510レーシングカー エンジン作製 シリンダーブロック

シリンダーブロックの修正です。

図

資料を見ながら削り落としたモールドを再生します。
13はドレーンプラグ
14はオイルプレッシャースイッチ
22はリリーフバルブ
オイルフィルター横の3つの丸は直線上になく上下しています。
実際には蓋があるようです。

袴部分の穴は右からオルタネーターの固定部、エンジンマウント固定部そして不明、最後がミッション固定穴。

考察してから作るとモチベーションがUPします。

まずは丸部分から。

プラパイプ

プラパイプの穴を少し広げて切り出し。

薄々

いつもの方法で薄くしていきます。

接着

上下に段差をつけて貼り付け。

オイルフィルター部分

オイルフィルター部分はこのリングに重なるようになっているので2パーツで。

線モールド

線モールドも付けました。

残りモールド

エンジンマウント、オルタネーター部分はパーツを作ってからの微調整が必要なので後から。

エンジン作製  吸排気側

吸排気側はツルリンと。
この後はエンジンの位置決めができないと二度手間になるのでここも後回し。

次に切り離したミッションの固定をします。

エンジン作製  フロント

固定はボルト固定になるためフロントドライブシャフト部分にドライバーが通る穴明け。

エンジン作製  本体ボルト

固定穴を開けて

エンジン作製  本体 接続

合体。

エンジン作製  本体 傾き

L型エンジンは傾斜角が付きますが角度が定まらないと

エンジン作製  本体です

セルの位置決めができません。
この後のエンジンの位置決めが厄介です。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR