VOLVO V70 エンジン仮搭載

エンジンを搭載して考察

エンジン搭載

写真に矢印を付けていたのですが、次から次へと出て来るのでこれ位に。
これ以上はどうするか思案中。

エンジン搭載 どうする

上の写真で出来そうな工作も実際にマニホールドが付いてしまうとかなり厳しくなります。

エンジン搭載 隙間

更に困難にするのはラジエターをセットしてからのエンジン搭載方法。
これでは搭載後のパイピングは完全にお手上げ。

エンジン搭載 ラジエター

ラジエターの固定は実車様のシャーシに地面側から取り付け下から固定する方法。
これを上方向から差し込む方法に変更すれば、エンジン搭載後の取り付けが可能となります。

まずはエンジンマウント部分から修正。

エンジンマウントラバー

実車のクッション部分はこれだけ厚みの有る物ですが以前作ったものは矢印の様に薄い物でした。
製作後エンジンのマウント角度が変更になったため二枚目の写真の様にマウントとサスペンションフレームとの間にスペースが出来たので作り直します。

マウントパーツ

丸パーツの組み合わせです。

マウント完了

この角度から見えることはないので、マウントアームとは接着せずビスモールドだけ付ける予定。
シャーシ側にはダボ打ちしています。

ケーブルカバー
 
エンジンから伸びる配線カバー。

ケーブルカバー エンジン連結部

左方向はEGU BOXにつながります。

ケーブルカバー 全体

右方向にも伸ばしますが、

ケーブルカバー 助手席方向

接続先の確認はできておりません。

ラジエター修正

ラジエター固定部も実車とは異なりますが上方に作り直しました。
以前作った下の固定部は切り取ります。

ラジエター修正 固定部

この後、真鍮線でダボを打ちます。

後はクーリングパイプの接続を確認しただけなのでエンジンに戻ります。

続く
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR