FC2ブログ

GOLF Mk4 R32 製作記 バキュームアクチュエーター

インテークマニホールドの追加工作です。

バキュームアクチュエーター

バキュームアクチュエーター
名称を聞いても写真を見ても何か解らない世界ですが進めます。
下にパイプ接続口が有ります。

バキュームアクチュエーター

マニホールドのこの位置に付きます。
調べていくとマニホールドに機構が組まれており重要な役割をする補機です。

バキュームアクチュエーター

矢印部分マニホールドチェンジオーバーバルブにつながります。
(セカンダリーエアーインレットバルブかもしれません)
多分読んでいる人にはチンプンカンプンと思いますが私もです。

スロットルボディ

スロットルボディ

塗り分けが苦手なのでスロットルギアカバーは別パーツ。

スロットルボディ

資料を見ながらそれっぽく。

スロットルバルブ

完成後は見えませんがエンジン単体撮影時には見えるのでスロットルバルブも作りました。
S130Zは機械式、今回は電子制御。
こんな違いを確認しながらの工作です。

コンビネーションバルブ

シリンダーヘッドのコンビネーションバルブも作製。

コンビネーションバルブ

このパイプは何処につながるのだろうと気になってしまいますが答えが出ず。

コンビネーションバルブ

コンビネーションバルブは前のパイプの上に付きます。
このバルブは前に作ったセカンダリーエアーポンプにつながるので先ほどのパイプもエアー関係と思うのですが不明です。
矢印のパイプは間違いで実車には無いみたいです。
取り除くことにします。

コンビネーションバルブ

コンビネーションバルブ

こちら側のメイン補機は取り敢えず終了。

次は排気パイプ。

続く
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 セカンダリーエアポンプ

セカンダリーエアポンプの作製です。
何の補機か判らないと思いますが続けます。

セカンダリーエアーポンプ

筒のリブモールドを伸ばしプラ棒で再現したのですがガタガタ。

セカンダリーエアーポンプ

取り付け位置はエンジンブロックよりも少し離れた位置。
ダボが見えてしまいますがオイルクーラーで隠れます。
でも下から見ると丸見え。

セカンダリーエアーポンプ

最初に開けた固定穴もオイルクーラーに干渉するため開け直し。

セカンダリーエアーポンプ

位置が決まったので残りのモールドの作製。
ノンリターンバルブ。

セカンダリーエアーポンプ

排気フィルターです。

セカンダリーエアーポンプ

完成後に見えるのは裏側だけ。

セカンダリーエアーポンプ

固定ブラケットの作製。
実際とは異なりますがダボを隠すように付けています。

セカンダリーエアーポンプ

実車はオイルパンの矢印部分がブラケットの固定部になります。
先に作ったブラケットはここに付くのが正解ですがインチキしています。
なのでオイルパン側からつながっている風に固定部を作らなければいけません。
単体資料が見つからないので保留。

セカンダリーエアーポンプ

取り敢えず完成と思いきやノンリターンバルブの接続、取り回しが実車と違っていることが判明。
別パーツにしフィルターをブラケットでギアボックスに固定しパイプでつながなければなりません。

面倒なのでこのまま行きます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 スロットルバルブコントロール

スロットルバルブコントロールエレメント ダンパーの作製です。

パーツリストの名称をそのまま載せているだけなので補機の役割は解りません。

その前に

インテークダンパー

ウォーターパイプのパイピングを確認。
オイルクーラー用のパイピングです。

ダンパーの作製

インテークダンパー

2つのソレノイドバルブ(電磁弁)があるのですが当然何の弁かは判っておりません。
(名称から推測は出来そう)

インテークダンパー

実車はマニホールドに付くパーツなのですがダボ打ちでエンジンブロックに固定しています。

次はクーラントサーキュレーションポンプ。

クーラントサーキュレーションポンプ

指矢印の所にあって、下矢印部分にパイプ接続されます。

クーラントサーキュレーションポンプ

作り始めたのですが急にモチベーションダウン。
作るのが面倒臭くなってしまいました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジンカバー プラグカプラー

エンジンカバーの作製です。

エンジンカバー

手間と時間は掛かっていますが特筆する工作は無し。

エンジンカバー

載せるだけの脱着式とします。

エンジンカバー

横幅もう少し詰めた方が良かったかな。
(実車を知らなければわからない部分ですが)

プラグカプラーの製作。

プラグカプラー

旧車エンジン付き模型のディテールアップと言ったらハイテンションコードから、と言うのが当たり前でした。
最近の車はディストリビュータやイグニッションコイルもないのかな?(素人考察です)。
実車もハイテンションコードは有りませんがプラグカプラーは当然あります。

プラグカプラー

プラグ穴も完成後見ることが出来ませんがパーツ単位では欠かせないので作りました。

この後のプラグカプラーやケーブル処理の説明は省略で

プラグカプラー

カプラーの雰囲気だけ工作。
別パーツで作ってあるのでもう少し密度を付けるか考え中。

ディストリビュータまで伸びたハイテンションコードは旧車エンジンルームでは見せ場だったですね。

プラグカプラー

インテークマニホールドにカプラーが付いた状態になっていますがこれは正解。

プラグカプラー

矢印部分はケーブルカバー。
マニホールドとは別色、別パーツなので今は載せているだけです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 パワステポンプ

パワステポンプの作製です。

パワステポンプ

サイズ的に太すぎました。
(完成後何かバランスが悪いなあと思い再度の資料確認で判りました)
見えない部分でダボ固定しています。

パワステポンプ

修整を繰り返したブラケットはこんな感じ。
修正前のブラケットは ➡ こちら

パワステポンプ

固定位置を決めてから

パワステポンプ

パイピングの出来る様にモールドの付加。

パワステポンプ

こちらも NEUSPEED POWER PULLEY です。
プーリーの考察はこちら ➡ 別館2で

手間の掛った補機

パワステポンプ

こんな感じに仕上がりました。

パワステポンプ

まだこのパートに補機も三つあるのですが一旦他のパートを。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 コンプレッサー

コンプレッサーの作製です。

その前に

コンプレッサー

インテーク側のモールドを追加しました。
シリンダー形状に合わせた起伏モールドは(手抜きで)省略しています。

コンプレッサー

使用したプラ材は10種類。
一つポンチ貫しましたが後は切って接着しただけ。

コンプレッサー

ダボを付けて位置決め。

コンプレッサー

固定ブラケットも修整。

コンプレッサー

ブラケット固定部の作製。
横バーは本来ブラケット側にあるパーツです。

コンプレッサー

プーリーはクラッチタイプなので厚みを増しました。
裏側に電源コードがつながります。

コンプレッサー

プーリーの前後的位置は裏に貼るプラ板の厚みで調整。

コンプレッサー

後方のモールドパーツ。

コンプレッサー

パイピングは2本。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 オイルフィルターハウジング

オイルフィルターハウジングの作製です。

オイルフィルターハウジング

フィルターハウジングとオイルクラー、カバーの構成。
塗り分け部分は別パーツに。
オイルクラーはシンプルで工作が簡単なタイプを選択。

オイルフィルターハウジング

資料から形にするのに手間が掛かりました。

オイルフィルターハウジング

接続部は二つ穴、

オイルフィルターハウジング

穴にダボを刺して固定します。

オイルフィルターハウジング

クーリングパイプの接続も必要となります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 サーモスタットハウジング

サーモスタットハウジングの作製です。

サーモスタットハウジング

まずはウォーターポンプから伸びるパイプから。
実際にはこんな屈曲はしていません(多分)。

本体は4本のパイプとエンジンブロックとの接続口。
パイプ接続はウォーターポンプから、ラジエターIN OUT、ヒーターユニット。
一塊で作るには困難な形状です。

サーモスタットハウジング

ダボ打ちで基準を決めて

サーモスタットハウジング

つないで他のパイプを足していきます。
この状態ではクーラントが循環するだけなので間違いは一目瞭然。

サーモスタットハウジング

それらしくパイプの追加。

サーモスタットハウジング

ハウジングのガタガタつなぎ目は瞬着ベビーパウダーでならしました。

サーモスタットハウジング

パイプ接続部分のズレは伸ばしプラ棒を貼って誤魔化し。

サーモスタットハウジング

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 オルタネーター2

オルタネーターの続きです。

オルタネーター

固定ダボの作製。

オルタネーター

見えない所で固定して

オルタネーター

固定部を作ります。

オルタネーター

ベルトテンショナーダンパーの作製。
塗り分けが苦手なのでプーリーは別パーツに。

オルタネーター

ダンパー側のブラケットで本来エンジンブロックに固定されます。
なのでプーリーはフリーなのですが、今回はプーリーの軸の部分で固定しています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 オルタネーター

オルタネーターの作製です。

放熱スリットに苦労しました。
実車形状をUPしたいところですがし比較できる程の出来では無いので無しです。
(気になる人は検索してね)

オルタネーター

放射線状に貼ったプラ板でスリット再現にしたのですが試作、失敗で3個目。
スリットは実車より少なくなっています。

オルタネーター

三枚重ねで組み立てます。

オルタネーター

もう少し薄いプラ板でスリットの数を増やしたかったのですが、余剰部分の切り取りでプラ板が潰れたり、接着剤の軟化でプラ板がよれたりとまともな物になりませんでした。
今一の形状ですが良しとします。

オルタネーター

ブラシホルダーは取って付けたような存在感。
別パーツで作ってあるので作り直すか。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 インテーク側シリンダーブロック

インテーク側シリンダーブロックの修整です。

インテーク側シリンダーブロックの修整

ウォーターポンプ。
ポンプ自体はエンジンブロックの中なので

インテーク側シリンダーブロックの修整

プーリのみ。

インテーク側シリンダーブロックの修整

エアコンコンプレッサーブラケット。
パーツリストの名称でオルタネーターとパワステポンプもつきます。
簡単な形状ではないので試作(右)を作ってからの本作です。

インテーク側シリンダーブロックの修整

補機の取付部の調整があるためまだ基本外形のみ。

インテーク側シリンダーブロックの修整

最初から完成形にするのではなく補機に合わせて修正します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 プーリー

プーリの作製です。

プーリー

穴は開けたのですが正確な形にこれ以上修整出来ません。
削り出し面の処理もきれいに出来ません。
先日上手な人に工作方法を尋ねたのですが明解な答えが聞けませんでした。
上手な人は自分と同じ事をしても普通きれいに仕上るらしい。

きたない仕上がり・・・

お粗末様でした。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジンモールド

エンジンのモールドを付加します。

エンジン作製

ほとんどが写真資料かららしく作るだけですが、ここには何が付くのだろうとか、これは何だ、あれは何だと疑問が湧き調べないと先に進めなくなってしまう事もしばしば。
しかし、すべて確認できる訳ではないのですが一部でも解るとそれだけで満足します。
右の矢印はノックセンサー。
反対側にもあるようですがV型だからですかね?
これも推測です。
模型での配線までは出来ません。
左はオイルポンプのドライブシャフトが中に通り蓋が付きます。
蓋は丸菱形(変な説明でご勘弁)でパイプの左右にボルト受けが付くのですが再現するのは結構面倒。
しかもエキゾーストパイプの下に隠れて見えなくなります。
オイルポンプはオイルパンの中です。
他の穴は不明です。

エンジン作製

シフトロッド横の縦3つ一番下はリバースライトスイッチです。
(上二つは保持カバー?戻り止めピン?パーツ名称を直訳しても何か解りません)
こちらの配線まではしませんがクラッチケーブルとシフトケーブルは再現します。

エンジン作製

スターターモーター。
マグネットスイッチ部分から3本ケーブルが出てバッテリーとキースイッチへ、そしてモーター本体につながります。
こちらも配線は出来ませんが知っていればそれっぽく出来るかなと思い調べています。

エンジン作製

モーター本体のサイズを調べた上で3mmののプラ棒を使っています。
色々調べても完成後は見えなくなったり配線が出来ない所ばかり。
調べて確認できた接続部も半分ぐらいで、工作よりも調べる時間の方が長く行き詰って来たので別部分の工作。

エンジン作製

オイルパンにボルトを付けてみました。
レジンパーツを使ったのですが、左1/3の部分は取付け部が狭く付けられなくなってしまいました。

オイルパン

ギア側のモールドも追加。

オイルパン

矢印部分はオイルレベルと温度センサー。
配線があるのでモールドを削って穴を開けています。
配線処理はノープランです。

ドレーンの確認もしなくては。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ギアシフトレバー

ギアシフトレバーの作製です。

考察はこちら ➡ 別館2で

ギアシフトレバー

シフトロッド位置の修正。
前回の間違いを直しました。

ギアシフトレバー

外形は似せましたか細部はかなり省略しています。

ギアシフトレバー

サイズは不明、この手の軸打ちや穴開けのあるパーツは往々にして大きくなってしまいがちですがサイズ検証が出来ないので良しとします。

ギアシフトレバー

ケーブルを留めるパーツ。
取り敢えずで作った物ですが、後で資料を探して全然違う事が判明。
(実車画像を見つけるのにかなり時間が掛りました)

ギアシフトレバー

正確に作るのは困難(面倒)なのでこのままで行きます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 トランスミッション

トランスミッションの作製です。

トランスミッション

資料図を基に作るのではなく写真からの製作なので不正確です。
サイズもキットの物が参考になりません。

トランスミッション

クラッチ部分の作製。

トランスミッション

ギアボックス。
接続ボルトはパイプの中に六角棒を挿したのですが小さすぎて目立ちません。
写真確認だけで作っているのでここで何時もの失敗。

トランスミッション

左側の接続口と右のシフトロッドの穴が同一直線上になってしまっています。
左側は多分クラッチパイプの接続部なのでジョイント?部分が有ってパイプが横に伸びるのでシフトに当たってしまいます。
全体はらしくだけの工作なのですが、ポイントを決めて少しだけ拘って再現するので修整します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR