S130 200ZT 製作記 フューエルライン

フューエルラインの作製です。

ライン

金属線で作りました。

フューエルライン

いくつか作り直してヨレヨレですが何とか完成。
中途写真が無いのは、2度の失敗で写真を撮る余裕が無かったからです。
最初はハンダ付けで始めたのですが曲げ調整でハンダがポロリ。
次は曲げた状態でハンダをするのですが下手糞すぎて醜い状態。
最後はハンダはやめてロウ着にしました。
しかし柔らかい洋白線、焼き鈍った線の酸化膜を研磨で取ろうとすると線まで波打ってしまいました。

技量の無さを言い訳で誤魔化します。

フューエルライン

次に面倒なのが位置決め。
キットモールドを見るとマニホールドの上に横たわっているだけに見えますが、実際にはブラケットで浮いて水平でなく斜めです。

フューエルライン

下手糞な仕上がりですが粗は補器やパイピングで目立たなくなるので良しとします。

次はインジェクターの作製。

フューエルライン

矢印部分に有ります。
穴は開け間違いのミス。
インジェクターはフューエルパイプと接続しないといけません。

フューエルライン

しかし、垂直状態ならまだしも角度の付いた状態で接続させ無いといけないので困難。
なので接続無しの雰囲気だけとしました。

フューエルライン

ワイヤーで角度を微調節できるようにして、長さはチューブを挿して合わせる算段です。

フューエルライン

ベース部分はもう少し整えます。
肉眼ではよさそうに思っても写真で粗を気付かされます。
目立つのはこの2カ所だけなので仕上げ時にもうひと踏ん張り。
残り4か所は目立ちません。

プレッシャーレギュレーター

フューエルライン

ワイヤーを挟む形で作製。

フューエルライン

ホースクリップはタイプが違うと思いますが何時ものです。
ではパイピング先は何処へ?で調べると

フューエルライン

資料図と実車写真で微妙に違う。
フューエルラインからマニホールドに伸びるパイプも有りません。
どちらも正解なのでしょうが、こう言う所で手が止まります。

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR