ブルーバード510 製作記 ボディ仕上2

メッキパーツに手を付けます。

まずは試し塗装。
塗料はメッキシルバー。

メッキ塗装

メッキランナーのメッキを落とした物と普通のランナーにグレーを塗った物。
共にエナメルクリアーまで塗りました。
試験なので今回は筆塗り、ブラシ塗装なら12時間となっていましたが筆塗りなので24時間以上置いています。

で、試したところ、

メッキ塗装

全然違いが出ません。
普通ならメッキだ!と喜ぶところ、上手な人のメッキ塗装を見て目が肥えてしまっているので見劣りしてしまいます。
エアー圧、塗り厚加減など全くわからない素人塗装ですから。

ようやくパーツの修正。

メッキパーツ

メッキにごまかされていましたが結構バリ、ひけが有ります。
気になる部分も少し修正。

他のパーツも触りました。

メッキパーツ2

ミラーも。
右がオリジナル、この形では流石に寂しいので修正。
ミラー面も窪ませますが、左のドリルで起始部を付けモーターツールで拡大、削ったドライバーで仕上です。
もう少し周りを薄くしたかったのですが、ポンチでくり抜くメタルテープにサイズを合わせています。


メッキパーツ3

モーターツールはこんなバーを使っています。

メッキパーツ4

で、残りパーツもメッキ落とし。

メッキパーツ5

キットはメッキの下地にクリアーの塗装がしてありました。

メッキパーツ6

ナンバー灯部分も掘り下げ、粗いなぁ~。

メッキパーツ9

メッキ調塗装はマスキング出来ないらしいので筆塗りの為にオーバーライダーのゴム部分にスジ彫を入れました。

次は、メッキを落とすのに勇み足だった理由はライト部分。

メッキパーツ7

マスキングゾルを塗ってメッキを落としてみました。

メッキパーツ9

マスキングゾルの密着度は中々。
ライト部分だけ元のメッキを使います。

メッキパーツ10

ライト裏側のカップ部分とケーブル、

メッキパーツ11

手を加えてもケーブルしか見えそうにないので、

グリル修正

結局、コネクター部分だけ。

この後エナメルクリアーを吹いて暫く寝かせます。

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR