S130 200ZT 製作記 リアハッチダンパー

ボディも未製作な部分、仕上がりが未完なところもあり中々塗装が出来ません。

リアハッチの修整です。

ダンパー

開けた状態に保つ事が出来ないので開閉は戸惑ったのですが手を加えたからには何とかせねばです。

ダンパー

作例を探すと大体がつっかえ棒で、棒無しでも開いた状態を保つ作例も有るのですがどうなっているかの公開は無し。
(そこが知りたい)
上手な人はダンパーで固定していますが

ダンパー

見よう見まねで作ったダンパーも伸びた状態で止める事が出来ません。
(抜け防止はしてあります)

ダンパー

ボディ側の固定部は実車もこんな感じ。
作ったダンパーもピンで止めればOKですが問題はハッチ側。
プラ材で普通に作るとかなりオーバースケールになるので

ダンパー

(こちらは試作で実車はボールジョイントです)
こんな感じで作っては見たもののダンパーを伸ばした状態で固定できないので開いた状態を保つ事はできません。
結局行き詰まり。
どうするか考えたところ、つっかえ棒をダンパーぽく見せればいいんだと言う事になり

ダンパー

作製。
金属線はSS線、黒い部分は収縮チューブです。

ダンパー

脱着式でボディ側に挿した状態。
伸び縮しないので飛び出します・

ダンパー

バネ力で上がった状態は保てます。

P4101046.jpg

よさそうに見えますがハッチ側の固定部は内装黒に収縮パイプの黒でカムフラージュしているだけのナンチャッテ(古!?)です。
御託を並べましたが結局出来上がった物は金属線に収縮パイプを挿しただけの簡単な物でした。

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR