ブルーバード510 製作記 エンジン組立13

スターターモーターの位置決めをしようと思いエンジン角度の再確認、シャーシとの干渉の確認をしていた所ふと、違和感が・・・。

エアクリーナー2の1

エアクリーナーがどうも小さいようです。

エアクリーナー2の2

工作自体は簡単ですがもう一度作るのが億劫。
折角なので少し修正を加え再製、パーツ構成が少し違います。

積層プラ板硬化待ちの間に、

ミッション修正

スターターモーターの基部の作製。

次はクラッチ。

ミッション修正2

ミッションのモールドが適当だったので交錯してしまっています。
モーターツールでザザッと穴開け、レジンで裏打ちしているので修正は面倒。

ミッション修正3

プラ板と伸ばし角棒でごまかしました。

クラッチ

マニュアル資料のクラッチはこんな感じ、フムフムです。

クラッチ2

実車資料はこんな感じです。

クラッチ3

工作は苦手な洋白板から、0.4mm以下のピンバイスは直ぐに折ってしまいます。
色は良いのだけど硬さが難点、メッキパーツならアルミ板を使うのですがね。
今回はモーターツールで穴開け開始点を付け、ピンバイスで穴開けガッチリ固定のためピンバイスで保持、

クラッチ4

こんなバー(ビット?)で修正します。

クラッチ5

こちらも限界サイズなのでピンバイスで保持して工作。
1/32や1/43で工作する人はどんな指先しているのでしょう?

クラッチ6

若干サイズが大きいですが良しとします。

クラッチ7

仕上げのスプリングは塗装後接着。
スプリングはクローズドタイプが付くのですが、オープンタイプにして存在感をアピールします。

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR