510レーシングカー プーリー

プーリーの作製です。

プーリー 模型

キットも良い感じです。

プーリー実車

実車はファン部分は変更されていますが、ドライブシャフト部分はキットの物で十分ですね。
何気ない資料写真ですがこの写真は結構貴重。

考えれば、ラジエターを外してこのアングルから写真を撮ることは普通無いですね。

まずはドライブシャフトプーリー。

プーリー 模型横

サイドから見るとドライブシャフトプーリは2段でベルト再現が内側。
実車素人なので良く解っていませんが、エアコンコンプレッサーが有る場合は2段?

ボケ

実車は1段です。

以上を考慮しキットパーツの切り出し、

プーリー ドライブ

厚み修正。
プラ板をベースに平面合わせをしたのですが

プーリー 段差

パーツに段差が出来ました。

プーリー かさ上げ

プラ板を咬ませて再度修正。

プーリー 指持ち

1/24パーツは十分指で持てるサイズなのでこの状態で溝彫。

針ヤスリ

針ヤスリの先は折れてしまっています。

薄々にしたのでダボ用の穴を裏に窪ませるのは無理ですが

ダボ穴

ドライバー用の穴が開いているので、

ドライブプーリー

太目の2mmプラ棒がそのまま貼れます。

そして実車写真上のメタリックブルーのプーリー。
ファンを回すプーリー?程度にしか思っていなかったんですが実はこれ

ポンプ

ウォーターポンプを回すためのプーリーだったんです。

何?プーリー

四苦八苦しながら完成。

プーリー終了

プーリー終了。

今回は別館2で検証、考証を行いつつ工作を進めて行きます。
別館ブログは ➡ こちら

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR