S130 200ZT 製作記 マニホールド側の修整

マニホールド側の修整です。

サイド

サーモスタットハウジング、エアコンコンプレッサーとエンジンマウントを作製します。
定番工作はラジエターにつながるサーモスタットハウジングの作製ですね。

コンプレッサー

コンプレッサー

キットパーツをベースにするのですが、矢印部分が細すぎるので移植します。
移植するパーツはディストリビューターのハウジングカバーで使ったキットパーツの残りの部分。
そんなパーツも残して置く貧乏性です。

コンプレッサー

パイピング準備まで。
六角プラ棒も使ったのですが写真では判りませんね。

コンプレッサー

本来はブラケット固定なのですが、工作の困難さからこの時点でダボ固定。

コンプレッサー

位置決め固定してからブラケットの作製。
位置ずれが無いのでこの方が楽です。

プーリーの作製。

コンプレッサー

エアコンON OFFの切り替えクラッチが入っているため通常プーリーと違って大きめです。

コンプレッサー

コンプレッサーの完成。
実車はプーリーから電源コードが出ます。

次はテンションプーリーの作製。

コンプレッサー

KOTOBUKIYAのパーツからです。

コンプレッサー

矢印部分、実車ではテンションスプリングが有る部分です。

コンプレッサー

見えないので手抜きしました。

次はインテークマニホールドの修整。

マニホールド

フューエルライン、スロットルシャフトも細かくモールドされていますが削ります。

マニホールド

ダボつけまで。

マニホールド

エキゾーストマニホールドはマフラーパイプ接続部分だけ修正の予定でほぼこのまま使います。

マニホールド

金属線で固定しやすくしました。

マニホールド

タミヤのパーツもピッタリ収まりました。
しかし

マニホールド

タミヤは上面だけのモールドなので裏はこんな状態。
シャーシに載せれば目立たなくなりますが、エンジン単体完成時は目立ってしまいます。

マニホールド

なので修正。

マニホールド

実車形状に似せましたが、パーツ単体資料だったので穴に何が接続されるか不明です。

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR