フェアレディーS130Zエンジン

今日は休みなので続きます。

S130Zシャーシ補修

シャーシーの補修をしました。
余分な部分を削り取り、不要な穴を埋めた状態です

S130Zエンジン隔壁

そして、エンジン部分の隔壁をつくりました。
他の製作記でもここで中断しているものが多々見受けられましたが
やはり、上げ底式のエンジン部分に難点があるのでしょうか?

S130Z元のエンジン

元の画像ですが、バリ取もほとんどしていないし、適当に塗り分けたものでも
今のデジカメはそれなりに見える画像になるのがすごいですね。
エンジンヘッドの部分も角々で、さらには

S130Zエンジン切り出し

エンジン本体もただの箱(切り出すときにミスして割ってしまいました)
フジミのエンジンでも載せ換えようかと思ったのですが、
今回のテーマは「リメイク」、手を加えて作り直すことにしました。
上げ底式の分だけ高さが足りない、シリンダーヘッドの部分が省略された状態です。

S130Zエンジン写真

実写の写真(Webから撮った画像をプリントアウトしていますので画像が波打ってます)
を見るとかなり複雑、この部分だけでもフジミから拝借しようかと思ったのですが
プラ板で作ります。

S130Zエンジンブロック

いきなり完成ですが雰囲気は出たと思います。

シリンダーブロックも位置合わせがし易いようにベースにプラ板を張り合わせ

コトブキヤパーツ

KOTOBUKIYAの丸パーツを使って

S130Zエンジン本体

このように仕上げました。
オイルゲージのパイプは、真鍮パイプにスリットを入れて内径を細くしてあります。

S130Zエンジン本体写真

実車の写真と比べてみると高さがまだ足りないのですが、
模型のオイルパンとフロントサスペンションが干渉してしまうようで
断念。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR