出てきます。

エア抜きパイプ

ゴツイです。
実車画像と比べないでください。
ピンもインセクトピンの#00、これ以上小さい物も無く、ピンでなければ固定も出来ない。
メッシュホースに拘りたいのですがこれより細い物は金属製しかありません。
妥協するしかないですね。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー 燃料ポンプ仕上

工作はあちらこちらに飛びます。

燃料ポンプの仕上げです。

燃料ポンプ

工作は1年前。

燃料 ポンプ

肉眼では問題なさそうな塗装も写真にすると粗だらけ、本当に塗装が苦手です。

燃料ポンプデカール

Holleyのシールもかなり省略してロゴだけタトゥーシールで作製。
他にも帯や文字が有るのですが、これ以上小さい文字はインクジェットでは読み取り不可です。

これをメタルックに貼り付けてから、

燃料ポンプ完成

ボルトパーツとともに貼り付け。

コレクタータンク

コレクタータンク。
デカールは雰囲気だけなのでスルーして下さい。

ベース板

ベース板も塗装。
そして組立。

燃料ポンプ組立

燃料フィルターも接着。

燃料ポンプパイプケーブル

粗も密度で誤魔化し。
ケーブルは太めに、細いと存在感が無くなりすぎたのでやめました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ヘッドライトケーブル

ヘッドライトケーブルの作製です。

ヘッドライトケーブル

以前ケーブルの接続だけを優先して作ったカバーとカプラー。
こちらも極細ケーブルでの配線を試したのですが、ケーブルが束になってしまいます。
当初は赤黒の少し太めのケーブル2本で済ませる予定でした。

ヘッドライトケーブルパーツ

カプラー部分を作り直し、ケーブルも8本にして、

ヘッドライトケーブル接着

修正。

ヘッドライトケーブル試適

地道に手間が掛って今回はこれだけ。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカーフロント周りの補機

フロント周りの補機も仕上げます。

電動ファン。

電動ファン

ケーブルの接続作は不明。

オイルクーラー。

オイルクーラー

下の穴は何だろう?と作った本人も忘れていました。
過去記事を遡ると固定金具が付くのでしたがパーツごと不明。
記事は丁度1年前。

P8290384222.jpg

その時の記事を見て思い出したのがパイプの接続工程。
一見すると一体に見えるラジエターサポートですが上部分はボディー、下部分はシャーシ。
つまり、ボディ側から出たパイプはシャーシの穴を通る。
目立たない矢印部分で一旦切断し上下つながってる風にします。
じゃあ、下のパイプは???

先送りにしても答えは出ませんが、考え着くまで別のパートに。

ヘッドライトマウンティングユニット。

ライト回り

中央寄りのライトは外されエアベントになっています。
一見何とか塗れていそうに見えるメッシュ部分、接着部分はしっかりと目が詰まっています。
正面からスコーンと抜けているとカッコ良いいのですが諦めます。

ライト回りでてーる

お見苦しい部分は周りのディテールで雰囲気付け。

運転席側

エベントはマニホールド側だけで、運転席側は抜けてiいますが蓋がされます。

ヘッドライトカバー

ライト部分にカバーが付きます。
6mmポンチで貫いたプラ板がピッタリなのですが・・・。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー エンジンルーム補機仕上

残りの補機の仕上げです

ブレーキマスターシリンダー。

ブレーキシリンダー

タミヤの角棒を使ったのですが白くなりすぎて牛乳瓶の様になってしまいました。

クラッチマスターシリンダー。

クラッチシリンダー

固定バンドのネジがオーバースケールぽいですが雰囲気重視。

ステアリングギア。

ステアリングギア

ボルト部分でアクセントを付けています。

シリンダー接地

初めて3つを合わせましたがオーバースケールで余裕が有りません。
スクラッチパーツはどうしても大きく作ってしまう事を判っていながらいつも同じ間違いをしています。

資料確認するとステアリングギアの色が違っていました。

スペース無し

後、この部分にフロントパイプの分岐部を作らないといけません。
オーバースケールのため殆ど余裕なし。
パイピングも大変そうです。

次はワイパーモーター。

ワイパーモーター

資料を基にらしく作ったのですが、パーツを置いただけだと今一リアルさが足りないのですが、

ワイパーモーター配線

配線で雰囲気が出ます。

しかしここの配線は結構手間取ってこれはTAKE3です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー フューズボックス

フューズボックス付近はまだ手を付けていませんでした。

フューズボックス付近

ボックスの蓋をどうするか。
そして、

ゴチャゴチャ

この配線。
簡略化するにしてもどれを残すか思案が付かず後回しになっていましたが手掛けます。

今までの工作ではIN、OUTの確認できる部分を配線し、それを枝葉に残りを追加するのですが、今回は込み入り過ぎてIN、OUTの確認すらも困難な状況。
取り敢えず、フューズボックスのカプラー部分は外せないので、

フューズボックス パーツ

ボックスの作製。
蓋は透明プラ板にシールを貼っただけ。
実車の詳細画像も有りますがあえて割愛。

フューズボックス完成

ケーブルは12本挿しました。
しかし、集合ケーブルの処理先が不明。
バルクヘッドに通る穴が見当たらないので他のケーブルと集合するのだろうか。

次はボルテージレギュレーター。

ボルテージレギュレーター

補機の名称は判っても、何のための補機か知りません。

ボルテージレギュレーターセット

ダボは付けてありますがケーブルの弾性で経年的な接着力が不安な所。

配線はパイピングより厄介です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー フューエルレギュレーター

残りの補機も仕上げて行きます。

MDIイグニションシステム

MDI

このサイズでモールドが細かいときれいに仕上げられません。
デカールも読み取り困難、雰囲気だけ(作ってもらっておきながら・・・)。

MDI配置

バッテリー台の上に配置されます。

フューエルレギュレーター。

レギュ レーター

実物はメッキ仕上げ。

レギュレーター

メーター文字を作り直す事を仕上げてから思い出しました。
現状はコピー用紙に印刷したものに透明シールを張っただけ。

配置

他の補器との配置確認。

そしてフューエルライン。

フューエルライン

置いてみただけです。
現状ではオレンジ矢印部分で切断されていますが、実車は燃料タンクまでつなぎ目が無いはず。
どうするか思案中。
また、白矢印部分からキャブレターにつながりますがこちらも更に厄介。

フューエルラインIN

矢印部分の穴を通るのですがこの穴ボディ側に開いてます。
と言う事は・・・、あら大変!

他の工作をします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

510レーシングカー ラジエター仕上

エンジンルームに戻ります。

そろそろシャーシ塗装と行きたい所ですが、補機の取り付け確認、手順確認をしてから。

ラジエターの仕上です。

ラジエター仕上

塗装、ラジエターキャップとドレーンの接着。

ラジエター 仕上

整流板の接着。

ラジエター仕上確認

こんな感じに付きます。
ここまでは塗って接着だけの簡単作業。

ラジエターパイプ

次はサブタンクへのパイピングです。

続く

《追記です》

ラジエターパイプ出来た

パイプの完成。
たったこれだけの工作ですがここまでにあれやこれやと。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR