Rallye GOLF G60 フィルターBOX

フィルターBOXの作製です。

フィルターBOX

考察は別館2で➡ こちら

フィルターBOX

タイヤハウスが実車より大きく形状も違うため、BOX形状の修正が必要です。

フィルターBOX

BOX下部はタイヤハウスを避ける為いびつに。

フィルターBOX

カーボンのBOXなのでリブ等は有りません。

フィルターBOX

エンジンを固着しないと細かな位置決めパイピングができないので取り敢えずの仮組。
後方に伸びるパイプの接続先は不明です。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ストラットタワーバー

ストラットタワーバーの製作です。

工作前の考察はこちら ➡ 別館2で

ストラットバー

ストラットハウス上部の穴埋め。
ジャンクパーツの移植のため穴が開いていました。

ストラットタワーバー

パーツを切り取りストラットハウス上部の修正。

ストラットバー

バー固定部の切り出し。
金属線は仮の固定用です。

ストラットバー

位置決め。
次は接続部分。

ストラットバー

修正研磨用に持ち手部分を確保しながらの仕上げです。

ストラットタワーバー

仮固定で調整、

ストラットタワーバー

完成です。

ストラットタワーバー

固定ボルトは、プラパーツと金属線を合わせた物。

ストラットタワーバー

見える部分は金属線を使いますが、裏はプラパーツだけで行きます。

ストラットタワーバー

ストラットハウスとの固定ボルトは、サカツウの金属パーツを使う予定で終了。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ボンネット開閉

ボンネットの開閉です。

ボンネット開閉

ヒンジを作ろうと思ったのですが、

ボンネット開閉

無造作に作ったバルクヘッド上部で干渉しスペースがありません。
修正となるとここだけに留まりません。
エンジンルームを隅々まで見せるのにはボンネット脱着の方が良いのですが、

ボンネット

折角の裏骨もらしく見える様にしたいのでナンチャッテ開閉にします。
(開いた状態と閉じた状態の再現だけの工作です)

ボンネット開閉

アームは四角い方が良いかなと、回転無視の角ワイヤー。
0.22X0.25のSSワイヤーです。

ボンネット開閉

バルクヘッド上部の溝に嵌め込んだだけ。

ボンネット開閉

開閉の達人から見ればありえない状態のヒンジです。

ボンネット開閉

ボンネット側の受けも目立たない様に限りなく小さく。
瞬着で固定後、瞬着+ベビーパウダーで補強。

ボンネット開閉

この状態でエンジンを載せると、エンジンルームの情報量が3割減。
やはり展示はボンネットを外した状態でします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ボンネット修正

ボンネット裏骨の作製です。

ボンネット

手間がかかりました。

ボンネット

見えない部分なのでまあ良いかですが、かなりのズレ。

続く

工作過程別館にアップしました ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 エンジンルーム修正

エンジンルームの修正です。

雨受け

バルクヘッド上部の雨受け?部分。
直線形状でベースだけ製作していました。
実際にはインテークマニホールドを避ける様な形になっているので修正。

雨受け

パーツ自体もダボ打ちの別パーツで作製しています。
立体形状は最初から作るよりフラットベースに付加的に組み上げると楽です。

雨受け

実車とは異なりますが直線基調のらしく再現としました。


後回しにしていたボンネット裏側も工作。

ボンネット

穴開きが厄介そうです。
上手な人は、これを一枚板からの切り出し貼付けで再現されるようですが、

ボ

切り出しは苦手なので分割で作ります。

ボンネット

厚みをモーターツールで薄く。
取り敢えずここまで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 シリンダーヘッドカバーVWマーク

シリンダーヘッドカバーにはVWマークが付きます。
資料写真もあるのですが比較すると粗丸出しなので割愛します。

シリンダーヘッドカバー

白の伸ばしプラ棒で作りました。
色の付いた伸ばしランナーの方が作りやすそうですが接着剤で溶けてしまいました。

シリンダーヘッドカバー

仮組時は押し出しピン穴も忘れずに。

シリンダーヘッドカバー

一発OKとは行かず3個目で時間掛りました。
でも粗い。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 イグニッションコイル

イグニッションコイルの作製です。

オーソドックスな筒形を選択しました。

イグニッションコイル

パーツ作りで何時も悩むのはサイズ。
イグニッションコイルのサイズは探しても判りませんでした。
実車写真と比べ雰囲気とバランスでサイズ出し、
右が2mm、左が2.5mm。
左を採用しました。

イグニッションコイル

真鍮パイプは0.5mmで内径0.33mmです。
真ん中は0.5mmの穴をあけています。

ディストリビューターにつながるケーブルは

イグニッションコイル

接続部にカバーが付きます。

次は固定部。
バンド固定となりますが実車と同じΩ型は困難なので

イグニッションコイル

インチキ用パーツを付与して塗装後メタルテープを貼ります。

イグニッションコイル

完成

イグニッションコイル

なのですが変な拘り病が邪魔して手が止まっています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 パワステタンク

パワステタンクの作製です。

パワステタンク

実寸が判らないので3mmプラ棒で作製。

パワステタンク

タイヤハウスの形状が悪いため、目立たないところで誤魔化しています。

パワステタンク

明る過ぎですかね。
赤ボディは違和感がなかったのですが。
こういう時は工作の手が止まってしまいます。

資料の見直しで気分転換。

パワステタンク

パイピングはこんな感じ。
リターンパイプはなさそうです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 クーラントタンク

クーラントタンクの作製です。

タンク

2つの形が有りましたが左のタイプを選択。

リザーブタンク

ゴルフcliの作製時も同じ形状を選択しました。
作り方は同じです。

リザーブタンク

少し大きい?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 バッテリー

バッテリーの作製です。

バッテリー

指定の物がある訳ではないので、作りやすそうなタイプを選択します。

まずは、サイズを合わせたプラ板でスペースの確認したのですが

バッテリー

載りません。

バッテリー

横置きの資料もあったので合わせてみましたが、こちらもライトに干渉します。
ホイールハウスが大きいようです。

なので、

バッテリー

ラジエター取り付け位置を変更しました。
変更すると、エンジンG60との干渉確認しないといけませんが後回し(面倒臭い)。

バッテリー

バッテリーもワンサイズ小さい規格で作りますが、最初からバッテリーサイズを考慮してラジエターを修正すれば良かったと言うお粗末さでした。

バッテリーの作製。

バッテリー

欧州車用の場合液口栓部分にカバーが付くものが多いのでこちらを採用、矢印は止めネジ部分です。
ホールドダウン部分も付きます。

バッテリー

実車資料ではもう少し高い位置に有るのですが、何が間違っているか検証無しにこのまま行きます。
固定ブラケットはどうしましょ。
完成後は殆ど見えないのですが組立時、バッテリー取り付けの儀式的な物なので他の補機の位置決めが出来てから再考します。自己満足の世界です。

本体の色と、ラベルも再考。

次はターミナル。
ターミナルカバー無しで作ります。

バッテリー

パーツを作ってから穴を開けるのは大変なので、開けてから周りを切り出し極力小さく。

バッテリー

細かな仕上げはターミナルに接着してから。

バッテリー

ケーブルに真鍮パイプを通して接着。

バッテリー

プラス側のケーブルは一本ではないと思いますが雰囲気だけで作っています。
止めボルトの反対側にエッチングパーツ貼るのを忘れています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR