FC2ブログ

S130 200ZT 製作記 ワイパー

ワイパーの作製です。

ワイパー

キットワイパーは少々無理が有るので作り直ししました。

ワイパー

エッチングパーツ、キットパーツ、ジャンクパーツから作製。
ブレードは純正仕様ではありませんがクリップ(接続部)は似せました。

ワイパー

リア内装パネルを位置決めも兼ねダボ付け。
リアワイパーの接着部分に挿します。
この穴はワイパーの接着にはかなりルーズだったのでダボにも穴を開けワイパー側のダボを挿します。

ワイパー

フロントはアルミパイプでシルバーが見えるように。

ワイパー

エッチングパーツのアームは薄くシャープで良いのですがブレードは薄過ぎます。

ワイパー

アームとブレードの関係はキットパーツと90°違います。

これだけの工作ですが手こずって3日掛りました。

続く

別館2に製作過程を載せました ➡ こちら
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 ボンネットフック

ボンネットフックの作製です。

未工作部分がまだあります。

ボンネットフック

ボンネットを開けた時にストッパーを掛ける部分です。
細かな形状無視でシートベルトエッチングパーツを選択。

ボンネットフック

ボルトパーツもそれっぽくで着けましたが実際は溶接だろうか?

ボンネットフック

ストッパーで開いた状態を保ちたいのですが矢印部分を可動にするのが困難。
回転軸なら出来るのですが今回は無理。
実際にはトーションバースプリングで開いた状態は保てるのでこのバーは閉まり防止のストッパー。
資料写真では使っていない状態も多々見られたので今回は可動はやめにしました(と技量の無さを誤魔化すために言い訳をしておきます)。

ボンネットフック

ストッパーは先丸にしたかったのでインセクトピン。

ボンネットフック

左の受け部分は洋白板ですが

ボンネットフック

こうなる前に真鍮線で作ろうと思いミス2回。

穴開けミスのリカバリーをしました。

ボンネットフック

参考にした作例では可動にしてボンネットを実車の様に固定されている方もみえましたが非可動に逃げました。

進展が牛歩です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 フェンダーミラー

フェンダーミラーの修整です。

フェンダーミラー

パーティングラインを修整してダボ付け。
ミラー面はシルバーで塗り分ける様になっていたので

フェンダーミラー

別パーツとしました。
ラピーテープを貼りましたが、テープが古いせいか剥がす時にビビッと音がして表面に線が入ってしまいます。
綿棒で磨いたので傷が付きましたがまあ良いか。
プラ切断面はマジックで塗ります。

ドアミラーはミラー面に角度を付けますがフェンダーミラーなので今回はそのまま。

フェンダーミラー

ダボ線の受け部分にプラ棒を貼りつけ。

フェンダーミラー

金属線で角度の微調整も出来るようになりました。

ボディーの必要加工はこれ位でそろそろ塗装かな?

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 アンテナ

アンテナの作製です。

実車はオートアンテナでした。

アンテナ

インセクトピン、収縮チューブ、エッチングパーツ。

アンテナ

基部はポンチ貫のプラ板と角を丸めた丸棒。
写真にすると雑な仕上がバレます。

アンテナ

エッチングパーツにもう少し厚みが有れば良かったのですが、プラパーツ塗り分けよりは良いかな。

工作に時間は掛かりませんが、考察に時間が掛かりました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 シートベルト仕上

何時もの後回工作、ようやく手を付けます。

反対側のシートベルト引き出し口の加工が放置されていました。

ベルト

モーターツールで穴開け。
開口部の処理は不明なので想像で工作。

ベルト

工作は穴を開けてからトリミングしています。

ベルト

ベルトの装着、未装着の状態を考えると開口部の形状は多分三角形ですかね。

さて本題のシートベルト作製。

ベルト

タングプレートは穴開きのエッチングパーツを使います。
この考察は ➡ こちら
実車はベルトを通す部分が2穴なので修正が必要。

ベルト

プラ板で作製。
細かな形状が違いますが良しとします。

ベルト

ベルトは2mmラインテープ貼り合わせにしました。

ベルト

ベルト素材は決定版が無いのでいつも悩むところ。

ベルト

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 リアハッチダンパー

ボディも未製作な部分、仕上がりが未完なところもあり中々塗装が出来ません。

リアハッチの修整です。

ダンパー

開けた状態に保つ事が出来ないので開閉は戸惑ったのですが手を加えたからには何とかせねばです。

ダンパー

作例を探すと大体がつっかえ棒で、棒無しでも開いた状態を保つ作例も有るのですがどうなっているかの公開は無し。
(そこが知りたい)
上手な人はダンパーで固定していますが

ダンパー

見よう見まねで作ったダンパーも伸びた状態で止める事が出来ません。
(抜け防止はしてあります)

ダンパー

ボディ側の固定部は実車もこんな感じ。
作ったダンパーもピンで止めればOKですが問題はハッチ側。
プラ材で普通に作るとかなりオーバースケールになるので

ダンパー

(こちらは試作で実車はボールジョイントです)
こんな感じで作っては見たもののダンパーを伸ばした状態で固定できないので開いた状態を保つ事はできません。
結局行き詰まり。
どうするか考えたところ、つっかえ棒をダンパーぽく見せればいいんだと言う事になり

ダンパー

作製。
金属線はSS線、黒い部分は収縮チューブです。

ダンパー

脱着式でボディ側に挿した状態。
伸び縮しないので飛び出します・

ダンパー

バネ力で上がった状態は保てます。

P4101046.jpg

よさそうに見えますがハッチ側の固定部は内装黒に収縮パイプの黒でカムフラージュしているだけのナンチャッテ(古!?)です。
御託を並べましたが結局出来上がった物は金属線に収縮パイプを挿しただけの簡単な物でした。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エアーフローメーター仕上

まだまだ仕上が続きます。

エアーフローメーター

エアーフローメーター

塗り分けのマスキングに手間が掛ったのですが、はみ出しまくりにタッチアップ。
何やかんや時間が掛ってこれだけ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機4

エンジンルーム補機仕上がまだ続きます。

ラジエター補助タンク

補機

タンクは乳白色レジンですがキャップは市販のプラ板のため不釣合いな色になっていたため作り替えです。
同じ色のレジンで複製すれば済むのですが今回は別な方法で作製。
タミヤの古い製品で使われていたメッキランナーパーツを使いました。

補機

メッキを剥がすと乳白色パーツになるのでランナータグ部分から作製。

補機

ダボプラ棒の先が見えてしまっていますがシールを貼る予定。

補機

バックの色で最初の写真と全然変わって見えます。
実際にはこちらが近いです。

補機

ラジエターにつながるパイプと思って付けていた金属線部分は液量センサーの接続部でした。
センサーなら穴開けでケーブルを挿すのですが、金属線を接着してしまったのでパイプ接続口と模型便宜上の変更。

ウォッシャータンク

補機

ポンプはフロントとリアの2機。

補機

ウォッシャー液の再現はパスしてしまいました。
実はタンク製作時2回チャレンジし失敗で止めました。

補機

パイピング、配線はインチキです。

ホーン

ホーン

当時はBOSHのスーパートーンを付けていましたが新車時の状態とします。

ブレーキプレッシャーリデューシングバルブ

ブレーキプレッシャーリデューシングバルブ

塗分けただけです。
左右の接続口が直線上に無いのが正解。

フューエルフィルター

フューエルフィルター

キットパーツに固定バンドを付けただけです。

リレーBOX

ハッチロック

電装ケーブルの配管の考察をしなくては。

ハッチロック。

ハッチロック

完成後もスプリングがチラッリと見える様に。

ハッチロック

塗装が下手なので鋳物の様に見えますが、実車はつるっとした金具パーツ。

エンジンルーム灯

エンジンルーム灯

スイッチは市販のトグルスイッチを使用。
飛出し過ぎですが金属線より良い感じです。
配線準備も出来ています。

エアコンバキュームタンク

レシーバー

写真にして気が付いた下手糞塗装。
パーツの仕上げ処理が悪かったのも有りますが肉眼では普通に塗れたつもり。
小休止して翌日

レシーバー

シールで誤魔化しました。

大分仕上がりましたがまだ作っていなかったパーツが3つほどあります。
現在仕上モードなので工作モード切り替え無ければいけません。
面倒い

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

S130 200ZT 製作記 エンジンルーム補機3

補機仕上の続きです。

イグニッションコイル。

補機

配線も出来る様にしてありますが、シャーシ側の線の配置、処理が確認できていません。

A/Cタンク

補機

キャ二スター

補機

固定バンドはエアークリーナーと同じ色です。

補機

マスキングに塗装、面倒と思うだけで手が止まり1日開いています。
エアブラシの掃除が嫌い、ようやく掃除が済んでマスキングを剥がしたらはみ出しが有るは角に塗料が乗っていない。
適当工作のスナップ錠だけ付けて当日の工作終了。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR