ブルーバード510 製作記 ハンドブレーキ

エンジンルームは一旦休憩してシャーシ側のハンドブレーキの作製です。

ハンドブレーキ

まずは`Y`ピースレバーと言う部品から。
ワイヤーを引っかけて引っ張る部品なのでハーフパイプ形状に拘り真鍮パイプからの削り出し。
肉厚パイプの物を使ったので曲げてもこれぐらいなら潰れません。

ハンドブレーキ2

いきなりパーツ完成。

ハンドブレーキ3

こんな構造です。
ハンドブレーキを引けば`Y`ピースレバーが引っ張られて・・・。
なんて考えると室内のハンドブレーキにワイヤーをつなげたくなっちゃいますね。

エンジンルーム側へのワイヤーは一旦シャーシ中央で固定具を介します。

ハンドブレーキ4

箱組みの形態では無かったので細切りプラバンを曲げて加工。

ハンドブレーキ5

少々ラフですが、シャーシに接着し同色で塗装するので気にならないでしょう。

ハンドブレーキ6

こんな感じでつながります。

続いてリアブレーキの作製。

リアブレーキ

中央の物体はAUDI製作時に間違って作ったドラムブレーキ。
パイピング接続用モールドを付けただけなので改めて見ると立体感に欠けています。

リアブレーキ2

今回は少しだけ立体感を出すように、と言っても一枚プラ板を追加しただけです。

リアブレーキ3

一手間でイメージが変わりますね。
流石にハンドブレーキの接続金具をこのサイズで作る指先も無いので(作っても二周りぐらい大きくなります)挿すだけにしました。

リアブレーキ4

それなりに雰囲気UPです。
六角ビスはおまけです。
本当は丸モールドが正解。

リアブレーキ5

サスフレームのワイヤーが貫通する部分も作製。

リアブレーキ6

テンション調節用金具も作りましたがサイズ的に限界。
穴ズレは取り付け角度でごまかします。

リアブレーキ7

こんな感じ。

リアブレーキ8

ドラムにつながる部分は金属線とスプリングから。
固定金具で浮かせると立体感がでますね。

リアブレーキ9

リターンスプリングも付けて後は塗装後です。

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR