FC2ブログ

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補器

エンジンルーム補器を作っていきます。

ホーン

ホーン

サイズ的にこれ以上のディテール再現は困難。
(一応チャレンジはしてみましたが、新たに素材を買って1mm以下の工作が必要になるので止めました)
3Dプリンターならもっと細かく正確なディテール再現も出来るのでしょうね?

ホーン

実車はBOSCHホーンに変えていましたが純正仕様です。

バッテリー

バッテリー

そのままでは載りません。

バッテリー

削り取り、スペースを作りましたがこの状態は実車とかなり違っています。
違うのは分かるのですがタイヤハウスの形状自体が違うので、何処を修正すればいいのか分からない状態です。
補機が載りさいすればいいと割り切ります。

バッテリー

バッテリー本体の作製。

バッテリー

曇らせた透明プラ板の箱組です。
セルはどうしましょ。
こちらも3Dプリンタで作ると半透明で出来るのでしょうね。
最近拝見したブログに3Dプリンタで作ったエンジンルームがあったので気になったのですが、作り方が違うので作る楽しさは別物なのですが出来上がった物だけ見れば手作りは精度の違いに見劣りしてしまいますね。

カバー部分。

バッテリー

当時のバッテリー再現にしたかったのですが30年以上前のバッテリーの写真が流石に見つかりません。
キャップはやめて新し目の蓋タイプとしました。

バッテリー

ターミナルとターミナルカバー。

バッテリー

端子が飛び出し過ぎです。

バッテリー

バッテリー固定はプラ板から。
最初洋白板で作ったのですがピンを挿す時に飛ばして行方不明。
探しても見つからなかったので作り直したのですが1つ目の様に上手く行かず2個失敗。
ちゃっちいけどまあ良いかです。

バッテリー

バッテリー台
エンジンベイの形状が違うのでこちらも微妙に違います。

バッテリー台

続く
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エアークリーナー

エアークリーナーの修整です。

エアコンコンデンサーを仮置きします。

コンデンサー

目立たない部分なのでエバーグリーン凸凹板の簡易工作で行こうと思ったのですが予定変更。
後日再工作とします。

前面にエアークリーナーが配置されます。

エアークリーナー

実車のエアークリーナーはブラケットでラジエターサポートとシャーシから伸びるアームで固定されています。
(写真は後期型なので若干違いますが基本的には同じです)

エアークリーナー

オリジナルキットはマニホールドから伸びたパイプで宙に浮いた状態で配置されます。
このキットを作ったことのある人なら分ると思いますが説明は難しい。

実車のエアークリーナーの吸入口はフリーではなくライトハウジングに貫通します。

エアークリーナー

まずはこの部分から作製。
実車とは異なりますが工作便宜上の仕様です。
両面テープの仮止めで

エアークリーナー

エアークリーナーの位置決めをします。

インテークマニホールドに伸びるパイプはラジエターサポートを貫通しエンジンルームへ。
模型では吸入口部分はボディー側に貫通。
しかし矢印部分が抜けるのはシャーシ側となります。
そうなるとボディーとシャーシを合体させてからの取り付けとなるので再考しました。

エアークリーナー

クリーナーにパイプを接着して切断。
矢印部分は継手でゴムパイプ?です。

エアークリーナー

ボディー側に継手を作り接着。

エアークリーナー

設置完了。
継手が太過ぎ?
蝶ネジは別パーツにしたい所。
1個なら何とか出来ますが3個同じ大きさ同じ形状となるといっきに難易度が増すので気が向いた時に作ってみます。

コンデンサー

ラジエターサポートにもパイピング穴あけ。

エアークリーナー

エアークリーナーに洋白板でブラケットを作製。

エアークリーナー

前方は宙に浮いたままになってしまいますがパス。

エアークリーナー

ボンネットを開ければ判りませんが、ボンネットを外すと宙ぶらりんが丸見えのお粗末です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ボンネット修整

ボンネットの修整です。

ボンネット

ルーバーは放熱口カバーで、

ルーバー

全体が抜けているようでは無いみたいです。

ボンネット

アクステオンのエッチングパーツも有ったのですがサイズ形状が合いません。
なのでこの部分の貫加工はパスします。

ボンネット

裏側は補強リブモールドを作るので凹凸モールドを削り落とし平らに。
工作しやすくするための処置なので実車形状とは異なった仕上がりになります。

モールド考察はこちら ➡ 別館2で

複雑なモールドなので

ボンネット

テンプレートを作り切り出し
(CADが使えない、CADが何かも知らないので何時ものWardで作りました。)

ボンネット

3枚で厚みと立体感を持たせるようにしました。

ボンネット

実車は均等な厚みでは無くもう少し立体的で厚みが在るのですがらしくだけ。

ボンネット

横から見ると物足りない感じですが

ボンネット

良しとします。

次はボンネットヒンジ。

ボンネット

S30の様な複雑なヒンジは無く、実車は回転軸だけの様です。

ボンネット

ボディー側も溝彫。

ボンネット

この状態では十分に開閉可能ですが

ボンネット

バンパーを付けると干渉してしまいます。
バンパー側を修整するのも面倒なので 『脱着型開閉選択式』 (只の差し替え)としました。

ボンネット

ボンネットヒンジ固定部も作製。
プラペーパーの上で接着し後から切り出しです。

ボンネット

ボンネット側に接着。

ボンネット

トーションバーも作りました。
実車と同じように作ったのでブル510のトランクでは実際に機能したのですが、今回はそこまではしません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 キャリパー

フロントキャリパーの作製です。

キャリパー

ディテールがかなり甘いですが取り敢えず形にしました。
工作過程を記録に残します。

キャリパー

プラ板をディスクのカーブに合わせて彫り込み。

キャリパー

少し段差を付けこれがベースとなります。

キャリパー

キャリパー

キャリパー

キャリパー

キャリパー

キャリパー

キャリパー

キャリパー

ピストンカバー部分はかなり省略しスプリングも省略。
実車とはかなり違いますが手抜きで完成です。

続いてステアリングリンケージ。

ステアリングリンケージ

ストラットのキャリパーブラケット。
ラフな工作ですがボルトリベットを付けて誤魔化します。

ステアリングリンケージ

ナックルアームも作製。

ステアリングリンケージ

接着しますが塗り分けが下手なのでラインの強調。

ステアリングリンケージ

ジョイントロッドは真鍮パイプ。

ステアリングリンケージ

手作り感満載です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ショックアブソーバー

ショックアブソーバーの作り直しです。

ショックアブソーバー

ボールジョイント部分の穴あけ位置修正しました。

ショックアブソーバー

ステアリングナックルの位置はキットを参考にして

ショックアブソーバー

地面と水平になるようキャンバー角を付けています。

ショックアブソーバー

ブラケット部分はナックルアームが付くようにカットしてバッフルプレートの接着。
キャリパー固定部は後程。

ショックアブソーバー

ボールジョイント部分を削り込むために下準備で補強。

ショックアブソーバー

それっぽく。

ショックアブソーバー

ホイールの装着はポリキャップをやめて

ショックアブソーバー

ネオジウム磁石にしました。

ショックアブソーバー

キーパー部分。
モールドが付いているので雰囲気が出ます。

ショックアブソーバー

ローターも作製

ショックアブソーバー

コイルスプリングはピストンロッドカバーが付きます。
ローターとバッフルプレートが密着していますが、キャリパー作製時に修正します。

ショックアブソーバー

実際には蛇腹ブーツですがスプリングで代用。
接着は車高調整のバランスを見てから。

ショックアブソーバー

この後、ナックルアームとキャリパー。
面倒なので日を改めて。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フロントサスペンション試作

フロントサスペンションの作製です。

考察はこちら ➡ 別館2で

ストラットハブ

ロアアームのジョイント部分の修整。

ショックアブソーバー

段差を付ける様に削っただけです。

ショックアブソーバー

実際の車にはストラットにキングピン角が付いて装着されているそうです。

ショックアブソーバー

ステアリングナックルをキャンバー角を付けて接着。
(知ったかぶりなので頓珍漢な名称と説明かもしれません)

ショックアブソーバー

タイヤが垂直になるように付けただけです。

ショックアブソーバー

バッフルプレートにスペーサーをかませてイヤを仮止め。
一見良さそうなのですが

ショックアブソーバー

奥まり過ぎ。
これではコイルスプリングも付けられません。
タイヤを外側に出すとフェンダーとパッツンになってしまいます。

ショックアブソーバー

サスペンションアームが長過ぎ、ジョイント位置が外側に有り過ぎるためだと思います。
想定内の試作ですが最初からやり直しです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ステアリングリンケージ

ステアリングリンケージの作製です。

ステアリングリンケージ

ブーツのみ使います。

ステアリングリンケージ

シャフトカバー(?)は一回り太く。

ステアリングリンケージ

サスメンバーとの固定部は実際の形状とは異なります。

ステアリングリンケージ

ステアリングギアとクランプの作製。

ステアリングリンケージ

干渉してしまったのでオイルパンも修整しています。

別館2で考察を行いました 別館ブログは ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 マフラーパイプ

エキゾーストマニホールドとマフラーパイプの接続です。

まふりゃー

マニホールドの接続部分は2/3しか再現されていなかったので

まふりゃー

プラ板と瞬着+ベビーパウダーで修正。

まふりゃー

接続部分の形状がS130とは異なるので

まふりゃー

分岐部分を採用

まふりゃー

修整。
こちらもパテの替りに瞬着+ベビーパウダーを使いました。

まふりゃー

金属線を挿して接続。

まふりゃー

パイプも炙り曲げまでしたのですが

まふりゃー

マフラーパイプがステアリングリンケージに干渉しそうになってしまいました。

まふりゃー

角度を修正したのがいけなかったようで

まふりゃー

結局予備のオリジナルパーツに変更。
矢印部分はもう一度同じ工作をしました。

まふりゃー

接続部分も曲げ直して後方パイプと接着。
しかし矢印部分の太さが違います。
黒部分はメインパイプに遮熱カバーが有る状態なので太目。
オレンジ矢印部分は遮熱カバーの貼り合わせモールドが省略されてしまっています。
フジミキットは遮熱カバーが無いので細目と言う事になります。
この太さの違いを合わせるために瞬着+ベビーパウダーをパテ替わりに使用。
グダグダと判りずらい説明と途中写真無しですが

まふりゃー

それっぽく仕上げました。

まふりゃー

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 プロペラシャフト

プロペラシャフトの作製です。

プロペラシャフト

キットの物は使えないのでジャンクパーツからの修整。
(アオシマハコスカの物です)

プロペラシャフト

日産車だからさほど違いはないでしょう、で穴貫き。
写真にすると角丸です。

プロペラシャフト

実車は太さ64mm、長さ約70cm。
作ってから測ってみると1/24換算ではほぼ同じになりました。
固定ダボを付けています。

プロペラシャフト

ミッション側も修正。
矢印部分は不明の固定具です。

プロペラシャフト

つなぎめは触媒の下に。

プロペラシャフト

殆ど見えません。

マフラーを載せた流れでマニホールドとの接続もしようと始めたのですが

paipu

オイルパンもマフラーパイプもステアリングリンケージに干渉することが判明。
やり直しです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンマウント

エンジンマウントの作製です。

エンジン搭載

模型上ではマウントでエンジンを固定する訳では無いので隙間を埋める簡易作製としました。

エンジンマウント

形状の考察。
サスメンバー側の凸部分に修正が必要です。

エンジンマウント

アームは簡易作製、角度はなるべく合わせましたが形状はそれっぽくです。
シリンダーブロックに穴を開けダボ挿し固定しています。

エンジンマウント

反対側は固定部を実車参考にして作製。
平坦になる様調整します。

エンジンマウント

角々なので

エンジンマウント

丸めました。
実車形状とは異なりますが存在感重視です。

エンジンマウント

資料画像のンシュレータはかなり面倒そうな形状なのでプラ板の隙間埋めで済ませるつもりです。

ミッションマウントの作製。
ミッションの固定部から。

ミッションマウント

水平面に合わせたブロックの接着。
これが決まれば後はプラ板を貼るだけのの簡単工作。

ミッションマウント

裏面の資料が無いのでインシュレーターの取り付けボルト位置を参考に穴あけ。

ミッションマウント

シャーシ側の固定位置を削って移動させます。

ミッションマウント

マウンティングメンバーも作製。

ミッションマウント

シャ-シ側固定部今回はパス?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジン搭載

エンジンの搭載です。

エンジン搭載

一体となっていたパーツを分割。
サスアームの分割は止めました。
レーシングカーやラリーカーなどの車高を変えるのならば別パーツにしますが、今回はノーマル車の車高なのでディテールアップに留めます。

そのまま載せると

エンジン搭載

サスペンションメンバーにオイルパンが当たり載りません。
なのでサスペンション側を修正。

エンジン搭載

オイルパン側を削りますが表側の凹部分が深く裏側の削り過ぎで穴が開く可能性があります。
控えめに削った状態ででエンジンを載せ前後上下位置と水平角度調整。

上下位置はラジエターに

エンジン搭載

ファンシュラウドが有るので必然的に決まりました。
ファンの位置はバンク角が有るので車体中央から少し運転席寄り。

前後

前後位置はエンジンマウント位置を参考としますが、ラジエターとの距離調整もしています。
右写真はラジエターを0.5mm程前方に動かしました。

エンジン搭載

そしてエンジン搭載。

エンジン搭載

確認窓から覗いた状態。
エンジン、ミッションマウントで固定するのは困難なので

エンジン搭載

オイルパンとの隙間を埋めてダボ止め。

エンジン搭載

ミッションは上部でねじ止め。

スペーサー

隙間はスペーサーで。
水平角度の調整はスペーサーの厚みで行っています。

エンジン搭載

これでエンジンマウントの作製をします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR