Audi 80 製作記 ウォーターパイプ

ウォーターパイプの修正です

ウォーターパイプ1 ウォーターパイプ2

プラ棒に一回り細いプラ棒を接着、接続用の線と固定ブラケットを作製し、

ウォーターパイプ3

シリンダーヘッド部分のクーリングパイプ接続部分としました。

ウォーターパイプ4

ウォーターポンプとの接続はこんな感じになります。


ディストリビューター

ディストリビューター1 ディストリビューター2

ジャンクパーツからの修正、これもまた4種類ぐらい形状が有り資料写真と一致するものがなく不明な部分。
カバーの止め具を付け雰囲気UPで終わりです。


オイルフィルター

オイルフィルター1 オイルフィルター2

これもサイズが判らなく1/12のパーツから割り出すと3.5㎜、適当なパーツから切り出して脱着用具の掛る溝だけ彫っておきました。
どうやら、クーリングパイプも接続されているようなので作製。

オイルフィルター3 オイルフィルター4

取り付け角度も左右写真の物が有る事が判明。

左の写真では、エンジンマウントアームに干渉、オイルゲージも悩みそうです。
右写真が正解?なのでしょうが、資料写真から判別するともう少しディストリビューターに被さる感じ。
そうすると、後方に移動させ、エンジン本体からかなり離さなければなりません。
全て、適当サイズで作ってきたのでこんなところに皺寄せが来てしまっています。

先にエンジンマウントアームとオイルゲージを作ってから考える事にします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 おはようございます。(笑)

 エレメントの位置は、オイル交換時、
 左の写真の方がやりやすそうですね。

Re: No title

トム3号様

実車5気筒モデルの場合エレメントの横にラジエターが付きます、4気筒モデルの場合空間が開きその分作業がし易いのだろうなんて想像しながら工作しています。

補機の名称や機能が少しずつ解るようになるとエンジン工作は楽しいですね。
プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR