FC2ブログ

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機2

エンジンルーム補機の続きです。

エアークリーナー

写真では判りにくいですが塗装の失敗。
塗り分け後艶消しのトップコートを吹いたのですが表面がしわしわ。
(基本的にはエンジンルーム補機の塗装はアクセントになるパーツを除いて艶を落とすようにしています)
後日再塗装です。

バッテリー

バッテリー固定ブラケットのネジはインセクトピンにしたのですがリアルさに欠けるので

バッテリー

ナットパーツに変更。

バッテリー

コーションシールや本体のメーカーロゴデカールも作ったのですが貼り付け乾燥待ちしていたら何故か剥がれてしまいました。
何で?

バッテリー

止めにします。

ブレーキマスターバック

ブレーキマスターバック

タンクの色は乳白色かイエロー系か悩みました。
オイルが入ってる風に下半分の塗装も有りかなとも思うのですが苦手な塗装は何時も二の足を踏みます。

ブレーキマスターバック

タンクキャップはマグネットキーパーを紙やすりで艶を落とした物。

ブレーキマスターバック

タンククリップを付け忘れていました。
今更無理。

ワイパーモーター

ワイパーモーター

配線は別パーツに。
下手糞ギラギラシルバーに粗い仕上がり、1/43作る人はこの半分サイズでも塗装の粗が無い。
程遠い技量の差を感じます。

ワイパーモーター

十字ボルトのエッチングパーツは0.5mm(実車のボルトはもう一回り小さい物です)。
このパーツが模型屋に売っていると言う事はそれだけニーズが有るのでしょう。
老眼にはきついサイズです。

ワイパーモーター

カプラーは無塗装のランナーパーツ。
下手糞な筆塗り塗装を少しは誤魔化してくれます。

自作パーツの仕上げは何時も牛歩の進展です。
良いと思った工作も塗装で粗が丸見えになったり、塗装技量が低いためディテールを台無しにしたり。
うまく行けば暫し余韻に浸り、そうで無ければ暫し手が止まります。

続く
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機

エンジンルームパーツの仕上げです。

コンデンサー
コンデンサー
固定ブラケットとパイプ。
コンデンサー
パイプのコンデンサーとの固定ブラケットはパスしてしまいました。
エバーグリーン凸凹プラ板です。

ラジエター
ラジエター
キャップコーション文字は市販デカール。
ただの--なので拡大無し。
ラジエター

補助タンクパイプ。

ラジエター

ボルトはエッチングパーツ。

ラジエター

下部パーツが無いのは

ラジエター

シャーシ側に作ってあるからでした。

エアークリーナー

エアークリーナー

苦手な塗装。
この一色だけで調合して塗装後のエアブラシの清掃。
面倒な清掃をしながらこの後塗分けるのか、と思うだけで億劫になり手が止まりました。

工作の途中経過を別館2にUPしました ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フロントパーツ仕上 2

ステアリングロッドが部分的に作り直しになっていました。

ステアリングロッド

一見問題なさそうですが矢印部分に無理が有り作り替え。

ステアリングロッド

バルクヘッドから出たジョイント部分。

ステアリングロッド

思い切って簡易な物に作り替え。

ステアリングロッド

金属線を挿し可動と言うより融通性を持たせました。
ジョイントが一つなのでj実車なら可動に無理が有りますが

ステアリングロッド

工作上ではOK。

ステアリングロッド

塗装

ステアリングロッド

組上げ。
未接着です。
エンジンルーム側からは殆ど見えませんが裏からは見えます。

次はアンダーパネル固定部の修正。
些細な工作ですが製作記として残します。

フロントサス

前回の写真
一見問題の無いように見えますが、実はアンダーパネルの位置決めをしてからスタビライザーを作ったのでパネルのサス側の固定が引っ掛かっている程度。
のりしろも殆どなく不安定な状態。

フロントサス

後から直そうと思っていたのですが5カ月前の工作なので忘れて塗装していました。

フロントサス

実車はシャーシ側に固定部が有りますが、このポッチをシャーシ側かブラケット側に付けるかは組立工程を考えて付けています。
しかしここでの接着部分は1mm四方程度なので

フロントサス

フロント側の接着強度を増して対応。

フロントサス

見た目的には何も変わりません。
穴から見えるシャーシ側の穴にラジエターのドレーンボルトが付きます。

フロントサス

スタビとステアリングロッドがまだ未塗装ですが取り敢えずここまで。

フロントサス

こちらも完成ケースにしまいます。

フロントサス

小物はピルケースに入れて。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フロントパーツ仕上

フロントの仕上げです。

ストラット

フロントサス

セミグロスブラック一色です。

フロントサス

ディスクは周りを錆色に。

フロントサス

キャリパー

フロントサス

スクラッチパーツです。

フロントサス

キャリパーからディスクも覗けます。

フロントサス

サスメンバーもセミグロスブラック一色

フロントサス

アクセントのエッチングボルトだけ。

フロントサス

ステアリングリンケージも塗り分けが苦手なので

フロントサス

別パーツです。

フロントサス

アンダーパネルはアクセントでボルトを付けました。

フロントサス

パネル固定方法にミスが有り修正が必要となりました。
ステアリングロッドにも間違いがあり作り直しになったのでここまで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ボディーカラー考察

黒

苦手な塗装,
ボディーカラーが決まりません。
黒なのですが真っ黒で無し。
カタログ写真のように真っ黒ではなく光の加減でこげ茶っぽくも見えた記憶が有るのですが不確かです。
曖昧な記憶で調合する訳にも行かず今回は黒とします。
しかし、参考になる前期型黒ボディーの作例も見つかりませんでした。

カタログではBLACK METALLICとなっているのでタミヤのメタリックブラックとクレオスのメタルブラックで比べてみました。
(どちらもカラカラです)

黒

(自然光撮影)

左タミヤはメタリックグレーっぽいので今回はメタルブラックとしますが、室内撮影すると肉眼では目立たないメタリック粒子が目立ような。

続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアパーツ仕上

パーツを仕上げてから組み上げていきます。

フューエルタンク

リア仕上

固定ベルトは艶消しフィニッシュを貼ったのですが違いが殆ど判りません。

リア仕上

最初固定ボルトは金属線

リア仕上

だったのですが0.5mmマイクロボルトに変更。
しかし、もう片方の線を抜いて穴を拡大したところ

リア仕上

破損して作り直しになりました。

リア仕上
手間を掛けたのですが、写真拡大しないとネジ山はほとんど判りません。

サスメンバー

リア仕上

ブッシュは材質の考察無しでラバーブラックで塗装。
こちらのボルトは1.2mm

リア仕上

ボルトは目立つようにエッチングパーツ。
薄いですがお手軽で済ませました。

リア仕上

シャーシも黒なのでボルト類はアクセントで無塗装に。

リア仕上

アブソーバーのボルトはエッチングパーツの2枚貼り。
これでも薄いのですがプラパーツの存在感有り過ぎより良いかな。

ドライブシャフト

ドライブシャフト

ジャンクパーツを切り貼りして作った物です。
しかしボルトが飛び出しているのは不正解なのでエッチングパーツを埋め込みました。

リア仕上

ブーツはラバーブラック。

リア仕上

ディファレンシャルギアーカバーはチタンシルバー。
シルバー塗装より目立たないようにしました。

リア仕上

モーターライズのため省略されたパーツです。

リア仕上

色が決まらずシャーシ未塗装のため完成パーツケースにしまいます。

リア仕上

エンジンも同様に。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジン完成

       エンジン完成

       エンジン完成

       エンジン完成

       エンジン完成

       エンジン完成

       エンジン完成

       エンジン完成

       エンジン完成

       エンジン完成

フジミ + タミヤ ディテールアップでエンジン完成です。
L24 NA MTミッションをベースに インジェクションATミッションに改造しました。
(実車に気詳しい方 プラグケーブルの順序の間違いはスルーして下さい)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンの組立3

エンジン完成まで。

エンジン組立

トランスミッションオイルゲージ
ステンレスパイプで作製。
ゲージ部分の曲げ角度が悪くズレてますが写真にしてから気付いています。

エンジン組立

エンジンルーム側の位置は不明確です。

エンジン組立

ケーブルカプラーは作り慣れてはいますが小さくて面倒になり後回しになっていました。

エンジン組立

配線順序も有るからと順番に接続していた時、デスビの回転とプラグの点火順序は?で手が止まりましたが、既に接着しているので調べて間違っていても直せ無いと考察はやめ。

エンジン組立

クリップをもう少しだけ浮かせればよかった。

エンジン組立

スターターモーターとオイルプレッシャースイッチの接着。

組み立て中に塗装が剥げるのを懸念し後回しにしていた

エンジン組立

オイルパンの塗装。
ドレーンボルトも付けました。
接着したらエンジン完成です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンの組立2

エンジンの組立がまだ続いています。

エンジン組立

ラインテープでベルトにしました。

エンジン組立

エンジンマウントは黒鉄色に半艶トップコート。

エンジン組立

マニホールドはガンメタルに艶消し。
この色は悩みました。
資料写真はほぼ錆色、タミヤ1/12の塗装指示はメタリックグレー+フラットレッド。
やはり錆色?
錆びる前の色は何色か判らないのでこの色にしてみました。

エンジン組立

艶消しトップコートは控えめに。

エンジン組立

ロッカーカバーと吊り下げフックの接着。
スターターモーターは少し気に入らないので接着保留しています。

エンジン組立

接続先不明ですがウォーターパイプの接続。

エンジン組立

インジェクションも接着。

エンジン組立

遮熱板とパイピング。
エキマニにセンサーも付くようですが割愛してます。

エンジン組立

エンジン組立

フューエルパイプもようやく付きました。

エンジン組立

プレッシャーレギュレーターとブローバイホースの接着。

次はプラグケーブルの配線となりますが、ケーブルカプラーが未完成のため一休み。

今思い起こすと初めて模型のディテールアップらしきをしたのがプラグケーブルの配線。
発売当時のこの模型のエンジンルームでした。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 インジェクション

インジェクションの作製です。

実は前期型2000ccのインジェクションの形状はキットの物、現状模型と違います。
後期型のターボ車はキットと同じ形状なので疑う事も無く作っていました。
途中で気付いたのですが詳細な資料が見つからずそのまま進めていました。
つまり「今作っているインジェクションは前期型L20Eの物では有りません」。
実車とは違いますが今回は前期型2800ccのカタログ写真を参考に作って行きます。

インジェクションパイピング

ディテールアップしようと手を加えるもしょっぱなから失敗。
①はキットモールドに0.3mmの穴を開けました。
②は失敗で穴がズレ、プラパイプに置き換えた物。
こっちの方がきれい。
しかしこちらは電装系の配線穴なのでエンジン側の配線は出来ても再その先を接続するのが無理です。

インジェクションパイピング

パイピングもケーブル線を使うかパイプにするかで雰囲気が変わります。
以前作ったパイプの柔軟性が悪く屈曲で潰れてしまうので付け替えました。

インジェクションパイピング

ホースクリップも付けたのですがパイプを使った方が雰囲気が出ます。

インジェクションパイピング

こんな感じです。

インジェクションパイピング

インジェクターにつながるケーブル。

インジェクションパイピング

取り敢えずインジェクション部分だけ作製し現状仮合わせ。
(実車に照らし合わすと配置位置は間違いですが模型的ご都合工作をこのまま続けます)

①はエポキシで接着。ケーブルの先はエンジン搭載前に伸ばします。
②インジェクターへの配線は長さを合わせてから裏側でカット。(挿している位置は実車と違っています)

インジェクションパイピング

チューブを短く切って

インジェクションパイピング

フューエルパイプにつながる部分としました。

インジェクションパイピング

スロットルロッドもジョイント部分の角が出したかったので作り直しました。
(この後資料を確認したところ別の部分もとんだ勘違いをしていましたがこのまま行きます)

インジェクションパイピング

実車のインジェクターへの配線はスロットルロッドの上、またフューエルパイプの上を通るのですが工作手順を考えると困難なのでごまかしました。

エンジン組立

EGRバルブも接着しましたが上部パイプの接続先が不明。

エンジン組立

TVソレノイドかTCVソレノイドに接続するみたいですが素人には理解不能なので目立たない所に押し込みます。

エンジン組立

その他補器も付け終了

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンの組立

エンジンの組立開始です。

楽しい組立、記録に残します。

エンジン組立開始

オルタネーター取り付けブラケットの接着。
細かな形状は全然違いますがエンジン色に塗ったら良い感じです。

エンジン組立開始

クランクシャフトプーリーの穴からボルトを締め。

エンジン組立開始

フロントカバーの接着。
オルタネーター取り付けブラケットを作る時もオイルポンプとの干渉を考えながら工作しました。

エンジン組立開始

次は補機とパイピング。

エンジン組立開始

前に作ったウォーターパイプは少し違うので修整。

エンジン組立開始

パイプクリップはケーブルから抜いた心線です。
パイプももう少し艶を落としたかったのですが柔軟性優先でシリコンチューブを使いました。
パイピングは楽ですが静電気で埃がすぐ付いてしまいます。

エンジン組立開始

ボルトリベットは0.5mmを使いましたが拡大しなければ見えないし、拡大すると粗のさらけ出しです。

エンジン組立開始

オイルレべルゲージの接着。
色は実車とは異なります。

エンジン組立開始

オイルフィルター
文字は実車ブルーの様ですがデカールが無く黒で再現。

エンジン組立開始

オルタネーターの装着。
フロントカバーとの固定ブラケットはまだ接着していません。

エンジン組立開始

サーモスタットハウジング。

エンジン組立開始

コンプレッサーブラケットと

エンジン組立開始

コンプレッサー。

エンジン組立開始

当時エアコンはオプションでした。

エンジン組立開始

残りのプーリー。
オルタネーターテンションブラケット。
パワステはオプションだったので付けていません。

ベルトはラインテープで作る予定でしたがテープが古く粘着力が弱くなっていたので再購入します。
なのでここまで。

次はインジェクション。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR