FC2ブログ

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジンパイピング

パイピング&ワイヤリングです。

エンジン単体での処理だけではなく補機との接続が有るため考察しながら進めています。

パイピング

電装ケーブルはコルゲートチューブの中を通るのでパイピングかワイヤリングか?

Tジョイントの製作は ➡ こちら

パイピング

当然宙ぶらりんで設置されずブラケットが有ります。
ブラケットの作製も試みたのですが、この状態でも

パイピング

エンジンカバーに当たってしまうので諦めました。
矢印部分は削りました。

パイピング

説明は省略でその他パイピング。

パイピング

次はクランクケースベンチレーションホース。

パイピング

一体で作ると組みつけが困難になってしまうので

パイピング

分割しています。

パイピング

エンジン搭載後のパイピングです。

パイピング

配線も有りますが接続は難しそう。

フューエルパイピング

パイピング

接続部の詳細が不明なので実車写真からの想像で作ります。

パイピング

補機なのかジョイントソケットだけなのか不明です。

パイピング

パイプが刺さり切らず細かくは違いますが良しとします。

パイピング

次はリザーバータンク。
これが面倒

まだまだ続く
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジン組立

エンジンの組立です。

長いです。

エンジン組立

スタートは1枚のプラ板の切り出しからでした。

エンジン組立

シリンダーブロック

エンジン組立

ギアBOXはダボとネジでの固定です。

エンジン組立

実車現状を想定して作ってあるので汚れた感じに。

エンジン組立

バキュームリザーバータンクは実際にはマニホールド側に付きます。

エンジン組立

クーラントレギュレーターハウジング

エンジン組立

取付けブラケット

エンジン組立

オイルクーラー フィルター

エンジン組立

パイピング
パイプの取り回し位置は実車とは異なります。

エンジン組立

オルタネーター

エンジン組立

エアコンコンプレッサ

エンジン組立

パワステポンプ

エンジン組立

セカンダリーエアーポンプ

エンジン組立

スターターモーター

エンジン組立

インジェクター

エンジン組立

シリンダーヘッド

エンジン組立

エキゾーストマニホールド
固定は一旦シャシにエンジンを載せて

エンジン組立

エキゾーストパイプとの位置決めを確認してから。

エンジン組立

プーリーとベルト
ベルトはICテープ二重貼りです。

エンジン組立

遮熱板
エキゾーストマニホールドが隠れてしまいました。

エンジン組立

インテークマニホールド
シリンダーヘッドも殆ど見えません。

エンジン組立

スロットルバルブ

エンジン組立

バキュームアクチュエーター

後はギアレーバーだけとなったのですが・・・・。
見当たりません。
紛失です。

エンジン組立

作りました。

エンジン組立

エンジン単体の時は外されるのですが

エンジン組立

ギアケーブルの仕上げ。

エンジン組立

こんな感じになります。

エンジン組立

オイルパン

エンジン組立

エンジンマウント穴の目隠し。

エンジン組立

ドライブシャフト接続部にエッチングパーツを仮貼りし目隠し。
これにてエンジン組立完了。

エンジン組立

後はパイピングです。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジン追加工作

追加工作です。
資料を再確認しながら修正をしています。

インテークマニホールド

プラグカバーが奥まり過ぎていました。
指矢印部分にケーブルカバーがあるのですが後回しにしていたので追加です。

インテークマニホールド

エンジンカバーとの間にズレが出てしまいましたが見なかった事に。

インテークマニホールド

ケーブルの出口を修整。

インテークマニホールド

出方とか実車とは異なるのですが雰囲気で。
このケーブルも無い方がスッキリするかもしれませんし、実車を知ら無い人は分から無い部分です。
しかし、今回はエンジン搭載後もカバーを接着しないようにしたので製作しました。

インテークマニホールド

プラグカバーも作り直し。

インテークマニホールド

この部分

インテークマニホールド

工作時の確認資料ではパイピング接続が確認できたのですが

インテークマニホールド

実車資料ではメクラ蓋になっています(多分)。
本国ではエンジン型式が多様でVR6がR32の物か確認もせず製作した間違いかもしれません。

そんなこんなの戸惑いで

インテークマニホールド

形状省略で穴だけ塞ぎました。
シルバーテープです。

インテークマニホールド

こちらも蓋をします。

エンジン組立

反対側にバキュームアクチュエーターが付きます。
矢印部分にパイピングが有るのでINの物かOUTか調べていたのですがこの補器自体の別名の表記がありました
「ドライブユニット」「バキュームモーター」アクチュエーターの意味を調べれば判るのですがスルーしていました。

じゃあ一体何なの?

エンジン組立

と調べるので工作が中断し時間が過ぎます。

ホースジョイント

パイピング用ホースジョイントも作りました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジンパーツ完成

パーツ完成です。

パーツ完成

並べてみました。
組み立てるだけなら直ぐに出来るのですが今回は配線、パイピングが車素人にはパズルの様な複雑さ。
S130Zの時も一見複雑そうに見えますが紙一枚でパイピング、配線の整理が出来ました。

資料確認に時間が掛り、それに伴い追加修整も有ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジンパーツ仕上3

補機の仕上げです。

手間の掛かったパーツ、配線パイピングを再考察しながら仕上げて行きます。
自己満足なチンプンカンプン考察がダラダラ続きます。

エアコンコンプレッサー

エンジン補機

カプラーケーブルを追加作製。
電磁プーリーのケーブルですが組み立て時の結線は無理。

エンジン補機

コンデンサーとエバポレーターにパイピングします。
筆塗りのシルバーのギラギラがきつい感じです。

オルタネーター

エンジン補機

形状が難しかったため粗い仕上がりになってしまいました。

エンジン補機

粗を隠すため汚し過ぎました。

パワステポンプ

エンジン補機

プーリーはパワープーリーに

エンジン補機

エンジン軸出力で約5PS増加させることが出来る物も有るそうな。
タンクと本体にパイピングされます。

ブラケット

エンジン補機

陰を付けました。

オイルフィルター、クーラー

エンジン補機

実車様のパーツ分割に。

エンジン補機

艶消しトップコートを吹いています。
四角い部分はオイルクーラー。
クーラントハウジングとのパイピングが必要。

クーラントレギュレーターハウジング

エンジン補機

ラバーブラックで塗装。
オイルクーラーにつながるのはパイプの中央部分。
ラジエターとのパイピングはエンジン搭載後再考。

スロットルバルブ

エンジン補機

シャッター部分に墨入れしてしまいましたが、汚れていてはまずい部分なのでしない方が良いですね。

エンジン補機

電子スロットルなので配線が有ります。
配線関係は整理が付かないので大部分省略となりますが、ここは省略する訳には行かないので考察中。

セカンダリーエアーポンプ

エンジン補機

グリーンの部分はエアーフィルター。
最初グリーンに塗って目立つのでスモーク、艶が有るので艶消しと下手な塗装の厚い塗膜で凹モールドが埋まってしまいました。

エンジン補機

エアーのパイピングが有ります。
シリンダーヘッドのコンビネーションバルブにつながります。
配線も有ります。

コンビネーションバルブ

エンジン補機

セカンダリーエアーポンプから下のパイプにつながります。

ダンパー、バキュームリザーバー?

エンジン補機

何のための補機か分かっておりません。
ソレノイドバルブ(電磁弁)が二つ付いています。
(以下覚書ですのでスルーして下さい)

左がセカンダリーエアーインレットバルブ

➡ コンビネーションバルブの上のパイプとフューエルプレッシャーレギュレーター へつながります。
セカンダリーエアーポンプに配線されます。

右がインテークマニホールドチェンジオーバーバルブ 

➡ バキュームアクチュエーターとフューエルプレッシャーレギュレーターとつながります。
配線も有りますが接続先不明です。

バキュームアクチュエーター

エンジン補機

インテークマニホールドインジェクター側に付く補機です。
インテークマニホールドチェンジオーバーバルブはこの下の部分ににつながります。

フューエルプレッシャーレギュレーター

エンジン補機

フューエルレールに付いたパーツです。
突き出たパイプはインジェクターにつながるパイプなので6本必要です。

実際の工作でパイピングするにはダイアグラムを作らないとしっちゃかめっちゃかになります。

スターターモーター

エンジン補機

マグネットスイッチとコイルをつなぐケーブルを付けただけです。

プーリー

エンジン補機

左上はパワープーリー。
周囲にロゴが入るのですが無理です。

プラグカバー

エンジン補機

艶消しブルー。

ブラケット

エンジン補機

省略した物もありますが最後は

エキゾーストパイプ

エンジン補機

色に悩みました。

これでエンジンパーツ完成です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジンパーツ仕上2

エンジンパーツの仕上です。

今回も可能な限り実車パーツ分割と同じに作りました。
自分のやりたかった工作、パーツ毎の塗装仕上げをします。

実車資料はこちら ➡ 別館2で

シリンダーブロック

エンジン仕上

エンジンレストア時はセミグロスブラックに塗られているようですが経年的に艶消し(汚れ?)に。
黒はスミ入れなどの雰囲気付けが出来ないので、セミグロスブラックの上から艶消しトップコートを吹きました。
缶スプレーでテクニックも無いのでトップコートを吹くと角部分に塗料が溜って少し白浮き、下手糞ゆえの雰囲気付けが出来ます。

エンジン仕上

蓋部分はシルバー、ボルト止め部分はメタリックグレーの色挿し。

ミッション

エンジン仕上

基本色はシルバー、8番のカラカラです。
これでも良いのでしょうが雰囲気付けのため

エンジン仕上

メタリックグレーの筆塗り、軽く墨入れ、ウエザリングマスターを塗ってからボルト色挿し。

シリンダーヘッド

エンジン仕上

メタリックグレーのドライブラシ風筆塗り。

カムカバー

エンジン仕上
(実車画像)

筆塗りではだめそうです。
缶スプレーに色が無いので

エンジン仕上

1年ぶりのエアブラシ。
塗るのはあっという間ですが掃除と準備が2色でもかなりの時間。
集中力が途切れます。

エンジン仕上

エアブラシだけで雰囲気を付けるテクニックが無いので墨入れしてボルトをブラックに。
エアブラシに長けた人なら色の調合もしっかりされるようですが、こんなもんだろうの雰囲気だけの色合わせです。

オイルパン

エンジン仕上

一番地面からの影響が有るのでこんなきれいな訳がないのですが、スミ入れとウエザリングマスターで。

インテークマニホールド

エンジン仕上

シルバーにセミグロストップコート。
R32はアクステオンのエッチングパーツ。
一番上のパーツなので墨入れ汚し無し。

エンジンカバー

エンジン仕上

VWロゴはこんな色なのですが目立ちすぎ

エンジン仕上

濃いめにしましたがポンチ貫が最悪のギザギザ。
ステッカー用シールなのでポンチを買ってきて貼り直します。

塗装だけなのに時間掛ってます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジンパーツ仕上

エンジンルームパーツの仕上げです。

エンジンルームパーツ

パーツ点数は右端を覗いて90パーツ
エンジンパーツは41と意外に少ないです。

さて仕上げと進めたところパーツ紛失に気付きました。
相変わらずの不注意オヤジです。

エンジン仕上

エンジンマウントの作り直し。

エンジン仕上

前のとチョット違うなと眺めていたところ

エンジン仕上

便宜上のエンジンマウント穴の放置を思い出しました。
実車には無い穴で、完成後は見えない穴です。
でもエンジン単体完成写真では無骨な穴で見えてしまうので

エンジン仕上

仮蓋を作りました。

これにてエンジン基本ベースの完成。

エンジン仕上
エンジン仕上
エンジン仕上
エンジン仕上

長い道のりでした。

エンジン仕上

ボディーに載せてモチベーションUP

3Dで簡単に出来る時代はすぐそこに。
このエンジンならホビーデザインで販売するかもですね。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 下回りパーツ完成

下回りパーツの完成です。

下回りパーツ

下回りパーツ

下回りパーツ

85パーツが28パーツに。
フロントサブフレームとフロントベアリングハウジングだけキットパーツを修正して使いました。
後は自作です。

10年使っているコンデジ。
ホワイトバランスの調整が青白すぎたり暗すぎたり。
中間の調整が効きません。
慣れてるし、まだ使える。
貧乏性は治りそうにありません。

次はエンジン

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 フロントアクスル仕上

フロントアクスルの仕上げです。

パワステ

パワステ

新品はきれいなシルバー。
経年変化を付けたつもりで筆塗り塗装。
実車は2003年モデル、経年変化がどれぐらいなのか判りません。

パワステ

その上実車は遮熱カバーが付くためこの状態で見ることは有りません。

ナムステ

スタビライザー

アワステ

後はストレスバーですが、バーのデカール印刷が上手く出来ずに中断。

次へ

アンダートレー

アンダートレー

リップスポイラーも付けました。

アンダートレー

バンパーカバーの厚みが大きいので少し後ろ気味ですが良しとします。

アンダートレー

サイドのエンジンガードと共に塗装。
ボルトはトレーを新品交換した時の資料参考なので光ってます。

アンダートレー

組み立て(仮組)はエンジンガードから。
ダボ止めしてあるので

アンダートレー

パチパチと。
トレーは脱着用のマグネットが埋めて有るので

アンダートレー

カチャッと。

アンダートレー

ピンボケですがこんな感じ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 フロントサス仕上

フロントサスの仕上げです。

後回し工作がありました。

フロントサス

キットサスメンバーはFF用。

フロントサス

4MOTIONは異なります。

考察はこちら ➡ 別館2で

なので直しました。

フロントサス

削ってリブを付けて

フロントサス

穴開け。
左側、実車前方部のリブ形状とは異なりますが手抜きの省略。
若干幅が有り過ぎですが良しとします。

アブソーバー

フロントアブソーバー

こちらもザックス社製に交換されています。

キャリパーは純正

キャリパー

ブルーカラーです。

フロントアブソーバー

こちらもディスク面はシール。
錆色を付けました。

フロントアブソーバー

スプリングもブルーです。

フロントアブソーバー

実車のアブソーバーはメッキシルバーですがシルバーリーフでで塗っています。

組み立てて順の都合上右のローターはエンジンマウント後の接着となります。

フロントアブソーバー

タイヤ脱着式にしたので完成後も見えます。
この後パイピングのため実車資料を見直したところ気になった補機を見つけました。
作りはしませんが気になるので調べはします。

続く

追記)  調べました ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 燃料タンク仕上

燃料タンクの仕上げです。

燃料タンク

艶消し黒とシルバーリーフで塗りました。
キットの組説ならこんな塗分けですがいかがでしょう。
ポリタンクならもう少し白浮きさせた方が良さそうですがエアブラシが苦手なので妥協します。
せめてシルバー部分ぐらいは、で

燃料タンク

チタンシルバーの筆塗り。
汚れや焼けは均等では無いと自己都合の解釈をしておきます。
固定バンドはカッティングシート。

燃料タンク

フューエルフィルターはシルバーにラインテープ、メタルックマット。
ナシ状の塗装面。
もう一手間を抜いてしまうので何時までも上達しません。

燃料タンク

ま、良いかでポンプ側のパイピングはしました。
遮熱版の留め具は考証無視のエッチングパーツです。

燃料タンク

雰囲気OK
ウエザリングマスターを買ったので焼き色を付けようかと思ったのですが、こちらに使わず

マフラー

マフラーに使ってみました。
実車資料が有るので違いは明らかなインチキ表現ですが知らなきゃそれっぽい。

ドライブシャフト

ドライブシャフトも塗装。
半艶とも思いましたが艶消しで塗装。

ドライブシャフト

ボルトは2タイプのエッチングパーツ。
目立った方が緻密そうですが

ドライブシャフト

メタリックグレーで塗りました。

リア周りはこれにて完了。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR