FC2ブログ

GOLF Mk4 R32 製作記 ドライブシャフト修整

ドライブシャフトの修整です。

エンジンマウント

実車のスタビライザーはドライブシャフトを避ける様に曲がっています。

しかし

ドライブシャフト

模型はストレート。
当然ドライブシャフトに当たります。

作り直すにしても真鍮パイプが在庫切れ。

ドライブシャフト

アルミパイプで手を付けるもモチベーションが上がりません。
作り直しが面倒なのも有りますが、ドライブシャフトを組みつけるのは手順が有り簡単ではありません。
それもやり直さなければと考えると億劫になってしまいました。
結局スタビライザーはそのままでドライブシャフトだけ触る事にしました。

ドライブシャフト

以前の物は一塊で作っていましたが

ドライブシャフト

分割。
結局スタビライザーと干渉する部分を細くして誤魔化しました。

ドライブシャフト

組み立て方も変更し、先にミッション側に付け、エンジン搭載後

ドライブシャフト

メインシャフトを差し込みます。

ドライブシャフト

実車よりかなり細くなってしまいますが、完成後は見えないので良しとします。
スタビライザーとはほぼくっついてしまっています。
スタビライザーを作り直したとするとやる気が起こらず1~2日放置したかもしれません。

続く
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 トルクロッド

エンジンマウントが続きます。

エンジンマウント

トルクロッドがミッション部分に付きますがストレスバーが邪魔をしてしまいます。

エンジンマウント

実車はストレスバーの下を通るので

エンジンマウント

ギアボックスを削り凹ませる事にしました。

エンジンマウント

ロッドはいたずら書きの様な絵の上にプラ棒を貼って

エンジンマウント

作製。
凹部分の形状が違いますが雰囲気で。

エンジンマウント

ストレスバーを避ける事が出来ました。

エンジンマウント

ミッションとの固定部は洋白板とビスモールド。

エンジンマウント

これで一息と思っていたところ

エンジンマウント

スタビライザーがドライブシャフトを避けていることに気付きました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジンマウント2

エンジンマウントの続きです。

エンジンマウント

仮マウントを削り取ってブラケットを作ります。

エンジンマウント

工作室にPCが無いので画像を頭の中に残して製作したため実車と若干違ってしまいました。
プリントすれば良かったのですが横着しました。

エンジンマウント

工作は切って貼るだけ。

エンジンマウント

エンジンブロックと別色にしたいので2カ所ダボの別パーツ。
下のシャシとの固定用の穴開けズレが御見苦しい。

エンジンマウント

組立後は見えません。

エンジンマウント

エンジンルームのマウントは終了。

次は裏側のエンジンマウント?のトルクロッドですが、設計ミス。

エンジンマウント

矢印の部分に付くのですがストレスバーに当たってしまいます。

エンジンマウント

スぺースは約0.25mm。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジンマウント

エンジンマウントの作製です。

考察はこちら ➡ 別館2で

エンジンマウント

エンジンは2カ所でマウントされています

エンジン本体側

エンジンマウント

現状エンジンには仮マウントが接着されています。
これを取り除きエンジンマウントを作製するので

エンジンマウント

シャシ側に本来無い固定部を作りました。
1mmビス2本止めです。
無骨な出っ張りですが

エンジンマウント

エンジンプロテクトカバーで目立たなくなります。

エンジンマウント

マウントの作製。

エンジンマウント

シャシフレームに取り付け基部の作製。

エンジンマウント

シャシフレームの幅は実車よりかなり狭くなっています。
タイヤハウスが大き過ぎるのが原因ですが、そのためマウントの幅も狭くなっています。

マウントは追加工作をしてダボ止め。

ミッション側

エンジンマウント

こちら側もスペースがとれず幅が狭くなっています。

エンジンマウント

シフトレバーとのスペースもギリギリです。

エンジンマウント

スペースを確保しながらミッションとの固定部を仕上げたのですが、モールドを削ってしまった為只ののブロック形状になっています。
誰も気にも留めない所で落ち込みますが、ここまで作ってキッチリ合わないのはショック。
もう少し先まで見据えた設計が必要でした。
本来はミッションとねじ止めしてマウントできる予定だったのですがね。

エンジンマウント

タイヤハウス側からだけネジ止めしています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ストレスバー

Euro Sport LOWER FRONT STRESS BARの作製です。

euro sport LOWER FRONT STRESS BAR

実車サスメンバーにはストレスバーが装着されています。
なので作りました。

euro sport LOWER FRONT STRESS BAR

サスメンバーより艶のある黒なので別パーツ後付けにしたかったのですが中央のバーだけ別パーツにしてみました。

euro sport LOWER FRONT STRESS BAR

くっ付けてサスメンバーと同色で塗ってしまうと存在感が薄くなりそうなのでロゴデカールを貼ってクリアー仕上げしてから接着にします。
工作はこれだけ。
デカール用ロゴの方が時間が掛りました。
ロゴはこちら

euro sport LOWER FRONT STRESS BAR

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 アンチロールバー

アンチロールバーの作製です。

アンチロールバー

ほとんどサスメンバーで隠れてしまいます。

アンチロールバー

キットはFF用。
ウイッシュボーンに付きます。
完成後は見えない部分ですがキットは別パーツで再現してあります。
でも裏から見ると固定部に丸棒があるだけです。

4MOTIONは

アンチロールバー

ストラットに固定部が有り、矢印間にカップリングロッドが付きます。

アンチロールバー

真鍮パイプで作る予定だったのですが在庫が無くキットパーツの修整。
上下を逆にして使用し、ロッド接続部を炙って伸ばし潰して穴開け、取り付けダボまで。

アンチロールバー

ダボ打ちしたので後の作業が楽になります。

アンチロールバー

ストラット側にも固定部の作製。
実車はストラットを交換しているのですが、この部分の明確な資料がありません。

アンチロールバー

カップリングロッドの作製。
ジョイント部分の形状は簡略にしています(手抜きとも言います)。

アンチロールバー

組合せ。
実車は矢印側(表側)に付くのですが、取り回しに無理があり直すにはメインバーの修整が必要なので止めました。
組み立て時にボルトパーツを付けます。

今の時点では組みつけも困難では無いのですが、キャリパーが付いた状態では厳しくなります。

資料はこちら ➡ 別館2で

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 フロントキャリパー

フロントキャリパーの作製です。

フロントキャリパー

いつもの如く一つ目はあーだこーだの試行錯誤、工作写真が有りません。

フロントキャリパー

上面のモールドは省略してしまったのでつるんとしています。
本当はモールドの凸分を考慮して作ってなかっただけ。
彫り込の凹で工作すると仕上げも大変なのでやめました。

フロントキャリパー

2ポットのピストン。
禁断の実車写真はこちら ➡ 別館2で

フロントキャリパー

押さえバネ?は0.1mmの洋白板で作ってしまったのでヘロヘロ。
仕上磨きしようとするだけで曲がってしまいます。
0.2mmで作り直し予定。

フロントキャリパー

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 フロントブレーキ

フロントブレーキの作製です。

フロントAXIS

組み立てはサスとエンジンをマウントしてからの接着となります。

考察はこちら ➡ 別館2で

カバープレートはキットの凸部に合わせ位置決めしやすいように。
後でキャリパーに合わせて形状修整しますがローター保護のめくれ(?)までは再現しません。

ローターの作製

フロントAXIS

ホイールの脱着はこちらもマグネット。
リアと同じですが、こちらはローターにマグネットを埋め凸の出っ張りを低くました。
Mk5用のディスクエッチングパーツも在りますがリア用が無いので止め。
塗装になります。

フロントAXIS

ドライブシャフトにピアノ線を使っているので現状磁力で保持できます。

フロントAXIS

タイヤも付きました。
キャリパーはリアより面倒です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 キャリパー2

ブレーキパイピングブラケットの作製です。

サイドブレーキブラケット

ブレーキパイピングブラケット

洋白板で作製。
無塗装の予定ですが傷まるけ。

ブレーキパイピングブラケット

細かな形状は当然違いますが、資料写真ではリターンスプリングが確認できませんでした。
接着してないのでズレテいます。

ブレーキパイピングブラケット

ブレーキオイルホース。
Lジョイントも作りました。
実車はメッシュホース、金属パイプ、カバーホース?不明のため黒ケーブルで再現。
中間のシルバー部分はプラスチッククリップを再現したつもり。



ブレーキパイピングブラケット

パイプブラケットも洋白板での作製ですが粗々です。

ブレーキパイピングブラケット

ジョイントも付けました。
取り付け位置が実車とは異なります。

キャリパー

サイドブレーキワイヤーは組み立て時に作ります。

工作はこれだけ、と簡単ですが不明点を調べるのに時間がかかりました。

結局答えが見つからず不明だったので作るのはやめましたが

ブレーキパイピングブラケット

矢印部分は何の補機でしょう?
配線があるようです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 キャリパー

キャリパーの作製です。

キャリパー

キットの正面から見た形状は大体同じですが4MOTIONの物とは上面の形状が違います。
また、キットの裏は表と同じ形状でピストンが有りません。

なので作り直しました。

キャリパー

プラ板の積層です。

キャリパー

ピストンも付け面取り。

キャリパー

キャリアー部分も作製。

キャリパー

実際はブッシュみたいでしたがスプリングを付けます。

キャリパー

後ブレーキケーブルとホースの接続が有ります。
サスアーム側のパイピングブラケットも考察中。
マウント部分作り忘れていました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 リアブレーキ

次はシートベルトと思ったのですが

ベルト

ベルトはアンカーで固定されているのではなく前方のバーに沿ってスライドするようになっています。
なので

ベルト

固定部がボディーとシャシになります。
通常ならアンカー側をボディに付ければ良いのですがどうやってつなぐか?
暫し考え面倒臭くなったので別のパートの工作をする事にしました。

後回しにしていたリアサスの続きです。

ディスクローター

現状サスアームの固定はドライブシャフト軸とシャシの窪みに嵌っているだけ。
ウィシュボーンやダンパーがついても飾りなので強度は出ません。

ディスクローター

なので本来はスプリングだけのこの部分で

固定

固定を増しました。

次はブレーキローター

ディスクローター

前後でサイズが異なります。

ディスクローター

スリットを作ります。
車に詳しい人が見れば何も解っちゃいないと思われそうですが雰囲気です。

ディスクローター

サスとの位置決め固定はダボで。

ディスクローター

今回もホイールはマグネット脱着式にします。
下のプレートはローター側に付ける粗隠し用のエッチングパーツ。

ディスクローター

今は磁力で付いていますが塗装後接着します。

ディスクローター

ローターカバーはキットのディスクローターのサイズを参考に作っていたのですが

ディスクローター

実車のローターはキットのサイズより小さくカバーに余分が出来てしまいました。

ディスクローター

なのでカット。
外周のめくれ(?)は手抜きの省略です。

次はキャリーパーです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 シートベルトバックル

シートベルトバックルの作製です。

R32 Mk5のディテールアップセットに

シートベルトバックル

シートベルトバックルのパーツが入っていました。
差込口があってこれは良いやで使う事に。

シートベルトバックル

長方形ではなく絞れた感じ。
隙間が空くのは想定の範囲で

シートベルトバックル

瞬着ベビーパウダーで埋めてやりました。

所が・・・。

シートベルトバックル

実車と差し込み口の形状が違います。
もっと早く気付くべきでした。
(何時もの事です)

シートベルトバックル

2ドアのリアシートなら目立たないのでまあ良いかなとも思いこのまま行きますが、流石にがフロントシートはドア開閉ゆえ見えますね。

で、作ってみました。

エッチングパーツの組み立てで思いついた簡単な方法です。

シートベルトバックル

細切した洋白線にスジを入れ箱型にします。
スジは中に通すプラ板をガイドにしました。

シートベルトバックル

プッシュ部分はプラ板に切れ込みを入れた物。
ガイドにしたと言え、どうしても干渉する部分も出るので横幅を少し詰めました。

シートベルトバックル

組み合わせて取り付けロッドの接着。
洋白板の合わせ目は瞬着ベビーパウダーで埋めました。
せっかく作っても塗り分けでディテールが潰れては意味が無いので今回は確認のため塗装しました。
ロッドは工作の都合上丸です。

シートベルトバックル

固定部もここじゃないと思うのですが資料が有りません。

シートベルトバックル

ボタン部分は30秒ほど息を止めて筆塗り。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ドア内張 3

内張り運転席側の作製です。

ドア内張

助手席と基本工作は同じですがアームレスト部分が異なります。
スイッチプレートはシルバー。

ドア内張

塗装後接着とします。

ドア内張

ドアレバー部分は助手席側も作り直しました。
レバーは仕上げ時作ります。

ドア内張

実車と比べないことにします。

ドアにマグネットを仕込みました。

ドア内張

下手くそ工作のため、サイドシルとの隙間が空きすぎて飛び出しています。

ドア内張

ドアロックキャッチは別パーツで作って

ドア内張

貼り付けです。

ドア内張

ロックノブ部分にパイプの埋め込み。
ノブは仕上げ時に付けます。

ドア内張

完成

ドア内張

シートが付けばらしくは見えるでしょう。

ドア内張

サイドシルにメタルプレートを付ける予定。

ストライカー

ストライカーも作りましたが未接着です。



ドアハンドルも仕上げます。

ドア内張

取り付けダボを付けマイナスリベットで雰囲気を付けます。
キーホールは運転席側だけです。

ドア内張

ドア修正はこのくらい。

補足工作を別館2に残しました ➡ こちら

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR