510レーシングカー 燃料ポンプの再製

燃料ポンプ周りは

サイズ間違い

ここまで仕上がっていましたが、サイズを間違えて作ってしまっていました。
言わないと判らなさそうですが1/24に1/20を載せたぐらいの違和感があります。
ボディーを載せてから気が付くお粗末さ。

なので作り直します。

小さいので作り直しは億劫ですが工作自体は特別な切削加工も無く、切る開ける挿す貼るだけなのでワンサイズ小さい材料で再チャレンジです。


まずはフューエルフィルターから。

フューエルフィルター再製

主な変更点はパイプ接続部。

フューエルフィルター 完成

前に作ったものですが、接続パイプのサイズ間違いもよく考えれば判りそうですがそこまで深く考えていませんでした。
中心パーツが1mm→実車なら24mmとでか過ぎ。

フューエルフィルターパイプ

今回は0.6mm、横に0.4mmの穴あけとしました。

フューエルフィルターパイプ ワイヤー

接続部のパイプは0.6mm以下では製作困難なのでビニールコートワイヤーの被覆を剥いたもの。

フューエルフィルターパイプ接続

今回はフィルター側から出た線にパイプを挿します。

フィルター本体も一回り小さく(実際のプラ棒サイズでは3サイズダウン)

フューエルフィルター再製 比較

固定金具は

固定

洋白板を貼っただけです。

次はコレクタータンク。

コレクタータンク再製

こちらもも少し小さく再製。

コレクタータンク再製比較

2Lタンクなので容積換算すると前の物でも良い気がしますが作ってみました。
バランスを見た上でどちらを使うか選択します。

小さくすると厄介なのが燃料ポンプ。

燃料ポンプベース

角ベースに貼り付けるので垂直の確認。
結構シビアで小さくなればなるほど大変です。

燃料ポンプ比較

かなり小さく、そして細くしました。

サイド穴開け

サイドの穴開けは段差部分なので細いピンバイスから順次拡大。

底カバー

今回は底面カバーもスジ彫で再現。

サイドボルト用

底面カバーの固定ボルト部分のために糸ヤスリで修正。

ペーパー

挿すプラ棒も角を丸めて

パイプジョイント

接着。

この後の切り出し、穴開けの為に接着硬化待ちです。

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR