FC2ブログ

GOLF Mk4 R32 製作記 ドア内張その2

ベース工作がかなり前だったので忘れていた部分が有りました。

ドア内張

グリップ部分はメタルカラーでした。

ドア内張

マスキングして塗り分けるテクニックが無いのでメタルックマットを貼りました。
肉眼ではよさそうですが写真にすると粗々です。

続く
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ドア内張

ドア内張の仕上げです。

ドア内張

レザー部分と樹脂部分を別パーツにして貼り付け。

ドア内張

ドアポケットの奥まった部分は裏から蓋をする事にして処理しました。

ドア内張

塗装は艶消しブラック一色。

ドア内張

ドアレバー部分は洋白板で。
枠自体も少し飛び出した状態にしたいので別パーツです。

ドア内張

スピーカーネットは自作デカール。

ドア内張

ドアランプはカット面が付けたかったのでナイロン補修シート。
クリアレジンが無かったので仕上は後日。

ドア内張

ここまでのベース工作に時間が掛りました。

続く

追記) 工作足らずがありました。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 フロントシート

フロントシートの仕上げです。

フロントシート

R32専用ケーニッヒ革シート

フロントシート

デカールは製作していただきました。
トップコートは軽く吹いただけなのでデカールの段差が出ています。
厚く吹くと白くなるし…、クリアー厚く吹いて段差を消してから半つやトップコートを吹くと良いのかな?
そこまでしません。

フロントシート

パーツも塗装。

フロントシート

シートベルトバックルはタングプレートも挿せます。

フロントシート

ダイヤル、レバーは色を変えて塗装。
バッタンレバーは上手く作れなかったので省略しました。

フロントシート

MK5 R32シートからのパテ盛削り出しなので、左右シートで若干形状が異なってしまっています。

フロントシート

きれいに並べると粗がバレるので、実車様に高さ前後位置を変えて誤魔化し。

ABCペダルも仕上げました。

フロントシート

標準車は黒一色ですがR32専用ペダルは異なります。

フロントシート

滑り止め部分をデカールで作製。

フロントシート

見えづらいところなので、まあ良っかレベルの仕上がりです。

aaa

ボディを被せてモチベーションUP

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 フロアコンソール

フロアコンソールの仕上げです。

フロアコンソール

塗分けただけです。
シフトブーツ周りのシルバーリングは削り出しで制作した部分なのでガタガタ。
ボルト固定にしています。

シフトレバー

フロアコンソール

シフトパターンまでは再現できませんでした。
シルバーはアーティストマーカー、天井黒はマジックで塗りました。


ハンドブレーキ

フロアコンソール

ボタンは押し込まれた状態?修整します。
塗り分け困難なため別パーツに。

フロアコンソール

色は純正とは異なります。
ブルーはR32カラー仕様です。
ブルーは筆塗り、上面は黒デカール + トップコート。
ボタンはアルミパイプ。
前面に穴が開いていますが完成後は見えないのでパス。

フロアコンソール

色塗りだけなのですが中々進みません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ステアリングコラム

ステアリングコラムの仕上です。

ステアリングコラム

(正面からの写真を撮り忘れました)
レバーはこちら側見るとさほど問題ありませんが正面から見ると水平になってしまっています。

ステアリングコラム

レバーの屈曲角度も違うので作り直し。

ステアリングコラム

キーホールも作ります。
カバー部分にレバー穴を開けたのですがきれいに出来ません。

ステアリングコラム

レバー角度の修整。

ステアリングコラム

キーホールはマイナスリベットです。

ステアリングコラム

黒く塗ってしまえば穴の粗も解りません・・かな?

ハンドル

ステアリングコラム

純正ハンドルは黒一色ですが、ブルーのグリップに付け替えられています。
塗装が苦手なのでマスキングエアブラシはパス。
カラカラブラックにブルーの筆塗りのお手軽塗装ですがトップコートでむらも目立たなくなりました。

ステアリングコラム

実車はダッシュボードに後付け補器もあるのですが取り敢えずここまで。
見るに耐えうるクオリティで出来れば付加します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ダッシュボード仕上

内装に移ります。

ダッシュボードの仕上げです。

後回しにした工作があります。

メーター

メーター

デカールを貼ればおしまいですが、標準仕様、GTI、R32でデザインが少し違います。

メーター

(左は作って頂いたデカールです)

一番の違いはメーターリングがある事。
標準仕様でも当然あるのですが黒です。

今回はリングを付ける事にしました。
(ドア開閉なので目立つかな?)

まずはメータ部分をくり貫くため

メーター

裏から最初はモーターツールでガシガシと。
途中から平面になるようにそぎ落とし

メーター

開口しました。

裏面は

メーター

ダボを打って

メーター

プラ板のはめ込み。

メーター

デカールコピーを貼って、リングの位置決め。

メーター

HQPARTS SPプレートでリングを作りました。
メーカー公表のリング厚は0.5mmですがもっと薄く見えます。
凄腕モデラーさんは、もっと細い金属線を輪っかにして、つなぎ目をハンダ付け研磨制作されるようですが、技量が無いので既製品に頼ります。

メーター

ヨドバシで3個税込み270円、出かけたついでに買いました。
このままでは奥行きが有り過ぎるので

メーター

デカールをポンチ貫したプラ板に貼ります。

メーター

3連メーターもデカールで作って頂きました。
ホワイトデカールなので、このまま貼れないので

メーター

コピーを貼って位置決めし

メーター

こちらもSPプレートに。
内径1.5mmなので凄腕モデラーさんも厳しいサイズかと思ったのですが、1/43を作る人には至極当然のサイズ。

メーター

実車は全体にアクリルカバーがあるようですが省略。

メーター

粗い仕上がりです。

メーター

完成。
オーディオ部分が歪んでますが完成後は正面から見ることは無いので良しとします。

メーター

作って頂いたコーションデカールも貼りました。

メーター

艶消しトップコートを吹いています。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 ヘッドライト修整

ヘッドライトの修整です。

キットのメッキは触っているうちに剥げてきました。

ヘッドライトハウジング

実車はR32だけ純正でキセノンヘッドライトになります。
なのでオリジナルのリフレクターが無くなり埋めないといけないのですが

ヘッドライト

とりあえずプロジェクターリングだけアルミパイプで作ってみました。
外周が少し薄いので

ヘッドライト

アルミパイプを2重に。
周り(リフレクター部分)は凸お椀型が正解ですが、下手な工作はかえって汚く見えそうなので凹の目の錯覚を期待しリングの高さだけ変えてごまかします。

ヘッドライト

リングの修整。

ヘッドライト

やはり凹にしか見えません。

ヘッドライト

レンズは伸ばしランナーから。

ヘッドライト

シグナルランプ部分はR32では凸球ではなく平らになりますので削ります。

ヘッドライト

裏側はかなり省略で。

ヘッドライト

実車はキラキラメッキですがキットに近い色(シルバーリーフ)に塗って終了。
裏の無骨な四角い箱はコントロールユニットのつもり。
電装ケーブルも付きますが資料が見つからず省略。

ヘッドライト

今回はボディー側にミラーフィニッシュを貼って誤魔化します。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 補機仕上2

補機の続きです。

ブレーキマスターバックタンク

パイピング追加

乳白色レジンに置き換えたかったのですが、パスしてしまいました。

パイピング追加

マスターシリンダーも8番で塗って墨入れしただけ。

パイピング追加

やはりリアルさに乏しいですが

パイピング追加

見えるのはメンテナンスのための蓋部分ぐらいなので良しとします。

パイピング追加

フューズBOXと電装カバー

パイピング追加

塗り分けが苦手なので別パーツで作った

パイピング追加

ABS
ディテールも後はボルトぐらいしかないのですがおもちゃッポイ仕上がりです。

パイピング追加

タンク類

エンジンマウント

パイピング追加

チタンシルバーで塗装しましたが、ギラギラ強すぎです。
塗り直し予定で、取り敢えず

エンジンルームパーツ

エンジンルームパーツ完成です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 補機仕上

エンジンルーム補機の仕上げです。

エアーフィルター

エアーフィルター

カーボンデカールを貼ってプレートを付けたのですが貧相。
デカールも潰れて読めませんのでプレートは変えます。

エアーフィルター

同じ写真に見えますがホースバンドが違います。
左がラピーテープ、右がメタルックマット。
実車もピカピカなので左の方が良い感じなのですが全体のバランスを考えて艶を落とします。

エアーフィルター

パーツ完成。
プレートは仮で貼ってあるだけです。
組み立て手順を想定してパーツ分割しています。

バッテリー

バッテリー

本体の色は白です。
実車がPanasonic Blue Battery caos を搭載した資料を参考にした為です。
実際には乳白色で液栓蓋部分や取っ手も有りますがパス。

バッテリー

上にフューズBOXが載るのも有ってほとんど見えないから。
デカールは白ければいいレベルのいい加減です。
赤ケーブルは実際には太さが違います。
どうでも良いようなことですが実車が有るので・・・。

バッテリー

パーツ完成。

バッテリー

ターミナルも付けてゴチャゴチャと。

バッテリー

配線は何処に?と考えるのが最近は億劫ですね。

バッテリー

折角なのでカバーは脱着式にしています。
ケーブル周りに艶が有り過ぎですが、雰囲気よりもカバーを外した時のインパクト重視と言う事で。

ラジエター コンデンサー

パイピング追加

写真にするまでもないのですが、エッチングパーツ貼り付けで接着剤が滲み出てます。
経験不足が後の祭り。

パイピング追加

ラジエターも同じですが

パイピング追加

ファンカバーで判りません。

パイピング追加

コンデンサーは黒塗装なので誤魔化せます。

パイピング追加

コンデンサーパイプは黒。
黒染めなる物が有るようですが、焼き入れの黒にしました。

パイピング追加

それなりの仕事をしてくれます。

パイピング追加

ラジエターパーツも仕上。

パイピング追加

エアコンレシーバータンクも接着で完成。
電動ファンの電源は省略。
配線があるからファンが回りそうな雰囲気になる事は解っているのですが、ケーブルブラケットを作るのが面倒臭くなってしまいました。
シャシ裏から見れば見えます。


実車は大小ファンの羽根枚数が違います。
左右でモーターサイズも違います。
だから何?ですが。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 パイピング追加 3

パイピングは続きます。

エアコンパイピング

パイピング続き

コンデンサーからコンプレッサーにつながるパイプ。
(ラジエターパイプは修正してます)
長さを合わせてから

パイピング続き

ジョイントの修整。
実車形状と違いますが雰囲気だけ。

パイピング続き

追加パイピング。
ジョイントは省略していますが、完成後はバンパーグリル越しに見えるかな?程度なのでパス。

レシーバータンク

パイピング続き

資料図を見ながら作っていくと干渉してパイピングできなくなってしまいました。

パイピング続き

なのでパイピングし直し。

パイピング続き

次のパイピングを考えながら工作。

パイピング追加

コンプレッサーから室内に向かうパイプ。
実際には突き刺さる事はないのですが、オルタネーターを避ける様にパイピングすると位置決めが不安定になってしまいます。
なので工作の便宜上こんな感じに。

パイピング追加

ジョインとも付加。

パワステパイプ

パイピング追加

収縮チューブンに心線を入れて曲げます。

パイピング追加

バネ線なので曲線に合わせると浮いたり、干渉したりします。

パイピング追加

ほ~ら短くなった。
位置も定まりません。
途中でジョイントした方が良いようです。
パイピングに飽きてきたので他の工作をします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 パイピング追加 2

パイピングの続きです。

パイピング続き

不明なパイピングはいまだ不明。
判る部分だけ作製します。

キャ二スターへのパイピング。

パイピング続き

一筆パイピングは長さ合わせや、接続順序に手間が掛るため分割にしています。

パイピング続き

エンジン側のパイプ接続。
パイプの長さ合わせはエンジン搭載しないといけないので工作順序が前後します。

パイピング続き

リザーバータンクとのパイピング。

パイピング続き

この時点でフーエルラインの再確認

パイピング続き

キャ二スターと接続。
後確認できるパイプはマスターバックのバキュームパイプ。
残りは二つ、接続口があるのでどう処理しましょう。

ウォーターライン

パイピング続き

ウォーター、エアコン、パワステとパイピングかなり手間が掛ります。

ラジエターパイプ

パイピング続き

上部パイプの接続。

パイピング続き

リザーバータンクからの接続も。
ピンボケなので矢印がないと判りませんね。
実際にはメインパイプもこんなツルリンパではないので雰囲気を付けなければ。

パイピング続き

下部パイプは1本ラインは困難なので分割しました。

パイピング続き

少々ズレてますが上から見たらわかりません。

パイピング続き

実際の取り回しとは異なります。
接続部の情報量が少ないので考察後追加。

ここでコンデンサーパイピングのために一旦

パイピング続き

外したのですが、パイピングコネクターがエアコンパイプと干渉する事が判明。
位置替えのため先ほどのパイプは再製です。

小休止

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 パイピング追加

パイピング追加の続きです。

パイピング

ウォーターライン、バキュームラインの接続先は複雑で図と写真から推測するしかないので素人にはパズルの様。

パイピング追加

ウォーターラインから。
パイプダボが平行で無いのは付け間違いを誤魔化しているからです。

パイピング追加

付ければ判りません。

パイピング追加

このジョイントも完成後は見えませんが、パイピング時には必須です。

ウォーターラインは室内へのヒーターとリザーバータンクにつながります。

パイピング追加

仮止めして

パイピング追加

補機との接続手順も確認します。

パイピング追加

長さ角度を修整しホースクリップを作りかけたのですが急に面倒になりやめ。

パイピング追加

接続。

パイピング追加

ブラケットもそれっぽく。

パイピング追加

バキューム関連のパイピングも後4カ所ありますが2カ所不明です。
かなり前から確認しているのですが今だに答えが見つかりません。

考察はまだまだ続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

GOLF Mk4 R32 製作記 エンジン完成

エンジン完成

エンジン完成エンジン完成

エンジン完成エンジン完成

エンジン完成エンジン完成

エンジン完成エンジン完成

エンジン完成エンジン完成

エンジン完成エンジン完成

エンジン完成エンジン完成

エンジン完成エンジン完成

エンジン完成

BFH/VR6 6MT

排気量3188cc

最大出力  241ps/6250rpm

最大トルク 32.6kgm/2800-3200rpm

エンジン完成です。
実車はチューンUPされており推定20%のパワーアップです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR