Rallye GOLF G60  ブレーキパイプ仕上

ブレーキパイプの仕上げです。

ブレーキパイプ

ジョイントはカラーチューブで。

ブレーキパイプ

塗装はパスしました。

ブレーキパイプ

キャリパーとの接続は収縮チューブを使っています。

ブレーキパイプ

Rが少し不自然。

ブレーキパイプ

まだ仮止めです。

油圧ハンドブレーキパイプ。

ハンドブレーキパイプ

パイピングの考察は別館2で ➡ こちら

ハンドブレーキパイプ

キャリパーとの接続は不明の為、ナンチャッテです。

ハンドブレーキから伸びる部分はTジョイントで分岐されます。

パイプジョイント

伸ばしプラパイプと角棒で作製。

ハンドブレーキパイプ

黒い線はMFHの0.28mm。

ハンドブレーキパイプ

完成後は殆ど見えません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

リンク

ribechanさんのブログをリンクさせていただきました。

職業型師のF1工作部屋

りべちゃん

写真はDe社の1/8 MP4-23ですが、F1をスクラッチで製作されています。
工作過程はケミカルウッドの削り出し、唖然として見入ってしまいます。

もう一つ以前からリンクさせて頂いておりましたが改めて紹介させていただきます。

ライナスさんのブログです。

rainasu

帰ってきたF1おやじモデラー

こちらもF1モデル。
F1モデルは作った事が無いのですが、それだけに参考になることもあるのでいつも拝見させて頂いております。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 リレー配線

シフトレバーを仕上げ、ワイヤー接続の確認

フューズケーブル

をしていた時に

フューズケーブル

フューズ裏のガランドウが気になってしまいました。
(実車もこの部分は開いています)

なので

フューズケーブル

ケーブルの作製。

フューズケーブル

自己満足の世界です。
じゃあ、実際の配線の色は何色かと気になる人も多い・・・(いないと思いますが)。

ケーブル

整備マニュアルには記載されていました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 シフトレバー仕上

シフトレバーの仕上げです。

シフトレバー

パーツ分割して作ったのでレバーは仮止では動きます。

シフトレバー

付属パーツも作製。

シフトレバー

シフトレバー

ニュートラルの位置で完成。
パーツの厚みが目立ちます。

この後また余分な工作を進めてしまったのでこれだけ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ハンドブレーキ仕上

ハンドブレーキの仕上げです。

リアブレーキ配管の流れから仕上げました。

配管考察は別館2で➡ こちら と  こちら

ハンドブレーキ

今回は油圧式ブレーキのため矢印のワイヤーが通る穴の必要が無くなります。

ハンドブレーキ

パイプは多分この辺りを通るのだろうけど不明。

そして塗装ですが、細かな塗分が本当に苦手。
なので今回は

ハンドブレーキ

塗り分けラインをデザインナイフで卦書いてスミ入れ、ペンマーカで塗り分け。

ハンドブレーキ

暈しで誤魔化し塗装。

ハンドブレーキ

こんな状態では見える事もないので良しとします。

パイピング

そしてパイピングまで。
パイピングがこうなるまでに色々と時間掛ってます。

リザーバータンクはフットブレーキとの併用だろうか?
資料が有りません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 リアアクスル仕上

リアアクスルの仕上です。

リアサスの仕上

エッチングのボルトパーツの貼り付けでアクセントを付けます。

リアサスの仕上

変な所に拘るのにディスクは平板、ディンプルモールドを均等に開ける自信が無いので止めました。
デカールで再現?今思い気付きました。

リアサスの仕上

スタビライザーの固定部はメタルックマット。

リアサスの仕上

ブレーキプレッシャーレギュレーター。
スプリング取り付けは仮組時の確認でもかなりハード。
滑り止めの付いたピンセットが必要です。

リアサスの仕上

アブソーバーのスプリングは市販のスプリングを伸ばした物。

リアサスの仕上

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 スタビライザー加工

リアアクスル製作中の別工作です。

スタビ

スタビライザーの干渉も何とかクリアーしたのですが、接着はそのまま貼り付けるだけでは行かず固定部も作ります。
干渉の考察はこちら ➡ 別館2で

サスアーム部の固定部はスタビ接着後

スタビ

収縮パイプで作ったゴムブッシュを貼り付け、焼きなまして形を付けた

スタビ

洋白板を付ける予定です。
ビスモールドも付けます。

サスメンバーとの固定部は接着後の工作が困難なので

スタビ

伸ばしプラパイプから作ったパーツを直接貼り付け

スタビ

凸モールドだけで誤魔化します。
この記事を書いてて気が付きましたが、マフラーとの干渉を確認しなくては。

ブレーキプレッシャーレギュレーター

次は、ブレーキプレッシャーレギュレーターから伸びるスプリング。

ブレーキプレッシャーレギュレーター

実車はこう。
想像しただけでも組立時の困難さが伺えます。

スタビ

パーツはかなり省略。

スタビ

スプリングの組み立ては指先プルプルで何度もパーツを飛ばすか、諦めて投げ出すかですね。

細かな追加工作がまだまだ有ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 リアアクスル仕上

リアアクスルの仕上げです

シンクロギア

塗装仕上げがしやすいように

シンクロギア

パーツ分割されています。

シンクロギア

分割しないと矢印部分の塗分が難しいからでした。

シンクロギア

その他補器とシンクロ。
シンクロは作り替えました。
別工作が有ったので今回はこれだけ。

シンクロギア

シンクロギア

少し墨入れしました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ヒーターファン ABCペダル仕上

ダッシュボード周りを続けます。

ヒーターファンの仕上げです。

ヒーターファン

ファンモーターのケーブルカプラー。
配線は3本。

ヒーターファン

実車のパーツ構成で分割しています。

ヒーターファン

シルバー部分はメタルック。

ヒーターファン

完成。



ABCペダル。

ペダル形状は一番簡単な物を選択。

ペダル

滑り止めを付けただけです。

ペダル

アクセルペダルもメッシュプレートでそれっぽく。

ペダル
ペダル

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ダッシュボード仕上

塗装中断しています。

ダッシュボードの仕上げです。

インパネ

メーター部分をくり抜いただけにも見えますがそこそこ修正しています。

インパネ

インパネ

インパネ

ハンドル、ボス

インパネ

ラリコンが雑。
肉眼では違和感がさほどないのですが・・・。

インパネ

パーツ分割でメリハリを。

インパネ

拘りでもう一手間を掛けました。

インパネ

極細ケーブルを使用しています。

インパネ

完成

続く

製作過程を別館2にUPしました  ➡  こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ウォッシャーパイプ

ウインドーウォッシャーパイプの作製です。

ウインドウウォッシャーノズル

完成後は気付かれることもないし、無くても良い様な工作ですが作ってみました。

ウインドウウォッシャーノズル

最初ためらったのがオーバースケールになる事。
作ってみなけりゃ始まらないので試作がてら手をつ付ける事に。

ウインドウウォッシャーパイプ

プラパイプと金属線でノズルとの接続部分の作製。
パイプだから穴開けは簡単です。

ウインドウウォッシャーパイプ

ボンネット側は接着しやすいようにモーターツールで凹加工しています。

ウインドウウォッシャーパイプ

チューブはMFHの物。

ウインドウウォッシャーパイプ

チューブ固定部はプラ板の貼り合わせから。

ウインドウウォッシャーパイプ

白塗装になるので接着しました。

ウインドーウォッシャーパイプ

今回作ってみようと思ったのは、このT型ジョイントが出来た事。
0.5mmのプラパイプに金属線を挿しています。
金属パイプでもできるでしょが、金属だったら加工が面倒なので作らなかったですね。

ウインドウウォッシャーパイプ

これでもオーバースケールですがこの状態で直接見る事はないので良しとします。

ウインドウウォッシャーノズル

ノズルは

ウインドウウォッシャーノズル

シルクピンで作っても見たのですが固定方法が困難で止めにしました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 修正

塗装前の小ネタ集です。

小ネタ

アンテナ。
実車はかなり長い様です。

小ネタ

根元スプリングの巻きがあまいですね。(恥)
天井に穴開けして確認したいのですがグッと我慢。





小ネタ

キルスイッチ。

キルスイッチ

レバータイプで作ってみたのですが、

小ネタ

スイッチレバーでなくスイッチカバーに見えます。



小ネタ

フューエルラインは室内に引き込むのでシャシ部分は削合。



シフト

シフト部分もダボを付けて修正。



小ネタ

ウォーターラインのモールドの追加。
矢印はフューエルラインンの引き込み口ですが市販車には無い仕様のためバルクヘッドに穴を開けただけの状態。




内張パネル

片方だけ作っていた内張パネル。

内張パネル

簡単そうに見えますが、窪ませたモールドが面倒で後回しになっていました。

内張パネル

パテ埋めは瞬着ベビーパウダーです。

そろそろ塗装。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 タイヤ固定ベルト

スペアータイヤ固定ベルトの作製です。

タイヤベルト

以前作ったビニールベルトもナイロン補修シートブルーで作り変えました。

タイヤベルト

2度目の工作なので特筆ありませんが、金具は一部変更。

タイヤベルト

少ない資料から作っているので正確ではありません。
長さ調節用ハーネスは止めにしました。
(資料に見当たりません。以前は想像で作っています)

タイヤベルト

シャシにはビス止め。

スペアータイヤ固定ベルト

完成時は殆ど見えなくなります。
組み立て時の楽しさ、自己満足の世界です。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 シートベルト作製2

シートベルトの続きです。

シートベルト

サイドベルトも作製。

シートベルト

エッチングパーツにはアンカーボルトも有りました。
(1/20用ですがこのまま使います)
右の丸はアンカーボルトの袴部分。
取り付けパーツにはロック部分も有ります。

このまま組んでいくと

シートベルト

矢印部分が通せなくなるので

シートベルト

丸パーツは組み付け時に接着する事に。

シートベルト

組立。

シートベルト

ロック部分はよくできていますね。

シートベルト

裏側の処理を考えないと。

シートベルト

そして完成。

ショルダーベルトはロールケージに固定しないといけません。

シートベルト

所がベルトの反り方が反対。
貼り合わせる時に反ったようなので貼り合わせを逆にしてやり直そうとも思うのですが、

シートベルト

取り敢えず瞬着をしみこませてクセを付けてみました。
多分やり直すと思いますが、それよりもこの後の工程に難題が。

ケージへの固定部は

シートベルト

ベルトのガイドが有るので

シートベルト

金属線で作製。

シートベルト

そしてベルトを通して固定するのですが接着が困難。
頑張れば出来そうにも見えますが、実際にはスペアタイヤを取り付けてからになるので無理。
別の方法を考えます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 シートベルト作製

シートベルトの作製です。

シートベルト

ここまで作っていたのですが作り直しました。

考察はこちら ➡ 別館2

写真のベルトは約2mm(1/1 2インチ)で作っていますが、Sabeltツーリングカー用ベルト3インチで作り変えることにしました。

工作に当たってもう一考察が有ったので製作過程です。

シートベルト

ベルトはナイロン補修シートを使い約3mmにカット。
タングプレートは1/24用で、アジャスターハーネスは1/20用のエッチングパーツを使いました。

シートベルト

アジャスターはこんな感じに組み立てられます。

シートベルト

ベルトの通し方模型的省略で進めてしまっています。

ショルダー部分が出来たので

シートベルト

最初の作った物と比べるとこんな感じに。
左ロゴはセットに付いていた紙シールを貼った物。
写真ではよさそうですが肉眼ではシールその物。

デカールも付いていたのですが

シートベルト

今回のシートにはまったく張り付きません。
なので何時ものタトゥーシールにしました。

シートベルト

赤シートの上では発色が悪いので白シートに貼って切り出し。

折り返し部分は縫製されているので

シートベルト

こちらもシールを作りました。
実際は赤なのか黒なのか分かっていませんが模型的見栄えで黒にしています。

シートベルト

タトゥーシールは下地に馴染むのでまずまずです。

シートベルト

バックルは6点式の股の部分に付きます。
ベルトは2インチ、約2mmでショルダー部分より細い物。

シートベルト

セットにはバックルの裏側モールドも有りました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 アンカーボルト

シートベルトアンカーボルトの穴開けです。

アンカーボルト

この位置。

アンカーボルト

ハーネスを付けた状態で確認。

アンカーボルト

裏側の処理も必要となります。

シャシの他の穴開けもしました。

アンカーボルト

最近の車は分かりませんが、シャシは色々な所に穴と、穴を塞いだ状態が有ります。
レストア中のシャシを参考に穴開けです。

次はシートベルトなのですが、作り直しになってしまいました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ドライブシャフト固定部

ドライブシャフト固定部の作製です。

ドライブシャフト固定部の作製

以前の製作は後方部分だけだったので前方部分も作りました。

ドライブシャフト固定部の作製

切って貼っただけですが調整に少し手間が掛っています。

ドライブシャフト固定部の作製

あーだこーだ調整しているうちに以前作った後方部のパーツ破損。

ドライブシャフト固定部の作製

前後パーツとも作りました。
金属線のダボ付けは止めることに。
矢印部分は瞬着ベビーパウダーで固定。
接着と隙間埋めの両方が出来て重宝します。

ドライブシャフト固定部の作製

リアデフを載せてあてがってみると写真では判りませんが干渉部分があり、更に組み立て手順にも支障が有る事が判明。

ドライブシャフト固定部の作製

干渉部分を削って取り付け部の修正。
エンジン、リアサス組立後にドライブシャフトが付けられないので

ドライブシャフト固定部の作製

分割差込式で

ドライブシャフト固定部の作製

長さ調整が出来る様にして対処しました。

ドライブシャフト固定部の作製

終了。

この後マフラーを

ドライブシャフト固定部の作製

合わせてみたのですが・・・。

ドライブシャフト固定部の作製

干渉してます。
後工作をしたところが当たっています。

実車なら固定部とマフラーはもう少し離れているはず・・・云々と言い出せば今更工作し直せない修正になるので

ドライブシャフト固定部の作製

固定部とマフラー側を削って模型的妥協策で修正。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 コレクタータンク

コレクタータンクの仕上げです。

フューエルライン

シルバーに塗って終りでも良いのですが

コレクタータンク

実車資料を参考に仕上げることに。
悩むのは赤い部分。
塗装?デカール?と悩みながらシールプリントやデカール作成をしてみたところ上手く印刷ができず、アタフタ状態。

一旦リセットし、素材探しに切り替え見つけたのが

コレクタータンク

ハセガワラリーカーのマットガードの素材でした。
色も厚みも違いますがあてがうと良い感じ。

そして

コレクタータンク

結紮バンド

コレクタータンク

ICテープなど使い

コレクタータンク

こんな感じに仕上げました。
塗装やシールでは再現できない雰囲気なのでOKとします。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 フューエルライン

フューエルラインの続きです。

正解が解らず悩んでおりました。
何を悩んだかはこちら ➡ 別館2で

フューエルポンプ

コレクタータンク。

フューエルライン

フューエルポンプ。

フューエルポンプ

ジョイント部分は簡易作製です。
パイプで作った丸いだけの適当フランジもメッシュホースと組み合わせると、ホースに目が行く目眩まし作戦。

フューエルポンプ

パイプは室内へ。

フューエルライン

ポンプのシャシ接続部分は丸パーツで。

フューエルライン

パイピング終了。

フューエルポンプはもう一工作。

フューエルライン

パイピングの追加。
形状はかなり省略しています。

フューエルライン

燃料ポンプなので電源ケーブルも付けました。

続く

工作はこちら ➡ 別館2で

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 フューエルタンク

フューエルタンクの仕上げです。

フューエルライン

給油口からのジャバラパイプはスプリングとメタルック。
コーナー部分がよれていますが実車もこんな感じ。

フューエルライン

スペアタイヤスペース穴は金属板で塞がれるのでシルバーのステッカーシールで再現(仮貼りです)。
シャシ底面の位置とずれているのは内緒です。
タンクとホイールハウスの隙間に電装ケーブルが通るのですが

フューエルライン

スペース無し。

フューエルライン

修整しました。

フューエルライン

パイプフランジは簡易製作の真鍮パイプの丸形状。

フューエルライン

手抜きです。

フューエルライン

実車にはもう少しディテールが付くのですが塗っちゃいました。
詳細不明の中途半端なディテールは無理に付けても説得力も無く雑多になるので省略です。
ボルトパーツは接着時に付けます。

次はシャシ裏側。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR