fc2ブログ

Z32 300ZX TURBO製作記 タイロッドアーム ショックアブソーバー

タイロッドアームとショックアブソーバーの作製です。

タイロッドアーム

タイロッドアーム

切り取ったパーツを修正して使います。

タイロッドアーム

調節ナットは穴開け失敗した物を仮に使っています。
組立時に塗装してから取り付けるので穴開け成功した物はまだランナーに付いています。

タイロッドアーム

ブーツとロッドのバランスが悪い気がしますがブーツサイズを小さく作る技量が無いので諦めます。
(都合の良いジャンクパーツがありません)

ショックアブソーバーの作製

リアショックアブソーバー

キットはこんな感じ。
矢印部分は組立模型としての便宜上の接続方法になっています。
車高と取り付けロッドの位置を変更したので長さが変わります。

リアショックアブソーバー

なので何時もの様に作り直し。
タミヤのプラ棒から。

リアショックアブソーバー


プラ棒切りっ放しのジョイント接続部分はプラ板を貼って角を丸めます。

リアショックアブソーバー

ジョイント部分は2mm洋白帯。
幅厚みは適当、1号のインセクトピンで固定するので穴あけ。

リアショックアブソーバー

コの字型に曲げモーターツールで形状修整。

リアショックアブソーバー

雰囲気だけの工作です。

リアショックアブソーバー

コイルも市販のスプリングを使うので太さ無視。

リアショックアブソーバー

固定は外形に合わせたプラ板と内径に合わせたプラ板をポンチ貫。
ポンチから外す前に穴開け。

リアショックアブソーバー

上方も同様に固定しますが、実車考察無しでキット参考でスプリング長を決めました。

リアショックアブソーバー

この位置で固定。
少し斜めですが外して修正しています。

サス

インナーカバーまで付けました。
下部のストッパーは接着しましたが上部は未接着です。
減衰ダイヤルが有るとカスタマイズ車ポイのですが、このサイズでのダイヤル製作は難しいので止め。
キットパーツを作り替えただけなのでこんな形状、何処のメーカーの何?は無しの再現。
拘る割には気を貫いた再現です。

続く
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR