Rallye GOLF G60 エンジン作製14 G60(スーパーチャージャー)

エンジンの続きです。

G60後方ブラケットの作製。
G60は前方と後方のブラケットで固定されます。

G60後方マウント

箱組工作の為のりしろが欲しくて0.5mmで作りました。
厚みのゴツさが有るとおもちゃっぽく見えるので

G60後方 マウント

薄くしています。

G60 後方マウント

らしくマウント出来てそうに見えますが、現状ではボルト2点中1つだけG60と接触しもう一つは宙に浮いた状態。
実車はスペーサーブラケットを噛ませていますので組み立て時に工作。

G60 後方 マウント

オイルフィルターとのスペースもギチギチですがクリア。

次はテンションプーリー。

ぷ~り~

実車はフィン状です。
フィンは流石にパスして簡易作製。

ぷ!う!り!

モーターツールで凹状に。

プーリー

フィン無しです。
中央部は固定ボルトカバーの様。

固定

ブラケット側に固定部の追加。

ダンパー

ベルトテンショナーダンパーの作製。

アーム

テンショナーアーム。

完成

ダンパーが前の写真と上下逆ですが、こちらの資料 ➡ 別館2 を見ながら組み立てたためでした。

完成

そしてこうなります。

ベースができたのでモールドの追加工作。

ブラケット

実車とは異なります。

ブラケットボルト

前面に厚みをも増しG60固定ボルトの追加。

ブラケット修正

プーリとの隙間も解消されました。

G60本体も修正工作。

ライン穴

オイルラインの接続口の追加。

オイルライン

インとアウトが有ります。

オイルプレッシャーライン

上のホースの接続先は判りましたが、下のリターンホースは不明。
パーツ「19」は実車資料で確認出来なかったので省略しました。

固定部

ブラケットとの固定部分も修正。

固定

前に作った固定ボルトとつながっている様に(少しずれていますが)。

プーリーダンパーの修正。

ダンパー

実際には修正では無くパーツを飛ばして面倒臭くなっていたパーツの再製。
丸パーツは1.5mmにポンチ貫した物に1.1mmの穴を開けた物です。

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR