FC2ブログ

GOLF Mk4 R32 製作記 ウィシュボーン

ウィシュボーンの作製です。

トレーリングアーム

実車はこちらに交換されていました。
i EXERT アジャスタブル・リアコントロールアーム

アーム

純正では角形のアームですが、丸いタイプです。
色的にはステンレス色の様ですが、今回は加工のし易い

トレーリングアーム

アルミパイプで作製。

トレーリングアーム

トレーリングアーム

トレーリングアーム

トレーリングアーム

調整用の六角パーツは一回り大きい丸パイプで代用。

トレーリングアーム

下の2本も同じ工作をしなければいけないのですが、目立たない部分なのでめんどくさくなり左下は固定部だけ作って調整ナット部分はパス。
右下は固定部も作らなかったという体たらくです。

トレーリングアーム

ラバーブッシュまでは再現していません。

トレーリングアーム

作業スペースが狭いため組みつけは結構大変です。

トレーリングアーム

続く
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 アブソーバー固定部

シャシアブソーバー固定部の作製です。

デフ

アブソーバー固定部はFFとは別位置に作ります。
ホイールアーチ外側まで伸びていない様です。
無い部分、このラインより外はボディ側と言う事になります。

デフ

反対側も同じですがこちらには給油パイプが有ります。

デフ

キットはこんな感じ。
R32でも給油口の位置は同じなのでパイプ径はキットサイズを参考に

デフ

作製。
ダボは打っています。

デフ

パイプはタイヤハウスの内側を通りタイヤハウスカバーで覆われるのですが、そこまで再現するとなるとタイヤハウスの形状修整からしなけrばいけないのでパス。
タイヤハウスカバーも再現するとなると凹形状のヒートバキュームになります。
かなり面倒そうなので取り敢えずキット形状と同じ雰囲気だけの開口部を作製。

デフ

ここまで作ったのですが間違えに気付きました。
誰も気付かないと思いますが・・・。

間違いは別館2で修整します (予定)。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 トレーリングアーム2

トレーリングアーム作製の続きです。

デフ

ウィッシュボーン固定部とアブソーバー固定部の作製。
補強と均しはまだ。

ここで難題。

デフ

写真に対し上部のアームは普通に製作可能ですが

デフ

下部はアームが作れても組立接着が困難。
今はプラ棒を置いているだけですが、はてさてどうしたものか。

デフ

答えの出ぬままドライブシャフトブーツの調整。
アーム側のパイプ部分がドライブシャフトとの接続のりしろとなります。
ブーツをえぐって

デフ

嵌る様に。

デフ

ブレーキ関係のディテールはまだ有りますが

デフ

取り敢えずここまで。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 サポートフレーム

サポートフレームの作製です。

サポートフレーム

サブフレーム クロスメンバー サポートフレーム、車素人には名称が判りません。
また、何を作っているかうまく説明出来ませんので写真を追って下さい。

サブフレーム クロスメンバー サポートフレーム

ウィッシュボーンの固定部です。

サポートフレーム

0.1mmのプラペーパーを下敷きにしてプラ棒を組立ます。

サポートフレーム

サイズ、形状、厚み、違う所だらけですが

サポートフレーム

完成。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記  トレーリングアーム

トレーリングアームの作製です。

まずはトレッドの調整から。

トレーリングアーム

矢印部分は位置決めの為のプラパイプです。
ホイールの固定が有るためハブの位置を実車に合わせたトレッドで作るのは困難です。

トレーリングアーム

今回もマグネット固定としたのでホイール側にキーパーと固定軸の接着。
右は厚みを同じにしたダミーのマグネットとディスク。
固定方法を優先でハブ位置を決めました。
別車種のホイールのためオフセットがかなり違うのでディスクも奥まってしまうのも仕方有りません。

トレーリングアーム

今回は実車比較無しのパッツンでトレッドの決定。

トレーリングアーム

それに合わせてトレーリングアームの作製。

トレーリングアーム

中途写真を撮る余裕もなくアームの修正。

トレーリングアーム

ウィッシュボーンの干渉を避けシャシを削合修正

トレーリングアーム

しました。
削合の考察はこちら ➡ 別館2で

トレーリングアーム

不要となったストラットハウスを埋め、スプリングベースの作製。

トレーリングアーム

基本ベースの完成。

まだまだディテールの追加は続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ドライブシャフトブーツ

リアアクスルの作製です。

ブーツ

何処から何に手を付けていいのやらと悩みます。
まずはドライブシャフトブーツから。
ドライブシャフトの考察はこちら ➡ 別館2で

ブーツ

ポンチで貫いただけ。
小さくて薄いので角を丸めるのが面倒くさい。
変な所にこだわる割にこの手の作業は嫌いなのでパスしてしまいました。

ホイール側

ブーツ

1枚目を瞬着で仮着して積層。
この状態で穴を貫通させます。

ブーツ

デフ側

ブーツ

デフ側が汚い仕上がり。
サスを作るのに必要なのはホイール側。
作り直すかは気分次第で先に進めます。

面倒だったのでこれだけ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ドライブシャフトトンネル

ドライブシャフトトンネルの修整です。

トレーリングアームの考察が終わらないため別パーツを修正しました。

ドライブシャフトトンネル

ラリーゴルフのAWDへの改造ではドライブシャフトトンネルも修正されていたのですが今回調べた資料では改修されずFFシャシのまま。
現状ではドライブシャフトとマフラーを収めるには絶対的に深さが足りない状態。
実車は十分スペースが有るのか?模型が浅いのか?
答えを見つけぬまま彫下げました。

ドライブシャフトトンネル

縦に切り取るか横か?
縦に切り取ります。

ドライブシャフトトンネル

これでバスタブ内装は載りません。

ドライブシャフトトンネル

ドライブシャフトと干渉しなければOK

ドライブシャフトトンネル

穴はサイドブレーキワイヤ-が通る穴?

シフトレバーとバルクヘッドの考察がまだなので前方は途中工作。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ホイール

ホイールの作製です。

ホイールの考察はこちら ➡ 別館2で

純正ホイールのパーツはありません。
3Dで作ってしまう時代ですがアナログで修整しました。

今回は18インチのインプレッサWRCのホイールを修整します。

タイヤ

正面から見ると似た形態なのですが側面から見るとスポークが飛び出し、ボルト部分は窪み過ぎています。
(実車写真は完成後の不出来がバレルので、別館2で)

ホイール作製

まずはホイール軸に穴開け。

ホイール作製

ヤスリがけで表面を平らに。
スポークの太さも違い、リム周りの凸もありませんがこのまま行きます。

ホイール作製

窪んだ部分は5ミリポンチのプラ板がぴったり。
ナットの穴を開けるために

P9022081.jpg

プラ板に仮止め。
三つしかないのは試作がてら一つ目を作ったからです。

ホイール作製

デカールを穴開けガイドにして

ホイール作製

開孔
モーターツールで中央部を窪ませました。

ホイール作製

瞬着ベビーパウダーでならして修整。

ホイール作製

完成です。
細かく違いますが雰囲気OK.。
ホイールのオリジナルタイヤはレーシングタイヤが付いていたのでフジミMk5 R32のタイヤに付け替えました。

ホイール作製

実車のタイヤサイズと同じです。
老眼には小さくて見えない文字だったので写真で確認しています。

ホイール作製

リムは太過ぎる様です。
実車は7.5J。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 燃料タンク

燃料タンクの作製です。

フロアパン

複雑な形状をしています。

考察はこちら ➡ 別館2で

燃料タンク

箱組で作製。

燃料タンク

タンクの上をドライブシャフトが通るので窪ませますが右側はマフラーが有るので大きく避けます。

燃料タンク

サブタンク(?)は別パーツで作ってから接着。

燃料タンク

デフの下に位置します。

燃料タンク

肉付けして

燃料タンク

削り出し。
遮熱板はバキュームも考えましたが今回はスジ彫り塗分けです。

燃料タンク

完成。

出来上がった後で判った部分ですが

燃料タンク

この部分のタンク形状は間違いです。
知らなきゃ良いのに知ってしまうと気になってしまいます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 スペアタイヤハウス

スペアタイヤハウスの修整です。

デフ固定

キットパーツから修整。
FF車に比べかなり浅くなります。
サイズ的にはテンパータイヤの深さですが実際にはスペアタイヤは入っていないそうです。

デフ固定

真ん中の大きな窪みにはフューエルキャ二スターが入ります。

デフ固定

完成後はこの上にマフラーが来るので外形ぐらいしか確認できなくなります。
キャ二スターは全く見えずパイピングだけ確認できる程度。

それでも作ります。

フロアパン

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 シャシ再修正

シャシを再度修正します。

デフ固定

車軸の位置決め用だったFFサスを外します。

デフ固定

軸位置と高さをプラ板でマーク。

デフ固定

シャシ側に付けたプラ板で軸位置の再現。
ノーマルの車高ですが

デフ固定

タイヤ径が大きいせいかギチギチです。

デフ固定

この位置で前方部のシャシ側フレームを付けます。

次はドライブシャフト。

デフ固定

太さが判りません。
資料では太めのイメージ。
太めだとかイメージとか何を基準に言っているのかあやふやです。
実車が有るので径を測って、とは流石に頼めませんので別車種の物で参考に。
左がランチアデルタで右がセリカの物ですが全然違います。
取り敢えず3種のプラ棒を用意して比較した結果

デフ固定

真ん中を選択。
そして、前回悩んだのはこの状態、ドライブシャフト下にタンクを配置しなければいけませんがスペースがありません。

考察はこちらでしました ➡ 別館2

デフ固定

なのでプラ板を剥離して修整です。

デフ固定

ネットで調べた4motion改造もこんな感じでした。

デフ固定

フロアトンネルを深くすることも想定して

フロアパン

フロアパンを貼り直し。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 デフマウント固定

デフのマウント固定です。

デフ固定

フロント側に固定部モールドも付けましたがダミーで実際にここで固定はしません。

デフ固定

追加パーツ。
実際は箱形状では無いのですがそこはスルー。

デフ固定

ケーブルもつながりますが何のパーツかも不明です。

デフ固定

前方はビス止め。

デフ固定

後方は固定具で。
仮ダボは外しました。

デフ固定

カップリングがフリーの状態なので車軸を入れて調整。

デフ固定

バランスを確認して固定します。

デフ固定

FFサスとのコラボ。
この後続けて工作したい所ですが予定外なミスがあり手が止まってしまいました。

別館で考察します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ハルデックスカップリング

ハルデックスカップリングの作製です。

ハルデックスカップリング

ハルデックス社の4WD車の電子制御油圧多版クラッチ機構を持つカップリングだそうな。
結構複雑な形状です。
芯のプラ棒にパーツを貼り付けていく形で工作しました。

ハルデックスカップリング

写真を見ながらあーだこーだと工作。
似た形にはなっていますが正確ではありません。

ハルデックスカップリング

コントロールユニット、チャージングポンプ、オイルフィルター部分とそれっぽく作りましたが配線?配管?は不明。

ハルデックスカップリング

こちらも裏は省略です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR