Rallye GOLF G60 エアークリーナー仕上

エアークリーナーの仕上げです。

エアークリーナー

未製作だったジョイント部分。

エアークリーナー

カバー部分はダボ無しで載っているだけです。

エアークリーナー

後にウォームエアーーホースだと思って伸ばしたのですが

エアクリ

再確認するとアレレ。
エアーの取り込み口かも?
フロント側に取り込み口が無いのでおかしいと思っていたのですが詳細は不明。
作り直すとその他諸々に影響するのでこのまま行きます。
ストラットマウントは資料写真と異なった物を選択しています

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ステアリングリンケージ

ステアリングリンケージの仕上げです。

ステアリングリンケージ

パワステはドライブシャフトに干渉するため細身に作ってあります。
(写真では判りようも有りませんが)

ステアリングリンケージ

ロッドブーツはジャンクパーツから。
ボルボの物。

パワステ

ブーツの長さは実車より短く形状も異なります。

トラックロッドの作製。

ステアリングリンケージ

ステアリングリンケージ

少し細いかな?とも思いますが検証はせず。

ステアリングリンケージ

ボルボキットの物と比較。

パワステ

少しディテールを追加してパイピング

パワステ

塗装しました。

パワステ

この状態で

パワステ

トラックロッドを挿すと浮いてしまうので

パワステ

こちらで修正したのですが曲げる処を間違えました。
ブーツはボールジョイントを包むように本体に付くので曲げるのは反対側です。
お粗末さまでした。

シャシに固定すると

パワステ

こんな状態。
パワステポンプからのパイプを接続したいのですが、エンジンを載せてからはかなり困難。
パイプを分割して、あーだこーだすればできると思ますが・・・。
誤魔化しで妥協します。

続く。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 パワステパイプ

パワステパイプの作製です。

その前に、ギアマウントのパーツ

パワステ

ギアボックスサポートの作製。
不格好ですが良しとします。

パワステ

存在感重視の工作です。

本題に戻って、パワステパイプ。

パワステ

コルゲートチューブの物を選択。
メッシュパイプの資料も有ったのですが、ホースジョイントが面倒なので止めました。

パワステ

実際には所々にホースクリップがあるのですが再現困難なためパイプの固定に苦労します。

タンク

タンクと接続。
パワステとは接続できそうにありません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 マスターシリンダー仕上

マスターシリンダーの仕上げです。

マスターシリンダー

左ブレーキマスターシリンダーのパイプ接続位置が間違っていました。

マスターシリンダー

0.6mmパイプに0.4mmの穴開け

マスターシリンダー

サイドからの接続としました。

マスターシリンダー

タンクはクリアイエローを少し吹いたのですが

マスターシリンダー

少し濃すぎですかね。

マスターシリンダー

雨除けを付けると目立たなくなるのでこれで良いかも。

マスターシリンダー

イグニッションコイルも載せてみました。
ワイパーモーターのスペースが有りません。
イグニッションユニットはどうしましょう?
電源ケーブルは付けます。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 クーリングシステム

エンジンルームの続きです。

パイピング仕上

パイプラインを製作し仕上げました。

パイピング仕上

インタークーラーは黒一色

パイピング仕上

ラジエターパイプとエアーパイプ

パイピング仕上

温度センサー ポテンショメータ

パイピング仕上

ファンカバーはカーボンデカールを貼りました。
ラジエターはただの凸凹板なので、スミ入れで少しだけ汚してみました。

パイピング仕上

ウォーターパイプ。

パイピング仕上

完成

パイピング仕上

続く

製作経過はこちら ➡ 別館2

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 パイピング準備

エンジンルームの修正です。

仕上げたパーツも組み立て時に修正や作り直しになる事がしばしば有ります。

エンジンルーム修正

G60のエアーコネクターもラジエターサポートに当たっています。

エンジンルーム修正

コネクターとインタークーラーの接続も現状困難。

エンジンルーム修正

ボディを被せるとライトのハウジングにインタークーラーが当たります。

コネクターから

エンジンルーム修正

パイプで作っていたため中は空洞。
一回り小さくするため芯を入れ削合し、少しディテールの追加。
固定ボルト用の取り付け部です。

インタークーラーパイプ接続口は

エンジンルーム修正

一旦切り取って位置をかえ短くして再生。

エンジンルーム修正

何とかパイプも付けて

エンジンルーム修正

こんな感じに接続されます。

ライトハウジングとの干渉は

エンジンルーム修正

ラジエターの位置をずらしました。
穴開け失敗を埋めています。
あちらを避ければこちらが当たるで、あ~だこ~だ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 エンジン仮搭載

エンジンの仮搭載しました。

エンジン仮搭載

エンジン仮搭載

パイピングや配線の考察をしていきます。

エンジン仮搭載

やはり補機の調整、部分的作り直しが有ります。
仮組はボルトだけで固定しています。

続く

工作過程UPしました ➡ 別館2で

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ドライブシャフト仕上

ドライブシャフトの仕上です。

ドライブシャフトの作製

ブーツ部分に修正を加え、ジョイントの作製。

ドライブシャフトの作製

洋白線でボルトを再現しましたがガタガタ。
スミ入れで輪郭を強調。

ドライブシャフトの作製

横からしか見えないので良しとします。
シャフトはアルミパイプ。
中にSUS線を入れました。

ドライブシャフトの作製

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 フロントアクスル仕上2

フロントアクスルの続きです。

フロントアクスル

ウィッシュボーンの分割はしなかったのでスジ彫りを深くしたり、ディテールの追加をしたのですが平坦なパーツなので何か物足りなく感じます。
ラリーカーらしく少しだけでもアームに角度が付くと良かったのですが

フロントアクスル

シャシへのマウント、エンジンマウントの位置に制約が有ったので諦めました。
裏側のモールドは平らのまま。
完成後は見えないのですが、気持ち的にはやり残した感があります。

フロントアクスル

メタルパーツで模型的誇張。

フロントアクスル

フロントアクスル

続く

工作過程は別館2ブログで ➡ こちら

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 フロントアクスル仕上

フロントアクスルの仕上げです。

フロントアクスル

アルミパイプと伸ばしスプリング。

フロントアクスル

墨入れしました。
ボルトリベットがずれてます(恥)

フロントアクスル

シルバーリーフで塗っただけです。

フロントアクスル

ブーツクランプはメタルックマットなのでピカピカ。

フロントアクスル

フロントアクスル

フロントアクスル

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ボディー修正

ボディーの修正です。

ボディー修正

本来なら塗装工程に入っているはずなのですが修正個所が有るため止まっていました。

ボディー修正

製作当時はノーマルボディーをブリスターフェンダーにしただけなので、バンパー部分が絞り込まれた状態となっていました。
レストアにあたりOTTOミニカーと比較した時点で修整の必要を確認しているのですが
修整が面倒➡後回➡忘れてた で白サフを吹いてから思い出しました。
苦手な工作、パテ埋め地獄に陥ります。

パテ埋め地獄

内面も削るためパテではなく食いつきの良いレジンを使用。
盛る量が多いため発熱変形を考慮し二度盛りにしています。

パテ埋め地獄

内面はモーターツールでここまで削合。

パテ埋め地獄

形成中に角削ってしまいました。
この後サフ吹き。
案の定修正スパイラルに。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ドライブシャフト仕上

ドライブシャフトの仕上げです。
塗り分けだけで終りの予定でしたが

ドライブシャフト

塗装途中で矢印部分のジョイント作り忘れを思い出しました。
なので後方部だけ塗装が済んでいます。

ドライブシャフト

塗り分けし易いように別パーツ。
工作は簡単ですが接着硬化待ちがありました。

ドライブシャフト

ボルトリベットは一旦外して塗装後再接着に。

ドライブシャフト

ドライブシャフト

塗装は黒鉄色です。

ドライブシャフト

こちらも組立しやすいように分割。

ドライブシャフト

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 エキゾーストパイプ仕上

エキゾーストパイプの仕上です。

マフラー

今回は確認できる資料が乏しく市販車の資料も参考にしたのですが間違いも有りました。
(考察は後日別館2で)

塗装はシルバー1色では白シャーシーに映えないので少しだけ塗り分けしました。

マフラー

テールエンドは磨いたアルミパイプ、サイレンサーはメタルックマットを貼っています。

マフラー

触媒?部分はスミ入れしています。
(実はこれに間違いが有りました)

マフラー

エキゾーストパイプは黒鉄色。

マフラー

パイプはシルバーベースのチタンシルバー筆塗り。
マフラーハンガーも付けました。
Oリングにテンションが掛っていませんね。

マフラー

調整が出来る様にパーツ分割。

マフラー

続く

追記)

考察UPしました、こちら ➡ 別館2

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60  ブレーキパイプ仕上

ブレーキパイプの仕上げです。

ブレーキパイプ

ジョイントはカラーチューブで。

ブレーキパイプ

塗装はパスしました。

ブレーキパイプ

キャリパーとの接続は収縮チューブを使っています。

ブレーキパイプ

Rが少し不自然。

ブレーキパイプ

まだ仮止めです。

油圧ハンドブレーキパイプ。

ハンドブレーキパイプ

パイピングの考察は別館2で ➡ こちら

ハンドブレーキパイプ

キャリパーとの接続は不明の為、ナンチャッテです。

ハンドブレーキから伸びる部分はTジョイントで分岐されます。

パイプジョイント

伸ばしプラパイプと角棒で作製。

ハンドブレーキパイプ

黒い線はMFHの0.28mm。

ハンドブレーキパイプ

完成後は殆ど見えません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

リンク

ribechanさんのブログをリンクさせていただきました。

職業型師のF1工作部屋

りべちゃん

写真はDe社の1/8 MP4-23ですが、F1をスクラッチで製作されています。
工作過程はケミカルウッドの削り出し、唖然として見入ってしまいます。

もう一つ以前からリンクさせて頂いておりましたが改めて紹介させていただきます。

ライナスさんのブログです。

rainasu

帰ってきたF1おやじモデラー

こちらもF1モデル。
F1モデルは作った事が無いのですが、それだけに参考になることもあるのでいつも拝見させて頂いております。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 リレー配線

シフトレバーを仕上げ、ワイヤー接続の確認

フューズケーブル

をしていた時に

フューズケーブル

フューズ裏のガランドウが気になってしまいました。
(実車もこの部分は開いています)

なので

フューズケーブル

ケーブルの作製。

フューズケーブル

自己満足の世界です。
じゃあ、実際の配線の色は何色かと気になる人も多い・・・(いないと思いますが)。

ケーブル

整備マニュアルには記載されていました。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 シフトレバー仕上

シフトレバーの仕上げです。

シフトレバー

パーツ分割して作ったのでレバーは仮止では動きます。

シフトレバー

付属パーツも作製。

シフトレバー

シフトレバー

ニュートラルの位置で完成。
パーツの厚みが目立ちます。

この後また余分な工作を進めてしまったのでこれだけ。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 ハンドブレーキ仕上

ハンドブレーキの仕上げです。

リアブレーキ配管の流れから仕上げました。

配管考察は別館2で➡ こちら と  こちら

ハンドブレーキ

今回は油圧式ブレーキのため矢印のワイヤーが通る穴の必要が無くなります。

ハンドブレーキ

パイプは多分この辺りを通るのだろうけど不明。

そして塗装ですが、細かな塗分が本当に苦手。
なので今回は

ハンドブレーキ

塗り分けラインをデザインナイフで卦書いてスミ入れ、ペンマーカで塗り分け。

ハンドブレーキ

暈しで誤魔化し塗装。

ハンドブレーキ

こんな状態では見える事もないので良しとします。

パイピング

そしてパイピングまで。
パイピングがこうなるまでに色々と時間掛ってます。

リザーバータンクはフットブレーキとの併用だろうか?
資料が有りません。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 リアアクスル仕上

リアアクスルの仕上です。

リアサスの仕上

エッチングのボルトパーツの貼り付けでアクセントを付けます。

リアサスの仕上

変な所に拘るのにディスクは平板、ディンプルモールドを均等に開ける自信が無いので止めました。
デカールで再現?今思い気付きました。

リアサスの仕上

スタビライザーの固定部はメタルックマット。

リアサスの仕上

ブレーキプレッシャーレギュレーター。
スプリング取り付けは仮組時の確認でもかなりハード。
滑り止めの付いたピンセットが必要です。

リアサスの仕上

アブソーバーのスプリングは市販のスプリングを伸ばした物。

リアサスの仕上

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Rallye GOLF G60 スタビライザー加工

リアアクスル製作中の別工作です。

スタビ

スタビライザーの干渉も何とかクリアーしたのですが、接着はそのまま貼り付けるだけでは行かず固定部も作ります。
干渉の考察はこちら ➡ 別館2で

サスアーム部の固定部はスタビ接着後

スタビ

収縮パイプで作ったゴムブッシュを貼り付け、焼きなまして形を付けた

スタビ

洋白板を付ける予定です。
ビスモールドも付けます。

サスメンバーとの固定部は接着後の工作が困難なので

スタビ

伸ばしプラパイプから作ったパーツを直接貼り付け

スタビ

凸モールドだけで誤魔化します。
この記事を書いてて気が付きましたが、マフラーとの干渉を確認しなくては。

ブレーキプレッシャーレギュレーター

次は、ブレーキプレッシャーレギュレーターから伸びるスプリング。

ブレーキプレッシャーレギュレーター

実車はこう。
想像しただけでも組立時の困難さが伺えます。

スタビ

パーツはかなり省略。

スタビ

スプリングの組み立ては指先プルプルで何度もパーツを飛ばすか、諦めて投げ出すかですね。

細かな追加工作がまだまだ有ります。

続く

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ploverbell

Author:ploverbell
エンジンルームに拘ります。
Golfのミニカーは500台ほど所有しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR