ブルーバード510 製作記 シャーシ組立

シャーシ組立です。

プラ板工作に息が詰まってきたので気分を変えます。

実車はアイスランドグレーメタリックと言う色でした。
しかし、メッキモールやバンパーメッキが埋もれてしまう様(あくまで模型にするとです)な色なので、模型映えする明るい色にしようと思ったのですがやはり実車優先としました。

シャーシ塗装

アイスランドグレーメタリック?
実車にはサファリブラウン、スパニッシュレッド、ヒューストンイエロー・・・、等のカラーが有るみたいですが良く判りません。
ただのネズミ色だった記憶が有ります。

その昔、知人のBMWを作る時に色の参考にとディーラーに行き、
「この色はドルフィンカラーと言うのですか?」と聞くと、
「違います!デルフィンです」と言われました。
確かにイルカの様な色とも思ったのですが、当時はエアブラシも知らなかったのでガンメタのスプレーを使った記憶が有ります。

アイスランドは何をイメージすれば良いのだろうか?

シャーシ塗装2

さて色は?とも思ったのですが、結局シルバーに黒を混ぜただけ。
ライトガンメタルのスプレー塗装で済ませようかと思ったのですが余りギラギラしては旧車っぽくないし、色調合の技量も無いのでまあ良いかです。

さて、これからが一番楽しい組立になります。
スクラッチに組説は無いので手順を考えてと。

まずは、

シャーシ組立開始

ステアリングリンケージの仕上から。
実車の色は無視してチタンシルバー塗り、0.5mmのボルトパーツも貼りましたが、写真にすると粗が丸見えです。

シャーシ組立開始2

ステアリングシャフトと共に接着。

シャーシ組立開始3

ブレーキパイプの分岐バルブも接着。
完全に一回り大きいですが、まあ良いかです。

次はスロットルリンケージと思い、合わせてみた所大きすぎでマスターシリンダーと干渉していました。
作り直しです。

シャーシ組立開始4

今回は洋白板からの再製。
このサイズでL字型を切り出すのは困難なので細切りして角を溶接、穴開けしました。

シャーシ組立開始5

結構雑そうに見えますが、

シャーシ組立開始6

接着すればそれなりです。
チョークケーブルの穴を忘れていました。

シャーシ組立開始7

マスターシリンダーも付け、

シャーシ組立開始8

パイピングです。
この角度で見るとオイルが入っているかのようにかすかに見えますが、少なすぎの整備不良ですね。

ここでバルクヘッド部分のパイピングをする前にエンジンを載せて見る事に。

シャーシ組立開始9

良い感じと思ったのもつかの間、何かおかしいぞ?とバッテリーも載せて見ると、
ガ~~ン・・・。

フューエルポンプからのパイプがバッテリーに当たりそうです。
ショックでここまで。

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR